こんにちは!Gaiax Bardsの好奇心担当大川美里ですo(^-^)o

「スタートアップスタジオ」を自負しているGaiax。「起業家輩出企業」と言っているけど、実際のところどうなの?Gaiaxの卒業生たちはどんな事業をやっているの?知りたい!知りたい!というわけで、Gaiaxを卒業していったユニークな起業家の皆さんをインタビュー形式でご紹介する「卒業生に聞いてみた!」シリーズ、その頭の中見せてもらいましょーっ!!

Vol.1のゲストは 株式会社Tokyo Otaku Mode小高 奈皇光さん

小高 奈皇光(こだか なおみつ)

2000年、メリルリンチ投資銀行部に入社。電通IPOやソニーの資金調達(2,500億円)、大成火災の会社更生計画(現損保ジャパンへの統合)など多数の案件に携わる。2006年、株式会社ガイアックスのCFOに就任。自社株TOBなど資本政策の他、M&A・人事・経営企画などを管轄、フィリピン及びシンガポールの子会社設立を主導した。2011年には厚生労働省「両立支援ベストプラクティス推進事業」委員を務める。
2012年、Tokyo Otaku Modeを共同創業者として設立し、世界中のアニメファンに日本のグッズを届けるグローバルEコマースを開始。米国500startupsから資金調達を行い、翌2013年に第1回Japan Startup Awardグランプリを受賞。2014年にはCool Japan Fundより第1号案件として投資を受け、中国市場にも参入した。2016年からは自社による商品開発を始め、商品企画/流通/メディアを兼ね備えた総合サービスを展開。2018年にはオタクコイン構想を発表し、コミュニティ通貨としてオタクコインをローンチ。現在Tokyo Otaku ModeのFacebookファン数は2,020万人を超え、世界130カ国以上に日本のカルチャーと商品を届けている。慶應大学総合政策学部卒、University of Pennsylvania – The Wharton School Executive Education Program修了

実業にかかわって実力をつけたい

ー 小高さん、今日は宜しくお願いします!小高さんの過去のインタビュー記事、事前にいくつか読ませて頂いているんですけど、面白いなぁと思ったのは「外資系投資銀行が一番厳しい環境だから」という理由で新卒でメリルリンチ投資銀行部に入社、5年ぐらいするとご自身の成長の頭打ち感を感じて、またまた「ベンチャーで会社の経営を担うのが一番厳しい環境だ」とい気付いてベンチャー、Gaiaxにいらっしゃったと。そのココロは?

小高 学生時代NPOでちょこちょこボランティアやったりしたんですよね。その時ふと「自分が出来ることって本当に小さいことだな」って気付いちゃって…。本当に世の中を変えて行くにはビジネスの世界に身を置かないと意味ないな、と思ってそこからとにかく実学に興味が出てきました。実学の世界で実力をつけたいと思うようになったんですね。

小高 それで大学2年半ばから4年生までインターンをしていました。パルテックという半導体商社で新規事業やコンサルティングをしたり、野村総研で情報通信コンサルティングの部署で働いたりしていました。

ー なるほど。でも、インターン先でそのまま就職、そこから起業ではなくて、外資系投資銀行へ行ったのは、元々金融に興味があって?

小高 これも「実学を身につけたい」という気持から、金融系のゼミに入っていました。例えばマクロ経済でさえも、GDPの成長率を当てるってすごく難しい、結局予想が外れたりするじゃないですか。なので、もっと実践的な、株価の理論値算定とか投資対効果をどう図るかとかそういうマニアックなゼミです(笑)。それで、就活で色々な会社や先輩の話を聞いてみたら当時は外資系、特に米系の投資銀行が一番厳しい環境だった。基本的に全員契約は2年間で、実力が認められないと即時クビです。ある日出社してみたら自分の席がない、なんてことが外資系はよくあります。そういう環境でとにかく実力を最速スピードで付けたいと思ってメリルリンチに入社することを決めました。

小高 結果2年で契約を切られることもなく(笑)、メリルリンチには5年いました。5年いると、若手としての実務は概ねできるようになります。でも、ふと我に返ってみると「打席に立っていない」感覚に気付きました。

ー 「打席に立っていない」とは?

小高 投資銀行の仕事って最終的にはエージェントなんですよね。企業買収も大型資金調達も、その「お手伝い」はしているけど「意思決定者」ではない訳です。野球で例えると「あの活躍しているイチローね、紹介したの自分なんですよ。」って、でも自分は打席にたっていない。三振してもいいから自分で打席に立ちたいと思った時にベンチャーに興味が沸いてきたんです。

小高 そんな時に、大学の後輩で当時Gaiaxの副社長だった中島さんに誘われて。

ー 即決で?

小高 ある意味即決でしたね(笑)

ー 「自分で打席に立ちたい」と思って飛び込んだGaiax。2006年にCFOとして入社されますが、最初にかかわった仕事は?

小高 これ、もうネタみたいになってるんですけど…。当時Gaiaxは上場間もないタイミングで大きな赤字決算、確か過去最大くらいの赤字を出すような状況になっていて株主の皆さまに「大変申し訳ございません!」と謝るのが最初の仕事でした。

ーえー!!いきなりとんでもない打席に立ちましたね(笑)

小高 そうですね。でも、今となってはそういうことも含めて”ベンチャー”なので、そういう体験ができること自体ありがたいなと(笑)。そこから、CFOとして資金調達、海外子会社立ち上げ、企業買収、また管理部も見ていたので、経理、労務、採用、総務、広報などなど幅広くかかわっていました。

Gaiaxで出会った「性善説」と「サーヴァント主義」

ー外資系からGaiaxにジョインしてみてどうでしたか?

小高 良い意味で、おかしい人が多い(笑)。そもそもベンチャーに来るってだけでやっぱりなんかおかしいですよ、みんな。

ーあ、そういえば、先日小高さんのピッチを拝聴したんですが「ベンチャーに来るやつに悪いやつはいない」「性善説」というフレーズが印象的でした。そのココロは?

小高 そうそう。ベンチャーに来る人って、「会社が○○してくれないから」とか「会社が○○だから××できない」っていうような会社に巣食う人がいないですよね。権利だけ主張する人がいない。そうではなくて、何かやりたい!提案したい!という人ばかり。イイヤツだなぁと(笑)そういう意味でホント「悪いやつ」はいないですし良い意味で「おかしい人」ばかりですよね。ちなみにおかしいは褒め言葉ですよ!

ーなるほど。もう一つ前述のピッチでベンチャーやる上では「サーヴァント主義で生きていく」というフレーズが出てきていました。その時にご自身で「Gaiax出身なんで、ちょっとGaiaxっぽいこと言っちゃいますけど」と仰ってました。Gaiaxっぽいというのはどういう意味で?

小高 昔上田さん(Gaiax代表執行役社長(兼取締役))が良く言ってたんですよ。日本語にすると「召使い」ということで。

ー召使い…ですか??

小高 Gaiaxの良い所ってとにかく「自由」というところ。そして、経営者が偉いという思想がない。みんながやりやすい状態・情熱的になれる状態・環境を整えるだけだという考え方です。そういう意味で「召使い」なんです。どんどん権限を委譲していく。そしてみんなが一国一城の主になってもらっていいんです。Tokyo Otaku Modeでも、今まさにそれを進めたいと思っています。

宇宙飛行士になりたいならNASAに行ったら良い

ーTokyo Otaku Modeのお話が出てきましたが、ここまでのお話を聞いていると「起業」というキーワードが出てこないなぁ…という気がするんですが、Gaiaxから起業に至る経緯をお聞かせ頂けますか?いずれは起業したい!という熱い思いがあったのでしょうか?

小高 うーん。まぁ、Gaiaxにくるくらいなので興味が全くなかったわけではないですよ。でも、起業してもいいいけど、それは手段の一つだと思っています。

ー手段の一つですか?

小高 そうですね。Gaiaxには約7年いました。上田さんとは戦友という感じで、自ら打席に立って実力で力を付けたいという思いは叶えられたと思っていました。そんな中2012年にGaiaxの仕事でアメリカに視察に行ったんですよ。

小高 そのアメリカ視察の時に亀ちゃん(Tokyo Otaku Mode ファウンダー・現会長 亀井 智英氏)も一緒に行くような話になって、そこからあれよあれよと話が進んで今に至ります。

ーあれよあれよ?

小高 そうですね(笑)前述のアメリカ視察の際に、エンジェル投資家に会えるような機会があったので、投資してくれないかというプレゼンをしたらその場で出資が決まって、立て続けに500 Startupsからの出資も決まって…結果会社を作ることになったというのが起業の流れです。

ーえー!なんか想像していたのと全然違う…(笑)このサービスで起業して一旗揚げるぞ!という感じなのかと思っていました。

小高 そうですねー。例えばロケットサイエンティストや宇宙飛行士になりたい人はNASAに行くことを目指したらいいと思うんですよ。それがおそらく一番の近道だから。でも、既存の枠組みでできない、効率が良くない、または、投資家が多くついて応援してもらうことで、よりやりたいことの近道になる、と思うなら起業という選択肢を考えてみたら良いのだと思います。そういう意味で起業は手段の一つでしかない。そこはフェアに考えたらいいと思うんです。すなわち、「何をどのような方法で実現したいの?」それが一番だと思っています。

ーそっか、起業するのが近道だったから、起業して今に至るんですね。素敵なメッセージ受け取りました。最後に近況をお聞かせ下さい。

小高 Tokyo Otaku Modeは今年で7年目になります。日本のアニメ・マンガ・ゲーム文化を海外に発信するために、メディア、商品企画、Eコマース、法人向けサービスなどを手がけています。また、今年からGaiaxと同じNagatacho GRiDに入居して、フルリモートな働き方や環境整備などにも取り組んでいます。

ー小高さん、ありがとうございました。

Gaiax卒業生小高奈皇光さんからのメッセージ

起業は手段の一つでしかない。
冷静に考えて「何をどう実現したいのか?」それが一番。

☆シリーズ連続企画☆卒業生の頭の中を覗いたら

このコーナーはビジネスアイデア発想ゲーム「かけアイ」を使って、大川が卒業生の皆さまから即興で思いついたアイディアをお伺いするコーナーです。

山札から引いた3枚の「欲求カード」と3枚の「お題カード」。小高さんが引いた欲求カードは「時間が増える」「思いっきり笑える」「お金が増える」。そしてお題カードは「インターネットサービス」「ペットビジネス」「イベント」。この3×3を使って小高さんから出てきたアイディアはこちら。

「思いっきり笑える」+「インターネットサービス」=「オンライン飲み会」

国内各地と海外拠点に沢山のスタッフがいるTokyo Otaku Mode。「実はこれ、実際にやっていて、幹事が飲み会の進行をして、画面シャッフルで席チェンジ、飲み代はオンライン経費精算して…という感じで40人くらいで飲んだことが何回かあります。そうそう最後に「オンライン一本締め」もするんですよ(笑)」とアイディアをもう一つ追加してくれました。「これ、「思いっきり笑える」+「インターネットサービス」だけど「時間が増える」+「イベント」でもありますね。移動時間が節約になります(笑)。」なーるほど!!これは「すぐに実現できそうで賞」をお送りします!

※「かけアイ」は、アイデア発想術の専門家、株式会社ウサギ 高橋晋平さん制作したたビジネスアイデアをどんどん作るゲームです。【作例】#かけアイ #kakeai


シリーズ: 卒業生に聞いてみた!

大川 美里

各種社内・社外サービスのディレクター業務、ライドシェアサービスnottecoの運営担当を経てブランド室へ。仕事も遊びも「楽しく」がモットー。
兼業女優。俳優ユニット「ぱいんふらっと」を立ち上げ主宰を務める。