近年、ティール組織に注目が集まっている中で、「ティール組織を本当に導入すべきかわからない」といった方も多いのはないでしょうか。本記事では、そもそものティール組織の概要やメリットデメリット、ティール組織のデメリットを回避する方法を解説します。

ティール組織とは?

まずは、ティール組織の定義や、ティール組織が提唱された経緯などを見ていきましょう。

ティール組織の定義

ティール組織とは、企業の目的実現に向けて、社員が独自のルールや仕組みに基づいて意思決定を行う組織のことを指します。上司から部下への指示のような一方的な指示系統は存在せず、社員一人ひとりが自律性と主体性を持って任務を遂行します。これらの定義から、ティール組織は「1つの生命体」だと表現されることがあります。

ティール組織が提唱された経緯

ティール組織は、2014年にフレデリック・ラルー氏が出版した「Reinventing Organizations」にて初めて紹介された概念です。こちらの著書の中で、フレデリック・ラルー氏は「旧来のマネジメント手法は成果が上がっており正解だと思われているが、実は組織に悪影響を与える可能性をはらんでいる」と指摘をしました。この指摘が注目を集め、2018年には日本語版の「ティール組織 マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」が出版され、ティール組織という概念が広く知れ渡るようになりました。

ティール組織とホラクラシー組織の違いとは

ティール組織とよく比較される組織として、ホラクラシー組織が挙げられます。ホラクラシー組織は「役員・経営者」といった役職自体を持たない組織のことを指します。一方のティール組織では、役員や経営者といった役職は残すものの、一方的な指示系統は存在しないという違いがあります。

ティール組織
ティール組織

ティール組織のメリット

ティール組織には、以下3つのメリットがあります。

  • メンバーのライフスタイルや主体性を最大限に尊重できる
  • 計画を実行する社員を増やすことができる
  • 変化に対応しやすい

それぞれのメリットを順番に解説していきます。

メンバーのライフスタイルや主体性を最大限に尊重

ティール組織では「地方でのリモートワーク」や「テレワーク」など、メンバーのライフスタイルを重視した働き方を実現させることができます。また、企業の目的を達成させるためであれば、社員の主体性も最大限に尊重するメリットがあります。これらが尊重されることで、社員は自律性を持って働くようになり、最終的に企業に利益をもたらしてくれるようになります。なお、ガイアックスでは働くメンバーにも大きな裁量を与えており、働く場所や時間、部署やメンバーのやりたい仕事に従って、メンバーが自由に決定することができます。報酬体系も従来の企業のように「時間単価」で算出するのではなく、アウトプットを基に自分で決定する仕組みです。詳しい事例は「ティール組織の事例紹介。日本と海外の3社と変化の過程を解説」にて解説しました。

ガイアックスも「ティール組織」と呼ばれますが、弊社も各個人に大きな裁量を与え、高速で変化する時代の波に適応することを目指しています。このあたりは、社長の「もっとスピーディーに、もっとオープンに」であったり、「新規事業を率いる矢部立也さんが語る、ガイアックスの『自由と責任』」あたりを見るとわかりやすいです。

計画を実行する社員を増やすことができる

「オレンジ色の組織」と呼ばれる従来の企業では、計画を思考する社員(管理職)と、計画を実行する社員(現場スタッフ)に分かれており、スピード感が損なわれ、社員の力量も伸ばしづらい環境になっています。企業の業績を改善し、一人ひとりの力量を伸ばすためには、「計画を実行する社員」を増やす必要があります。ティール組織では一方的な指示系統が存在せず、それぞれの社員が目的のために自分の任務を遂行するため、より業務が円滑に進むようになり、生産性も向上するメリットがあります。

変化に対応しやすい

ティール組織では、社員一人ひとりが当事者意識を持って任務を遂行するため、不測の事態が起きたときや、重要度が高く緊急性のある業務が発生した際も、すぐに対応できるメリットがあります。実際、ガイアックスでは、前例のなかった「バーチャル株主総会」を準備期間1日で開催した実績があります(※)。日常的に社員が目的意識を持ってコミュニケーションを図っていることから、社員同士がお互いの強みを理解していることもティール組織の魅力です。
※参考記事:バーチャル株主総会の開催方法を解説【注意点もわかる】

ティール組織のデメリット

メリットの大きいティール組織ですが、導入前に知っておくべきデメリットも3つ存在します。

  • セルフマネジメントができない人が多いと、組織が成り立たない
  • メンバーが何をしているのか管理しづらい
  • リスク管理が困難になる可能性がある

それぞれのデメリットを順番に解説します。

セルフマネジメントできない人が多いと、組織が成り立たない

ティール組織を実現させる上では、「セルフマネジメント」「ホールネス」「エボリューショナリーパーパス」の3つの要素が大切だと言われています。この内のセルフマネジメント(自分を律する力)ができない社員が多いと、企業全体の生産性が下がり、組織が成り立たなくなるデメリットがあります。メンバーのセルフマネジメント力が低下していると感じた時点で、メンバー全員での話し合いの場を設けることが大切になるでしょう。また、採用も組織を維持する上での鍵となります。

メンバーが何をしているか管理しづらい

ティール組織では、基本的に上司から部下といった明確な指示系統が存在しません。メンバー一人ひとりに進捗管理やプロジェクトの進行を任せているため、それぞれの社員が今どのような状況なのか、管理しづらくなるデメリットがあります。また「企業が社員に対してどのようなサポートをするべきか」も判断がしづらいため、問題が発生してしまったときの対応が遅れてしまう危険性もあります。問題を完全に防ぐことは困難であるかもしれませんが、プロジェクトに対して疑問が生まれた際は、都度メンバー全員で会議を行うなどの対策が必要です。

リスク管理が困難になる可能性がある

ティール組織には、明確なトップダウンでの指示系統がないため、プロジェクトメンバーの話し合いで仕事が進んでいきます。そのため、たとえ収益性が高くないプロジェクトでも、メンバーにとって興味が大きかったり、魅力的であれば、そちらにリソースが割かれる懸念点もあります。

ティール組織のデメリットを回避するには

先ほど、ティール組織には「セルフマネジメント力」と「進捗管理」の2つのデメリットがあると解説しました。これらのデメリットを回避するためには、以下2つの方法が考えられます。

  • 定期的にコミュニケーションの場を設けること
  • 進捗管理を行える仕組みを作ること

それぞれ順番に解説していきます。

定期的にコミュニケーションの場を設けること

メンバーのコミュニケーションの場を設けることで、セルフマネジメント力の低下を防ぐことができます。コミュニケーションの場では、企業が目指す目的の再確認や、その目的を実現させる上でのメンバーの役割を再認識してもらうことが大切です。また、単に現状を改善するだけではなく、今後セルフマネジメント力を低下させないためにはどうすれば良いかなども必ず話し合うようにしましょう。

進捗管理を行える仕組みを作ること

ティール組織ではメンバーのライフスタイルを重視するため、社員が今どこで何をしているのかといった管理がしづらいです。これらを回避するために、いつでも誰でも進捗を管理できる仕組みを作りましょう。進捗管理には様々な項目が必要ですが、最低限下記の項目だけは押さえておくことが望ましいです。

  • メンバーの出勤スケジュール管理
  • 製品やサービスの売上販売状況
  • 各プロジェクトの進捗状況
  • 顧客とのコミュニケーション

また、ティール組織では「成果重視」で給与を決定する場合も多いため、メンバー全員が一人ひとりのアウトプットを管理する仕組みも大切になります。

ティール組織についてもっと知りたい方へ

ここまでティール組織について解説をしてきましたが、さらに詳しくティール組織の概要を知りたいという方は多いかと思います。下記の記事一覧では、ガイアックスにおいての働き方に関する取り組みや、人事採用などに関する具体的な事業を紹介しています。組織としての在り方を改革したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
≫ ティール組織の関連記事一覧

 

ライター:伊藤仁(@jinblog_jin

自社の組織診断をしたい方へ

ティール組織

本記事ではティール組織に関してメリットとデメリットを解説しましたが、あなたの所属する現状の組織がどのような状態なのか、診断したい方もいるのではないでしょうか。Team Journey Supporterでは、チームの強みや特徴を可視化し、ティール組織の観点から組織診断を行います。導入することでタイプ別の自社の強みを活かしつつ、より自律的な組織へ成長していくためのアドバイスをもらえます。自律的な組織へと進化していきたいと考えている担当の方は、無料でお問い合わせできるので、サービスを利用してみてください。申込みはこちらからできます。

Team Journey Supporter

廣山 晃也

廣山 晃也

20卒入社。学生時代からブログ・YouTube・SNS運用とそのコンサルティング経験を持ち、ソーシャルメディア運用の領域から新規事業に参画。ブランドチームにおける公式サイトのSEO改善と、法人向けオンライン配信事業の立ち上げに携わっている。