skip to Main Content

ガイアックスの採用基準

  • 最終更新: 2022年3月14日
「自由すぎる」「起業家輩出企業」などと言われているが、未だ正体不明な株式会社ガイアックス。
ガイアックスは一体どんな会社なのか。皆さんの疑問にお答えするべく、代表の上田がガイアックスについて語る動画シリーズ『LEADER INSIGHT』の第十弾を記事化しました!第十弾のテーマは『Gaiaxの採用基準』ガイアックスは「スタートアップスタジオ」として、起業家が連続的に生まれるような組織を目指しています。その中でいろんな事業部があり、多様なメンバーに参画していただいています。今回は特に、「自分自身がスタートアップをするぞ」という方々に向けた採用基準に関してガイアックス代表の上田が語ります。
ぜひご覧ください!

※この記事はYouTubeに公開された同タイトルの動画を元に書き起こしています。

ガイアックスの採用基準を教えてください。

ガイアックスは、ガイアックスが全体となって起業家を生み出すことができる「スタートアップスタジオ」のような組織を目指しています。
»ガイアックスの「ビジネスモデル」

その中には、当然さまざまな部署があり、さまざまなロールもあり、さまざまなメンバーに参画してもらっています。ですが、今回は特に、「自分自身がスタートアップをするぞ」「自分自身が大きな企業をつくるぞ」という方々に対する採用基準について、お話いたします。

やはり、一番大切になってくるものは、自己責任の気持ちです。「世の中を変えるには、自分が頑張らなければならないんだ」と思うことや、「もしも世の中で困っている人がいたら、それは自分の責任なんだ」と思える気持ちがあるかどうかということが、一番重要です。

そういった社会問題に対して「自分は関係ない」と他人事で感じ取る方は、残念ながら向いていないと思います。

加えて、スキルとして必要なものは2つあります。

1つは、非常に論理的に物事を考えられることです。新しい産業で新しいビジネスをつくっていくときには、さまざまなルールが出てきます。そういったことをゲームとして捉え、「どれをどう動かせばどうなるのか」ということを、スピーディーに考えられるスキルが必要です。

もう1つは、コミュニケーションスキルです。たくさんの人を巻き込んで事業をつくっていく必要がありますが、その中において、特に相手が何を言っているのかを、しっかりとつかめること。場合によっては、自分の喋り方やプレゼンテーション能力が低くても構いません。

ぜひ、そういった方々とガイアックスで一緒になって、大きな事業をつくっていきたいと思っています。

ガイアックスでのキャリアパスはどんなものがありますか?

将来大きな事業をつくろうと思って参画していただくメンバーには、様々なキャリアパスがあると思っています。

もしも、はじめから「こういう事業をやりたいんだ」という方がいらっしゃれば、そのまま入っていただいて、数か月もしないうちに会社をつくり、社長になっていただければと思います。場合によっては、ガイアックスグループの中からメンバーを大勢集めてきて、事業化していくというパターンもあります。昨年、新卒で入ってきてくださったメンバーの中にも、そういったメンバーが複数人いらっしゃいました。

「将来は起業したいけれども、とりあえず今は目の前の仕事を頑張りたい」という方や「まずはスキルアップをしたい」という方もいらっしゃいます。その場合は各事業部に入っていただいて、その部署の中で自分が伸ばしたいと思うスキルにコミットしていただければと思います。場合によっては、そこから「自分で何かをやっていきたい」と思うことがあれば、新規事業を立ち上げればいいのです。さらに場合によっては、その部署自体が変わります。今は部員であっても、気がつけば部長になっていることもありますし、部を運営するメンバーがカーブアウトしていけば、部署自体が本体から独立して別会社となります。普通に入社していたつもりだったけれども、気がつくとカーブアウトした会社の役員となって、上場を目指しているケースも多いにありえます。実際にガイアックスからカーブアウトした会社は複数ありますので、当然そういった道も当社のキャリアパスとしてはあると思います。
»ガイアックスの「カーブアウトオプション制度」

また、キャリアパスの中で私たちとは合わないということで退職をするケースもあると思います。たとえば、起業の道ではないケースや、一度外に出ていろいろと見てみたいというケースもあります。ただ、そういう場合であっても、「また起業をするんだ」「また事業をつくるんだ」というときには、ガイアックスグループのほうに戻ってきていただくことも可能です。戻って来られなくとも、昔ガイアックスとして一緒にお仕事をさせていただいたメンバーですから、出資させていただいたり、事業支援をさせていただいて、その関係性を通じて起業を目指すというパターンもあります。やはり、ガイアックス出身者の方や、卒業生の方々に対する出資は、我々も非常に積極的です。上場企業も、そこから何社も生まれていますから、ガイアックスとしては、そういった関係もあると思っています。

起業家以外のキャリアパスにはどんなものがありますか?

ガイアックスではいくつもの事業をつくってきており、当たり前ですが、企業をつくっていく起業家以外の方々の力も、たくさん欲しています。多くのセクターで、多くのスキルを欲していますが、そういったケースにおいても、多くの関わり方があると思います。

たとえば、副業で関わっていただく方もいます。ガイアックスグループ内では、いつでもポジションチェンジをすることができます。他の事業部から引き抜かれることや、もしくは、ガイアックスの卒業生から引き抜かれるなど、様々ありますが、そういったポジションチェンジをすることや、2つの部署で働くということもあります。もちろん、働き方も様々あります。日本に住んで出勤する方もいらっしゃれば、リモートワークで働く方もいます。気がつけば、海外に行って、海外で働く方もいらっしゃいます。また、それぞれのスキルを伸ばす方もいれば、ディレクター的なスキルを伸ばされる方もいます。

ですから、採用に関しましても、非常にオープンで、多彩なかたちにしています。場合によれば、採用のときは、スキルさえあれば、他は何も問いません。たとえば、性別や、どこに住んでいらっしゃるのかということも、今どのようなシチュエーションなのかということも、まったく気にすることはありません。個人として働かれるのか、個人会社として働かれるのか、雇用されるのか、業務委託として働かれるのかといったことも、非常に多彩に分かれています。
そういう意味では、働かれようと思っていらっしゃる方も、ガイアックスグループとは一体どんなグループなのか、非常に不安かと思われます。できれば、副業や、何かのプロジェクトでご一緒させていただくところから気軽に始めさせてもらい、そのあと徐々にお互いに濃い関係になっていくことができればと思います。

起業したい方、ガイアックスで働きたい方へ

STARTUP CAFEではアイデアの壁打ちや無料での相談はもちろん、優れた事業アイデアには2000万円の出資支援も。新卒の6割が起業するガイアックスでは、まずは入社しそこから事業をつくることも可能です。

STARTUP CAFEへ 採用募集へ

起業したい方、ガイアックスで働きたい方へ

STARTUP CAFEではアイデアの壁打ちや無料での相談はもちろん、優れた事業アイデアには2000万円の出資支援も。新卒の6割が起業するガイアックスでは、まずは入社しそこから事業をつくることも可能です。

STARTUP CAFEへ 採用募集へ
LEADER INSIGHT
1. “Gaiax”とはどんな会社か?代表上田による会社紹介
2. ガイアックスが大切にしている価値観について
3. 資本主義社会の課題を解決するシェアリングエコノミー
4. ガイアックスはなぜスタートアップスタジオを始めたのか?
5. 事業成長を最大化させる取り組み “カーブアウトオプション” とは何か?
6. 資本主義社会の矛盾とこれから訪れる世界【前編】
7. 資本主義社会の矛盾とこれから訪れる世界【後編】
8. 報酬も仕事内容も自分で決める ガイアックスの目標設定・評価制度「マイルストーンセッション」
9. ガイアックスから起業家が生まれる理由
10. ガイアックスの採用基準
上田 祐司
1997年、同志社大学経済学部卒業後に起業を志し、ベンチャー支援を事業内容とする会社に入社。一年半後、同社を退社。1999年、24歳で株式会社ガイアックスを設立する。30歳で株式公開。一般社団法人シェアリングエコノミー協会代表理事を務める。
LEADER INSIGHT動画シリーズフラットカルチャーポテンシャル採用上田祐司働き方改革採用起業家
関連記事
  • 最終更新: 2022年3月14日
「自由すぎる」「起業家輩出企業」などと言われているが、未だ正体不明な株式会社ガイアックス。
ガイアックスは一体どんな会社なのか。皆さんの疑問にお答えするべく、代表の上田がガイアックスについて語る動画シリーズ『LEADER INSIGHT』の第十弾を記事化しました!第十弾のテーマは『Gaiaxの採用基準』ガイアックスは「スタートアップスタジオ」として、起業家が連続的に生まれるような組織を目指しています。その中でいろんな事業部があり、多様なメンバーに参画していただいています。今回は特に、「自分自身がスタートアップをするぞ」という方々に向けた採用基準に関してガイアックス代表の上田が語ります。
ぜひご覧ください!

※この記事はYouTubeに公開された同タイトルの動画を元に書き起こしています。

ガイアックスの採用基準を教えてください。

ガイアックスは、ガイアックスが全体となって起業家を生み出すことができる「スタートアップスタジオ」のような組織を目指しています。
»ガイアックスの「ビジネスモデル」

その中には、当然さまざまな部署があり、さまざまなロールもあり、さまざまなメンバーに参画してもらっています。ですが、今回は特に、「自分自身がスタートアップをするぞ」「自分自身が大きな企業をつくるぞ」という方々に対する採用基準について、お話いたします。

やはり、一番大切になってくるものは、自己責任の気持ちです。「世の中を変えるには、自分が頑張らなければならないんだ」と思うことや、「もしも世の中で困っている人がいたら、それは自分の責任なんだ」と思える気持ちがあるかどうかということが、一番重要です。

そういった社会問題に対して「自分は関係ない」と他人事で感じ取る方は、残念ながら向いていないと思います。

加えて、スキルとして必要なものは2つあります。

1つは、非常に論理的に物事を考えられることです。新しい産業で新しいビジネスをつくっていくときには、さまざまなルールが出てきます。そういったことをゲームとして捉え、「どれをどう動かせばどうなるのか」ということを、スピーディーに考えられるスキルが必要です。

もう1つは、コミュニケーションスキルです。たくさんの人を巻き込んで事業をつくっていく必要がありますが、その中において、特に相手が何を言っているのかを、しっかりとつかめること。場合によっては、自分の喋り方やプレゼンテーション能力が低くても構いません。

ぜひ、そういった方々とガイアックスで一緒になって、大きな事業をつくっていきたいと思っています。

ガイアックスでのキャリアパスはどんなものがありますか?

将来大きな事業をつくろうと思って参画していただくメンバーには、様々なキャリアパスがあると思っています。

もしも、はじめから「こういう事業をやりたいんだ」という方がいらっしゃれば、そのまま入っていただいて、数か月もしないうちに会社をつくり、社長になっていただければと思います。場合によっては、ガイアックスグループの中からメンバーを大勢集めてきて、事業化していくというパターンもあります。昨年、新卒で入ってきてくださったメンバーの中にも、そういったメンバーが複数人いらっしゃいました。

「将来は起業したいけれども、とりあえず今は目の前の仕事を頑張りたい」という方や「まずはスキルアップをしたい」という方もいらっしゃいます。その場合は各事業部に入っていただいて、その部署の中で自分が伸ばしたいと思うスキルにコミットしていただければと思います。場合によっては、そこから「自分で何かをやっていきたい」と思うことがあれば、新規事業を立ち上げればいいのです。さらに場合によっては、その部署自体が変わります。今は部員であっても、気がつけば部長になっていることもありますし、部を運営するメンバーがカーブアウトしていけば、部署自体が本体から独立して別会社となります。普通に入社していたつもりだったけれども、気がつくとカーブアウトした会社の役員となって、上場を目指しているケースも多いにありえます。実際にガイアックスからカーブアウトした会社は複数ありますので、当然そういった道も当社のキャリアパスとしてはあると思います。
»ガイアックスの「カーブアウトオプション制度」

また、キャリアパスの中で私たちとは合わないということで退職をするケースもあると思います。たとえば、起業の道ではないケースや、一度外に出ていろいろと見てみたいというケースもあります。ただ、そういう場合であっても、「また起業をするんだ」「また事業をつくるんだ」というときには、ガイアックスグループのほうに戻ってきていただくことも可能です。戻って来られなくとも、昔ガイアックスとして一緒にお仕事をさせていただいたメンバーですから、出資させていただいたり、事業支援をさせていただいて、その関係性を通じて起業を目指すというパターンもあります。やはり、ガイアックス出身者の方や、卒業生の方々に対する出資は、我々も非常に積極的です。上場企業も、そこから何社も生まれていますから、ガイアックスとしては、そういった関係もあると思っています。

起業家以外のキャリアパスにはどんなものがありますか?

ガイアックスではいくつもの事業をつくってきており、当たり前ですが、企業をつくっていく起業家以外の方々の力も、たくさん欲しています。多くのセクターで、多くのスキルを欲していますが、そういったケースにおいても、多くの関わり方があると思います。

たとえば、副業で関わっていただく方もいます。ガイアックスグループ内では、いつでもポジションチェンジをすることができます。他の事業部から引き抜かれることや、もしくは、ガイアックスの卒業生から引き抜かれるなど、様々ありますが、そういったポジションチェンジをすることや、2つの部署で働くということもあります。もちろん、働き方も様々あります。日本に住んで出勤する方もいらっしゃれば、リモートワークで働く方もいます。気がつけば、海外に行って、海外で働く方もいらっしゃいます。また、それぞれのスキルを伸ばす方もいれば、ディレクター的なスキルを伸ばされる方もいます。

ですから、採用に関しましても、非常にオープンで、多彩なかたちにしています。場合によれば、採用のときは、スキルさえあれば、他は何も問いません。たとえば、性別や、どこに住んでいらっしゃるのかということも、今どのようなシチュエーションなのかということも、まったく気にすることはありません。個人として働かれるのか、個人会社として働かれるのか、雇用されるのか、業務委託として働かれるのかといったことも、非常に多彩に分かれています。
そういう意味では、働かれようと思っていらっしゃる方も、ガイアックスグループとは一体どんなグループなのか、非常に不安かと思われます。できれば、副業や、何かのプロジェクトでご一緒させていただくところから気軽に始めさせてもらい、そのあと徐々にお互いに濃い関係になっていくことができればと思います。

起業したい方、ガイアックスで働きたい方へ

STARTUP CAFEではアイデアの壁打ちや無料での相談はもちろん、優れた事業アイデアには2000万円の出資支援も。新卒の6割が起業するガイアックスでは、まずは入社しそこから事業をつくることも可能です。

STARTUP CAFEへ 採用募集へ

起業したい方、ガイアックスで働きたい方へ

STARTUP CAFEではアイデアの壁打ちや無料での相談はもちろん、優れた事業アイデアには2000万円の出資支援も。新卒の6割が起業するガイアックスでは、まずは入社しそこから事業をつくることも可能です。

STARTUP CAFEへ 採用募集へ
LEADER INSIGHT
1. “Gaiax”とはどんな会社か?代表上田による会社紹介
2. ガイアックスが大切にしている価値観について
3. 資本主義社会の課題を解決するシェアリングエコノミー
4. ガイアックスはなぜスタートアップスタジオを始めたのか?
5. 事業成長を最大化させる取り組み “カーブアウトオプション” とは何か?
6. 資本主義社会の矛盾とこれから訪れる世界【前編】
7. 資本主義社会の矛盾とこれから訪れる世界【後編】
8. 報酬も仕事内容も自分で決める ガイアックスの目標設定・評価制度「マイルストーンセッション」
9. ガイアックスから起業家が生まれる理由
10. ガイアックスの採用基準
上田 祐司
1997年、同志社大学経済学部卒業後に起業を志し、ベンチャー支援を事業内容とする会社に入社。一年半後、同社を退社。1999年、24歳で株式会社ガイアックスを設立する。30歳で株式公開。一般社団法人シェアリングエコノミー協会代表理事を務める。
LEADER INSIGHT動画シリーズフラットカルチャーポテンシャル採用上田祐司働き方改革採用起業家
関連記事
Back To Top