久保田 善博

以前「渋谷区上原シェア保育園」プロジェクトの記事(11日間で1億7400万円を調達。保育園+シェアハウス+民泊が合体した新しい保育の世界)という記事をご紹介しました。

ついに今冬オープン予定となった「つながりシェア保育園」。クラウドファンディングの成功からどのような軌跡を辿っているのか?また、イベントの参加者たちと新しい保育のカタチを模索したい!という目的のもと、Nagatacho GRIDでコミュニティイベントが行なわれました。

基本理念は「いきいき」。”保育園+シェアハウス+民泊が集約された施設”という前代未聞のプロジェクトの裏に隠された、シェア保育園の何が一体すごいのか、これまでの保育園とは違うのかという視点から、イベントの様子をレポートしています。

つながりシェア保育園コミュニティイベントレポート ~2030年以降に活躍する人を育てる~


久保田 善博

久保田 善博

2001年からWeb制作会社でWebデザイナーとしてキャリアをスタート。その後、IT企業を数社経て2010年にガイアックスへ入社。新規事業のWebマーケティングやシェアリングエコノミーメディアshare.jpの運用を担当。その後、デジタルコミュニケーション事業部にてWebコンサルティングチームに所属。副業として、一般社団法人日本ふるさと手しごと協会に参画。2019年企業のWebマーケティング支援に伴走するように取り組む株式会社Banso(バンソー)を起業。「中小企業の価値あるサービスを分かりやすく伝え、事業の成長を共に喜ぶ。」を経営理念とする。中小企業のWebサイトの集客を最適化するコンサルタントとして活動中。株式会社Banso(https://banso.tokyo.jp