skip to Main Content

アントレプレナーシップとは?企業の人材育成に重要なスキル・方法例

  • 最終更新: 2021年9月2日

 

企業が成長していく過程では、社員の意識改革を進められる教育を導入することが重要です。人材育成の方法には「アントレプレナーシップ」と呼ばれるスキルを高めて、事業の飛躍に活かす方法があります。企業の経営陣が社員に広めるためにも、アントレプレナーシップの詳細を見ていきましょう。
本記事では、アントレプレナーシップとは何か、人材育成に重要なスキルや方法例を解説します。

アントレプレナーシップとは?

アントレプレナーシップとは、自ら新しい何かを生み出せる企業家のような精神をもって行動できる人を指す言葉です。アントレプレナーは、企業家や実業家の意味を表します。

企業での働き方が変化している時代の背景から、企業の生き残りをかけて自発的に行動できる人材が求められており、アントレプレナーシップの考え方が仕事を進める上で重要です。社員一人ひとりが企業家のような精神で働けると、自分から責任やリスクを取って新しい価値や利益を生み出せる存在になれます。

将来起業を考えている人は?

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。
興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。

» Gaiax スタートアップカフェ

アントレプレナーシップが企業に必要な理由

指示を待っているだけの社員が多くなってしまうと、企業の経営が傾いたときに打開策が見いだせず、倒産に追い込まれる企業も少なくありません。

結果的に社員の未来をうばう形につながるため、企業側から社員にアントレプレナーシップの精神を身につけてもらうことは、社員の身を守る未来にもつながります。

未来を見据えながら行動できる価値観やスキルが磨かれると、企業と社員の両方にとってメリットがあるため、アントレプレナーシップの考え方を仕事に活かすことが重要です。

関連記事:社内で起業家を創出するイントレプレナーとは?

アントレプレナーシップの考え方に欠かせない重要なスキル

企業から教育して社員にアントレプレナーシップの考え方を知ってもらうためにも、それぞれの特徴を押さえておくことが大切です。アントレプレナーシップの価値観を身につける上で重要なスキルを見ていきましょう。

新しいアイデアが生み出せる能力

アントレプレナーシップのマインドには、今までの枠組みにとらわれない柔軟性や想像力が求められます。新しいアイデアを思いつくには、さまざまな価値観に触れて否定せずに受け止められる思考力が重要です。

競合他社の真似ばかりではなく、斬新で時代の流れに合った商品やサービスを生み出せる能力が求められます。流行や世間の流れをキャッチしつつ、独自性のあるアイデアで社会を変えていけるような発想が必要です。

社外を問わずコミュニケーション能力が高い

どんな性格や価値観をもつ人に対しても、柔軟に対応できる人間関係の構築スキルが求められます。企業内では、所属する部署以外の社員と幅広く交流できたり、社外では自分から話しかけて交流を深められたりできる能力が重要です。

人と関わる能力が高いことで、新しいビジネスモデルを生み出す機会が得られるため、企業を成長させる人材になれます。

アントレプレナーシップの精神が身につけば、社外を問わず多くの方と交流できるスキルが磨かれていくため、企業側から教育の機会を設けていきましょう。

リーダーとしてリスク管理や責任が取れる

アントレプレナーシップの価値観では、企業家のように仕事に対する責任が取れる器を広げることも重要です。次の世代とともに成長できるリーダーシップ能力も求められます。

まずは社員のお手本になれる人材が必要です。信頼できるリーダーが先頭に立ってくれることで、ほかの社員もよい影響を受けて自発的に動ける人材が増えていきます。ビジネスに関する専門知識や技術を同時に高めながら、前進を続けられる能力が必要不可欠です。

アントレプレナーシップとは?企業の人材育成に重要なスキル

アントレプレナーシップの考え方を取り入れないリスク

経営を安定させるためには、社員の意識を変えていく取り組みが必要です。実際に現状維持のままではどんな不利益が企業に発生しやすいのか、アントレプレナーシップの考え方を取り入れないリスクを見ていきましょう。

能動的に動けない社員が増える

アントレプレナーシップの価値観では、自発的に動ける人物像が求められるため、上司の指示がなければ動けない社員が増えてしまうと、仕事がストップしてしまい作業が進まなくなる危険性があります。

事業が安定している時期は問題ないかもしれませんが、経営が不安的になったときは、自分たちで業務を効率化できる工夫を実践できるスキルが重要です。能動的に動くスキルは日ごろの積み重ねが重要なので、早いうちから教育する姿勢が必要になります。

決断が遅く行動が後回しになってしまう

アントレプレナーシップの考え方が広まらないと、業務の生産性が下がりやすくなり、決断までのスピード感も薄れてしまいます。リーダーになれる人材がおらず価値観が広まらないことで、どのように判断すべきなのか検討しているうちに行動が後回しになりがちです。

物事のリスクを検証するのも必要な過程ですが、行動がついてこないと先へ進めないリスクがあります。

アントレプレナーシップの精神をもったリーダーが存在することで仲介役として組織が機能する流れをつくることが可能です。進行を遅らせずにスムーズに作業が進められて行動が後回しになることを回避できます。

関連記事:決断を早く行動するスキル「アジリティ」とは。

アントレプレナーシップを取り入れるための3つのポイント

いきなりアントレプレナーシップの価値観を広めるのは難しいことも多いため、少しずつ教育の機会を設けていくことが大切です。企業がアントレプレナーシップを取り入れるときのポイントを簡単に見ていきましょう。

企業体制を整えて発言しやすい環境をつくる

アントレプレナーシップの考え方を広げるには、社員同士や経営陣に意見交換がしやすい雰囲気をつくる努力が必要です。
日常的に社内でイベントを実施したり、飲み会で交流したりするなど、社員同士でコミュニケーションを高める取り組みを実践しましょう。

関係性ができていないまま意見を伝えると、お互いに誤解を生みやすい原因になるため、まずは気軽に話しやすい雰囲気を企業全体でつくる必要があります。

新しいアイデアを否定しない

企業家の精神を社員が身につけていても、経営陣が否定的な態度を取ってしまうことで社員のモチベーションが下がる可能性もあります。アイデアを出しあうことは事業の飛躍に必要な過程につながるため、まずは実現可能かどうか社員を含めて検討することが大切です。

アイデアがそのまま受け入れられない場合も、提案を少し変化させる形で実現できる可能性もあります。

アントレプレナーシップの成功事例を参考にする

どのようにアントレプレナーシップの教育を進めたらよいのかわからないときは、事前に成功している企業の例を参考にしてみましょう。

具体的なアイデアを見ていくことで想像力が鍛えられて、自分たちが実践するときの自信になり、新しいアイデアを生み出すときの手助けにもつながります。

同業他社の成功事例はとくに参考になるので、自分たちの提案と比較しながら発想力を磨いてみてください。

アントレプレナーシップとは?企業の人材育成に重要なスキル

アントレプレナーシップを日本の企業が取り組む方法例

下記では、具体的に実践しやすい方法についてまとめています。日本の企業がアントレプレナーシップに取り組む方法例見ていきましょう。

アイデアが生まれやすいオフィス環境を整える

アントレプレナーシップの精神を身につけるには、仕事場のオフィス環境を変化させる方法もオススメです。

たとえば、特定のデスクをもたずに社内の自由な場所で働けるフリーアドレスの方法を取り入れれば、自由な発想力を鍛える訓練につながるかもしれません。

同じ席で固定されていると仕事をこなすだけで新しい発想が生まれにくくなるので、上記のようにオフィス環境を変化させる方法は効果が期待できます。

定期的にアイデアを発表して褒めあう習慣をつくる

新しいアイデアを生み出すためには、日ごろから考えるトレーニングに加えて社内で意見を交換しあう機会をつくることも重要です。社員がアイデアを発言する場所を設けることでコミュニケーションを取りあう手段につながり、ほかの人のアイデアから学べることも多くあります。

アイデアのよいところを褒められる習慣ができると、仕事のモチベーションがアップして仕事のやる気につながり、自分から物事を考えられる発想力が身につく流れです。

仕事の裁量権を増やして自由な働き方を取り入れる

アントレプレナーシップの考え方は発想の自由さが求められるため、企業内での裁量権を増やせる働き方を取り入れていく体制づくりも必要です。

時短勤務や在宅勤務の制度を取り入れるなど、働き方が多様化することで仕事以外での経験につなげられる時間も増えます。

自由な働き方から得た新しい知識は、経営者視点で物事を見るきっかけにすることが可能です。仕事の裁量権が増えると心のゆとりも生まれるため、仕事と私生活の両方が充実して仕事にかけるモチベーションをあげることにもつながります。

社員同士のコミュニケーションが図れるイベントを設ける

社内で意見やアイデアを気軽に発言できる環境をつくるには、日ごろから社内で交流できるようなイベントを実施することがオススメです。
長期休みの前に全員で社内パーティーを開催したりビンゴ大会を開いたりするなど、主催者を決めて他部署と交流を図る機会を設けましょう。

社員同士でコミュニケーションが図れるイベントを設置することで、社内の雰囲気がよくなり人間関係が広がるきっかけをつくれます。

アントレプレナーシップの考え方を広める取り組みにもつながるため、アイデアをもち寄りながら実践してみてください。

関連記事:組織のシナジー効果を最大限に発揮する「スタートアップスタジオ」とは?

アントレプレナーシップで企業の未来を担う人材を育成しよう

アントレプレナーシップとは何か、人材育成に重要なスキルや方法例を解説しました。企業家や事業家のような精神をもって、自ら行動できる人材をアントレプレナーシップと呼びます。

アントレプレナーシップの人材になるには、新しいアイデアを生み出せることやコミュニケーション能力の高さ、リーダーシップの精神などのスキルが必要不可欠です。

社内のオフィス環境を変えることやアイデアを出しあう習慣をつくりながら、自由な働き方ができる方法や社内イベントを設ける方法も取り入れましょう。

アントレプレナーシップの人材育成ができるように、まずは社員が意見を発信しやすい環境をつくっていく方法を実践してみてください。

ガイアックススタートアップスタジオでは、新規事業を創出する際、自分のアイデアを客観視するために、アイデアを論理的に言語化するツール「リーンキャンバス」のテンプレートと使い方動画をプレゼントしています。以下からダウンロード可能ですので、起業に興味がある人はこちらからからチェックしてみてください。

起業に興味がある人は「STARTUP CAFE」・まだ事業計画書のたたき台がない人は「リーンキャンバスの作り方」へ

スタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
また、リーンキャンバスの作り方をダウンロードすることで、事業アイディアを検証するする際に役立つ動画とフォーマットが無料で入手可能です。
起業に興味があり事業検証をしてみたい方、スタートアップスタジを使って起業することを検討している方は、気軽にアクセスしてみてください。

Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

  • 最終更新: 2021年9月2日

 

企業が成長していく過程では、社員の意識改革を進められる教育を導入することが重要です。人材育成の方法には「アントレプレナーシップ」と呼ばれるスキルを高めて、事業の飛躍に活かす方法があります。企業の経営陣が社員に広めるためにも、アントレプレナーシップの詳細を見ていきましょう。
本記事では、アントレプレナーシップとは何か、人材育成に重要なスキルや方法例を解説します。

アントレプレナーシップとは?

アントレプレナーシップとは、自ら新しい何かを生み出せる企業家のような精神をもって行動できる人を指す言葉です。アントレプレナーは、企業家や実業家の意味を表します。

企業での働き方が変化している時代の背景から、企業の生き残りをかけて自発的に行動できる人材が求められており、アントレプレナーシップの考え方が仕事を進める上で重要です。社員一人ひとりが企業家のような精神で働けると、自分から責任やリスクを取って新しい価値や利益を生み出せる存在になれます。

将来起業を考えている人は?

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。
興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。

» Gaiax スタートアップカフェ

アントレプレナーシップが企業に必要な理由

指示を待っているだけの社員が多くなってしまうと、企業の経営が傾いたときに打開策が見いだせず、倒産に追い込まれる企業も少なくありません。

結果的に社員の未来をうばう形につながるため、企業側から社員にアントレプレナーシップの精神を身につけてもらうことは、社員の身を守る未来にもつながります。

未来を見据えながら行動できる価値観やスキルが磨かれると、企業と社員の両方にとってメリットがあるため、アントレプレナーシップの考え方を仕事に活かすことが重要です。

関連記事:社内で起業家を創出するイントレプレナーとは?

アントレプレナーシップの考え方に欠かせない重要なスキル

企業から教育して社員にアントレプレナーシップの考え方を知ってもらうためにも、それぞれの特徴を押さえておくことが大切です。アントレプレナーシップの価値観を身につける上で重要なスキルを見ていきましょう。

新しいアイデアが生み出せる能力

アントレプレナーシップのマインドには、今までの枠組みにとらわれない柔軟性や想像力が求められます。新しいアイデアを思いつくには、さまざまな価値観に触れて否定せずに受け止められる思考力が重要です。

競合他社の真似ばかりではなく、斬新で時代の流れに合った商品やサービスを生み出せる能力が求められます。流行や世間の流れをキャッチしつつ、独自性のあるアイデアで社会を変えていけるような発想が必要です。

社外を問わずコミュニケーション能力が高い

どんな性格や価値観をもつ人に対しても、柔軟に対応できる人間関係の構築スキルが求められます。企業内では、所属する部署以外の社員と幅広く交流できたり、社外では自分から話しかけて交流を深められたりできる能力が重要です。

人と関わる能力が高いことで、新しいビジネスモデルを生み出す機会が得られるため、企業を成長させる人材になれます。

アントレプレナーシップの精神が身につけば、社外を問わず多くの方と交流できるスキルが磨かれていくため、企業側から教育の機会を設けていきましょう。

リーダーとしてリスク管理や責任が取れる

アントレプレナーシップの価値観では、企業家のように仕事に対する責任が取れる器を広げることも重要です。次の世代とともに成長できるリーダーシップ能力も求められます。

まずは社員のお手本になれる人材が必要です。信頼できるリーダーが先頭に立ってくれることで、ほかの社員もよい影響を受けて自発的に動ける人材が増えていきます。ビジネスに関する専門知識や技術を同時に高めながら、前進を続けられる能力が必要不可欠です。

アントレプレナーシップとは?企業の人材育成に重要なスキル

アントレプレナーシップの考え方を取り入れないリスク

経営を安定させるためには、社員の意識を変えていく取り組みが必要です。実際に現状維持のままではどんな不利益が企業に発生しやすいのか、アントレプレナーシップの考え方を取り入れないリスクを見ていきましょう。

能動的に動けない社員が増える

アントレプレナーシップの価値観では、自発的に動ける人物像が求められるため、上司の指示がなければ動けない社員が増えてしまうと、仕事がストップしてしまい作業が進まなくなる危険性があります。

事業が安定している時期は問題ないかもしれませんが、経営が不安的になったときは、自分たちで業務を効率化できる工夫を実践できるスキルが重要です。能動的に動くスキルは日ごろの積み重ねが重要なので、早いうちから教育する姿勢が必要になります。

決断が遅く行動が後回しになってしまう

アントレプレナーシップの考え方が広まらないと、業務の生産性が下がりやすくなり、決断までのスピード感も薄れてしまいます。リーダーになれる人材がおらず価値観が広まらないことで、どのように判断すべきなのか検討しているうちに行動が後回しになりがちです。

物事のリスクを検証するのも必要な過程ですが、行動がついてこないと先へ進めないリスクがあります。

アントレプレナーシップの精神をもったリーダーが存在することで仲介役として組織が機能する流れをつくることが可能です。進行を遅らせずにスムーズに作業が進められて行動が後回しになることを回避できます。

関連記事:決断を早く行動するスキル「アジリティ」とは。

アントレプレナーシップを取り入れるための3つのポイント

いきなりアントレプレナーシップの価値観を広めるのは難しいことも多いため、少しずつ教育の機会を設けていくことが大切です。企業がアントレプレナーシップを取り入れるときのポイントを簡単に見ていきましょう。

企業体制を整えて発言しやすい環境をつくる

アントレプレナーシップの考え方を広げるには、社員同士や経営陣に意見交換がしやすい雰囲気をつくる努力が必要です。
日常的に社内でイベントを実施したり、飲み会で交流したりするなど、社員同士でコミュニケーションを高める取り組みを実践しましょう。

関係性ができていないまま意見を伝えると、お互いに誤解を生みやすい原因になるため、まずは気軽に話しやすい雰囲気を企業全体でつくる必要があります。

新しいアイデアを否定しない

企業家の精神を社員が身につけていても、経営陣が否定的な態度を取ってしまうことで社員のモチベーションが下がる可能性もあります。アイデアを出しあうことは事業の飛躍に必要な過程につながるため、まずは実現可能かどうか社員を含めて検討することが大切です。

アイデアがそのまま受け入れられない場合も、提案を少し変化させる形で実現できる可能性もあります。

アントレプレナーシップの成功事例を参考にする

どのようにアントレプレナーシップの教育を進めたらよいのかわからないときは、事前に成功している企業の例を参考にしてみましょう。

具体的なアイデアを見ていくことで想像力が鍛えられて、自分たちが実践するときの自信になり、新しいアイデアを生み出すときの手助けにもつながります。

同業他社の成功事例はとくに参考になるので、自分たちの提案と比較しながら発想力を磨いてみてください。

アントレプレナーシップとは?企業の人材育成に重要なスキル

アントレプレナーシップを日本の企業が取り組む方法例

下記では、具体的に実践しやすい方法についてまとめています。日本の企業がアントレプレナーシップに取り組む方法例見ていきましょう。

アイデアが生まれやすいオフィス環境を整える

アントレプレナーシップの精神を身につけるには、仕事場のオフィス環境を変化させる方法もオススメです。

たとえば、特定のデスクをもたずに社内の自由な場所で働けるフリーアドレスの方法を取り入れれば、自由な発想力を鍛える訓練につながるかもしれません。

同じ席で固定されていると仕事をこなすだけで新しい発想が生まれにくくなるので、上記のようにオフィス環境を変化させる方法は効果が期待できます。

定期的にアイデアを発表して褒めあう習慣をつくる

新しいアイデアを生み出すためには、日ごろから考えるトレーニングに加えて社内で意見を交換しあう機会をつくることも重要です。社員がアイデアを発言する場所を設けることでコミュニケーションを取りあう手段につながり、ほかの人のアイデアから学べることも多くあります。

アイデアのよいところを褒められる習慣ができると、仕事のモチベーションがアップして仕事のやる気につながり、自分から物事を考えられる発想力が身につく流れです。

仕事の裁量権を増やして自由な働き方を取り入れる

アントレプレナーシップの考え方は発想の自由さが求められるため、企業内での裁量権を増やせる働き方を取り入れていく体制づくりも必要です。

時短勤務や在宅勤務の制度を取り入れるなど、働き方が多様化することで仕事以外での経験につなげられる時間も増えます。

自由な働き方から得た新しい知識は、経営者視点で物事を見るきっかけにすることが可能です。仕事の裁量権が増えると心のゆとりも生まれるため、仕事と私生活の両方が充実して仕事にかけるモチベーションをあげることにもつながります。

社員同士のコミュニケーションが図れるイベントを設ける

社内で意見やアイデアを気軽に発言できる環境をつくるには、日ごろから社内で交流できるようなイベントを実施することがオススメです。
長期休みの前に全員で社内パーティーを開催したりビンゴ大会を開いたりするなど、主催者を決めて他部署と交流を図る機会を設けましょう。

社員同士でコミュニケーションが図れるイベントを設置することで、社内の雰囲気がよくなり人間関係が広がるきっかけをつくれます。

アントレプレナーシップの考え方を広める取り組みにもつながるため、アイデアをもち寄りながら実践してみてください。

関連記事:組織のシナジー効果を最大限に発揮する「スタートアップスタジオ」とは?

アントレプレナーシップで企業の未来を担う人材を育成しよう

アントレプレナーシップとは何か、人材育成に重要なスキルや方法例を解説しました。企業家や事業家のような精神をもって、自ら行動できる人材をアントレプレナーシップと呼びます。

アントレプレナーシップの人材になるには、新しいアイデアを生み出せることやコミュニケーション能力の高さ、リーダーシップの精神などのスキルが必要不可欠です。

社内のオフィス環境を変えることやアイデアを出しあう習慣をつくりながら、自由な働き方ができる方法や社内イベントを設ける方法も取り入れましょう。

アントレプレナーシップの人材育成ができるように、まずは社員が意見を発信しやすい環境をつくっていく方法を実践してみてください。

ガイアックススタートアップスタジオでは、新規事業を創出する際、自分のアイデアを客観視するために、アイデアを論理的に言語化するツール「リーンキャンバス」のテンプレートと使い方動画をプレゼントしています。以下からダウンロード可能ですので、起業に興味がある人はこちらからからチェックしてみてください。

起業に興味がある人は「STARTUP CAFE」・まだ事業計画書のたたき台がない人は「リーンキャンバスの作り方」へ

スタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
また、リーンキャンバスの作り方をダウンロードすることで、事業アイディアを検証するする際に役立つ動画とフォーマットが無料で入手可能です。
起業に興味があり事業検証をしてみたい方、スタートアップスタジを使って起業することを検討している方は、気軽にアクセスしてみてください。

Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

Back To Top