skip to Main Content

フィージビリティスタディとは?企業が商品開発に活かすメリット

  • 最終更新: 2021年9月2日

 ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。
興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。

» Gaiax スタートアップカフェ

企業が長期的に経営を続けていくには、市場を調査して新しい商品を生み出す必要があります。ただ、どのような過程を経て商品開発を進めるべきか、悩まれる企業の方も少なくありません。
  • できる限り失敗しない商品開発の手順が知りたい
  • 商品開発の途中で行き詰まりを感じて打開策が知りたい
  • フィージビリティスタディについて詳細が知りたい

以上のような思いを抱えている方に向けて、本記事では、フィージビリティスタディとは何か、企業が商品開発に活かすメリットや手順を解説します。

フィージビリティスタディとは?

新しく企画した製品やサービスなどが市場価値のあるものか、調査と検証に取り組む過程をフィージビリティスタディと呼びます。

企業が商品を世間に展開するには、市場調査で何が流行しているのか、資金がどのくらい必要か、企画内容が形にできるのかなど、さまざまな視点から利益が回収できるかを判断する流れが必要です。

フィージビリティスタディは数週間から年単位をかけて、微調整を繰り返しながら調査と検証を進めていきます。

項目1:資金や費用対効果の調査

フィージビリティスタディでは、商品開発にかかる資金や費用対効果を見積もります。費用対効果とは、商品の開発にかけた資金がどのくらい回収できたかを表す言葉です。

理想的なアイデアが思いついた場合でも、現実的にお金がかかりすぎると実現不可能で、商品にできないことも少なくありません。資金がかかりすぎると、商品がヒットしなかったときに費用の回収が難しくなり、赤字につながる懸念もあります。

実現できるアイデアとかけられる費用のバランスを取るためにも、事前に調査していくことが経営を継続する上で重要です。

項目2:技術や特許に関する調査

商品開発のアイデアを思いついたあとは、技術的に自社で実現できる内容か、技術商品の場合は特許に関する内容を調べましょう。

先に特許が申請されている場合は、別の角度から商品のアイデアを見直す必要が出てきます。技術的に自社での生産が難しい場合は、外部の企業に協力をあおぐ過程も必要です。フィージビリティスタディの考え方に基づき、技術や特許に関する調査を進めておくことで、あとから製品化できないトラブルを回避できます。

項目3:人材やスケジュールに関する調査

フィージビリティスタディには、商品を実現するための人材がどのくらい必要か、日程はどのくらい必要になりそうか、ある程度の目処を立てておく必要があります。

商品開発のアイデアが不足している場合は、新入社員や中途採用を利用して新しい考え方を導入する必要もあるかもしれません。商品開発が年単位でかかる場合も多く、目標期限を決めて中間までのノルマを微調整しながら進めていきます。

実際に現場で実現に向けて動く過程が必要になるので、トラブルやミスを想定しながらゆとりのあるスケジュールを組めるのが理想的です。

項目4:市場に関する調査

斬新なアイデアを思いついたときも、社会からの需要と供給が見込まれない場合は商品化ができません。

あらかじめ市場を調査しておくことが重要なのは、企業がリスクを減らして新しい商品を生み出すきっかけができるからです。市場を調査すれば、ほかの企業が気づいていないスキマ産業を狙うチャンスが生まれるため、利益を回収しやすい仕組みが作りやすくなります。

フィージビリティスタディの考え方では、世間の方が求めている領域で需要と供給のバランスを見ながら開発を進めることが大切です。

市場の声を聞く「仮説検証」について簡単に説明!
中学生でもわかる仮説検証の意味!実例をもとに優しく解説

フィージビリティスタディを企業が実践するポイント

実際に商品開発をするときは、フィージビリティスタディの考え方とともに意識しておきたいポイントがあげられます。

企業がフィージビリティスタディを取り入れるポイントの詳細を見ていきましょう。

目標の分割や期限を決めて実践する

企業が新しい商品を生み出すには、どのくらいの期間をかけて実現できるのか、ある程度目安を決める必要があります。

新規事業で長期的な利益を生み出すことがポイントになるので、目標を決めたあとは中間目標、小目標と細かく分類しましょう。部署によっては、ひとりずつノルマを設けてそれぞれの達成度を定期的に振り返ってください。目標期限を設定することでモチベーションの維持につながり、実現可能性が高まる工夫につながります。

慌てずに微調整を繰り返しながら進める

フィージビリティスタディでは、さまざまな項目から調査と検証を進めるため、すぐに結果を求めない姿勢も必要です。とくに、プロジェクトが大型になるほどリサーチする範囲は広まるため、失敗やトラブルを最小限にするためにも微調整で進めましょう。

定期的に社員全体で会議を開きながら、進行での不満や不安を話し合う姿勢も必要です。確実に商品開発を進めるためにも、少しずつ完成に近づけていきましょう。

フィージビリティスタディとは?企業が商品開発に活かすメリット

フィージビリティスタディを企業が活かすメリット

業務の進行がスムーズに進むと、競合他社よりも市場に商品を提供できる期間が早まります。企業がフィージビリティスタディを取り入れるメリットを見ていきましょう。

事業が失敗するリスクを最小限にできる

企業が安定的に経営を続けるには、顧客から確実にお金を回収できる仕組み作りが欠かせません。計画不足で新規事業を進めてしまうと失敗したときのリスクが大きくなり、赤字を回収できない可能性もあります。

資金のゆとりをもって商品開発を進めるためにも、フィージビリティスタディの考え方を取り入れて多角的にリスクを減らす努力が必要です。事前調査を進めて検証を繰り返すことで、時代の流れに合ったサービスが提供できて企業が抱えるリスクを軽減できます。

大きなコストを支払わずに微調整できる

調査があいまいだと商品開発にかかる資金や時間が増えてしまい、実現が困難になる可能性があります。

完成までのイメージが明確であるほど、大幅な調整をせずに開発が進められて仕事に感じるストレスを削減することが可能です。企業側も追加資金が大幅に重なることを防げるため、開発の計画が途中で断念することなく作業が進められます。

参考記事:ガイアックスが新規事業立ち上げで意識していることは?

社員の働くモチベーションが維持できる

フィージビリティスタディでは市場の調査や検証に時間をかけるので、根拠を明確にしながら商品開発を進められます。

社員はそれぞれの役割を担いながら、指示が二転三転するデメリットをできる限り最小限にできるため、仕事へのモチベーションを維持しながら作業が進められるのも利点です。自分たちが自社の商品開発に関われるやりがいを始め、調査や検証の過程で他部署とコミュニケーションを取りながら仕事を進められて、社内の輪が広がりやすくなるメリットもあります。

フィージビリティスタディとは?企業が商品開発に活かすメリット

フィージビリティスタディに取り組む手順を簡単に解説

実際に新しく商品開発に取り組むときは、おおまかな手順にそって進めるのが効果的です。アイデアの内容によっては、順番が前後したり同時並行で進める必要もあるので参考程度にしても構いません。

企業がフィージビリティスタディに取り組む手順を簡単に解説します。

1.社内で話し合って課題を出し切る

まずは企業の社員同士でアイデアに関して、現状の課題や問題を話し合いましょう。社員からの意見を無視せずに意見を交換して納得しながら進める必要があります。

業務の進め方で非効率な面があるときは改善策や時短できる方法を模索しましょう。開発に関わる人材が少なすぎる場合は、アルバイトや派遣社員を雇う形で作業を分担する方法も検討してください。

定期的に話し合いを設けることは、商品開発の実現までにかかる時間やトラブルが減らせてスピード感が高まる手順につながります。

2.システムやツールなどの準備を進める

商品開発には新しくシステムやツールを導入する必要があるため、早い段階で準備して作業効率があげられるように手配しましょう。

専門部署やベテランの社員、外部の担当者に任せながら社員に使い方を共有します。システムやツールに慣れるまでに時間がかかる可能性も考慮して、マニュアルやルールを説明する流れも必要になるかもしれません。作業効率アップで全体の進行がスムーズになり、社員が感じる負担を減らして開発が進められます。

3.実践できる内容案に調整する

フィージビリティスタディでは、社員同士で出し合った案を最終的に実現可能な内容に調整します。

アイデアは多く出し合う形で構わないので、企業の事業に使える予算や時間、人材やスケジュールに合う内容を選びましょう。

自社だけの技術では開発が難しい場合は、他社に協力をあおいで作業を進めます。全体的なバランスを検討しながら、理想が高すぎない範囲で現実的な内容案を選択することが大切です。

4.評価のために調査と検証に取り組む

アイデアの話し合いやシステムなどの調整や準備を終えたあとは、社会から求められている内容かどうか調査や検証を進めましょう。

競合他社が多い場合は、スキマ産業を狙いながらリサーチを進めるのがベストです。世間からの需要や今後の動向を予想しながら、さまざまな角度から調査と検証を繰り返しましょう。

狙っているターゲット層にアンケートを取ったり、実際に競合の商品を使ったりしながら、自社の商品に足りないものや追加したい内容を検討していきます。

フィージビリティスタディで商品開発を成功に導こう

フィージビリティスタディとは何か、企業が商品開発に活かすメリットや手順を解説してきました。

新商品の企画や開発を進めたいときに、完成の形に実現できるかどうか調査と検証をする過程が必要で、専門用語ではフィージビリティスタディと呼びます。微調整を繰り返しながら商品開発に関われるため、業務でのトラブルやリスクを抑えながら新しいチャレンジができるのもメリットです。

フィージビリティスタディの手順では、まずは話し合いでアイデアを出しながら、開発に必要なシステムなどの準備を進めます。実現可能な案に調整を進めながら市場の調査と検証を繰り返して完成に導きましょう。企業の方が商品開発を進めるときの参考にしてみてください。

合わせて読みたい「プロダクト開発について」
「60%でとりあえず」が鍵!プロダクト開発で本当に重要な事とは

ガイアックススタートアップスタジオでは、新規事業を創出する際、自分のアイデアを客観視するために、アイデアを論理的に言語化するツール「リーンキャンバス」のテンプレートと使い方動画をプレゼントしています。以下からダウンロード可能ですので、起業に興味がある人はこちらからからチェックしてみてください。

起業に興味がある人は「STARTUP CAFE」・まだ事業計画書のたたき台がない人は「リーンキャンバスの作り方」へ

スタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
また、リーンキャンバスの作り方をダウンロードすることで、事業アイディアを検証するする際に役立つ動画とフォーマットが無料で入手可能です。
起業に興味があり事業検証をしてみたい方、スタートアップスタジを使って起業することを検討している方は、気軽にアクセスしてみてください。

Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

  • 最終更新: 2021年9月2日

 ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。
興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。

» Gaiax スタートアップカフェ

企業が長期的に経営を続けていくには、市場を調査して新しい商品を生み出す必要があります。ただ、どのような過程を経て商品開発を進めるべきか、悩まれる企業の方も少なくありません。
  • できる限り失敗しない商品開発の手順が知りたい
  • 商品開発の途中で行き詰まりを感じて打開策が知りたい
  • フィージビリティスタディについて詳細が知りたい

以上のような思いを抱えている方に向けて、本記事では、フィージビリティスタディとは何か、企業が商品開発に活かすメリットや手順を解説します。

フィージビリティスタディとは?

新しく企画した製品やサービスなどが市場価値のあるものか、調査と検証に取り組む過程をフィージビリティスタディと呼びます。

企業が商品を世間に展開するには、市場調査で何が流行しているのか、資金がどのくらい必要か、企画内容が形にできるのかなど、さまざまな視点から利益が回収できるかを判断する流れが必要です。

フィージビリティスタディは数週間から年単位をかけて、微調整を繰り返しながら調査と検証を進めていきます。

項目1:資金や費用対効果の調査

フィージビリティスタディでは、商品開発にかかる資金や費用対効果を見積もります。費用対効果とは、商品の開発にかけた資金がどのくらい回収できたかを表す言葉です。

理想的なアイデアが思いついた場合でも、現実的にお金がかかりすぎると実現不可能で、商品にできないことも少なくありません。資金がかかりすぎると、商品がヒットしなかったときに費用の回収が難しくなり、赤字につながる懸念もあります。

実現できるアイデアとかけられる費用のバランスを取るためにも、事前に調査していくことが経営を継続する上で重要です。

項目2:技術や特許に関する調査

商品開発のアイデアを思いついたあとは、技術的に自社で実現できる内容か、技術商品の場合は特許に関する内容を調べましょう。

先に特許が申請されている場合は、別の角度から商品のアイデアを見直す必要が出てきます。技術的に自社での生産が難しい場合は、外部の企業に協力をあおぐ過程も必要です。フィージビリティスタディの考え方に基づき、技術や特許に関する調査を進めておくことで、あとから製品化できないトラブルを回避できます。

項目3:人材やスケジュールに関する調査

フィージビリティスタディには、商品を実現するための人材がどのくらい必要か、日程はどのくらい必要になりそうか、ある程度の目処を立てておく必要があります。

商品開発のアイデアが不足している場合は、新入社員や中途採用を利用して新しい考え方を導入する必要もあるかもしれません。商品開発が年単位でかかる場合も多く、目標期限を決めて中間までのノルマを微調整しながら進めていきます。

実際に現場で実現に向けて動く過程が必要になるので、トラブルやミスを想定しながらゆとりのあるスケジュールを組めるのが理想的です。

項目4:市場に関する調査

斬新なアイデアを思いついたときも、社会からの需要と供給が見込まれない場合は商品化ができません。

あらかじめ市場を調査しておくことが重要なのは、企業がリスクを減らして新しい商品を生み出すきっかけができるからです。市場を調査すれば、ほかの企業が気づいていないスキマ産業を狙うチャンスが生まれるため、利益を回収しやすい仕組みが作りやすくなります。

フィージビリティスタディの考え方では、世間の方が求めている領域で需要と供給のバランスを見ながら開発を進めることが大切です。

市場の声を聞く「仮説検証」について簡単に説明!
中学生でもわかる仮説検証の意味!実例をもとに優しく解説

フィージビリティスタディを企業が実践するポイント

実際に商品開発をするときは、フィージビリティスタディの考え方とともに意識しておきたいポイントがあげられます。

企業がフィージビリティスタディを取り入れるポイントの詳細を見ていきましょう。

目標の分割や期限を決めて実践する

企業が新しい商品を生み出すには、どのくらいの期間をかけて実現できるのか、ある程度目安を決める必要があります。

新規事業で長期的な利益を生み出すことがポイントになるので、目標を決めたあとは中間目標、小目標と細かく分類しましょう。部署によっては、ひとりずつノルマを設けてそれぞれの達成度を定期的に振り返ってください。目標期限を設定することでモチベーションの維持につながり、実現可能性が高まる工夫につながります。

慌てずに微調整を繰り返しながら進める

フィージビリティスタディでは、さまざまな項目から調査と検証を進めるため、すぐに結果を求めない姿勢も必要です。とくに、プロジェクトが大型になるほどリサーチする範囲は広まるため、失敗やトラブルを最小限にするためにも微調整で進めましょう。

定期的に社員全体で会議を開きながら、進行での不満や不安を話し合う姿勢も必要です。確実に商品開発を進めるためにも、少しずつ完成に近づけていきましょう。

フィージビリティスタディとは?企業が商品開発に活かすメリット

フィージビリティスタディを企業が活かすメリット

業務の進行がスムーズに進むと、競合他社よりも市場に商品を提供できる期間が早まります。企業がフィージビリティスタディを取り入れるメリットを見ていきましょう。

事業が失敗するリスクを最小限にできる

企業が安定的に経営を続けるには、顧客から確実にお金を回収できる仕組み作りが欠かせません。計画不足で新規事業を進めてしまうと失敗したときのリスクが大きくなり、赤字を回収できない可能性もあります。

資金のゆとりをもって商品開発を進めるためにも、フィージビリティスタディの考え方を取り入れて多角的にリスクを減らす努力が必要です。事前調査を進めて検証を繰り返すことで、時代の流れに合ったサービスが提供できて企業が抱えるリスクを軽減できます。

大きなコストを支払わずに微調整できる

調査があいまいだと商品開発にかかる資金や時間が増えてしまい、実現が困難になる可能性があります。

完成までのイメージが明確であるほど、大幅な調整をせずに開発が進められて仕事に感じるストレスを削減することが可能です。企業側も追加資金が大幅に重なることを防げるため、開発の計画が途中で断念することなく作業が進められます。

参考記事:ガイアックスが新規事業立ち上げで意識していることは?

社員の働くモチベーションが維持できる

フィージビリティスタディでは市場の調査や検証に時間をかけるので、根拠を明確にしながら商品開発を進められます。

社員はそれぞれの役割を担いながら、指示が二転三転するデメリットをできる限り最小限にできるため、仕事へのモチベーションを維持しながら作業が進められるのも利点です。自分たちが自社の商品開発に関われるやりがいを始め、調査や検証の過程で他部署とコミュニケーションを取りながら仕事を進められて、社内の輪が広がりやすくなるメリットもあります。

フィージビリティスタディとは?企業が商品開発に活かすメリット

フィージビリティスタディに取り組む手順を簡単に解説

実際に新しく商品開発に取り組むときは、おおまかな手順にそって進めるのが効果的です。アイデアの内容によっては、順番が前後したり同時並行で進める必要もあるので参考程度にしても構いません。

企業がフィージビリティスタディに取り組む手順を簡単に解説します。

1.社内で話し合って課題を出し切る

まずは企業の社員同士でアイデアに関して、現状の課題や問題を話し合いましょう。社員からの意見を無視せずに意見を交換して納得しながら進める必要があります。

業務の進め方で非効率な面があるときは改善策や時短できる方法を模索しましょう。開発に関わる人材が少なすぎる場合は、アルバイトや派遣社員を雇う形で作業を分担する方法も検討してください。

定期的に話し合いを設けることは、商品開発の実現までにかかる時間やトラブルが減らせてスピード感が高まる手順につながります。

2.システムやツールなどの準備を進める

商品開発には新しくシステムやツールを導入する必要があるため、早い段階で準備して作業効率があげられるように手配しましょう。

専門部署やベテランの社員、外部の担当者に任せながら社員に使い方を共有します。システムやツールに慣れるまでに時間がかかる可能性も考慮して、マニュアルやルールを説明する流れも必要になるかもしれません。作業効率アップで全体の進行がスムーズになり、社員が感じる負担を減らして開発が進められます。

3.実践できる内容案に調整する

フィージビリティスタディでは、社員同士で出し合った案を最終的に実現可能な内容に調整します。

アイデアは多く出し合う形で構わないので、企業の事業に使える予算や時間、人材やスケジュールに合う内容を選びましょう。

自社だけの技術では開発が難しい場合は、他社に協力をあおいで作業を進めます。全体的なバランスを検討しながら、理想が高すぎない範囲で現実的な内容案を選択することが大切です。

4.評価のために調査と検証に取り組む

アイデアの話し合いやシステムなどの調整や準備を終えたあとは、社会から求められている内容かどうか調査や検証を進めましょう。

競合他社が多い場合は、スキマ産業を狙いながらリサーチを進めるのがベストです。世間からの需要や今後の動向を予想しながら、さまざまな角度から調査と検証を繰り返しましょう。

狙っているターゲット層にアンケートを取ったり、実際に競合の商品を使ったりしながら、自社の商品に足りないものや追加したい内容を検討していきます。

フィージビリティスタディで商品開発を成功に導こう

フィージビリティスタディとは何か、企業が商品開発に活かすメリットや手順を解説してきました。

新商品の企画や開発を進めたいときに、完成の形に実現できるかどうか調査と検証をする過程が必要で、専門用語ではフィージビリティスタディと呼びます。微調整を繰り返しながら商品開発に関われるため、業務でのトラブルやリスクを抑えながら新しいチャレンジができるのもメリットです。

フィージビリティスタディの手順では、まずは話し合いでアイデアを出しながら、開発に必要なシステムなどの準備を進めます。実現可能な案に調整を進めながら市場の調査と検証を繰り返して完成に導きましょう。企業の方が商品開発を進めるときの参考にしてみてください。

合わせて読みたい「プロダクト開発について」
「60%でとりあえず」が鍵!プロダクト開発で本当に重要な事とは

ガイアックススタートアップスタジオでは、新規事業を創出する際、自分のアイデアを客観視するために、アイデアを論理的に言語化するツール「リーンキャンバス」のテンプレートと使い方動画をプレゼントしています。以下からダウンロード可能ですので、起業に興味がある人はこちらからからチェックしてみてください。

起業に興味がある人は「STARTUP CAFE」・まだ事業計画書のたたき台がない人は「リーンキャンバスの作り方」へ

スタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
また、リーンキャンバスの作り方をダウンロードすることで、事業アイディアを検証するする際に役立つ動画とフォーマットが無料で入手可能です。
起業に興味があり事業検証をしてみたい方、スタートアップスタジを使って起業することを検討している方は、気軽にアクセスしてみてください。

Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

Back To Top