Nagatacho GRID事業部梅津です。今日は、GRID 6階にあるキッズルームをご紹介します!ソーシャルメディアマーケティング部の吉田さんに話を聞いてみました。

吉田朋子

吉田朋子

2009年にガイアックス入社。エアリー事業部でサポート、営業を経験したのち、ソーシャルメディアマーケティング部にディレクターとして異動。2013年3月に出産、産後2カ月半で復帰。世間でいう「ワーキングマザー」という言葉に違和感を覚えつつ、そんな言葉を全く聞かないガイアックスでの、働くことの楽しさを伝えられたらいいなと思います。

私には、5歳になる息子がいます。子どもを持って働く身として、ガイアックスが働きやすいなと思うのは、子どもがいることを当たり前に受け入れてくれ、その環境を積極的に整えてくれるところだと感じています。

子どもがまだオムツをつけていたり意思疎通ができない時期は、ファミリーWELCOMEのイベントがあったとしても、手放しで喜ぶことができないのが現実でした。トイレにおむつ、ご飯やミルク、ずっと抱っこ?肩痛い…お昼寝や寝る時間は?など、イベント中も手も目もが離せないからです。

それが、子どもが3歳4歳になってくると、意思疎通もできトイレも自分でできる、ご飯も大抵のものが食べられますよね。なので、会社のイベントに子どもを連れてきても、子どもに100%付きっきりにならなくても問題がなくて、親もイベントを楽しむことができるようになります。

実は、ガイアックスグループのオフィスであるGRID6階にはキッズルームがあります。まだまだ手のかかる赤ちゃんから、キッズまで楽しむことのできる空間です。

Nagatacho GRID kids room
Nagatacho GRID kids room

せっかく会社のイベントに参加しているんだし、私自身もみんなと話したいし、ほっと一息つきたい。肩が痛くなってきたから抱っこ紐をはずしたい…とか。そんな時のキッズルームです。

この部屋で、育休中のママと同僚がお喋りしたっていい。その横で赤ちゃんが笑ってる。

Nagatacho GRID
Nagatacho GRID rooftop

ガイアックスにも、ママは増えてきましたが、まだまだ少数派。でも女性社員は年々増えてきてます。将来、子どもが欲しいなと考えているときに、会社がファミリーをまるごと受け入れてくれる姿勢を見ていると、前向きな気持ちになれますよね。

仕事に打ち込む時期があってもいいし、家族を大事にする時期があってもいい。キッズルームを見ていると、その両方を会社が応援してくれているような気持ちになります。

ちなみに、私も息子をイベントに連れてきたことがあるのですが、私たち夫婦が来客対応している時には、キッズルームで楽しく遊んでいたようです。普段遊ぶことのないお友達との交流が生まれるのも、GRIDならではですね。

Nagatacho GRID kids room
Nagatacho GRID kids room

2018年7月21日〜8月26日キッズ向けに屋上流しそうめんのイベントを開催します。流しそうめんの他にもスイカ割り、プール、水鉄砲などもご用意しています。
是非お子様と一緒にNagatacho GRIDへ遊びにいらしてください。

▼イベント詳細・お申し込み
永田町で屋上流しそうめん!スイカ割りにプール遊びも!

NagatachoGRIDでは、キッズイベントの他にもボードゲーム、アイディエーション、シネマナイト、4コマワークショップ、ヨガ、パルクール、ランニングなど沢山のイベントを開催しています。ご興味ある方は、是非Gaiax Communityにご登録ください。各種イベントや無料で使えるシェアスペースの情報をメールでお届けします!

  • 「1日4時間働く」を考える。CINFINITY社近藤喜子さんと対談しました!「1日4時間働く」を考える。CINFINITY社近藤喜子さんと対談しました! 「私は、1日4時間だけ働いてるんです」近藤さんの、この言葉からインタビューが始まりました。近藤さんは、子どもを持ったことをきっかけに働き方を考え直し、8~10時間オフィスで働くよりも、4時間をどう効率的に働くかが勝負だということに気づいたそうです。 […]
  • 子供も参加OK!ガイアックスの社員総会子供も参加OK!ガイアックスの社員総会 こんにちは。Nagatacho GRIDコミュニケーターの山口若葉です。 コミュニケーターとは、GRIDに行き交う多様な人々や情報をキャッチし発信、利用者同士のつながりを深めていく立場の人です。 さて、先日Nagatacho […]
  • 5月21日【地域おうえんBASH 】私の考える地域の問題と、その解決のための私の挑戦5月21日【地域おうえんBASH 】私の考える地域の問題と、その解決のための私の挑戦 【地域おうえんBASH】とは、地域を応援しよう、盛り上げよう、地方創生をしていこう、という気持ちを持つ人たちが集まって、お互いに取り組みやアイデアやこれからの挑戦を発表し、交流をしていく、明るく、楽しく、食事もしながら、のイベントです。毎月1回程度のペースで、日本の中心、そして、地方自治体の出張所の集まる、永田町で、開催していきます! […]
  • ボードゲームが生み出す疑似家族のような空間ボードゲームが生み出す疑似家族のような空間 2017年のガイアックスの夏は、テレワークデイならぬテレワークシーズン、そして、さらには、親子連れ出社など、新しい永田町のオフィスNagatacho […]

梅津 祐里

2008年にGXに入社後、社内で初の育児休業を取得し、働くママのモデルとなる。その後2度の出産、3度の育児休業を経験する。家庭では1女3男の母、会社では総務リーダーとして日々奮闘中。 夢はchallengedがすべての企業・世の中で活躍する場を広げること。