skip to Main Content

周りの人を幸せにするために、 最大限動きたい

ガイアックスには、カーブアウトオプション制度(という、会社に所属しながらにして自分の事業を一部自分の会社にできるという仕組みがあります。カーブアウトオプション制度第1号のアディッシュ株式会社の創業メンバーである杉之原さんに、いままでのキャリアと動機をインタビューしました。杉之原さんのパワフルさは、いったいどこから生まれているのでしょうか。
Read more
Natalia Davydova

あなたの”好き”を仕事に。 人生を楽しもう。

ガイアックスは、2017年にNagatachoGRiDへ移転しました。シェアリングエコノミーを日本で一番体験できるオフィスビルをコンセプトに、様々なシェアリングサービスの導入、コラボレーションを推進しています。このブランド戦略を担っているのがナタリア。社内外で大活躍のナタリアが描く世界観の後ろにあるストーリーをインタビューしました。
Read more
Misa Ooyama

いつか幼稚園をつくりたい

私自身、17歳のときにクォーターであることを知りました。そのことを隠さなければいけなかった社会がおかしいと、率直に感じました。それから、多様性を認め合える社会をつくるには、どうしたらいいか考えてみましたが、やはり若い世代の意識から変えていくのが良いように思えました。
Read more
Gaiax People

ポスト就活ルールの時代。企業と学生には何が求められるのか

経団連の「就活ルール」廃止検討発言が世間を騒がせましたね。私は、2年前まで就活していた17卒世代。そして今は、採用計画も作るし面談も行う採用担当。直近でどちらの立場も経験しているためか、様々な方から、今回の騒動についてご質問をいただきました。
Read more
シェア研修

「仮想同期」が新卒の成長を加速させる!3社合同の「シェア研修」

私が一年目から、目標意識を高く持ち、環境に左右されずに過ごせるようになったのには、ちょっとしたきっかけがございました。そのきっかけとは、毎年四月に、入社してきた新卒を対象に実施している「シェア研修」です。約一ヶ月、他社の同期ととも過ごし、互いに学び合い、己を知れるシェア研修。
Read more

TABICAの新しいホスト像 〜地域プロデューサーとしての役割〜

様々な人の暮らしを体験できるTABICA。簡単にいうと体験のECサイトなのですが、一般個人の方でも体験を企画して掲載できるところに特徴があり、体験を提供してくださる方を「ホスト」と呼んでいます。これまでのTABICAのホストは、何かしらのスキルなり、知識なりを持っているいわゆる「職人」的な人だったのですが、そうじゃない人も体験を開催できるのではないか?ということを最近考えています。
Read more

新卒入社から一年。やってみて良かったこと。悪かったこと。

最近では18卒新入社員の研修で講師をすることもあり、参加者を一年前の自分と重ねて見る機会が増えるうちに、この一年間で自分が試してみて良かったことと悪かったことを先に知っていられたらなと思うようになりました。数ヶ月かけてやっとたどり着けた 『やって良かったこと』もあれば、辞めるまで一年間かかった『やって悪かったこと』もあります。
Read more
Masahito Kohigashi

私が社内靴磨きを始めた理由

新卒入社してちょうど1年が経ちました。入社してから改めて気づいたことですが、ガイアックスには、業務に直接関係ないかもしれないけれどユニークな活動をしているメンバーが本当にたくさんいます。また、ガイアックスという会社は個人のやりたいことを最大限に応援するという文化があり、最近カルチャーエンバシー(文化使節団)という取り組みも先日発足しました。
Read more
Back To Top