skip to Main Content

【開催レポート】SHARING NEIGHBORS Meet Up! #0~シェアする社会のこれから~

  • 最終更新: 2021年5月12日
Minoguchi

こんにちは、溶けそうな日が続いていますね、週4ガイアックス、週1フリーランスで働いているミノです。(note:https://note.mu/minomegu/n/n069f2d5c209f)
私は、シェアが大好きなこともあり、日々の生活でも積極的に使っています。
特に家事のシェアは、4年前からお願いしているのですが、そのときに出会った40代の女性は、私にとって「お姉さん以上、お母さん未満」という存在。
作り置きや、掃除も月に数回お願いしますが、別の日では一緒にお茶を飲みながら、子育てやキャリアについて色々と教えてもらったりしています。
人はそんなに強くない。
私はこの言葉が好きです。
人を頼り、頼りにされる社会が「シェア」でもっと広がればいいなと思います。そんな想いもあって、心を込めて準備していたシェア共感者とのMeetupのイベントをお伝えいたします。

2019年7月2日にNagatacho GRiDにてシェアリングエコノミー協会が主催する「SHARING NEIGHBORS Meet UP #0 Birth」のイベントを開催しました!
「#0」と銘打っているのは、正式な個人会員向けのイベントの「プレイベント」の立て付けを意識しました。しかしプレイベントながらも、当日は約80名の満員御礼の上、全国にネット中継もされ、北海道や沖縄からもご視聴いただく大盛況のイベントとなりました。

シェアリングエコノミー協会は、上場会社などの大手企業を含む、約300社の法人会員を抱える協会です。既に相応な規模となっている協会が、なぜ個人会員の募集に至ったのか。
まず始めに、株式会社アドレス 代表取締役社長、シェアリングエコノミー協会 常任理事 の 佐別当 隆志 より「SHARING NEIGHBORSの想い。
続いて、メインコンテンツ特別ゲストをお招きしてのトークセッション。
モデレーター は、シェアリングエコノミー協会 事務局長 石山アンジュ
ゲストスピーカーは、作家/ITジャーナリスト 佐々木俊尚氏 と、アドレスホッパー/ マーケター/ サウナー/Address Hopper Inc. CEO / HOPPING MAGAZINE 編集長 市橋正太郎氏
テーマは「シェアする社会のこれから」
佐々木氏はこれからの時代『シェアで個人が網の目になっていく』と表現。
所有しなくても生きていける今の時代、人生で一番重要なスキルは、“良い人と繋がるスキル” とし、助け合って生きることや、仲間意識の大切さをお話いただきました。
市橋にとってシェアを一言で表現すると『移ろい偶然を楽しむ社会』。
Airbnbに泊まるだけじゃなくて、そこで得る繋がりや仕入れる情報に価値があるとのこと。元々サラリーマンだった頃と比べ、今はサウナ仲間で仕事することもあったりと、人間関係で仕事している感覚だそうです。

次に、ライトニングトーク「シェアで暮らすリアルな声をお届け!」
一人目は、新卒でシェアワーカーになることを決めた糸原絵里香 氏
二人目は、シェアワーカー/シェアリングエコノミー実践家の加藤こういち氏
三人目は、片付けコンサルタント & 会社員のパラレルワーカー のyoko氏
ゲストディスカッションタイムでは2〜3人でグループになり

  1. あなたがシェアできるものは?
  2. シェア出来たらいいなと思うものは?

という2つのテーマについて意見を出し合いSHARE TIME!

最後は、お待ちかねのSHARING パーティー!
特別にシェアエコ協会会員でもある株式会社ukka話題の出張OWNERSより
石垣島の生産者から届く「完熟パインスムージー」のプレゼント!
 なぜ、今シェアが必要なのか?シェアの和を繋げていくために何をすべきか?
SHARING NEIGHBORS会員のみなさまと直接お話し出来たとても貴重な時間となりました。
たくさんのコメントをいただきましたが、中でも特に山梨県からの参加して頂いた60歳教員の方が、『これで日本は大丈夫だ』と力強く仰って頂いたのが印象的でした。
 ご協力頂いたみなさまありがとうございました!

引き続きSHARING NEIGHBORSでは、シェアを活用し個人が主体的に支え合う社会づくりをする次世代のライフスタイルコミュニティを目指していきます!

次回のSHARING NEIGHBORSのイベント情報は、
こちらのサイト「SHARING NEIGHBORS」をチェック。登録(無料)すると、お得な情報が届きます!

※その他当日のレポート
個人の声を届けるシェアエコ個人会員制度『SHARING NEIGHBORS』「Meet UP #0 Birth」イベントレポート

※YouTubeでもご覧いただけます
https://www.youtube.com/watch?v=v3Vq8E_6h70&feature=youtu.be

「Bard」とは「詩人」という意味。情報が手に入りづらい時代、詩人たちは歌という形にのせ、世界中のストーリーやニュースを人々に届けていました。編集チーム「Gaiax Bards」では、透明性を目指してGaiaxのありのままを発信し、ユニークなカルチャーやビジネス情報などさまざまなストーリーをお届けします。
Sharing economySHARING NEIGHBORSシェアリングエコノミー
関連記事
  • 最終更新: 2021年5月12日
Minoguchi

こんにちは、溶けそうな日が続いていますね、週4ガイアックス、週1フリーランスで働いているミノです。(note:https://note.mu/minomegu/n/n069f2d5c209f)
私は、シェアが大好きなこともあり、日々の生活でも積極的に使っています。
特に家事のシェアは、4年前からお願いしているのですが、そのときに出会った40代の女性は、私にとって「お姉さん以上、お母さん未満」という存在。
作り置きや、掃除も月に数回お願いしますが、別の日では一緒にお茶を飲みながら、子育てやキャリアについて色々と教えてもらったりしています。
人はそんなに強くない。
私はこの言葉が好きです。
人を頼り、頼りにされる社会が「シェア」でもっと広がればいいなと思います。そんな想いもあって、心を込めて準備していたシェア共感者とのMeetupのイベントをお伝えいたします。

2019年7月2日にNagatacho GRiDにてシェアリングエコノミー協会が主催する「SHARING NEIGHBORS Meet UP #0 Birth」のイベントを開催しました!
「#0」と銘打っているのは、正式な個人会員向けのイベントの「プレイベント」の立て付けを意識しました。しかしプレイベントながらも、当日は約80名の満員御礼の上、全国にネット中継もされ、北海道や沖縄からもご視聴いただく大盛況のイベントとなりました。

シェアリングエコノミー協会は、上場会社などの大手企業を含む、約300社の法人会員を抱える協会です。既に相応な規模となっている協会が、なぜ個人会員の募集に至ったのか。
まず始めに、株式会社アドレス 代表取締役社長、シェアリングエコノミー協会 常任理事 の 佐別当 隆志 より「SHARING NEIGHBORSの想い。
続いて、メインコンテンツ特別ゲストをお招きしてのトークセッション。
モデレーター は、シェアリングエコノミー協会 事務局長 石山アンジュ
ゲストスピーカーは、作家/ITジャーナリスト 佐々木俊尚氏 と、アドレスホッパー/ マーケター/ サウナー/Address Hopper Inc. CEO / HOPPING MAGAZINE 編集長 市橋正太郎氏
テーマは「シェアする社会のこれから」
佐々木氏はこれからの時代『シェアで個人が網の目になっていく』と表現。
所有しなくても生きていける今の時代、人生で一番重要なスキルは、“良い人と繋がるスキル” とし、助け合って生きることや、仲間意識の大切さをお話いただきました。
市橋にとってシェアを一言で表現すると『移ろい偶然を楽しむ社会』。
Airbnbに泊まるだけじゃなくて、そこで得る繋がりや仕入れる情報に価値があるとのこと。元々サラリーマンだった頃と比べ、今はサウナ仲間で仕事することもあったりと、人間関係で仕事している感覚だそうです。

次に、ライトニングトーク「シェアで暮らすリアルな声をお届け!」
一人目は、新卒でシェアワーカーになることを決めた糸原絵里香 氏
二人目は、シェアワーカー/シェアリングエコノミー実践家の加藤こういち氏
三人目は、片付けコンサルタント & 会社員のパラレルワーカー のyoko氏
ゲストディスカッションタイムでは2〜3人でグループになり

  1. あなたがシェアできるものは?
  2. シェア出来たらいいなと思うものは?

という2つのテーマについて意見を出し合いSHARE TIME!

最後は、お待ちかねのSHARING パーティー!
特別にシェアエコ協会会員でもある株式会社ukka話題の出張OWNERSより
石垣島の生産者から届く「完熟パインスムージー」のプレゼント!
 なぜ、今シェアが必要なのか?シェアの和を繋げていくために何をすべきか?
SHARING NEIGHBORS会員のみなさまと直接お話し出来たとても貴重な時間となりました。
たくさんのコメントをいただきましたが、中でも特に山梨県からの参加して頂いた60歳教員の方が、『これで日本は大丈夫だ』と力強く仰って頂いたのが印象的でした。
 ご協力頂いたみなさまありがとうございました!

引き続きSHARING NEIGHBORSでは、シェアを活用し個人が主体的に支え合う社会づくりをする次世代のライフスタイルコミュニティを目指していきます!

次回のSHARING NEIGHBORSのイベント情報は、
こちらのサイト「SHARING NEIGHBORS」をチェック。登録(無料)すると、お得な情報が届きます!

※その他当日のレポート
個人の声を届けるシェアエコ個人会員制度『SHARING NEIGHBORS』「Meet UP #0 Birth」イベントレポート

※YouTubeでもご覧いただけます
https://www.youtube.com/watch?v=v3Vq8E_6h70&feature=youtu.be

「Bard」とは「詩人」という意味。情報が手に入りづらい時代、詩人たちは歌という形にのせ、世界中のストーリーやニュースを人々に届けていました。編集チーム「Gaiax Bards」では、透明性を目指してGaiaxのありのままを発信し、ユニークなカルチャーやビジネス情報などさまざまなストーリーをお届けします。
Sharing economySHARING NEIGHBORSシェアリングエコノミー
関連記事
Back To Top