原田 祐二

様々な人の暮らしを体験できるTABICA。簡単にいうと体験のECサイトなのですが、一般個人の方でも体験を企画して掲載できるところに特徴があり、体験を提供してくださる方を「ホスト」と呼んでいます。これまでのTABICAのホストは、何かしらのスキルなり、知識なりを持っているいわゆる「職人」的な人だったのですが、そうじゃない人も体験を開催できるのではないか?ということを最近考えています。それは地域の魅力を発掘しプロデュースする「地域プロデューサー」という形です。 続きを読む

Tabica

  • 『Travel with locals』は世界を変える。『Travel with locals』は世界を変える。 シンガポールとタイに出張してきました。 今、Gaiaxのシンガポール・オフィスでは、石川潤と西川純平(通称:JP)を中心に「Travel with locals」という事業分野にチャレンジしています。 2016年11月に、Airbnbが既存の宿泊仲介の次の新機軸として「Trips」というサービスを開始しましたが、これがまさにTravel with […]
  • 日本のインバウンド観光が増えている中、地方自治体がするべきこと。日本のインバウンド観光が増えている中、地方自治体がするべきこと。 私のミッションは日本の地方自治体が訪日観光を発展させる事かできるよう手助けする事です。自治体や、協会などが訪日外国人の見知らぬ考え方を理解出来るよう、解明してさしあげるようにしています。彼らが国際的な未来への新しい道を見つけるよう、力を加えさせて頂きます。力を加えさせて頂きます。 […]
  • 誰でも好きなことで始められるスキルシェア。Share!Share!Share!交流会 <スキルシェアVol.1>イベントレポート誰でも好きなことで始められるスキルシェア。Share!Share!Share!交流会 <スキルシェアVol.1>イベントレポート シェアリングエコノミーを使う楽しさを知ってもらい、実際にサービスを通してシェアサービスを体験して欲しい!という想いのもとで、さまざまな分野のホストをインタビュー形式で紹介してきたShare!Share!Share!インタビューを読んで、実際にシェアサービスを使ってみたという意見もいただくようになりました。 […]
  • “21世紀型保育”の新たなケースワークを目指す、「渋谷区上原シェア保育園」プロジェクト“21世紀型保育”の新たなケースワークを目指す、「渋谷区上原シェア保育園」プロジェクト 弊社のメンバー佐別当が中心になり進められた「渋谷区上原シェア保育園」プロジェクトが11日間で1億7400万円を調達し、大きな注目が集まりました。 シェアハウスと保育園を組み合わせることで、“開かれた施設運営”が可能になり、 都心部での待機児童問題解決の可能性を示すことができるケースワークとして、このプロジェクトへの期待の高さが感じられます。 […]

原田 祐二

2014年4月にガイアックスにエンジニアとして入社し、2年間技術開発部にて社内基盤システムの開発を担当。2016年に旅のシェアリングエコノミーサービスTABICAにジョイン。