Ishikawa-Jun

旅行をしたいけどしたくない

ガイアックスの出張でアフリカ・ルワンダに行くことが決まり、うれしい反面、ちょっとしたもやもやがありそれを表現したくこのテーマでポストを書きます。それは、当然のことながら、アフリカへ行くためには長距離の飛行機による移動が欠かせません。今日は、そんな長距離移動で抱いてしまう私の葛藤を、前回のブログよりインタビューを担当してくれているけんちゃんと記録係のみずもさんに聞いてもらいました。

jun_ishikawa
機内での使い捨てのゴミの一部

飛行機に乗るだけでエネルギーやゴミへの葛藤がついてくる

香庄:今回は、前回のような海士町での生活モデル探求についてではなく、近々行くことになっているガイアックスのルワンダ出張の際に、飛行機に乗ることへの潤さんの葛藤みたいものを聞かせてくれるということでしたね。

潤:はい、そうなんです。生活モデル探求のお話をする中で、「自然にやさしい」ということを大事にしたいということはすでにお伝えしているので、すでにお察しかもしれませんが、飛行機に乗る際の移動にかかる燃料であったり、機内での使い捨てのゴミだったりに対しては、生活モデルの探求とは別にまだ具体的に考えることができていないので、今は自分に受け入れがたい形のまま、それの仕組みにのっかるしかないということに葛藤があります。

香庄:僕も今日のテーマを聞いた時に少し想像をしていました。

潤:この写真を見てください。これは以前に僕が機内で食べたものなんですけど、おそらく僕がマイ箸を使ったとしても、袋に入ったお箸などは捨てられてしまうと思うんです。紙コップも何度も新しいものが出てきますよね。

香庄:そうですね。例えば、同じ紙コップを使ってほしいとフライトアテンダントの方に伝えたことはあるんですか?

潤:はい、あります。ちょうど海士町に来る前、北米に行った帰りのバンクーバーから関空までユナイテッド・エアラインに乗ったのですが、そこで伝えたことがあります。でも、飲み物がほしいというと、即座に新しい紙コップに注がれて出てきてしまうので、前に使った手元の紙コップに入れてくださいというタイミングが、最初はなかなかつかめずにいました。

でもそのフライトは長距離でしたので、何度か同じフライトアテンダントの方が来てくれたこともあって、3回目くらいでようやく今使っている紙コップに注いでほしいと言うことができました。

香庄:で、どうでした?

潤:わかったよ、と言ってくれて手元の紙コップに注いでくれました。

香庄:やってくれたんですね。

潤:はい。その時に彼女は“私も嫌なときがあるんだよ”と話してくれたのですが、彼女はゴミ袋を持って紙コップなどを業務の中で回収するので、きっと僕なんかよりも彼女自身の方がゴミを作っているという意識があるんだろうなって。

香庄:いつからそう思うようになったとかはあるんですか?

潤:そうですね。以前にバンコクに住んでいたことはお話したかと思うのですが、そこでの経験で、何かにつけて食べ物をテイクアウトするため容器やビニール袋の消費量の多さを感じたり、渋滞がすごくて歩いた方が早いにもかかわらず車で移動するという習慣が変わらなかったり・・・、そんなことが気になり出した頃からだと思います。「自然にやさしい」というテーマが自分にとって大事だと思うようになったきっかけもここからでした。

香庄:そうだったんですね。

潤:はい。でも、そこで僕であれば住む環境であったり、自分の生活の仕方などを変えるために行動ができましたが、もし、先ほどのフライトアテンダントの方であれば、その仕事を辞めるという決断をしなければ変えることができないと思っているでしょうね。もちろん、子育てのことなど生活のことを考えると、当然仕事を辞めるという意思決定はできませんし、そんなことを抱えつつ仕事をしている人は一定数いるんだろうなって。

香庄:そうですね。普通の人は潤さんほどの決断はなかなかできないでしょうね。

jun_ishikawa
亀田商店@海士町の豆腐

無自覚に便利さや効率を求めた結果としての今

潤:おそらく昔は機内でも使い捨てではないものでご飯食べたり、飲んだりしていんだと思うんです。でも、洗う手間や、同じ紙コップを使うことで液体が漏れてしまうリスクを考えれば、今のオペレーションの方が便利で効率的ですよね。

こういうことは、生活モデルを探求している海士町にだってあって、例えば、昔であれば豆腐を買いにいくときはボウルなどの容器を持参していたはずが、いつの間にか便利なビニール袋やプラスチックのトレイになり、結果ゴミは出るけれどもゴミは回収してくれるので気にもなりません。

僕は便利さや効率に対して反対主義ではないけれども、やっぱり無自覚にそれらを求めてきてしまった結果かなあと思ってしまいます。便利さや楽も、どこまでいけば無駄なエネルギーを使っていることになるのだろうと思うことがあって、僕としては、楽って 8割は無駄なことで、2割くらいが無駄ではない楽なんじゃないかなって(笑)

香庄:昨今、環境についての意識が少しずつ変わりつつも、まだまだ自覚が足りないことは間違いないですね。

潤:そうですね。今回の飛行機での葛藤のように、場所はどこであっても、こうして自分の中に生まれた葛藤に向き合いながら突き進んでいくことが、生活モデルの探求なんだろうなと思いました。人にも他人にも自然にもやさしいというこの3つが成り立つ姿が、きっとこの先にあるのだろうなあって。

なので日常生活の中でやろうとしていることだけではなく、それは今回のような非日常の中であっても、どういう姿がありえるのかなっていうことを考えて続けていきたいし、ちゃんと問題意識をもって、よりよい方向へ変えていくっていう意思を表現していきたいです。

jun_ishikwa
おすそ分けしてもらった野菜と一緒に

相手の長期的な幸せが自分の行動の原動力に

香庄:海士町の外でこのような経験が、潤さんが取り組んでいる生活モデルの探求に繋がっていくことってありそうですか?

潤:ううん・・・、難しいですね。というのも、2つがすごく違ったものに見えるというか・・・。

例えば、海士町などの身近な生活圏であれば、僕がある方の農園に手伝いに行き、その方が自分では食べきれない野菜をもらってくれば無駄なゴミが出ずに済みますよね。これは、僕がこの農家さんを知っていて、なおかつ野菜が余るかもしれないという可能性を知っているので、そこに行けばこうなるかもしれないという道筋が想像できるんです。

しかし、自分との関係性がない他の場所であれば、先ほどのような使い捨てカップにコーヒーを入れて渡すというような、すでに決められたサービスや仕組みに対して、こういう場合にはこうするといった様々なケースに対しての準備(この場合だったらマイカップを持参しているかとか)をしていかないと変わらないので、やり方をかなり考えないといけません。ましてや、準備が必要かどうかということではなく、仕組み自体を変えようとするのであればさらにハードルは高くなります。

香庄:既存のオペレーションを変更してもらって、マイカップに入れてくださいというのはかなり勇気がいりますね。

潤:僕も昔はなかなか言い出せませんでした。いつもやっている・何も考えなくてもできるオペレーションではなく、いつもとは違う・考えなければならないオペレーションを強いているわけですから・・・。

でも現在は、相手の長期的な幸せに繋がっているという姿がクリアになれば、周りからどう思われるかよりも、こういう風にできませんかねという問いかけができるようになったんです。

香庄:いや~、すごいですね。というのも、言葉で言うほど簡単ではないと思ったので。

潤:自分の幸せをイメージしたときに、“自分だけがよければいい”という考え方では自分の幸せには繋がらないなという想いがあるので、自分がいいと感じることは、他の誰かにとっても長期的に見れば意義があるのではないかなって。

なので、例えば先ほどのマイカップに入れてくださいと伝えるというようなことが、以前よりもあまり躊躇なく1歩踏み出せることが多くなっているんだろうなと思ってます。

それは僕が今取り組んでいる生活モデルの探求の場合でも同じことで、このようなメンタリティでいる限り、間接的に他の人への事例づくりに貢献できるのではと考えていますし、思った以上に共感してくれる人もいるのではないかなという予感もしています。

香庄:相手の長期的な幸せへの貢献が、潤さんの幸せにとってとても大切なことなんですね。

jun_ishikawa
大根を分けてもらいました
  • 『万物にやさしい生活モデル探求』、背景にある体験と大切にしている考え方『万物にやさしい生活モデル探求』、背景にある体験と大切にしている考え方 この三ヶ月強、色々と取り組みをしてきたけれど、ブログで宣言をしたあと何も進捗を報告できていないという焦りだけがありました。そんな中、すべて自分でやらないとと思ってしまっていたということに気づき、以下のお二人の方に話したら快く手伝うよと言ってくれて、すごく気が楽になりました。そこで、今後のブログを含めて、進捗の発信は他の方にも携わっていただきながらやっていきたいと考えています。 […]
  • 幸せで有意義な人生のために、万物にやさしい生活モデルの探求はじめました。幸せで有意義な人生のために、万物にやさしい生活モデルの探求はじめました。 石川潤は今日から「他の人間にも優しく、人間以外にも優しく、自分にも優しい生活」モデル作りに向けて、一歩一歩、試行錯誤を始める宣言をします。今日は、なぜこんな試行錯誤をするに至ったのか、何を意識して試行錯誤をしていくのかを共有させてください。 […]
  • 人口二千人の離島、隠岐海士町でスタートした『万物にやさしい生活モデル探求』人口二千人の離島、隠岐海士町でスタートした『万物にやさしい生活モデル探求』 前回のブログから早いもので3か月が経ちました。あのブログでお伝えした通り、拠点をタイのバンコクから日本の離島・海士町に移し、「他人にも優しく、自然にも優しく、自分にも優しい」生活モデル作りに向けて、一歩一歩ですが、試行錯誤しながら日々暮らしています。海士町で取り組んでいる生活モデルづくりについての進捗をお伝えしますね。 […]
  • 僕がやりたいのは持続可能な社会ではないことが見えてきた僕がやりたいのは持続可能な社会ではないことが見えてきた 前回のブログでは、ガイアックスの出張でアフリカのルワンダに行くことをお伝えしていたかと思いますが、出張後その足で、同じくアフリカのケニア、さらにはヨーロッパのオランダやデンマークにも訪れ、環境に配慮した取り組みを見たり、お話を聞かせていただいたりしてきました。このブログでは、それらの体験が自分の「生活モデル探求」にどう影響したのかを、いつものようにインタビュー形式お伝えできれ […]

石川 潤

石川 潤

ガイアックス歴8年8ヶ月。そのうち、8年7ヶ月を海外での会社、チーム、事業立ち上げをリード。さやか(伴侶)、悠(4歳の子供)と海士町に引っ越し。Type-A Breakfast オーガナイザー(https://typeabreakfast.com/