skip to Main Content

起業の準備で必要なものとは?法人・個人事業主の失敗を回避する方法

  • 最終更新: 2021年9月2日

 

会社に雇用される以外の形で働きたい人には、法人や個人事業主で起業する方法があげられます。会社員時代とは違い、事業を始める上で基本的に自ら準備を進める必要があるため、調べることが多く慣れないうちは手間や時間がかかかります。

ただ、こういったバックオフィス業務を請け負ってくれる投資会社もでてきており、起業の難易度は低くなっている傾向があります。

また、新しく事業を開始して独立すると自由に働けたり、新しい世界が広がったりするメリットもあるので、ぜひ準備を進めて起業にチャレンジしてみてください。

本記事では、起業の準備で必要になるものはなにか、法人・個人事業主の失敗を回避する内容を解説します。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

法人の起業で準備が必要になるもの

事業内容によっては必ずしも必要はありませんが、準備を進めておくと事業開始の段取りがスムーズになります。会社員の時代から少しずつ準備を始めるためにも、法人の起業で準備が必要になるものを見ていきましょう。

事業計画書

事業の運営方法に関する情報を客観的に伝えるための書類で、法人の起業で必要になります。銀行などからお金を借りるときにも重要になるので、作成して提出を済ませておくと便利です。

具体的には、事業でどのくらいの収益が見込めるか、どのようなビジョンで会社を立ち上げたのか、事業の創業者や従業員の名前など、第三者にも伝わる内容を記載します。

事業を継続的に続けるためにも、法人で起業を考えておられる方は事業計画書の準備を進めておきましょう。

経営資金

事業の規模や内容によっては、まとまった経営の資金が必要になります。自己資本を投下するのはリスクが高いので基本的に今の時代おすすめできません。

第三者から株式譲渡を条件に資金を調達するエクイティ・ファイナンスがおすすめです。ガイアックスでも実施しているエクイティ・ファイナンス出資について以下記事で詳しく紹介しています。

「資金調達は仲間集め」起業が楽になるエクイティファイナンスの実態

事業所 / オフィス

会社のサービスや製品をつくる場所、提供する場所として事業所の準備を進めます。テナントを借りて事業を始める場合もあれば、レンタルオフィスでほかの事業者と共有する形で始めるなどさまざまです。

また、インターネット業界などの在宅ワークが可能な仕事の場合、事業所を自宅にして働けます。経費削減の意味でも一石二鳥です。

できる限り経費が削減できる場所を選ぶと、事業の継続に負担をかけない工夫につながります。事業内容にあわせて事業所の場所を考えることが大切です。

ガイアックスではシェアオフィスサービスも実施しています。東京都千代田区のアクセス抜群の立地です。是非お気軽にご連絡ください。

起業の準備で必要なものとは?法人・個人事業主の失敗を回避する方法

個人事業主の起業で準備が必要になるもの

起業で必ずしも必要になるわけではありませんが、早めに提出すると節税対策のメリットがある書類をまとめています。

書類は簡単な記入で進められるので手間はかからず、提出によって事業の継続に向けた覚悟が決まるかもしれません。個人事業主の起業で準備が必要になるものを見ていきましょう。

開業届

国に事業を始めたと報告するには、各現住所にある税務署に開業届の提出が必要です。開業届とは、事業内容の詳細を簡単に記入する書類を指しています。
ただ、必ずしも開業届を出さなくても罰則にはなりません。事業を始めた日から提出せずに働く人もいれば、事業の軌道が乗ってからあとで開業届と青色申告承認申請書をともに提出される方もいます。

開業届と青色申告承認申請書を一緒に提出すると税金を節約できるところも便利です。青色申告承認申請書に関しては、下記の見出しをご参照ください。

青色申告承認申請書

開業届とともに提出しておくと事業所得などの税金を控除できる書類です。個人事業主も一定の所得があると、毎年の確定申告で税金の支払い義務が出てきます。

少しでも税金を安く済ませられれば事業の経費や生活にまわすお金にゆとりがもてるため、事業を継続する多くの人が提出する流れです。

青色申告承認申請書は、開業届の提出とともに税務署に届け出ます。青色申告承認申請書には、赤字の繰り越しや屋号で銀行口座を開設できるなど、ほかにもさまざまな点でメリットがあるので提出しておくと有利です。

起業の準備に共通のあると便利なものとは?

起業後に交流のある人に向けて「どんな事業内容を提供しているのか」「どんな人物なのか」を伝えて、相手から信頼を勝ち取りやすくなる手段を解説します。

絶対に必要というわけではありませんが、起業の準備に共通のあると便利なものを見ていきましょう。

自社のホームページ

どんな企業が事業を展開しているのか調べるときには、インターネットから会社名で検索する方も多いかもしれません。取引先や顧客の立場から考えると、自社のホームページをもっている企業のほうが信頼度があがります。

上手に活用すれば自社の収益にもつながるので、長期的に事業を継続したい方や従業員を抱える規模の場合は、できる限り取り入れるのがおすすめです。

必ずしもホームページの作成は不要ですが、あると社会的信頼につながりやすいメリットがあると覚えておきましょう。

事業用のクレジットカード

事業を続ける上で必要になるお金を管理できるように、事業専用のクレジットカードがあると便利です。ただ、事業用のクレジットカードは必ずしも必要ありません。

法人と個人事業主は、事業で使ったお金の流れを数字で管理する帳簿付けが必要になるので、事業用のクレジットカードをもっていると管理が楽になるメリットがあります。

会社で使うオフィスチェアや備品を買うとき、事業の継続に必要な手数料や通信料を支払うときなど、口座と連携させてクレジットカードを使うことで支払いの手間が省けるところも利点です。

営業用のSNSアカウント

仕事を継続的に確保するには、人とのつながりができるSNSのアカウントを開設して営業をかける方法もあります。SNSのよいところは、人と直接対面して話すのが苦手な方や同業者と交流の機会が少ない方も営業が進めやすいところです。

SNSアカウントを名刺代わりに交換できる場合もあり、どんな人物なのかを把握してもらうために有効活用できます。

業界の仲間ができる機会をはじめ、誰かに役立つ投稿を続けているとフォロワーを増やせるメリットがあるなど、営業用のSNSアカウントは仕事に使う上で便利です。

起業の準備で必要なものとは?法人・個人事業主の失敗を回避する方法

起業の準備でリスクの軽減に求められるスキルや行動

事業をスタートさせる前に失敗をできる限り回避できる内容をまとめています。
事前にスキルを磨きながら行動することで、走り続けながら成功に導くための未来につながるはずです。起業の準備でリスクの軽減に求められるスキルや行動を見ていきましょう。

最初はなかなかハードルの高いスキルが必要ですが、ガイアックス・スタートアップスタジオではこれらの知見をもったメンバーで内部からサポートしていきます。詳しいサポート内容や組織の形態については以下の記事を参照ください。

スタートアップスタジオとは?新しい起業スタイルを可能にするその仕組を解説

市場や競合のリサーチ

多くの事業にはライバルの企業や同業者がいるので、起業を始める前にどんな競合他社がいるのかリサーチが必要です。実際に副業で小さなチャレンジから始めてみると、肌で現場の空気を体感できます。

市場調査では、事業に手を出す分野でどんな商品やサービスに人気があるのか調べておくと、事業のアイデアとして効果的に反映することも可能です。

日ごろからビジネスに反映するためのアンテナを張りながら、市場や競合のリサーチを欠かさないようにしましょう。

マーケティングスキル

商品やサービスを効果的に販売するには、ものが自動的に売れる仕組みづくりの土台をつくる必要があります。物やサービスをつくるだけでは商品は売れないので、必ず戦略を立てて実行することが重要です。

  • 顧客がどんなときに商品が買いたくなるのかといった行動心理
  • 新しいアイデアを思いつくための企画力
  • 会社の経営を続けるためのマネジメントスキル
  • 市場の情報を集められるスキル

など、総合的な面から事業を継続できるマーケティングスキルが求められます。マーケティングスキルを身につけるとほかの事業にも応用できるので、起業して事業を継続するためのスキルに重要です。

資金や貯金の準備

起業が軌道に乗るかどうかは時代の流れや参入する分野によって変わるため、あらかじめ資金や貯金を蓄えておきましょう。万が一の場合や収益の回収が難しい場合も事業を継続しながら対策が打てます。

テナントを借りている場合は半年から一年分のお金を準備したり、個人事業主の方は働けなくなったときの貯金を準備したりすると安心です。

お金がなくなると不安や焦りの気持ちが強くなるので、事業に集中してスキルアップして収益を得るためにも、ある程度お金の準備を進めてから起業を始めてみましょう。

起業の準備にはできる限りの備えと準備が大切

起業の準備で必要になるものはなにか、法人・個人事業主の失敗を回避する内容を見てきました。

法人の起業で準備が必要になるものには「事業計画書」「経営資金」「事業所」などがあげられます。また、法人や個人事業主の起業で準備が必要になるものには「開業届」「青色申告承認申請書」の提出をすると、節税対策につながるところが利点です。

他にもプロダクト制作やマーケティングなど、起業してから必要なスキルや体制は多々あります。ガイアックス・スタートアップスタジオでは起業家がビジョンを追い求める「本質的な仕事」をできるように全面サポートを積極的に実施しています。

まずは気軽に事業相談から。スタートアップCAFEでお待ちしております。

起業に興味がある人は「STARTUP CAFE」・まだ事業計画書のたたき台がない人は「リーンキャンバスの作り方」へ

スタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
また、リーンキャンバスの作り方をダウンロードすることで、事業アイディアを検証するする際に役立つ動画とフォーマットが無料で入手可能です。
起業に興味があり事業検証をしてみたい方、スタートアップスタジを使って起業することを検討している方は、気軽にアクセスしてみてください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ起業
関連記事
  • 最終更新: 2021年9月2日

 

会社に雇用される以外の形で働きたい人には、法人や個人事業主で起業する方法があげられます。会社員時代とは違い、事業を始める上で基本的に自ら準備を進める必要があるため、調べることが多く慣れないうちは手間や時間がかかかります。

ただ、こういったバックオフィス業務を請け負ってくれる投資会社もでてきており、起業の難易度は低くなっている傾向があります。

また、新しく事業を開始して独立すると自由に働けたり、新しい世界が広がったりするメリットもあるので、ぜひ準備を進めて起業にチャレンジしてみてください。

本記事では、起業の準備で必要になるものはなにか、法人・個人事業主の失敗を回避する内容を解説します。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

法人の起業で準備が必要になるもの

事業内容によっては必ずしも必要はありませんが、準備を進めておくと事業開始の段取りがスムーズになります。会社員の時代から少しずつ準備を始めるためにも、法人の起業で準備が必要になるものを見ていきましょう。

事業計画書

事業の運営方法に関する情報を客観的に伝えるための書類で、法人の起業で必要になります。銀行などからお金を借りるときにも重要になるので、作成して提出を済ませておくと便利です。

具体的には、事業でどのくらいの収益が見込めるか、どのようなビジョンで会社を立ち上げたのか、事業の創業者や従業員の名前など、第三者にも伝わる内容を記載します。

事業を継続的に続けるためにも、法人で起業を考えておられる方は事業計画書の準備を進めておきましょう。

経営資金

事業の規模や内容によっては、まとまった経営の資金が必要になります。自己資本を投下するのはリスクが高いので基本的に今の時代おすすめできません。

第三者から株式譲渡を条件に資金を調達するエクイティ・ファイナンスがおすすめです。ガイアックスでも実施しているエクイティ・ファイナンス出資について以下記事で詳しく紹介しています。

「資金調達は仲間集め」起業が楽になるエクイティファイナンスの実態

事業所 / オフィス

会社のサービスや製品をつくる場所、提供する場所として事業所の準備を進めます。テナントを借りて事業を始める場合もあれば、レンタルオフィスでほかの事業者と共有する形で始めるなどさまざまです。

また、インターネット業界などの在宅ワークが可能な仕事の場合、事業所を自宅にして働けます。経費削減の意味でも一石二鳥です。

できる限り経費が削減できる場所を選ぶと、事業の継続に負担をかけない工夫につながります。事業内容にあわせて事業所の場所を考えることが大切です。

ガイアックスではシェアオフィスサービスも実施しています。東京都千代田区のアクセス抜群の立地です。是非お気軽にご連絡ください。

起業の準備で必要なものとは?法人・個人事業主の失敗を回避する方法

個人事業主の起業で準備が必要になるもの

起業で必ずしも必要になるわけではありませんが、早めに提出すると節税対策のメリットがある書類をまとめています。

書類は簡単な記入で進められるので手間はかからず、提出によって事業の継続に向けた覚悟が決まるかもしれません。個人事業主の起業で準備が必要になるものを見ていきましょう。

開業届

国に事業を始めたと報告するには、各現住所にある税務署に開業届の提出が必要です。開業届とは、事業内容の詳細を簡単に記入する書類を指しています。
ただ、必ずしも開業届を出さなくても罰則にはなりません。事業を始めた日から提出せずに働く人もいれば、事業の軌道が乗ってからあとで開業届と青色申告承認申請書をともに提出される方もいます。

開業届と青色申告承認申請書を一緒に提出すると税金を節約できるところも便利です。青色申告承認申請書に関しては、下記の見出しをご参照ください。

青色申告承認申請書

開業届とともに提出しておくと事業所得などの税金を控除できる書類です。個人事業主も一定の所得があると、毎年の確定申告で税金の支払い義務が出てきます。

少しでも税金を安く済ませられれば事業の経費や生活にまわすお金にゆとりがもてるため、事業を継続する多くの人が提出する流れです。

青色申告承認申請書は、開業届の提出とともに税務署に届け出ます。青色申告承認申請書には、赤字の繰り越しや屋号で銀行口座を開設できるなど、ほかにもさまざまな点でメリットがあるので提出しておくと有利です。

起業の準備に共通のあると便利なものとは?

起業後に交流のある人に向けて「どんな事業内容を提供しているのか」「どんな人物なのか」を伝えて、相手から信頼を勝ち取りやすくなる手段を解説します。

絶対に必要というわけではありませんが、起業の準備に共通のあると便利なものを見ていきましょう。

自社のホームページ

どんな企業が事業を展開しているのか調べるときには、インターネットから会社名で検索する方も多いかもしれません。取引先や顧客の立場から考えると、自社のホームページをもっている企業のほうが信頼度があがります。

上手に活用すれば自社の収益にもつながるので、長期的に事業を継続したい方や従業員を抱える規模の場合は、できる限り取り入れるのがおすすめです。

必ずしもホームページの作成は不要ですが、あると社会的信頼につながりやすいメリットがあると覚えておきましょう。

事業用のクレジットカード

事業を続ける上で必要になるお金を管理できるように、事業専用のクレジットカードがあると便利です。ただ、事業用のクレジットカードは必ずしも必要ありません。

法人と個人事業主は、事業で使ったお金の流れを数字で管理する帳簿付けが必要になるので、事業用のクレジットカードをもっていると管理が楽になるメリットがあります。

会社で使うオフィスチェアや備品を買うとき、事業の継続に必要な手数料や通信料を支払うときなど、口座と連携させてクレジットカードを使うことで支払いの手間が省けるところも利点です。

営業用のSNSアカウント

仕事を継続的に確保するには、人とのつながりができるSNSのアカウントを開設して営業をかける方法もあります。SNSのよいところは、人と直接対面して話すのが苦手な方や同業者と交流の機会が少ない方も営業が進めやすいところです。

SNSアカウントを名刺代わりに交換できる場合もあり、どんな人物なのかを把握してもらうために有効活用できます。

業界の仲間ができる機会をはじめ、誰かに役立つ投稿を続けているとフォロワーを増やせるメリットがあるなど、営業用のSNSアカウントは仕事に使う上で便利です。

起業の準備で必要なものとは?法人・個人事業主の失敗を回避する方法

起業の準備でリスクの軽減に求められるスキルや行動

事業をスタートさせる前に失敗をできる限り回避できる内容をまとめています。
事前にスキルを磨きながら行動することで、走り続けながら成功に導くための未来につながるはずです。起業の準備でリスクの軽減に求められるスキルや行動を見ていきましょう。

最初はなかなかハードルの高いスキルが必要ですが、ガイアックス・スタートアップスタジオではこれらの知見をもったメンバーで内部からサポートしていきます。詳しいサポート内容や組織の形態については以下の記事を参照ください。

スタートアップスタジオとは?新しい起業スタイルを可能にするその仕組を解説

市場や競合のリサーチ

多くの事業にはライバルの企業や同業者がいるので、起業を始める前にどんな競合他社がいるのかリサーチが必要です。実際に副業で小さなチャレンジから始めてみると、肌で現場の空気を体感できます。

市場調査では、事業に手を出す分野でどんな商品やサービスに人気があるのか調べておくと、事業のアイデアとして効果的に反映することも可能です。

日ごろからビジネスに反映するためのアンテナを張りながら、市場や競合のリサーチを欠かさないようにしましょう。

マーケティングスキル

商品やサービスを効果的に販売するには、ものが自動的に売れる仕組みづくりの土台をつくる必要があります。物やサービスをつくるだけでは商品は売れないので、必ず戦略を立てて実行することが重要です。

  • 顧客がどんなときに商品が買いたくなるのかといった行動心理
  • 新しいアイデアを思いつくための企画力
  • 会社の経営を続けるためのマネジメントスキル
  • 市場の情報を集められるスキル

など、総合的な面から事業を継続できるマーケティングスキルが求められます。マーケティングスキルを身につけるとほかの事業にも応用できるので、起業して事業を継続するためのスキルに重要です。

資金や貯金の準備

起業が軌道に乗るかどうかは時代の流れや参入する分野によって変わるため、あらかじめ資金や貯金を蓄えておきましょう。万が一の場合や収益の回収が難しい場合も事業を継続しながら対策が打てます。

テナントを借りている場合は半年から一年分のお金を準備したり、個人事業主の方は働けなくなったときの貯金を準備したりすると安心です。

お金がなくなると不安や焦りの気持ちが強くなるので、事業に集中してスキルアップして収益を得るためにも、ある程度お金の準備を進めてから起業を始めてみましょう。

起業の準備にはできる限りの備えと準備が大切

起業の準備で必要になるものはなにか、法人・個人事業主の失敗を回避する内容を見てきました。

法人の起業で準備が必要になるものには「事業計画書」「経営資金」「事業所」などがあげられます。また、法人や個人事業主の起業で準備が必要になるものには「開業届」「青色申告承認申請書」の提出をすると、節税対策につながるところが利点です。

他にもプロダクト制作やマーケティングなど、起業してから必要なスキルや体制は多々あります。ガイアックス・スタートアップスタジオでは起業家がビジョンを追い求める「本質的な仕事」をできるように全面サポートを積極的に実施しています。

まずは気軽に事業相談から。スタートアップCAFEでお待ちしております。

起業に興味がある人は「STARTUP CAFE」・まだ事業計画書のたたき台がない人は「リーンキャンバスの作り方」へ

スタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
また、リーンキャンバスの作り方をダウンロードすることで、事業アイディアを検証するする際に役立つ動画とフォーマットが無料で入手可能です。
起業に興味があり事業検証をしてみたい方、スタートアップスタジを使って起業することを検討している方は、気軽にアクセスしてみてください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ起業
関連記事
Back To Top