skip to Main Content

起業家とは?起業家になるために身につけたいマインド・スキルを解説

 

会社員として雇われる働き方でなく、自ら事業を立ち上げて活動する存在は起業家と呼ばれます。起業家になるためには、基本的なマインドを身につけて行動できる決断力が重要です。

今回は、起業家とはどのような存在か、起業家になるために身につけたいマインドやスキルを解説を解説します。

起業家はコンサルティング事業などと相性がよいため、過去の経験を活かした事業活動に取り組みやすいところも利点です。

これから起業家を目指したいと考えておられる方は参考にしてみてください。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイデアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業をつくろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

起業家とは?

自ら事業を立ち上げて社会の課題を解消できる存在は、起業家と呼ばれます。利益の追求と社会問題の解消を両立したビジネスモデルを展開される方が多く、強い志やビジョンを掲げて起業する流れが一般的です。

起業家は会社に雇用される働き方とは違い、自らの発想力やアイデアを活かした事業展開ができる魅力があります。

社会問題の課題を解決する存在

人々が暮らす社会には、問題や課題の解消が求められる内容が多くあります。たとえば、育児に関わる課題や高齢者の暮らしに関わる問題など、現実の社会で生きるために解消したい内容について、起業家は独自のビジネスモデルや方法で介入できる流れです。

起業家が事業を立ち上げると社会に新しい雇用を生み出したり、人々のネットワークをつくる仲介役になったりするなど、地域社会に貢献できる活動にもつながります。
ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ

自由な発想力で事業活動を展開

会社員として雇用する働き方では実現できなかったビジョンも、起業家として新しい事業を立ち上げると自由な発想で事業活動に取り組めます。

ありそうでなかったスキマ産業を見つけてブルーオーシャンとして事業を展開するなど、マーケティング戦略をうまく活用すれば収益を獲得しながら事業活動との両立が可能です。

社会に向けて自らの役割を意識しながら、過去の経験や興味のある分野から課題解消に向けた新しいビジネスモデルの展開が求められます。

好きなことを仕事に有効活用

起業家は、情熱を注げる分野で事業活動を展開できるところが魅力です。好きなことを仕事にできると人生を充実させる取り組みにもつながり、個人だけでなく社会全体によい影響を与えられる存在として重要な役割を担えます。

事業活動が軌道に乗ったあとは、同じように起業家を志す方のサポートができるようにコンサルティングの仕事に取り組むなど、好きなことを仕事にすると情熱をかけながら事業活動を継続できるところがメリットです。

これらの思考を持ち、新しい展開を切り開いていくことをアントレプレナーシップと言います。
アントレプレナーシップとは?企業の人材育成に重要なスキル・方法例

起業家と相性のよい仕事内容・事業の一例

コンサルティング事業や投資関係の事業、IT関係の事業は、お金が動きやすい分野で起業におすすめの内容です。起業家と相性のよい仕事内容・事業の一例を解説します。

コンサルティング事業

過去の経験や事業内容を通して得たノウハウを活かす方法には、経営や起業に対するアドバイスが実践できるコンサルティング事業があります。

どのような経営に取り組むと黒字にできるのか、起業するときに必要な準備はなにかなど、それぞれの経験や事業内容に合わせてさまざまな内容を展開しやすいところも魅力です。

本業と並行しながらコンサルティング事業を複業することも可能なので、自信のあるスキルや経歴を活かせるおすすめの事業活動になります。

投資関係の事業

金融商品や不動産、通貨などを対象にして投資で利益を得る事業活動で起業される方もいます。投資関係の事業はお金が大きく動きやすい分野なので、本人の能力次第でハイリターンを望みやすい分野です。

また、すでに事業活動に取り組んでいる方の場合は、将来の事業活動を継続させるために投資を利用して、新規事業にお金を落とす方法で事業を拡大する行動に取り組まれています。

IT関係の事業

DXが推進される社会に対応してIT関係の分野は、今後も発展することが予想されます。たとえば、サービスの開発やシステム開発のエンジニアなど、社会の基盤づくりに欠かせない役割を担える内容です。

IT関係の事業は多方面から技術を応用できるため、ITに対する興味や関心が深い方に向いています。

起業家に求められるマインド

自ら考えて行動するスキルが求められる起業家は、自動的に思考や行動につなげられるマインドセットが重要です。

起業家を目指したいときに求められるマインドを見ていきます。

行動力が求められる

自らが主体になって事業活動に取り組む起業家は、挑戦と失敗を繰り返しながら諦めずに行動できるスキルが必要です。

ビジネスモデルを展開するときは、自ら起業家と接点をつくって体験談を聞きに行ったり、同じ志を共有してくれる仲間を見つけたりするなど、惜しまずに行動できるスキルがあると事業を成功に導きやすくなります。

すべては自分の責任だと考える

起業家は事業活動に起きる出来事を他人事でなく自分の問題として考えられる器の大きさが求められます。事業の経営が軌道に乗らないときや従業員に不満の声があがるときも、自分の責任だと考えて改善策を模索していくことが必要です。

物事を広い視点で考えられるスキルを磨けると、事業内容を通して社会問題を解消できる発想力を養うことにもつながるため、すべての責任は自分にあると考えられるマインドが重要になります。

ビジョンをもって生きる

起業家を志すときは、どのような社会の課題を解消できるのかを検討しながら強いビジョンをもって生きる姿勢が重要です。

「どうして起業するのか?」という問いに答えられるように、情熱や思いをもって事業活動を展開する起業家は方向性がぶれないため、長く経営を継続する上でも大切な思想だといえます。

個人のビジョンは起業して会社を立ち上げるときの理念にもつながるため、自分軸をもってビジネスモデルにつながるビジョンを考えましょう。

情報を積極的に掴める

起業家は社会の情勢や流れを読む必要があるため、固定概念や常識にとらわれない発想力をもちながら情報を積極的に掴むスキルが求められます。

インフルエンサーからの情報発信や起業家同士のネットワークを活かしながら、現代の社会でどのような需要が高まっているのか動向を追っておくことが大切です。

事業改善につなげるためにも書籍やインターネット、人脈などを使いながら最新の情報を得るマインドが必要になります。

決断力を身につける

起業家の事業活動は決断の連続になるため、できる限り行動を早く進めるためにも決断のスキルが重視されます。

決断力があると失敗を繰り返してもスピード感があるため、ほかの人よりも素早く先に進んで次々に行動できるところがメリットです。

起業家に求められるマインドのなかでも決断力は重要になるため、日常生活のなかから意識してスキルを高められるようにしてみてください。

起業家とは

起業家になるには?事前準備や身につけたい5つのスキル

これから起業家を目指したい方は、できる限りの準備を整えておきましょう。事前に準備しておきたいポイントや身につけたいスキルを解説します。

事業活動のアイデアを考える

起業家を目指すためには、経営の軸になる事業活動のアイデアを考える必要があります。どのような分野で事業を展開したいのかを決めながら、自身の経験やビジョンから掘り下げてみましょう。

目指したい内容でビジネスモデルの前例があるときは、参考にしながら事業内容を検討します。自由な発想で固定概念にとらわれずにアイデアを思い浮かべることが重要です。

経営戦略やマーケティングのスキルを身につける

事業内容を検討するときは、同時に経営を続けられる戦略やマーケティングの基本知識を身につけることが重要です。

どのような仕組みをつくると効率よく利益を回収できるのか、効果的に宣伝するにはどのような媒体を使って宣伝していくのかなど、ときにはプロの力を借りながら戦略を決めていきます。

素晴らしいアイデアを思いついてもマーケティングがうまくいかないと収益につながりにくいため、力を入れて対策を練ることが必要です。

成功者に体験談を聞く

起業家を志すときに事業内容を考えながら、起業家としてすでに成功している人に体験談を聞きに行くと失敗のリスクを減らせます。

相談するときはなるべく相手の失敗談を含めて情報共有してくれる存在が理想的です。成功体験は耳に入れやすいメリットはありますが、失敗のリスクを回避するにはデメリット面を耳に入れることが大切になります。

銀行や国から支援金や補助金を申請する

起業家として事業活動に取り組みたいときに必要なお金が不足するときは、銀行からの融資や国からの補助金などを活用しましょう。

最近ではクラウドファンディングでお金を集める方法もあるため、発信力や掲げるビジョンに自信があるときに利用すると有効活用できる内容です。

会社員として働いている方は、できる限り自力で資金集めができるように貯蓄しておくなど、お金に関する準備を整えておくとスムーズな起業につながります。

株式を譲渡して資金調達をする第三者割当(エクイティファイナンス)という方法もあります。
「資金調達は仲間集め」起業が楽になるエクイティファイナンスの実態

スタートアップの支援を受ける

起業家になりたいものの、何から始めてよいのかわからない悩みを抱えるときは、スタートアップを支援する企業からサポートしてもらう方法がおすすめです。

起業家として成功している人から話が聞けるだけでなく、起業に必要な準備や費用の工面を手助けしてもらえる場合もあります。

ガイアックス・スタートアップスタジオでは「スタートアップカフェ」という、年齢や環境関係なく起業をしたい方の支援を受けつけています。まずは気軽な気持ちで相談に訪れてみてください。
起業の準備で必要なものとは?法人・個人事業主の失敗を回避する方法

起業家になるには事前準備と支援を受ける方法がおすすめ

起業家とはどのような存在か、起業家になるために身につけたいマインドやスキルを見てきました。

自由な発想力で社会の課題を解消しながら利益追求ができる起業家は、ビジョンや思いをもって活動に取り組んでいます。

起業家を目指したいときは、行動力や決断力などのマインドを身につけましょう。周りからの支援を受けながら、起業に向けた準備を整えておくと立ち上げまでの流れがスムーズに進められます。

「起業のプロ」の視点から事業アイデアを磨くイベント・ツール提供を無料実施中!

ガイアックスでは、起業のプロへ事業アイデアを相談できる無料イベント「STARTUP CAFE」を開催しています。 アイデアの壁打ちはもちろん、優れた事業案には200万円の出資や開発・バックオフィスなどの支援提供も。 また、事業アイデアの構造化に役立つ「リーンキャンバス」のテンプレート&活用マニュアル動画も無料配布中。 スタートアップスタジオを活用して事業をブラッシュアップしたい方は、ぜひ詳細をご覧ください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ起業家
関連記事

 

会社員として雇われる働き方でなく、自ら事業を立ち上げて活動する存在は起業家と呼ばれます。起業家になるためには、基本的なマインドを身につけて行動できる決断力が重要です。

今回は、起業家とはどのような存在か、起業家になるために身につけたいマインドやスキルを解説を解説します。

起業家はコンサルティング事業などと相性がよいため、過去の経験を活かした事業活動に取り組みやすいところも利点です。

これから起業家を目指したいと考えておられる方は参考にしてみてください。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイデアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業をつくろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

起業家とは?

自ら事業を立ち上げて社会の課題を解消できる存在は、起業家と呼ばれます。利益の追求と社会問題の解消を両立したビジネスモデルを展開される方が多く、強い志やビジョンを掲げて起業する流れが一般的です。

起業家は会社に雇用される働き方とは違い、自らの発想力やアイデアを活かした事業展開ができる魅力があります。

社会問題の課題を解決する存在

人々が暮らす社会には、問題や課題の解消が求められる内容が多くあります。たとえば、育児に関わる課題や高齢者の暮らしに関わる問題など、現実の社会で生きるために解消したい内容について、起業家は独自のビジネスモデルや方法で介入できる流れです。

起業家が事業を立ち上げると社会に新しい雇用を生み出したり、人々のネットワークをつくる仲介役になったりするなど、地域社会に貢献できる活動にもつながります。
ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ

自由な発想力で事業活動を展開

会社員として雇用する働き方では実現できなかったビジョンも、起業家として新しい事業を立ち上げると自由な発想で事業活動に取り組めます。

ありそうでなかったスキマ産業を見つけてブルーオーシャンとして事業を展開するなど、マーケティング戦略をうまく活用すれば収益を獲得しながら事業活動との両立が可能です。

社会に向けて自らの役割を意識しながら、過去の経験や興味のある分野から課題解消に向けた新しいビジネスモデルの展開が求められます。

好きなことを仕事に有効活用

起業家は、情熱を注げる分野で事業活動を展開できるところが魅力です。好きなことを仕事にできると人生を充実させる取り組みにもつながり、個人だけでなく社会全体によい影響を与えられる存在として重要な役割を担えます。

事業活動が軌道に乗ったあとは、同じように起業家を志す方のサポートができるようにコンサルティングの仕事に取り組むなど、好きなことを仕事にすると情熱をかけながら事業活動を継続できるところがメリットです。

これらの思考を持ち、新しい展開を切り開いていくことをアントレプレナーシップと言います。
アントレプレナーシップとは?企業の人材育成に重要なスキル・方法例

起業家と相性のよい仕事内容・事業の一例

コンサルティング事業や投資関係の事業、IT関係の事業は、お金が動きやすい分野で起業におすすめの内容です。起業家と相性のよい仕事内容・事業の一例を解説します。

コンサルティング事業

過去の経験や事業内容を通して得たノウハウを活かす方法には、経営や起業に対するアドバイスが実践できるコンサルティング事業があります。

どのような経営に取り組むと黒字にできるのか、起業するときに必要な準備はなにかなど、それぞれの経験や事業内容に合わせてさまざまな内容を展開しやすいところも魅力です。

本業と並行しながらコンサルティング事業を複業することも可能なので、自信のあるスキルや経歴を活かせるおすすめの事業活動になります。

投資関係の事業

金融商品や不動産、通貨などを対象にして投資で利益を得る事業活動で起業される方もいます。投資関係の事業はお金が大きく動きやすい分野なので、本人の能力次第でハイリターンを望みやすい分野です。

また、すでに事業活動に取り組んでいる方の場合は、将来の事業活動を継続させるために投資を利用して、新規事業にお金を落とす方法で事業を拡大する行動に取り組まれています。

IT関係の事業

DXが推進される社会に対応してIT関係の分野は、今後も発展することが予想されます。たとえば、サービスの開発やシステム開発のエンジニアなど、社会の基盤づくりに欠かせない役割を担える内容です。

IT関係の事業は多方面から技術を応用できるため、ITに対する興味や関心が深い方に向いています。

起業家に求められるマインド

自ら考えて行動するスキルが求められる起業家は、自動的に思考や行動につなげられるマインドセットが重要です。

起業家を目指したいときに求められるマインドを見ていきます。

行動力が求められる

自らが主体になって事業活動に取り組む起業家は、挑戦と失敗を繰り返しながら諦めずに行動できるスキルが必要です。

ビジネスモデルを展開するときは、自ら起業家と接点をつくって体験談を聞きに行ったり、同じ志を共有してくれる仲間を見つけたりするなど、惜しまずに行動できるスキルがあると事業を成功に導きやすくなります。

すべては自分の責任だと考える

起業家は事業活動に起きる出来事を他人事でなく自分の問題として考えられる器の大きさが求められます。事業の経営が軌道に乗らないときや従業員に不満の声があがるときも、自分の責任だと考えて改善策を模索していくことが必要です。

物事を広い視点で考えられるスキルを磨けると、事業内容を通して社会問題を解消できる発想力を養うことにもつながるため、すべての責任は自分にあると考えられるマインドが重要になります。

ビジョンをもって生きる

起業家を志すときは、どのような社会の課題を解消できるのかを検討しながら強いビジョンをもって生きる姿勢が重要です。

「どうして起業するのか?」という問いに答えられるように、情熱や思いをもって事業活動を展開する起業家は方向性がぶれないため、長く経営を継続する上でも大切な思想だといえます。

個人のビジョンは起業して会社を立ち上げるときの理念にもつながるため、自分軸をもってビジネスモデルにつながるビジョンを考えましょう。

情報を積極的に掴める

起業家は社会の情勢や流れを読む必要があるため、固定概念や常識にとらわれない発想力をもちながら情報を積極的に掴むスキルが求められます。

インフルエンサーからの情報発信や起業家同士のネットワークを活かしながら、現代の社会でどのような需要が高まっているのか動向を追っておくことが大切です。

事業改善につなげるためにも書籍やインターネット、人脈などを使いながら最新の情報を得るマインドが必要になります。

決断力を身につける

起業家の事業活動は決断の連続になるため、できる限り行動を早く進めるためにも決断のスキルが重視されます。

決断力があると失敗を繰り返してもスピード感があるため、ほかの人よりも素早く先に進んで次々に行動できるところがメリットです。

起業家に求められるマインドのなかでも決断力は重要になるため、日常生活のなかから意識してスキルを高められるようにしてみてください。

起業家とは

起業家になるには?事前準備や身につけたい5つのスキル

これから起業家を目指したい方は、できる限りの準備を整えておきましょう。事前に準備しておきたいポイントや身につけたいスキルを解説します。

事業活動のアイデアを考える

起業家を目指すためには、経営の軸になる事業活動のアイデアを考える必要があります。どのような分野で事業を展開したいのかを決めながら、自身の経験やビジョンから掘り下げてみましょう。

目指したい内容でビジネスモデルの前例があるときは、参考にしながら事業内容を検討します。自由な発想で固定概念にとらわれずにアイデアを思い浮かべることが重要です。

経営戦略やマーケティングのスキルを身につける

事業内容を検討するときは、同時に経営を続けられる戦略やマーケティングの基本知識を身につけることが重要です。

どのような仕組みをつくると効率よく利益を回収できるのか、効果的に宣伝するにはどのような媒体を使って宣伝していくのかなど、ときにはプロの力を借りながら戦略を決めていきます。

素晴らしいアイデアを思いついてもマーケティングがうまくいかないと収益につながりにくいため、力を入れて対策を練ることが必要です。

成功者に体験談を聞く

起業家を志すときに事業内容を考えながら、起業家としてすでに成功している人に体験談を聞きに行くと失敗のリスクを減らせます。

相談するときはなるべく相手の失敗談を含めて情報共有してくれる存在が理想的です。成功体験は耳に入れやすいメリットはありますが、失敗のリスクを回避するにはデメリット面を耳に入れることが大切になります。

銀行や国から支援金や補助金を申請する

起業家として事業活動に取り組みたいときに必要なお金が不足するときは、銀行からの融資や国からの補助金などを活用しましょう。

最近ではクラウドファンディングでお金を集める方法もあるため、発信力や掲げるビジョンに自信があるときに利用すると有効活用できる内容です。

会社員として働いている方は、できる限り自力で資金集めができるように貯蓄しておくなど、お金に関する準備を整えておくとスムーズな起業につながります。

株式を譲渡して資金調達をする第三者割当(エクイティファイナンス)という方法もあります。
「資金調達は仲間集め」起業が楽になるエクイティファイナンスの実態

スタートアップの支援を受ける

起業家になりたいものの、何から始めてよいのかわからない悩みを抱えるときは、スタートアップを支援する企業からサポートしてもらう方法がおすすめです。

起業家として成功している人から話が聞けるだけでなく、起業に必要な準備や費用の工面を手助けしてもらえる場合もあります。

ガイアックス・スタートアップスタジオでは「スタートアップカフェ」という、年齢や環境関係なく起業をしたい方の支援を受けつけています。まずは気軽な気持ちで相談に訪れてみてください。
起業の準備で必要なものとは?法人・個人事業主の失敗を回避する方法

起業家になるには事前準備と支援を受ける方法がおすすめ

起業家とはどのような存在か、起業家になるために身につけたいマインドやスキルを見てきました。

自由な発想力で社会の課題を解消しながら利益追求ができる起業家は、ビジョンや思いをもって活動に取り組んでいます。

起業家を目指したいときは、行動力や決断力などのマインドを身につけましょう。周りからの支援を受けながら、起業に向けた準備を整えておくと立ち上げまでの流れがスムーズに進められます。

「起業のプロ」の視点から事業アイデアを磨くイベント・ツール提供を無料実施中!

ガイアックスでは、起業のプロへ事業アイデアを相談できる無料イベント「STARTUP CAFE」を開催しています。 アイデアの壁打ちはもちろん、優れた事業案には200万円の出資や開発・バックオフィスなどの支援提供も。 また、事業アイデアの構造化に役立つ「リーンキャンバス」のテンプレート&活用マニュアル動画も無料配布中。 スタートアップスタジオを活用して事業をブラッシュアップしたい方は、ぜひ詳細をご覧ください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ起業家
関連記事
Back To Top