skip to Main Content

何ができる?高知の”普通の大学生”がフルリモートインターンをする理由

私は現在、高知県にいながら、ガイアックス人事総務部長である流拓巳さんのもとで、秘書インターン生としてフルリモートで活動しています。10ヶ月一緒に働いていますが、実は流さんと対面であったことは一度もありません。

地方のごく普通の家庭で生まれ、地元の普通の環境で過ごしてきた私が、ガイアックスで秘書インターンを始めた理由、今していること、そして今後何を目指すのかをお話しします。

無難に生きてきた高校生までの時期

私は高知県内の、特別裕福ではないけれど生活には困らない一般的な家庭で生まれ育ち、公立の小中学校から県内の公立高校へ進学。
部活と勉強を両立し、地元の大学には推薦入学という、ごく普通の生活を送ってきました。

趣味に全力を注ぎ原動力にしてきた大学生前半

これまで部活と勉強に力を注いできた分、大学進学後は趣味に時間を使うようになりました。
休日に飲食店でのアルバイトを頑張り、好きなアーティストのライブを観に時々県外まで遊びに行くといった生活です。
一番大きかった挑戦は「大学祭実行委員会」に所属したことです。
それが私にとって初めて1から何かを作った経験でした。

そんな日々を過ごす中で、趣味を通して就職したい企業を発見。
しかし、その企業の倍率はとても高く、早く動き出さなきゃ!と思い、2年生の内から就職活動(サマーインターンへの参加)を始めました。

高知県内で開かれるサマーインターンは、先着順で参加が決まるのが基本だったので、「選考」を経験するため、県外のインターンシップに参加することにしました。
マイナビで、交通費支給、且つ選考を行っているインターンを探し、大阪で行われたサマーインターンシップへ参加しました。

壁にぶつかる就活期

2年生でサマーインターンに参加した後は、特に何をするでもなく、漠然とした不安を抱え大学3年生になりました。
新型コロナの影響で志望業界のインターンがなくなり、途方にくれていた時、友人から中四国の学生団体「HELIX.com」を紹介されました。HELIX.comは、「機会の少ない中四国の就活に革命を起こす」を目標とした団体です。その団体が主催する、中四国の学生と東京の企業を繋ぐためイベント「CHANCE」に参加しました。自己分析や業界研究など、1ヶ月以上の準備期間を経て開かれるマッチングイベントです。
私がガイアックスを知ったのはこのイベントでした。
しかし、イベント後にガイアックスから選考参加のオファーはきませんでした。
後日、イベントに参加していたガイアックス人事担当の流さんが「秘書インターン生」の募集を始め、せっかくなら長期インターン機会の少ない地方の学生を優先でということで、HELIX.comの代表から紹介を受けたことがきっかけとなりました。

長期インターン未経験、且つこれまで起業などにも興味がなかった私にとって、ガイアックスや流さんの存在はとても未知でした。ですが、得体の知れない何かにチャレンジした経験がないこと。志望業界に内定をもらうために自分をレベルアップさせたいという思いが強かったこと。その2つが決め手で、秘書インターンを始める決意をしました。

未知な環境で過ごすために意識してきたこと

インターン初日は、右も左も分からない状態で、流さんが参加する全MTGに1日中同席することから始まりました。

そんな環境の中で、下記3つのことを意識してきました。

①人の顔と名前を早く覚える/覚えてもらう
②スピード(即レス/依頼業務をすぐこなす)
③タスク管理

①人の顔と名前を早く覚える/覚えてもらう

業務上、私を知らない人とやりとりすることが多いため、「誰?」と優先順位を下げられる可能性を考え、とにかく存在を認知してもらえるよう努めました。
社内のメンバーと話す機会があればとにかく参加。また、同席するMTGでは、必ず流さんが来る前にzoomに入り、相手の方と先に雑談をすることも心がけていました。

ガイアックスへの知識がゼロのままインターンを始めたことが負い目になっていたので、選考希望学生向けの座談会にも参加し、ガイアックス志望者と同じ目線で自社のことを見れるようにも努めました。

「秘書インターン」が珍しいポジションということもあり、早い段階で存在を知ってもらえたのではないかと感じています。

②スピード

とにかく依頼された業務はすぐにやる精神でタスクに取り組みました。
素早く業務をこなすことで次のタスクがもらえる状況だったので、業務経験を積むためにスピードは必要不可欠でした。
また、信頼を得るため、タスクを期限内にこなすことや、即レスも心がけました。
今でも、特別返信ができない時(学校,睡眠など)以外は、連絡をもらったらすぐに返信をすることを心がけており、チームメンバーから返事が早いと言っていただけることも多いです!

③タスク管理

とにかくしっかりタスク管理することを意識してきました。
きっかけは、前述したインターン初日の出来事です。

MTGに1日中同席させていただいた際に、各MTGで複数タスクが発生し、1日が終わる頃にはかなりの量になっています。脳の切り替えが必要だと感じました。

そこで、ツールや付箋など、いろいろな方法を模索し、タスク管理を行い、抜け目がないか確認できるようにしています。
また、自分のタスクだけでなく、流さんが関わるタスクもマネジメントすることが自分の役目なので、より一層会社の全体像と各タスクの紐付きを理解する必要がありました。

未知を乗り越えられた理由

前述した3つを意識してきましたが、それだけではきっと、これまでとの環境のギャップにすぐ挫けてしまっていたと思います。
約10ヶ月もの間継続できたのは、間違いなく周りのサポートがあったからです。

主なサポートに、毎週実施している流さんとの1on1があります。
1on1では、雑談程度に近況報告を行いつつ、自分の現状(リソースの空き具合や現在の業務の難易度)を確認し、FBをいただきます。
その結果、手持ち無沙汰/業務過多になることなく、日々の業務をこなすことができています。

1on1以外でも、わからないことがあればすぐにオンラインを繋いでくれたので、素早く疑問を解消することができました。
しかし、頼りきりではなく、「まずは自分でできるようにする」スタンスを教わっていたので、徐々に、オンラインで話すのではなく、ネットや社内フォルダにヒントがないのか探す癖を身につけることもできました。

また、よく「自分ならどうする?」や「どうして〜したと思う?」などを聞かれるので、自分ならどうするかを考える癖は入社時よりも身につきました。

達成感を感じられた入社3ヶ月目

インターン開始から3ヶ月、流さんの「ターゲットは森さんと同世代だから、イベント考えやすいんじゃない?自分で作ってみる?」という一言がきっかけで学生向けイベント企画をすることに。
私は考える作業が苦手で、黙々と事務的な作業の方が得意でしたが、このまま事務作業をしていてもガイアックスでインターンを始めた意味がないと思いイベント企画に挑戦しました。

0から企画を考えるのは初めてだったので、まずはイベント設計方法を流さんから教わりました。
その骨組みを基に内容を思考・壁打ちし、周りの人を徹底的に頼りました。

イベント設計ができたら、次は参加者確保が必要です。
どんな文章が響くだろう?と思考し、スカウト文章を作成。
150人以上のプロフィールをじっくり読み、今回のイベントターゲットとなり得る人へ、それぞれに向けカスタマイズしたスカウトを送信しました。

最終的に、約20人がイベントに参加してくださりました。
また、イベント参加アンケートでは、満足度10段階評価のうち全員が7以上で、好意的なコメントもたくさんもらう、とても達成感を感じることができました。

自分の中に生じた変化

このように、ガイアックスには立場に関係なく挑戦できる環境があります。
この環境で過ごし、自分の中で大きく変化したことは次の二つです。

1:立場の異なる人と話すことに抵抗がなくなったこと
2:なんでもやってみようというマインドになったこと

私は人見知りの傾向が強く、特に立場の異なる人と話すときに緊張し上手く話せませんでした。
しかし、上司である流さんの業務上、誰もが知っている大手メーカー元社長の方や、20代で上場企業の取締役となった方など、今まで私の生活をしている中では出会うことのない、様々な業界の経営層の方との話し合いや交渉をする機会が多く、いつの間にか抵抗感がなくなっていました。
もちろん、今でも少し緊張しますが、以前のように不安な気持ちになることはなくなりました。

また、「できる/できない」ではなく、「やる/やらない」で仕事の依頼を受けることが多く、何をしても初めての経験だった私にとって、とにかく「やってみる」という経験が増えました。
その結果、インターン以外の環境でも「やってみよう」という気持ちが強くなり、「与えられた仕事をやる」から、「自分から進んで仕事を探しにいく」スタンスへと変化しました。

これは、面倒だと避けていた卒業研究を自ら進んで実施するようになるなど、日常生活にも良い影響を与えてくれるものでした。

ですが、冒頭でお話ししたように、元々はごく普通の大学生。

一方で、ガイアックスには、いわゆるエリート層だなと感じる人が多数います。
(ここでいうエリート層とは、積極的に留学やボランティア、長期インターンへ参加し、自ら機会見つけをチャンスを掴みに行くことのできるアグレッシブな人を指しています)

そんな方達と私を比較し、感じたことがあります。

典型的なエリート層ではなかった自分とエリート層との比較

同じことは何か?

「なんでもやってみる精神」
自ら進んで仕事を行う意識は同じ

右も左も分からないからこそ、まずは任された仕事をスピード感を持って取り組もう。という意識は、エリート層の人たちに負けていないと思います。
実際、他のインターン生から業務内容を聞かれた際、「そんな仕事もしてるんですね」と言われることも多いです。これは、「やってみる」精神を持っているからこそ任せていただいた業務であり、このマインドは同じだと感じました。

同じことができると感じる部分はどこか?

「立場に関係なく、対等に仕事を任せてくれること」

やる気があれば、立場に関係なく様々な業務を任せてもらえると感じます。
採用業務でも、様々な媒体を通した候補者とのやりとりなど、社員の方々が請け負っていた業務を引き継いだりしています。また、引き継いだ後、グッと業務効率が下がることはなかったため、自分でも同じようにできることがあると実感できました。

違いは何か?

「知識と経験」
考え方の引き出しが少なく、ブレイクダウンする力が弱い

一方で、「自分はまだ入ったばかりだから」という理由で考えて行動できないのは、エリート層との違いだと思います。
私は、「やってみる精神」はありつつも、入社当初はただ言われた通りに動いていました。
しかし、エリート層の人は、与えられた業務に対して、自分にできることは何かをブレイクダウンして考える力があり、実行までが早いです。
これは、今までの知識や経験の差が影響している(自ら考え行動しなければ何も進まない環境を経験しているかどうかの違い)と思います。

私が目指すもの

いわゆるエリート層的な経歴でなくても、活躍できる場所/方法がある。
そういったことをガイアックスでインターンを始め、知ることが出来ました。

では、私が今後目指すものはなんなのか。
それは「可能性を引っ張り上げられる人になる」ことです。

自分は入りたてでわからないから断る。ではなく、自分に何ができるのか、何をすれば相手にとってプラスになるのかを常に考えて行動していく必要があります。
誰もが初めは初心者であり、その中で、自分がどう活躍していくかを考え、自分なりの考えを行動で示していく人がガイアックスに集まっていると思います。
この環境で経験した、「やってみる」精神を大切に、目の前にあるきっかけに飛びついていくことで、自分や他者の可能性を引っ張り上げられる存在を目指していきたいです。

「ユニークな働き方のリアル」を現役メンバーに直接聞いてみませんか?

ガイアックスでは、「ガイアックスの働き方」を深く知るオンライン座談会を毎週開催しています。 「報酬は自分で決める」「上長に拒否権のない部署異動」など、ユニークな働き方について現役メンバーが直接解説。 ガイアックスで働くことに興味をお持ちの方は、現場目線のリアルな働き方をぜひ一度聞いてみませんか?

2021年1月に人事総務部長 流さんの秘書インターン生として業務開始。日程調整や資料作成、採用候補者とのやりとりやイベント企画まで様々な業務に挑戦している。
FeatureGaiaxカルチャーPeople Empowerment Teamインターン
関連記事

私は現在、高知県にいながら、ガイアックス人事総務部長である流拓巳さんのもとで、秘書インターン生としてフルリモートで活動しています。10ヶ月一緒に働いていますが、実は流さんと対面であったことは一度もありません。

地方のごく普通の家庭で生まれ、地元の普通の環境で過ごしてきた私が、ガイアックスで秘書インターンを始めた理由、今していること、そして今後何を目指すのかをお話しします。

無難に生きてきた高校生までの時期

私は高知県内の、特別裕福ではないけれど生活には困らない一般的な家庭で生まれ育ち、公立の小中学校から県内の公立高校へ進学。
部活と勉強を両立し、地元の大学には推薦入学という、ごく普通の生活を送ってきました。

趣味に全力を注ぎ原動力にしてきた大学生前半

これまで部活と勉強に力を注いできた分、大学進学後は趣味に時間を使うようになりました。
休日に飲食店でのアルバイトを頑張り、好きなアーティストのライブを観に時々県外まで遊びに行くといった生活です。
一番大きかった挑戦は「大学祭実行委員会」に所属したことです。
それが私にとって初めて1から何かを作った経験でした。

そんな日々を過ごす中で、趣味を通して就職したい企業を発見。
しかし、その企業の倍率はとても高く、早く動き出さなきゃ!と思い、2年生の内から就職活動(サマーインターンへの参加)を始めました。

高知県内で開かれるサマーインターンは、先着順で参加が決まるのが基本だったので、「選考」を経験するため、県外のインターンシップに参加することにしました。
マイナビで、交通費支給、且つ選考を行っているインターンを探し、大阪で行われたサマーインターンシップへ参加しました。

壁にぶつかる就活期

2年生でサマーインターンに参加した後は、特に何をするでもなく、漠然とした不安を抱え大学3年生になりました。
新型コロナの影響で志望業界のインターンがなくなり、途方にくれていた時、友人から中四国の学生団体「HELIX.com」を紹介されました。HELIX.comは、「機会の少ない中四国の就活に革命を起こす」を目標とした団体です。その団体が主催する、中四国の学生と東京の企業を繋ぐためイベント「CHANCE」に参加しました。自己分析や業界研究など、1ヶ月以上の準備期間を経て開かれるマッチングイベントです。
私がガイアックスを知ったのはこのイベントでした。
しかし、イベント後にガイアックスから選考参加のオファーはきませんでした。
後日、イベントに参加していたガイアックス人事担当の流さんが「秘書インターン生」の募集を始め、せっかくなら長期インターン機会の少ない地方の学生を優先でということで、HELIX.comの代表から紹介を受けたことがきっかけとなりました。

長期インターン未経験、且つこれまで起業などにも興味がなかった私にとって、ガイアックスや流さんの存在はとても未知でした。ですが、得体の知れない何かにチャレンジした経験がないこと。志望業界に内定をもらうために自分をレベルアップさせたいという思いが強かったこと。その2つが決め手で、秘書インターンを始める決意をしました。

未知な環境で過ごすために意識してきたこと

インターン初日は、右も左も分からない状態で、流さんが参加する全MTGに1日中同席することから始まりました。

そんな環境の中で、下記3つのことを意識してきました。

①人の顔と名前を早く覚える/覚えてもらう
②スピード(即レス/依頼業務をすぐこなす)
③タスク管理

①人の顔と名前を早く覚える/覚えてもらう

業務上、私を知らない人とやりとりすることが多いため、「誰?」と優先順位を下げられる可能性を考え、とにかく存在を認知してもらえるよう努めました。
社内のメンバーと話す機会があればとにかく参加。また、同席するMTGでは、必ず流さんが来る前にzoomに入り、相手の方と先に雑談をすることも心がけていました。

ガイアックスへの知識がゼロのままインターンを始めたことが負い目になっていたので、選考希望学生向けの座談会にも参加し、ガイアックス志望者と同じ目線で自社のことを見れるようにも努めました。

「秘書インターン」が珍しいポジションということもあり、早い段階で存在を知ってもらえたのではないかと感じています。

②スピード

とにかく依頼された業務はすぐにやる精神でタスクに取り組みました。
素早く業務をこなすことで次のタスクがもらえる状況だったので、業務経験を積むためにスピードは必要不可欠でした。
また、信頼を得るため、タスクを期限内にこなすことや、即レスも心がけました。
今でも、特別返信ができない時(学校,睡眠など)以外は、連絡をもらったらすぐに返信をすることを心がけており、チームメンバーから返事が早いと言っていただけることも多いです!

③タスク管理

とにかくしっかりタスク管理することを意識してきました。
きっかけは、前述したインターン初日の出来事です。

MTGに1日中同席させていただいた際に、各MTGで複数タスクが発生し、1日が終わる頃にはかなりの量になっています。脳の切り替えが必要だと感じました。

そこで、ツールや付箋など、いろいろな方法を模索し、タスク管理を行い、抜け目がないか確認できるようにしています。
また、自分のタスクだけでなく、流さんが関わるタスクもマネジメントすることが自分の役目なので、より一層会社の全体像と各タスクの紐付きを理解する必要がありました。

未知を乗り越えられた理由

前述した3つを意識してきましたが、それだけではきっと、これまでとの環境のギャップにすぐ挫けてしまっていたと思います。
約10ヶ月もの間継続できたのは、間違いなく周りのサポートがあったからです。

主なサポートに、毎週実施している流さんとの1on1があります。
1on1では、雑談程度に近況報告を行いつつ、自分の現状(リソースの空き具合や現在の業務の難易度)を確認し、FBをいただきます。
その結果、手持ち無沙汰/業務過多になることなく、日々の業務をこなすことができています。

1on1以外でも、わからないことがあればすぐにオンラインを繋いでくれたので、素早く疑問を解消することができました。
しかし、頼りきりではなく、「まずは自分でできるようにする」スタンスを教わっていたので、徐々に、オンラインで話すのではなく、ネットや社内フォルダにヒントがないのか探す癖を身につけることもできました。

また、よく「自分ならどうする?」や「どうして〜したと思う?」などを聞かれるので、自分ならどうするかを考える癖は入社時よりも身につきました。

達成感を感じられた入社3ヶ月目

インターン開始から3ヶ月、流さんの「ターゲットは森さんと同世代だから、イベント考えやすいんじゃない?自分で作ってみる?」という一言がきっかけで学生向けイベント企画をすることに。
私は考える作業が苦手で、黙々と事務的な作業の方が得意でしたが、このまま事務作業をしていてもガイアックスでインターンを始めた意味がないと思いイベント企画に挑戦しました。

0から企画を考えるのは初めてだったので、まずはイベント設計方法を流さんから教わりました。
その骨組みを基に内容を思考・壁打ちし、周りの人を徹底的に頼りました。

イベント設計ができたら、次は参加者確保が必要です。
どんな文章が響くだろう?と思考し、スカウト文章を作成。
150人以上のプロフィールをじっくり読み、今回のイベントターゲットとなり得る人へ、それぞれに向けカスタマイズしたスカウトを送信しました。

最終的に、約20人がイベントに参加してくださりました。
また、イベント参加アンケートでは、満足度10段階評価のうち全員が7以上で、好意的なコメントもたくさんもらう、とても達成感を感じることができました。

自分の中に生じた変化

このように、ガイアックスには立場に関係なく挑戦できる環境があります。
この環境で過ごし、自分の中で大きく変化したことは次の二つです。

1:立場の異なる人と話すことに抵抗がなくなったこと
2:なんでもやってみようというマインドになったこと

私は人見知りの傾向が強く、特に立場の異なる人と話すときに緊張し上手く話せませんでした。
しかし、上司である流さんの業務上、誰もが知っている大手メーカー元社長の方や、20代で上場企業の取締役となった方など、今まで私の生活をしている中では出会うことのない、様々な業界の経営層の方との話し合いや交渉をする機会が多く、いつの間にか抵抗感がなくなっていました。
もちろん、今でも少し緊張しますが、以前のように不安な気持ちになることはなくなりました。

また、「できる/できない」ではなく、「やる/やらない」で仕事の依頼を受けることが多く、何をしても初めての経験だった私にとって、とにかく「やってみる」という経験が増えました。
その結果、インターン以外の環境でも「やってみよう」という気持ちが強くなり、「与えられた仕事をやる」から、「自分から進んで仕事を探しにいく」スタンスへと変化しました。

これは、面倒だと避けていた卒業研究を自ら進んで実施するようになるなど、日常生活にも良い影響を与えてくれるものでした。

ですが、冒頭でお話ししたように、元々はごく普通の大学生。

一方で、ガイアックスには、いわゆるエリート層だなと感じる人が多数います。
(ここでいうエリート層とは、積極的に留学やボランティア、長期インターンへ参加し、自ら機会見つけをチャンスを掴みに行くことのできるアグレッシブな人を指しています)

そんな方達と私を比較し、感じたことがあります。

典型的なエリート層ではなかった自分とエリート層との比較

同じことは何か?

「なんでもやってみる精神」
自ら進んで仕事を行う意識は同じ

右も左も分からないからこそ、まずは任された仕事をスピード感を持って取り組もう。という意識は、エリート層の人たちに負けていないと思います。
実際、他のインターン生から業務内容を聞かれた際、「そんな仕事もしてるんですね」と言われることも多いです。これは、「やってみる」精神を持っているからこそ任せていただいた業務であり、このマインドは同じだと感じました。

同じことができると感じる部分はどこか?

「立場に関係なく、対等に仕事を任せてくれること」

やる気があれば、立場に関係なく様々な業務を任せてもらえると感じます。
採用業務でも、様々な媒体を通した候補者とのやりとりなど、社員の方々が請け負っていた業務を引き継いだりしています。また、引き継いだ後、グッと業務効率が下がることはなかったため、自分でも同じようにできることがあると実感できました。

違いは何か?

「知識と経験」
考え方の引き出しが少なく、ブレイクダウンする力が弱い

一方で、「自分はまだ入ったばかりだから」という理由で考えて行動できないのは、エリート層との違いだと思います。
私は、「やってみる精神」はありつつも、入社当初はただ言われた通りに動いていました。
しかし、エリート層の人は、与えられた業務に対して、自分にできることは何かをブレイクダウンして考える力があり、実行までが早いです。
これは、今までの知識や経験の差が影響している(自ら考え行動しなければ何も進まない環境を経験しているかどうかの違い)と思います。

私が目指すもの

いわゆるエリート層的な経歴でなくても、活躍できる場所/方法がある。
そういったことをガイアックスでインターンを始め、知ることが出来ました。

では、私が今後目指すものはなんなのか。
それは「可能性を引っ張り上げられる人になる」ことです。

自分は入りたてでわからないから断る。ではなく、自分に何ができるのか、何をすれば相手にとってプラスになるのかを常に考えて行動していく必要があります。
誰もが初めは初心者であり、その中で、自分がどう活躍していくかを考え、自分なりの考えを行動で示していく人がガイアックスに集まっていると思います。
この環境で経験した、「やってみる」精神を大切に、目の前にあるきっかけに飛びついていくことで、自分や他者の可能性を引っ張り上げられる存在を目指していきたいです。

「ユニークな働き方のリアル」を現役メンバーに直接聞いてみませんか?

ガイアックスでは、「ガイアックスの働き方」を深く知るオンライン座談会を毎週開催しています。 「報酬は自分で決める」「上長に拒否権のない部署異動」など、ユニークな働き方について現役メンバーが直接解説。 ガイアックスで働くことに興味をお持ちの方は、現場目線のリアルな働き方をぜひ一度聞いてみませんか?

2021年1月に人事総務部長 流さんの秘書インターン生として業務開始。日程調整や資料作成、採用候補者とのやりとりやイベント企画まで様々な業務に挑戦している。
FeatureGaiaxカルチャーPeople Empowerment Teamインターン
関連記事
Back To Top