WOODPRO中本さん親子

つながりが循環するコミュニティビルNagatacho GRiD vol.3 WOODPROが手掛ける杉の足場板

Nagatacho GRiDは、B1『Space0』のカウンター横の壁面、6F『Attic』と『Salon』を仕切るパーテーションや、キッズルームの壁面など、全てWOODPROさんの足場板を使用しています。また、屋上『Cloud9』では、足場板を醸成しています。このように足場板がNagatacho GRiDで建材になるまでにはどのような過程があるのか、そしてNagatacho GRiDで育てている足場板はどのように形を変えて巡っていくのか、杉の足場板の再利用に取り組むWOODPROさんの想いをお聞きしました。
Garden_金子さん&野口さん

つながりが循環するコミュニティビルNagatacho GRiD vol.2 屋上緑化プロジェクトが手掛ける野原

Nagatacho GRiDは新たな社会を構想する人がつながり活動するコミュニティビル。つながりは新しい価値を生み出し、社会を変える力を持ちます。人と人がつながり、新しい価値観や新鮮なアイデアを得るきっかけになる交差点のような場所にしたいという思いから『 GRiD(格子目、接点)』という名前をつけています。これからの暑い季節にぴったりな場所が、GRiDの屋上『Cloud 9』。天国より気持ちいい場所を意味するCloud 9の開放的な屋上空間は、私たちと志を同じくする3組のパートナーと共に手掛けています。GRiDの屋上空間を手掛ける想いやこだわりをGaiax Bardsの中津がインタビューさせていただきました。リレー形式でご紹介します!今回ご登場いただくのは、屋上野草プロジェクトの金子さん。
細川哲星

『ミッションを追求したら、アドレスホッパーになっていた』使命で動くシリーズ vol.4 細川哲星

Gaiaxは、「人と人をつなげる」という理念のもと、社会課題を解決するために様々な事業に取り組んでいます。その中のひとつのTABICA事業部は、地域の暮らしを体験できる着地型観光サービスTABICAを運営しています。今回は、TABICA立ち上げ人の細川哲星さんにインタビューをしました。細川さんのアドレスホッパーの暮らしかたとTABICA立ち上げには共通点が・・・!

つながりが循環するコミュニティビルNagatacho GRiD vol.1 ENWAが手掛けるシェードアート

GRiDは、地下から屋上まで8フロア全てがシェア可能!これからの暑い季節にぴったりな場所が、GRiDの屋上『Cloud 9』です。天国より気持ちいい場所を意味するCloud 9の開放的な屋上空間は、私たちと志を同じくする3組のパートナーと共に手掛けています。GRiDの屋上空間を手掛ける想いやこだわりをインタビューさせていただきました。リレー形式でご紹介します!今回ご登場いただくのは、ENWA(エンワ)さん。

『コンフォートゾーンから抜け出すことで ”自由” はつくれる』使命で動くシリーズvol.3 重枝義樹

今回インタビューしたのは、ソーシャルメディアマーケティング事業部副部長の重枝さん。Gaiaxは、「人と人をつなげる」という理念のもと、社会課題を解決するために様々な事業に取り組んでいます。そのなかのひとつ「ソーシャルメディアマーケティング事業部」には約30名のメンバーが所属し、クライアント企業の最適なソーシャルメディアマーケティングの実現に取り組んでいます。今回は、副部長として活躍している重枝さんにインタビューをしました。

『普通の社員とは、個性、多様な力、多様な可能性を持つ社員』使命で動くシリーズvol.2 木村智浩

今回インタビューしたのはGaiaxの労務マネージャー(兼任)の木村さん。Gaiaxは、テレワーク・ワーケーション、複業(ダブル正社員、起業)などはじめ、多様な働き方をメンバー自らが生み出している組織です。多様な働き方においては、いかにメンバーが主体性を発揮し、自律的にキャリアを設計し能力を開発していける環境を整えるかが鍵となっています。 そのような文化・組織づくりに関わっている労務マネージャーの木村さんにインタビューをしました。
小暮さんと中枝さんのインタビュー

『平穏な日々ではないから、面白い。』使命で動くシリーズvol.1 中枝有・小暮伯房

私たちGaiaxは、“使命で動く”というPhilosophy (経営哲学/企業理念) を持っています。使命で動くとは、世の中の課題を自分ごととして捉え、ビジョンや問題意識を打ち出し、ムーブメントを生み出すことで社会を巻き込み実現すること。そんなGaiaxメンバーの様子を連載で紹介していく「使命で動くシリーズ」、今回は労務のおふたりです。ご覧ください!
Nakamura

新卒の私がどうして広島で暮らしながら東京で働こうと思ったのか

社会人になって2ヶ月。4月はビジネス職の同期と合同でマナー研修など、5月はエンジニアの研修を終えました。 会社は永田町にあるのでその間は東京に滞在していたのですが、私の配属先はリモートワーク可能ということもあり、6月からは地元広島に戻って新たな挑戦を始めていきます。そんな自分が広島で暮らしながら東京で働く理由について、良い節目なので書いていこうと思います。

tiny peace kitchenで一緒にはたらく新しい仲間を探しています

この度、tiny peace kitchenで新しい仲間を募集することになりました。 私たちは「まいにち、家庭料理を食べよう」をコンセプトに、永田町という都会のど真ん中で、手作りのご飯を作り続けています。 ”家庭料理カフェ”という業態を作り出し、都会の中にいながら、実家でお母さんが立っている台所のような存在になりたいと思っています。
Gaiax Youth

Gaiaxの若手社員の活躍を知る記事5選

これを読めばGaiaxがわかる!そんな【まとめ】シリーズ。今回のテーマは「Gaiaxの若手社員の活躍を知る記事5選」です。選考を受ける学生が、自分の数年後がイメージできる、参考になる、そんな記事を集めました!