企業理念

企業理念

人と人をつなげる Empowering the people to connect.

ガイアックスは創業時から、人と人が考えていることを通わせるコミュニケーションを促進させることをミッションとしています。このコミュニケーションにおいて、時間・空間・立場を超えることができるソーシャルメディアが最適だと考えています。

なぜなら、ソーシャルメディアにより、人と人とがつながり、無縁に感じていた人が身近な存在に感じられるようになり、広く社会全体に思いを馳せ、行動に移せるように変化するからです。また、世の中すべての人の多様な知識や視点や力を合わせ、集合知といわれる優れた価値を生み出すこともできるようになるからです。

だからこそ、ソーシャルメディアでの場づくりと支援、加えてソーシャルメディアでつながる上で障害となるものの予防・解決サポートに取り組み、今までアプローチできなかった世の中の課題の解決を目指します。

脈々と生きる事業を

ガイアックスの事業は、社会や人に寄り添い、時代を超えて在り続けるものでありたいと考えています。 そのためには打ち上げ花火のような瞬間的で流行り廃りのあるものではなく、「盤石」で、「常に前進・進化」する、脈々と生きていく事業であることが大切です。

盤石であるためには、前提として、最高のサービスを提供し、利用者からの最大の支持を得ていなければなりません。また、常に前進・進化するには、真摯に事業に向き合い、継続的に改善を繰り返し、変化を恐れないことが重要です。

私達は、このような脈々と生きる事業を育てることで、ミッションを達成していきます。

独協的であれ

「フリー・フラット・オープン」それが、ガイアックスという社風です。固定的な役割に縛られることなく、社長から現場社員までが各々、自由度を高くもって枠を越えた協働をしています。

そのためには、人としての良識を持ち、会社としての目標・価値観をしっかり共有した上で、みんなが経営者視点に立って独りでに考え、行動を起こすことが大切です。

ひとりひとりの独立性と、チームでの協働性の両輪でガイアックスの毎日が駆動しています。そのマインドを「独協的」と名付け、大切にしています。

社名の由来

GaiaXのGaiaはギリシャ神話に登場する「大地の女神」で「地球」を指す語に由来します。「人と人をつなげる」ことをビジョンに掲げるガイアックスは、「人間が一つの生命体であると同時にその体中にも無数の微生物や細菌が存在しているように、地球も存在する無数の生命体に互いに影響し合うことによって生きている「一つの生命体」であると考える」ガイア理論*を支持しています。

*ガイア理論(The Gaia Hypothesis)
「母なる星地球は、それ自体が一つの巨大な生命体としての仕組みを持っており、私たち人類もまた、その人知を超えた、精緻な生命の仕組みの一部分として生かされている。」 J. ラブロック「ガイア理論」より