skip to Main Content

ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ

時代の流れが早い現代社会では、これからの未来を見据えたときに社会問題に関わる事業展開をしていくことが一つの課題にあげられます。自分たちの利益だけでなく、幅広い視点から社会を変えていく使命感が必要不可欠です。
今回は、ソーシャルイノベーションとは何か、必要な理由、関連する項目であるSDGs(エスディージーズ)、社会起業家について詳細を解説します。

  • SDGsとソーシャルイノベーションの関係について知りたい
  • 社会起業家になる方法について考えていきたい
  • 新しい事業を発展させる上でソーシャルイノベーションを取り入れたい

以上のような思いを抱える方は、今後のビジネスモデルを見直す上でもぜひ参考にしてみてください。

ソーシャルイノベーションとは?

ソーシャル(社会の・社会的な)イノベーション(技術革新)の意味が込められた言葉です。日本語になおすと「社会変革」とも呼ばれており、社会問題を解決できるような事業、取り組みなどがソーシャルイノベーションに当てはまります。
社会にとってよい変化をもたらすだけでなく、企業が変化し続ける社会を生き残る上で大切になる考え方です。利益を生み出すことを考えるだけでなく、同時に社会問題を解決できる価値を生み出せれば企業として大きな変化と成長につながります。
例えば、社会的な格差をなくす取り組みや環境に配慮したビジネスなど、日本だけでなく世界に影響を与えるような考え方が必要です。企業は、事業の製品やサービスの提供を通して社会問題を解決できるような努力が求められる時代になったといえます。

社会起業家とも呼ばれる人の存在

ソーシャルイノベーションのビジネスを展開する人は社会起業家と呼ばれており、社会の負の解決を追求するベンチャー企業などが事例に当てはまります。社会起業家は新しい視点からビジネスモデルを生み出していくため、志や目標を持って事業を展開していく流れが一般的です。
環境問題から貧困問題など、社会に生きる人々がよりよいサービスを受けられるように社会起業家は使命感や画期的なアイデアを持って実現していきます。
最近では、社会起業家を育てる取り組みを非営利団体などが実施しており、広い視野を持った起業家の育成が進んでいる流れも一般的です。国の行政機関が対応できない問題を解決するためにさまざまな実践が実施されています。
ガイアックスもソーシャルイノベーションにいち早く着目し、シェアリングエコノミー事業に注力しています。

社会起業家と一般起業家との違い

ビジネスに関する事業を立ちあげる点では、それほど変わりはありません。ただ、社会起業家の場合は、社会問題に関わる姿勢や目的がハッキリしている人が多い印象があげられます。ガイアックス・スタートアップスタジオでも、「自分の人生の中で感じた強いペインを解決したい」という思いを持った起業家を全力で応援しています。
一般起業家は製品やサービスを提供することを前提に、結果として社会によい影響を与えるという視点で動くことが一般的です。
どちらの場合でも、広い意味では社会貢献をしている目的があげられるため、ハッキリしたビジョンやミッションを掲げて社会貢献がしたい場合は社会起業家として活動する視野を持っておくとよいかもしれません。

ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ

ソーシャルイノベーションが社会に必要な理由は?

社会問題とは、社会生活を送る上で発生する矛盾や不合理に関する問題点を意味する言葉です。現代社会の問題には、ソーシャルイノベーションの考え方を取り入れていき少しずつ問題点をカバーしていくことが期待されています。
例えば、労働環境の問題では非正規雇用社員やフリーターが増えていること、教育問題では奨学金制度など、社会にはあらゆる問題や課題が残されているのが現状です。ソーシャルイノベーションの本質は、社会に根付く問題を根本的に解決することがあげられるため、その場限りの問題解決ではなく未来を見据えた取り組みとして解決できる希望があるといえます。

経済活動と連動する社会問題を解決するために必要

社会問題にはさまざまな要因が重なって起こるものの、そのうちの一つには経済活動に関する要因も含まれています。社会問題には、人口が減少し続けている問題も取り上げられており、国の経済を支える人材の不足が叫ばれているのが現状です。
また、高齢者の人口増加により医療費や社会保障関係費の増加、医療や福祉関係の働き手が不足するなど、経済活動と連動する問題が起こっています。
今後の社会では、上記のような社会問題を解決する取り組みが必要になるため、ソーシャルイノベーションの価値観を取り入れて展開するビジネスモデルが必要です。

ソーシャルイノベーションに関わるSDGsとは何か

SDGs(Sustainable Development Goals=エスディージーズ)とは、持続可能な開発目標の実現に向けた取り組みを表す言葉です。SDGsは世界で取り決められた目標課題の一つであり、現代社会に関するあらゆる社会問題を解決に導く願いが込められています。
環境・人権・貧困・インフラなど、世界中の人々が安心して暮らせる世界にすることを目指して、国を始めさまざまな企業が足並みを揃えて実践している流れです。
SDGsの概念は、今後のビジネス展開において大きな意味を持つ役割として広まることが予想されます。社会問題を解決できるビジネスモデルが重要視されていくため、環境汚染や地球温暖化、エネルギー問題など、目に見えづらいものの身近に潜む社会問題について解決する事業の展開が必要です。
参考:持続可能な開発目標

ソーシャルイノベーションに関連する事例

社会起業家に関連する事例は海外と日本でも多く見られており、今後とも社会問題を解決するために必要です。国内の事例では、NPO法人ADDS(エーディーディーエス)が自閉症のお子さんと家族を支える取り組みを実施している事例があり、他にも、株式会社フェアスターでは、若い世代で児童養護施設・里親家庭を出身されている方たちの就労をサポートしている事例があります。
多くの人や社会に還元される取り組みを実施している企業は、海外と国内を問わずに発展していくことが予想されるため、何か社会に貢献したいと強い思いを抱える方はぜひ参考にしてみてください。
参考:社会起業家の子育てと仕事って?子連れ出勤、ワンオペ育児など試行錯誤の日々を大解剖〜NPO法人ADDS共同代表・熊さん、竹内さん
参考:社会起業家に聞いた、右腕の採用と育成 〜株式会社フェアスタート・永岡鉄平さんの場合

ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ
ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ

ソーシャルイノベーションに関わる社会起業家になるには?

社会起業家には、特別な学力や資格が必要なわけではないため、人々に還元できるビジネスモデルを実現できれば、誰でも社会起業家になることができます。実力や実績を兼ね備えるためにも、日頃から自分が「何を目的にビジネスを続けているのか」といった志や目標面でビジョンをハッキリさせておくのが大切です。
場合によっては学校に通ったり、留学経験をしたりなど、人生において体験してきたことがそのまま事業につながる可能性もあります。自分の行動した結果が社会に反映される体験が好きな方や人々を助ける仕事に関心が深い方は、ソーシャルイノベーションの実現ができる社会起業家を目指してみてください。

社会起業家に向いている人

挑戦と失敗を繰り返しながら、社会問題について幅広い視野から見極められる洞察力が必要不可欠です。新しい取り組みを実施していく過程では、肯定的な意見ばかりでなく否定的な意見に直面することも珍しくありません。
そのため、社会起業家になりたいと考える人には、強い志や情熱が必要です。また、他人から協力を得られるような人柄など、ビジョン以外で必要なスキルも身につけておきましょう。
社会問題の解決に向けた具体的な行動プランを兼ね備えつつ、さまざまな人に共感してサポートしてもらえる意識づくりも大切です。日頃から海外と国内を問わずさまざまなアンテナを張るようにしていき、ビジョンやミッションの実現に向けて挑戦と失敗を繰り返してチャンスを掴みましょう。

ソーシャルイノベーションの取り組みで大切なこと

ソーシャルイノベーションの取り組みは、すべての企業で取り入れられているわけではないため、実践や形にしたい場合でも周りから上手に協力が得られない可能性も考えられます。
また、日本企業で事業に活かしたいアイデア・ビジョン・志がある場合でも実現させるまでには、道筋をつくるための工程が必要です。
事業展開は一人だけでできるわけではないため、実例がないとサポートしてくれる相手や企業を見つけるまでに時間がかかってしまうことも考えられます。まずは周りからの信頼を得るための準備期間を設けながら、自分の熱意や思いを形にできるまである程度時間がかかることを考慮しておきましょう。
「どうすれば共感や実行するだけのサポートを得られるのだろうか」という視点を忘れずに努力を続けていくことが求められます。

ソーシャルイノベーションで社会問題を解決に導ける

ソーシャルイノベーションとは何か、必要な理由、関連する項目であるSDGs(エスディージーズ)、社会起業家について詳細を解説してきました。
ソーシャル(社会の・社会的な)イノベーション(技術革新)とは、社会問題を解決できるような事業、取り組みなどを実施する意味が込められています。自社の利益を中心に考えるのではなく、社会に根付く問題を根本的に解決することがソーシャルイノベーションの本質です。
また、ソーシャルイノベーションにも関連するSDGs(エスディージーズ)とは、持続可能な開発目標の実現に向けた取り組みを表しています。社会問題を解決できるようなビジネスモデルや取り組みを実践していき、今後とも人々が安心して暮らせる社会の実現を叶えるのが目標です。
ソーシャルイノベーションを実行する人は社会起業家と呼ばれており、ビジネスの展開を通してさまざまな恩恵を社会や人に与えています。社会の中で自分自身が感じたペインをもとにビジネスアイデアを作り上げていくプロセスも重要です。
ガイアックス・スタートアップスタジオではそういった問題を「起業支援」という手段で 解決することを目指しています。
是非あなたの感じる社会的ペインとその解決アイデアをお聞かせください。一緒に新しい価値を創出して、よりよい社会つくりを目指しませんか?

起業をサポートする「STARTUP CAFE」

ガイアックスのスタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィス等の支援も行うことにより、起業家は事業創出に注力することができます。
相談者の年齢関係なく、暖かく相談を実施しているので気軽にお問い合わせ下さい。

Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

時代の流れが早い現代社会では、これからの未来を見据えたときに社会問題に関わる事業展開をしていくことが一つの課題にあげられます。自分たちの利益だけでなく、幅広い視点から社会を変えていく使命感が必要不可欠です。
今回は、ソーシャルイノベーションとは何か、必要な理由、関連する項目であるSDGs(エスディージーズ)、社会起業家について詳細を解説します。

  • SDGsとソーシャルイノベーションの関係について知りたい
  • 社会起業家になる方法について考えていきたい
  • 新しい事業を発展させる上でソーシャルイノベーションを取り入れたい

以上のような思いを抱える方は、今後のビジネスモデルを見直す上でもぜひ参考にしてみてください。

ソーシャルイノベーションとは?

ソーシャル(社会の・社会的な)イノベーション(技術革新)の意味が込められた言葉です。日本語になおすと「社会変革」とも呼ばれており、社会問題を解決できるような事業、取り組みなどがソーシャルイノベーションに当てはまります。
社会にとってよい変化をもたらすだけでなく、企業が変化し続ける社会を生き残る上で大切になる考え方です。利益を生み出すことを考えるだけでなく、同時に社会問題を解決できる価値を生み出せれば企業として大きな変化と成長につながります。
例えば、社会的な格差をなくす取り組みや環境に配慮したビジネスなど、日本だけでなく世界に影響を与えるような考え方が必要です。企業は、事業の製品やサービスの提供を通して社会問題を解決できるような努力が求められる時代になったといえます。

社会起業家とも呼ばれる人の存在

ソーシャルイノベーションのビジネスを展開する人は社会起業家と呼ばれており、社会の負の解決を追求するベンチャー企業などが事例に当てはまります。社会起業家は新しい視点からビジネスモデルを生み出していくため、志や目標を持って事業を展開していく流れが一般的です。
環境問題から貧困問題など、社会に生きる人々がよりよいサービスを受けられるように社会起業家は使命感や画期的なアイデアを持って実現していきます。
最近では、社会起業家を育てる取り組みを非営利団体などが実施しており、広い視野を持った起業家の育成が進んでいる流れも一般的です。国の行政機関が対応できない問題を解決するためにさまざまな実践が実施されています。
ガイアックスもソーシャルイノベーションにいち早く着目し、シェアリングエコノミー事業に注力しています。

社会起業家と一般起業家との違い

ビジネスに関する事業を立ちあげる点では、それほど変わりはありません。ただ、社会起業家の場合は、社会問題に関わる姿勢や目的がハッキリしている人が多い印象があげられます。ガイアックス・スタートアップスタジオでも、「自分の人生の中で感じた強いペインを解決したい」という思いを持った起業家を全力で応援しています。
一般起業家は製品やサービスを提供することを前提に、結果として社会によい影響を与えるという視点で動くことが一般的です。
どちらの場合でも、広い意味では社会貢献をしている目的があげられるため、ハッキリしたビジョンやミッションを掲げて社会貢献がしたい場合は社会起業家として活動する視野を持っておくとよいかもしれません。

ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ

ソーシャルイノベーションが社会に必要な理由は?

社会問題とは、社会生活を送る上で発生する矛盾や不合理に関する問題点を意味する言葉です。現代社会の問題には、ソーシャルイノベーションの考え方を取り入れていき少しずつ問題点をカバーしていくことが期待されています。
例えば、労働環境の問題では非正規雇用社員やフリーターが増えていること、教育問題では奨学金制度など、社会にはあらゆる問題や課題が残されているのが現状です。ソーシャルイノベーションの本質は、社会に根付く問題を根本的に解決することがあげられるため、その場限りの問題解決ではなく未来を見据えた取り組みとして解決できる希望があるといえます。

経済活動と連動する社会問題を解決するために必要

社会問題にはさまざまな要因が重なって起こるものの、そのうちの一つには経済活動に関する要因も含まれています。社会問題には、人口が減少し続けている問題も取り上げられており、国の経済を支える人材の不足が叫ばれているのが現状です。
また、高齢者の人口増加により医療費や社会保障関係費の増加、医療や福祉関係の働き手が不足するなど、経済活動と連動する問題が起こっています。
今後の社会では、上記のような社会問題を解決する取り組みが必要になるため、ソーシャルイノベーションの価値観を取り入れて展開するビジネスモデルが必要です。

ソーシャルイノベーションに関わるSDGsとは何か

SDGs(Sustainable Development Goals=エスディージーズ)とは、持続可能な開発目標の実現に向けた取り組みを表す言葉です。SDGsは世界で取り決められた目標課題の一つであり、現代社会に関するあらゆる社会問題を解決に導く願いが込められています。
環境・人権・貧困・インフラなど、世界中の人々が安心して暮らせる世界にすることを目指して、国を始めさまざまな企業が足並みを揃えて実践している流れです。
SDGsの概念は、今後のビジネス展開において大きな意味を持つ役割として広まることが予想されます。社会問題を解決できるビジネスモデルが重要視されていくため、環境汚染や地球温暖化、エネルギー問題など、目に見えづらいものの身近に潜む社会問題について解決する事業の展開が必要です。
参考:持続可能な開発目標

ソーシャルイノベーションに関連する事例

社会起業家に関連する事例は海外と日本でも多く見られており、今後とも社会問題を解決するために必要です。国内の事例では、NPO法人ADDS(エーディーディーエス)が自閉症のお子さんと家族を支える取り組みを実施している事例があり、他にも、株式会社フェアスターでは、若い世代で児童養護施設・里親家庭を出身されている方たちの就労をサポートしている事例があります。
多くの人や社会に還元される取り組みを実施している企業は、海外と国内を問わずに発展していくことが予想されるため、何か社会に貢献したいと強い思いを抱える方はぜひ参考にしてみてください。
参考:社会起業家の子育てと仕事って?子連れ出勤、ワンオペ育児など試行錯誤の日々を大解剖〜NPO法人ADDS共同代表・熊さん、竹内さん
参考:社会起業家に聞いた、右腕の採用と育成 〜株式会社フェアスタート・永岡鉄平さんの場合

ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ
ソーシャルイノベーションとは?必要な理由・SDGs・社会起業家の詳細まとめ

ソーシャルイノベーションに関わる社会起業家になるには?

社会起業家には、特別な学力や資格が必要なわけではないため、人々に還元できるビジネスモデルを実現できれば、誰でも社会起業家になることができます。実力や実績を兼ね備えるためにも、日頃から自分が「何を目的にビジネスを続けているのか」といった志や目標面でビジョンをハッキリさせておくのが大切です。
場合によっては学校に通ったり、留学経験をしたりなど、人生において体験してきたことがそのまま事業につながる可能性もあります。自分の行動した結果が社会に反映される体験が好きな方や人々を助ける仕事に関心が深い方は、ソーシャルイノベーションの実現ができる社会起業家を目指してみてください。

社会起業家に向いている人

挑戦と失敗を繰り返しながら、社会問題について幅広い視野から見極められる洞察力が必要不可欠です。新しい取り組みを実施していく過程では、肯定的な意見ばかりでなく否定的な意見に直面することも珍しくありません。
そのため、社会起業家になりたいと考える人には、強い志や情熱が必要です。また、他人から協力を得られるような人柄など、ビジョン以外で必要なスキルも身につけておきましょう。
社会問題の解決に向けた具体的な行動プランを兼ね備えつつ、さまざまな人に共感してサポートしてもらえる意識づくりも大切です。日頃から海外と国内を問わずさまざまなアンテナを張るようにしていき、ビジョンやミッションの実現に向けて挑戦と失敗を繰り返してチャンスを掴みましょう。

ソーシャルイノベーションの取り組みで大切なこと

ソーシャルイノベーションの取り組みは、すべての企業で取り入れられているわけではないため、実践や形にしたい場合でも周りから上手に協力が得られない可能性も考えられます。
また、日本企業で事業に活かしたいアイデア・ビジョン・志がある場合でも実現させるまでには、道筋をつくるための工程が必要です。
事業展開は一人だけでできるわけではないため、実例がないとサポートしてくれる相手や企業を見つけるまでに時間がかかってしまうことも考えられます。まずは周りからの信頼を得るための準備期間を設けながら、自分の熱意や思いを形にできるまである程度時間がかかることを考慮しておきましょう。
「どうすれば共感や実行するだけのサポートを得られるのだろうか」という視点を忘れずに努力を続けていくことが求められます。

ソーシャルイノベーションで社会問題を解決に導ける

ソーシャルイノベーションとは何か、必要な理由、関連する項目であるSDGs(エスディージーズ)、社会起業家について詳細を解説してきました。
ソーシャル(社会の・社会的な)イノベーション(技術革新)とは、社会問題を解決できるような事業、取り組みなどを実施する意味が込められています。自社の利益を中心に考えるのではなく、社会に根付く問題を根本的に解決することがソーシャルイノベーションの本質です。
また、ソーシャルイノベーションにも関連するSDGs(エスディージーズ)とは、持続可能な開発目標の実現に向けた取り組みを表しています。社会問題を解決できるようなビジネスモデルや取り組みを実践していき、今後とも人々が安心して暮らせる社会の実現を叶えるのが目標です。
ソーシャルイノベーションを実行する人は社会起業家と呼ばれており、ビジネスの展開を通してさまざまな恩恵を社会や人に与えています。社会の中で自分自身が感じたペインをもとにビジネスアイデアを作り上げていくプロセスも重要です。
ガイアックス・スタートアップスタジオではそういった問題を「起業支援」という手段で 解決することを目指しています。
是非あなたの感じる社会的ペインとその解決アイデアをお聞かせください。一緒に新しい価値を創出して、よりよい社会つくりを目指しませんか?

起業をサポートする「STARTUP CAFE」

ガイアックスのスタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィス等の支援も行うことにより、起業家は事業創出に注力することができます。
相談者の年齢関係なく、暖かく相談を実施しているので気軽にお問い合わせ下さい。

Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

Back To Top