skip to Main Content

ガイアックスのオンラインコミュニティランチ体験レポート

  • 最終更新: 2021年6月1日

基本平日開催されているガイアックスオンラインコミュニティランチ。いろんなジャンルのスペシャルゲストさんが毎回登場し、しかも参加費は無料!
リモートで体がバキバキなのでストレッチの会に参加した際の体験レポートをお届けします!
前置きとして、ガイアックスのコミュニティランチはNagatachoGRiDの2階にあるフリースペースでお昼の12:00-13:00に開催していましたが、新型コロナウィルスへの対策により現在オンラインで開催中です。
オンラインコミュニティランチの開催経緯など詳細はこちらのblogをご覧ください!
ガイアックスのコミュニティメンバーに向け、無料の「オンラインランチ&オンライン飲み会」を本日より開始

オンラインならではの多種多様なサービス

実はオフラインでのガイアックスコミュニティランチは1回も参加した事がない私。そんな私がなぜオンラインのコミュニティランチに参加しようと思ったのか。
(参加レポートのブログを書きたいという大人の事情もありますが(笑))新型コロナウィルスによる感染症対策として3密を控えるようになり、社会がオフラインからオンラインに切り替わり始めている今。ガイアックスは以前からオンラインサービスを提供していた事に、ガイアックスblogを読んで改めて気づきました。そういえば、ガイアックスはIT会社だった・・・笑
どんなサービスがあるかは、こちらにガイアックスのオンラインサービスまとめ記事がありますのでご確認ください。
コロナ時代を生き抜く!Gaiaxのオンラインでの取り組み3選

communitylunch
communitylunch

で、参加の理由ですが、せっかくそんなオンラインサービスの先駆者的な会社にいるのだからこれを体験しない手はない!と思った次第です。すごく単純です。そして勝手に盛り上がって高揚しているうちに手始めに何か参加しようと目に留まったのが、オンラインコミュニティランチでした。
思い立ったが吉日、さっそくスケジュールをチェックです。
スケジュールはFacebookのイベントページで確認できます。日ごとのゲストを紹介していますが、当日にも関わらずゲストやテーマが不明だったりする事もあるので、参加を検討している方にとっては、せめて当日には事前にわかると親切ですね。運営さーん、よろしくお願いします!
今回は直近に「リモートワークによる肩こり腰痛改善ストレッチ」があり、今の私にドンピシャでした。まさにテーマ通りです。そして他にもリモートで体を動かさなくなった人は多いはずです。迷う事なくこちらに参加を決めました。
また過去の開催内容もこちらのイベントページにUPされていたので何気なく見てみたら、弁護士さんのコロナ禍の社会問題についてのトークだったり体を動かすワークアウト系、趣味のトークイベントなど多岐にわたり、気になる内容も数知れず!!もっと早くチェックしていればと思っても今更です…。
ですが、しばらくオンラインコミュニティランチは開催予定のはずなので、今後気になるイベントは逃さないようにするとして、次に参加手順を確認です。
オンラインコミュニティランチに参加するには、Facebookイベントページに案内がある通りGaiaxCommunityにチェックインする必要があります。
ちなみにGaiaxCommunityとは、ガイアックスの考え方に共感してくれる方々と交流するためのコミュニティです。詳細はこちらをご確認ください。
私はGaiaxCommunityに登録済なので、あとは簡単。チェックインすると次の画面でZoomのURLが表示するので時間になったらZoomにアクセスするだけです。
なおGaiaxCommunity登録にはFacebookアカウントが必要なので、未登録の方は先に登録作業をしておく事をオススメします。

ワークアウト系のオンラインイベントはカメラをONに!

そうこうしているうちに時間になったのでZoomにアクセスすると、すでにコミュニケーターの喜屋武さんとマッチが参加者の方と会話していました。はやっ!(12:50~入室可能でした…)
部屋に入る際にカメラ設定をついOFFにしてしまった(人見知りのため)ので、設定した自分の名前が画面上に映し出された状態でスタート。そしてワークアウトなので音声は基本ミュートです。
初めにオンラインコミュニティランチの流れをコミュニケーターの喜屋武さんとマッチがスライドで説明し、ゲストの先生にバトンタッチ。この日は座ってするストレッチだったのですが、カメラOFFの私は自分のストレッチ具合が確認できません。他参加者の方を見てONにすべきだった!と気づいても今更ONにできないシャイな私。
ONにしていれば先生にストレッチ具合をチェックしてもらえてアドバイスももらえたのに…とストレッチしながら後悔しきり。さらに音声ミュートなので皆さんは身振り手振りで意思表示をしている。これすらも私は出来ない!!残念な私!!
ですが、コミュニケーターの喜屋武さんがZoomのチャット機能を使用してテキストでもコミュニケーションを取ってくれたので、チャットには参加し楽しみました。
一通りストレッチが終わったら先生とフリートークでランチするのかと思いきや、この日は時間内はほぼストレッチでした。ランチする・しないなどイベント内容にもよるかもしれませんが、Facebookのイベントページには「ゲストとフリートークでランチ」と案内があったので、ランチを用意している方もいたかもしれません。また、ワークアウト系はやる内容の案内が事前あると気軽に参加しやすいです。気になる内容があったのですが、ヨガマットで云々~というテーマだったのですが、マットが必要?マットに座ってワークアウト?等々事前に不明な事があったりすると結局参加しないので、これは勿体かもしれません!運営さん、ご検討よろしくお願いします。

Gaiax Community オンラインコミュニティランチ
communitylunch

アフターコロナはオンラインサービスが主流の時代?!

最後、フリートークタイムの時にスライドにてpeatixのQRコードが表示されたのでアクセスすると、イベント参加後の応援チケットを購入するページでした。こちらは有料ですが、今回のイベント内容は隙間時間にリフレッシュできる内容でとっても良かったので購入しました。
ですが「無料」という言葉がふと頭をよぎり、自分はまだまだだなと反省しました。
これは私の主観ですが、日本は形がない(ホスピタリティやサービス等の)物に対してお金を払う感覚になれておらず、どんなに価値あるコンテンツやサービスを体験しても無料のものに対価を支払うという考えがあまりないと思うのです。ですが、無料といえどもそこに関わる人と労力が発生している以上、価値あるものにはそれなりの対価が自然と支払われる世の中になりそれが正当になって欲しいのです。と思っているのに!
何はともあれ今回の参加を通して感じた事は、ワークアウト系はオンラインならではのコンテンツだと思うし、今後のアフターコロナ時代はオフライン/オンラインの提供バランスが重要になりそうです。
オンラインサービスは手軽さが売りのところもあるので無料が多いのも事実。ですが提供する側も利用者が価値あるコンテンツと思えるようなクオリティのものをバンバン提供し有料コンテンツが主流になれば、コロナで低迷している日本経済の活性化につながる…!と希望が見えた体験でした。
アフターコロナ時代のオンラインサービス、ガイアックスの取り組みをこれからも発信していきますね~。

◆ 新型コロナ補助金、Zoom活用、テレワーク対応、自宅ヨガなど各種情報を学べる無料オンラインランチ会(平日毎日開催)
https://www.facebook.com/events/605248993666925/
◆ GaiaxCommunity
http://www.gaiax.com
※オンラインランチ会へのご参加にはGaiaxCommunityへのチェックインが必要です

nishioka

西岡 昌子
GRiD1階にある「tiny peace kitchen」で仕入れとイベント系窓口業務対応。
2015年、当時Gaiax子会社だったadishに入社。配属先のCSD事業部で慣れないアプリゲームのカスタマーサポートに四苦八苦の日々を送るも、タイニー創業者の智子さんがタイニー前身の「まいにち食堂」をスタートし、美味しいご飯と雰囲気に癒された経験から今に至る。

「Bard」とは「詩人」という意味。情報が手に入りづらい時代、詩人たちは歌という形にのせ、世界中のストーリーやニュースを人々に届けていました。編集チーム「Gaiax Bards」では、透明性を目指してGaiaxのありのままを発信し、ユニークなカルチャーやビジネス情報などさまざまなストーリーをお届けします。
関連記事
  • 最終更新: 2021年6月1日

基本平日開催されているガイアックスオンラインコミュニティランチ。いろんなジャンルのスペシャルゲストさんが毎回登場し、しかも参加費は無料!
リモートで体がバキバキなのでストレッチの会に参加した際の体験レポートをお届けします!
前置きとして、ガイアックスのコミュニティランチはNagatachoGRiDの2階にあるフリースペースでお昼の12:00-13:00に開催していましたが、新型コロナウィルスへの対策により現在オンラインで開催中です。
オンラインコミュニティランチの開催経緯など詳細はこちらのblogをご覧ください!
ガイアックスのコミュニティメンバーに向け、無料の「オンラインランチ&オンライン飲み会」を本日より開始

オンラインならではの多種多様なサービス

実はオフラインでのガイアックスコミュニティランチは1回も参加した事がない私。そんな私がなぜオンラインのコミュニティランチに参加しようと思ったのか。
(参加レポートのブログを書きたいという大人の事情もありますが(笑))新型コロナウィルスによる感染症対策として3密を控えるようになり、社会がオフラインからオンラインに切り替わり始めている今。ガイアックスは以前からオンラインサービスを提供していた事に、ガイアックスblogを読んで改めて気づきました。そういえば、ガイアックスはIT会社だった・・・笑
どんなサービスがあるかは、こちらにガイアックスのオンラインサービスまとめ記事がありますのでご確認ください。
コロナ時代を生き抜く!Gaiaxのオンラインでの取り組み3選

communitylunch
communitylunch

で、参加の理由ですが、せっかくそんなオンラインサービスの先駆者的な会社にいるのだからこれを体験しない手はない!と思った次第です。すごく単純です。そして勝手に盛り上がって高揚しているうちに手始めに何か参加しようと目に留まったのが、オンラインコミュニティランチでした。
思い立ったが吉日、さっそくスケジュールをチェックです。
スケジュールはFacebookのイベントページで確認できます。日ごとのゲストを紹介していますが、当日にも関わらずゲストやテーマが不明だったりする事もあるので、参加を検討している方にとっては、せめて当日には事前にわかると親切ですね。運営さーん、よろしくお願いします!
今回は直近に「リモートワークによる肩こり腰痛改善ストレッチ」があり、今の私にドンピシャでした。まさにテーマ通りです。そして他にもリモートで体を動かさなくなった人は多いはずです。迷う事なくこちらに参加を決めました。
また過去の開催内容もこちらのイベントページにUPされていたので何気なく見てみたら、弁護士さんのコロナ禍の社会問題についてのトークだったり体を動かすワークアウト系、趣味のトークイベントなど多岐にわたり、気になる内容も数知れず!!もっと早くチェックしていればと思っても今更です…。
ですが、しばらくオンラインコミュニティランチは開催予定のはずなので、今後気になるイベントは逃さないようにするとして、次に参加手順を確認です。
オンラインコミュニティランチに参加するには、Facebookイベントページに案内がある通りGaiaxCommunityにチェックインする必要があります。
ちなみにGaiaxCommunityとは、ガイアックスの考え方に共感してくれる方々と交流するためのコミュニティです。詳細はこちらをご確認ください。
私はGaiaxCommunityに登録済なので、あとは簡単。チェックインすると次の画面でZoomのURLが表示するので時間になったらZoomにアクセスするだけです。
なおGaiaxCommunity登録にはFacebookアカウントが必要なので、未登録の方は先に登録作業をしておく事をオススメします。

ワークアウト系のオンラインイベントはカメラをONに!

そうこうしているうちに時間になったのでZoomにアクセスすると、すでにコミュニケーターの喜屋武さんとマッチが参加者の方と会話していました。はやっ!(12:50~入室可能でした…)
部屋に入る際にカメラ設定をついOFFにしてしまった(人見知りのため)ので、設定した自分の名前が画面上に映し出された状態でスタート。そしてワークアウトなので音声は基本ミュートです。
初めにオンラインコミュニティランチの流れをコミュニケーターの喜屋武さんとマッチがスライドで説明し、ゲストの先生にバトンタッチ。この日は座ってするストレッチだったのですが、カメラOFFの私は自分のストレッチ具合が確認できません。他参加者の方を見てONにすべきだった!と気づいても今更ONにできないシャイな私。
ONにしていれば先生にストレッチ具合をチェックしてもらえてアドバイスももらえたのに…とストレッチしながら後悔しきり。さらに音声ミュートなので皆さんは身振り手振りで意思表示をしている。これすらも私は出来ない!!残念な私!!
ですが、コミュニケーターの喜屋武さんがZoomのチャット機能を使用してテキストでもコミュニケーションを取ってくれたので、チャットには参加し楽しみました。
一通りストレッチが終わったら先生とフリートークでランチするのかと思いきや、この日は時間内はほぼストレッチでした。ランチする・しないなどイベント内容にもよるかもしれませんが、Facebookのイベントページには「ゲストとフリートークでランチ」と案内があったので、ランチを用意している方もいたかもしれません。また、ワークアウト系はやる内容の案内が事前あると気軽に参加しやすいです。気になる内容があったのですが、ヨガマットで云々~というテーマだったのですが、マットが必要?マットに座ってワークアウト?等々事前に不明な事があったりすると結局参加しないので、これは勿体かもしれません!運営さん、ご検討よろしくお願いします。

Gaiax Community オンラインコミュニティランチ
communitylunch

アフターコロナはオンラインサービスが主流の時代?!

最後、フリートークタイムの時にスライドにてpeatixのQRコードが表示されたのでアクセスすると、イベント参加後の応援チケットを購入するページでした。こちらは有料ですが、今回のイベント内容は隙間時間にリフレッシュできる内容でとっても良かったので購入しました。
ですが「無料」という言葉がふと頭をよぎり、自分はまだまだだなと反省しました。
これは私の主観ですが、日本は形がない(ホスピタリティやサービス等の)物に対してお金を払う感覚になれておらず、どんなに価値あるコンテンツやサービスを体験しても無料のものに対価を支払うという考えがあまりないと思うのです。ですが、無料といえどもそこに関わる人と労力が発生している以上、価値あるものにはそれなりの対価が自然と支払われる世の中になりそれが正当になって欲しいのです。と思っているのに!
何はともあれ今回の参加を通して感じた事は、ワークアウト系はオンラインならではのコンテンツだと思うし、今後のアフターコロナ時代はオフライン/オンラインの提供バランスが重要になりそうです。
オンラインサービスは手軽さが売りのところもあるので無料が多いのも事実。ですが提供する側も利用者が価値あるコンテンツと思えるようなクオリティのものをバンバン提供し有料コンテンツが主流になれば、コロナで低迷している日本経済の活性化につながる…!と希望が見えた体験でした。
アフターコロナ時代のオンラインサービス、ガイアックスの取り組みをこれからも発信していきますね~。

◆ 新型コロナ補助金、Zoom活用、テレワーク対応、自宅ヨガなど各種情報を学べる無料オンラインランチ会(平日毎日開催)
https://www.facebook.com/events/605248993666925/
◆ GaiaxCommunity
http://www.gaiax.com
※オンラインランチ会へのご参加にはGaiaxCommunityへのチェックインが必要です

nishioka

西岡 昌子
GRiD1階にある「tiny peace kitchen」で仕入れとイベント系窓口業務対応。
2015年、当時Gaiax子会社だったadishに入社。配属先のCSD事業部で慣れないアプリゲームのカスタマーサポートに四苦八苦の日々を送るも、タイニー創業者の智子さんがタイニー前身の「まいにち食堂」をスタートし、美味しいご飯と雰囲気に癒された経験から今に至る。

「Bard」とは「詩人」という意味。情報が手に入りづらい時代、詩人たちは歌という形にのせ、世界中のストーリーやニュースを人々に届けていました。編集チーム「Gaiax Bards」では、透明性を目指してGaiaxのありのままを発信し、ユニークなカルチャーやビジネス情報などさまざまなストーリーをお届けします。
関連記事
Back To Top