skip to Main Content

こんにちはGRID運営/総務梅津です。

先日アクセンチュアさんで行われた講座にパネリストとして参加してまいりました。

きっかけは同じくワーキングママ協会とアクセンチュア主催の働き方について考えるセミナーに参加させて頂いたことからでした。
2度目のご依頼ということもあり背景やご依頼の内容も明確だったこと、これからワーキングママになる方々やリーダーになる方へのアドバイスに貢献し、少しでもお役に立てればとオッケーをしました。

ところが、参加メンバーを見てまず思ったのが、私てばかなりの場違い。
他のパネリスト2名が本当に素晴らしい方々。パソナの恒広様、朝日新聞社の伊藤様という面々。
先輩ママとして、先輩ワーキングウーマンとして本当に尊敬できる方々でした。
恐縮するも、1度オーケーしてしまったし、駆け出しのワーキングママ、ワーキングウーマンとして出るかと決意。

mycareer

当日、講座前の顔合わせでも存在感大ありのお二人にタジタジの私。
ご経験豊かなバリキャリの皆さまの横でどうしよ・・という感じでした。
しかし、皆さん本当に気さくで優しくて、そこは大人。子供の話や仕事の話をする中で次第に打ち解け、どんどん話題も盛り上がり、講座前の方がパワーを発揮してしまったのでは?というくらい盛り上がりました。

司会は前回もご一緒したアナウンサーの長谷部さんでした。
トークは自己紹介から始まり、質問形式で振られたものが答えていくという進め方。
リーダーになる前に不安ではなかったか?や事前準備はあったか?など、私の経験したことをすべて包み隠さず、飾らずお話をしました。
1番悩んだしこれはちゃんと答えないとと思った質問は「専業主婦と仕事に復帰するか迷っています。そんなことはありましたか?」という質問。
悩んだこと!ありますよもちろん。
でも選択肢はたくさんあってよくて、ダメなら辞める選択肢もあると思いながら、仕事への期待と可能性を胸に復帰しました。今は復帰してよかったですというような内容を答えたかと思います。
この答えはご質問をくださった方にとってどう響いたかわかりませんが答えているときは本当に責任重大だなという感覚でした。
他のお二人のお話は私の経験していない部分が多く、逆にお客様のようにふむふむと聞いてしまっている自分がいました。

mycareer

講座も終わり写真撮影の後、なんとイベント後オフ会を約束し、また会えることを期待しつつ解散。

声かけようかなと思い、なんとなく緊張して誘えない、忘年会シーズンで皆さん忙しいだろうなという遠慮から連絡も取る勇気もなく、情けない私。

そんな時、恒弘さんよりメッセンジャーでお誘いが。忘年会の企画をまさかたててくださるとは!!私が企画できなかったことを後悔しつつ、嬉しすぎて即出席の回答しました。

そんな憧れの方のチョイスしたお店は生ジャズを聴きながらお食事ができる最高の空間。お酒も入り、さらに家庭の話や仕事の話で、楽しく濃い~話ができ、最高の年末でした。

これからも仲良くして頂きたい皆さんです。素敵な方々との出会いに、幸せを感じる今日のこの頃です。


梅津 祐里

2008年にGXに入社後、社内で初の育児休業を取得し、働くママのモデルとなる。その後2度の出産、3度の育児休業を経験する。家庭では1女3男の母、会社では総務リーダーとして日々奮闘中。 夢はchallengedがすべての企業・世の中で活躍する場を広げること。

Back To Top