skip to Main Content

プロダクトイノベーションとは?社会・企業に恩恵を与える理由について解説

  • 最終更新: 2021年9月2日

 

今回は、会社に大きな変革を与える考え方の一つである「プロダクトイノベーション」を紹介します。

  • 新しい商品やサービスを展開して会社を発展させたい
  • イノベーションの考え方について知っておきたい
  • 時代の流れに取り残されないように企業の未来について考えたい

以上のような思いを抱える方に向けてプロダクトイノベーションとは何か、企業にとって必要な理由など、気になる項目をまとめています。

プロダクトイノベーションとは?

プロダクト(製品)イノベーション(技術革新)の意味が込められた言葉です。技術革新とは社会に貢献できる新しい自社製品を売り出すこと、社会に大きな変化を与える製品を提供することを指しています。広い意味では、社会を変えるような製品を生み出す人、組織、社会などの意味があります。
競合他社と同じような取り組みを続けているだけでは、成長に限界がきてしまい、追い越されるのも時間の問題かもしれません。しかし、プロダクトイノベーションの製品を生み出すことで社会を大きく変えられるため、結果として会社が成長し続けるきっかけにもつながります。従来のやり方にとらわれず、さまざまな形で変革していくことが必要です。
社会が求める需要に応える方法で製品の開発を模索したり、自社独自の製品を新しい観点から開発したりなど、さまざまな考え方でプロダクトイノベーションを起こしていきます。

将来起業を考えている人・起業で悩みを抱えている人は?

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。
興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。

» Gaiax スタートアップカフェ

競合他社が真似できない製品を作る

プロダクトイノベーションに必要なポイントは、他の企業が今まで開発した事例がない製品を生み出すことです。ありそうでなかった製品を社会に向けて提供することで、企業は社会的にも大きな信頼と利益を得られます。
私たちの身近な事例では携帯電話やテレビなど、日常生活に欠かせない製品は、プロダクトイノベーションに関わるものです。私たちの生活をいつの間にか大きく変えてしまっている製品として、社会にさまざまな影響を与え続けています。
新しい価値を創出するスタートアップの支援を実施している、ガイアックス・スタートアップスタジオでもプロダクトイノベーションの思考を大切にしています。

プロセスイノベーションとの違い

プロセス(過程・工程)イノベーション(技術革新)の意味が込められた言葉です。プロセスイノベーションでは、製品をつくるときの作業過程・工程を変化させます。結果、業務が時短されたりコストがカットされたりして経営を安定的なものにしていく流れです。
従来の日本企業では、プロセスイノベーションの考え方を取り入れて成長してきました。プロダクトイノベーション、プロセスイノベーションのどちらも、従来のやり方にとらわれずに新しい技術革新をする意味では同じといえます。
プロダクトイノベーションは新しい製品を生み出して技術革新すること、プロセスイノベーションは作業過程・工程を技術革新して効率化を図ることと覚えておきましょう。

プロダクトイノベーションとは?社会・企業に恩恵を与える理由について解説

プロダクトイノベーションが社会や企業に必要な理由

企業は会社を立ち上げて終わりではなく、時代の流れに取り残されないために新しい取り組みを続ける必要があります。プロダクトイノベーションは企業が成長するために必要な改革の一つです。
また、プロダクトイノベーションの製品を生み出した企業は、ときに社会のあり方を変える影響力があることも話してきました。今までは社会から需要のあった産業でも、今後プロダクトイノベーションの製品が生み出された結果、事業を続けるのが難しい業界も出てくることが予想されます。
現代社会は時代の流れが早くなりつつあるため、社会に貢献できる製品を提供し続けられるような企業の取り組みが必要です。

時代の変化に対応するために企業に求められる改革

スマホの普及や新型コロナなど、従来では想像できなかった出来事やサービスの登場は、社会のあり方を変えました。現代はリモートワーク(在宅ワーク)の働き方が普及しており、時代の流れと共に人々の生活スタイルや価値観も大きく変化しています。
上記のような変化は、今後の経済社会にも大きな影響を与えるため、企業は時代の価値観や社会から求められる需要に対応しなければいけません。
プロダクトイノベーションの製品を生み出すことを始め、社会の状況を読み解いて新しいチャレンジにつなげることは、今後の企業に求められる課題といえます。

スタートアップとイノベーションの相性がいい理由は?

新しい技術を社会に提供し続けている企業は、ベンチャー企業と呼ばれています。ベンチャー企業では個人の力が重要視されるだけでなく、常に新しい取り組みや考え方を実行に移していくのが一般的です。
このように解説すると、イノベーション(技術革新)と相性がいいことが感覚的にもわかりやすいかもしれません。なぜなら、ベンチャー企業のスピード感とイノベーションに必要な変革は、考え方が一致しやすく自然な流れで新しいチャレンジができるからです。企業が成長し続けるために必要な行動力、新しい物事に取り組むまでのスピード感が強みとなり、チャンスを逃さずに進み続けられます。

新しいビジネスに取り組める環境がある

スタートアップ企業では、社員一人ひとりが個人事業主のような考え方で働けるため、自分で行動して早く成長したい方には向いている環境です。企業にとっても新しいアイデアは社会と企業の両方を動かしてくれる可能性があるため、積極的にアイデアが求められます。
0から生み出すのが好きな方や将来的に起業を考えている方など、自分のアイデアが社会の形になることに喜びを覚える方にはピッタリです。
社会に大きな影響を与えるような仕事に取り組みたい方は、イノベーションの観点から考えたときにベンチャー企業で働く方法もあると考えておくと何かのきっかけを掴めるかもしれません。

実力主義で成長し続けられる

スタートアップのよいところには他にも、自分の実力を会社から認められやすい環境が整っている点です。実力主義で働きたい人にはピッタリで、成果をあげる分報酬に反映されやすい仕組みが整っています。
評価がわかりやすく報酬に反映される体制は、モチベーションにつながりやすくなるポイントの一つです。モチベーションがアップすれば、イノベーションに導くアイデアを出す上でも大きな成果が得やすくなります。
また、実力主義の企業には、同じような志を持った人が集まりやすいメリットもあるため、企業と共に自分のキャリアを成長させる上でも役立つはずです。
このように、ベンチャー企業とイノベーションの取り組みは、新しいものを生み出す上で相性のよい組み合わせといえます。

プロダクトイノベーションとは?社会・企業に恩恵を与える理由について解説

イノベーションを意識した会社づくりについて

「ベンチャー企業でない場合、イノベーションはできないのだろうか」という疑問が浮かぶ方もおられるかもしれません。大きな変化を生み出すのが難しい場合でも、初めのスタートは小さなことからチャレンジしてみましょう。独自の道筋で変化につながるきっかけが生まれやすい環境を整えていく思考が大切です。
以下では、小さなところからイノベーションにつなげていくための行動を「オフィス環境から変えてみる」「社員が共有できる志や目標を意識する」という観点から簡単に解説します。
何か自社に活かせそうなポイントがあれば、今日から活用するための参考にしてみてください。

オフィス環境から変えてみる

イノベーションを起こすには、会社の環境面をアイデアが出やすい場所に変えていく取り組みも必要です。極端な話、散らかって物があふれているオフィス環境では、ストレスを感じてしまいよいアイデアが浮かびにくい人もいるかもしれません。
例えば、新しい取り組みではレンタルオフィスを活用して外部の企業と交流を図ったり、会議室をオープンな形でデスクの近くに設置したりするなど、新しい取り組みを実行していきます。オフィス環境を変えることは、新しいアイデアやイノベーションを生み出すのに大切です。会社に出社する社員にとって「どのような環境だと働きやすいのか」「現在、問題に感じているオフィス環境は何か」など、アンケートや面談する形で改善策を模索してみましょう。
参考:イノベーションを生み出すオフィスとは
参考:使う人のアイデアが盛り込まれたオフィス! KDDIコマースフォワード株式会社の渋谷ラボに行ってきました【後編】(オフィス訪問[3])

社員が共有できる志や目標を意識する

企業が成長し続けるためには、社員と経営陣が一丸になって同じ目標を目指す必要があります。そのため、経営陣が想像する未来と社員の意識にズレがあると大きな目標を達成していくことが難しくなるかもしれません。
小さなイノベーションから企業の体制や考え方に変化を与えるには、経営者と社員の両方から志や目標を共にして楽しみながら事業を伸ばしていく価値観を大切にしましょう。

プロダクトイノベーションは企業成長に大切な考え方

社会に大きな変革を与える考え方の一つである「プロダクトイノベーション」について解説してきました。
プロダクト(製品)イノベーション(技術革新)を意味する言葉で、企業が製品を生み出すことで社会が大きく変化するという意味が込められています。
企業が長く生き残っていくためには、新しいチャレンジやイノベーションを起こすことが必要不可欠です。変化の流れが激しい時代では、プロダクトイノベーションの製品が生まれることでサービスに対する価値観や需要が大きく変化していきます。
ガイアックス・スタートアップスタジオでは新しい価値の創造を支援しています。「自分のアイデアで社会を変えてみたい」という思いがある方は、是非「STARTUP CAFE」にご相談ください。

起業をサポートする「STARTUP CAFE」

ガイアックスのスタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィス等の支援も行うことにより、起業家は事業創出に注力することができます。
相談者の年齢関係なく、暖かく相談を実施しているので気軽にお問い合わせ下さい。

Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

  • 最終更新: 2021年9月2日

 

今回は、会社に大きな変革を与える考え方の一つである「プロダクトイノベーション」を紹介します。

  • 新しい商品やサービスを展開して会社を発展させたい
  • イノベーションの考え方について知っておきたい
  • 時代の流れに取り残されないように企業の未来について考えたい

以上のような思いを抱える方に向けてプロダクトイノベーションとは何か、企業にとって必要な理由など、気になる項目をまとめています。

プロダクトイノベーションとは?

プロダクト(製品)イノベーション(技術革新)の意味が込められた言葉です。技術革新とは社会に貢献できる新しい自社製品を売り出すこと、社会に大きな変化を与える製品を提供することを指しています。広い意味では、社会を変えるような製品を生み出す人、組織、社会などの意味があります。
競合他社と同じような取り組みを続けているだけでは、成長に限界がきてしまい、追い越されるのも時間の問題かもしれません。しかし、プロダクトイノベーションの製品を生み出すことで社会を大きく変えられるため、結果として会社が成長し続けるきっかけにもつながります。従来のやり方にとらわれず、さまざまな形で変革していくことが必要です。
社会が求める需要に応える方法で製品の開発を模索したり、自社独自の製品を新しい観点から開発したりなど、さまざまな考え方でプロダクトイノベーションを起こしていきます。

将来起業を考えている人・起業で悩みを抱えている人は?

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。
興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。

» Gaiax スタートアップカフェ

競合他社が真似できない製品を作る

プロダクトイノベーションに必要なポイントは、他の企業が今まで開発した事例がない製品を生み出すことです。ありそうでなかった製品を社会に向けて提供することで、企業は社会的にも大きな信頼と利益を得られます。
私たちの身近な事例では携帯電話やテレビなど、日常生活に欠かせない製品は、プロダクトイノベーションに関わるものです。私たちの生活をいつの間にか大きく変えてしまっている製品として、社会にさまざまな影響を与え続けています。
新しい価値を創出するスタートアップの支援を実施している、ガイアックス・スタートアップスタジオでもプロダクトイノベーションの思考を大切にしています。

プロセスイノベーションとの違い

プロセス(過程・工程)イノベーション(技術革新)の意味が込められた言葉です。プロセスイノベーションでは、製品をつくるときの作業過程・工程を変化させます。結果、業務が時短されたりコストがカットされたりして経営を安定的なものにしていく流れです。
従来の日本企業では、プロセスイノベーションの考え方を取り入れて成長してきました。プロダクトイノベーション、プロセスイノベーションのどちらも、従来のやり方にとらわれずに新しい技術革新をする意味では同じといえます。
プロダクトイノベーションは新しい製品を生み出して技術革新すること、プロセスイノベーションは作業過程・工程を技術革新して効率化を図ることと覚えておきましょう。

プロダクトイノベーションとは?社会・企業に恩恵を与える理由について解説

プロダクトイノベーションが社会や企業に必要な理由

企業は会社を立ち上げて終わりではなく、時代の流れに取り残されないために新しい取り組みを続ける必要があります。プロダクトイノベーションは企業が成長するために必要な改革の一つです。
また、プロダクトイノベーションの製品を生み出した企業は、ときに社会のあり方を変える影響力があることも話してきました。今までは社会から需要のあった産業でも、今後プロダクトイノベーションの製品が生み出された結果、事業を続けるのが難しい業界も出てくることが予想されます。
現代社会は時代の流れが早くなりつつあるため、社会に貢献できる製品を提供し続けられるような企業の取り組みが必要です。

時代の変化に対応するために企業に求められる改革

スマホの普及や新型コロナなど、従来では想像できなかった出来事やサービスの登場は、社会のあり方を変えました。現代はリモートワーク(在宅ワーク)の働き方が普及しており、時代の流れと共に人々の生活スタイルや価値観も大きく変化しています。
上記のような変化は、今後の経済社会にも大きな影響を与えるため、企業は時代の価値観や社会から求められる需要に対応しなければいけません。
プロダクトイノベーションの製品を生み出すことを始め、社会の状況を読み解いて新しいチャレンジにつなげることは、今後の企業に求められる課題といえます。

スタートアップとイノベーションの相性がいい理由は?

新しい技術を社会に提供し続けている企業は、ベンチャー企業と呼ばれています。ベンチャー企業では個人の力が重要視されるだけでなく、常に新しい取り組みや考え方を実行に移していくのが一般的です。
このように解説すると、イノベーション(技術革新)と相性がいいことが感覚的にもわかりやすいかもしれません。なぜなら、ベンチャー企業のスピード感とイノベーションに必要な変革は、考え方が一致しやすく自然な流れで新しいチャレンジができるからです。企業が成長し続けるために必要な行動力、新しい物事に取り組むまでのスピード感が強みとなり、チャンスを逃さずに進み続けられます。

新しいビジネスに取り組める環境がある

スタートアップ企業では、社員一人ひとりが個人事業主のような考え方で働けるため、自分で行動して早く成長したい方には向いている環境です。企業にとっても新しいアイデアは社会と企業の両方を動かしてくれる可能性があるため、積極的にアイデアが求められます。
0から生み出すのが好きな方や将来的に起業を考えている方など、自分のアイデアが社会の形になることに喜びを覚える方にはピッタリです。
社会に大きな影響を与えるような仕事に取り組みたい方は、イノベーションの観点から考えたときにベンチャー企業で働く方法もあると考えておくと何かのきっかけを掴めるかもしれません。

実力主義で成長し続けられる

スタートアップのよいところには他にも、自分の実力を会社から認められやすい環境が整っている点です。実力主義で働きたい人にはピッタリで、成果をあげる分報酬に反映されやすい仕組みが整っています。
評価がわかりやすく報酬に反映される体制は、モチベーションにつながりやすくなるポイントの一つです。モチベーションがアップすれば、イノベーションに導くアイデアを出す上でも大きな成果が得やすくなります。
また、実力主義の企業には、同じような志を持った人が集まりやすいメリットもあるため、企業と共に自分のキャリアを成長させる上でも役立つはずです。
このように、ベンチャー企業とイノベーションの取り組みは、新しいものを生み出す上で相性のよい組み合わせといえます。

プロダクトイノベーションとは?社会・企業に恩恵を与える理由について解説

イノベーションを意識した会社づくりについて

「ベンチャー企業でない場合、イノベーションはできないのだろうか」という疑問が浮かぶ方もおられるかもしれません。大きな変化を生み出すのが難しい場合でも、初めのスタートは小さなことからチャレンジしてみましょう。独自の道筋で変化につながるきっかけが生まれやすい環境を整えていく思考が大切です。
以下では、小さなところからイノベーションにつなげていくための行動を「オフィス環境から変えてみる」「社員が共有できる志や目標を意識する」という観点から簡単に解説します。
何か自社に活かせそうなポイントがあれば、今日から活用するための参考にしてみてください。

オフィス環境から変えてみる

イノベーションを起こすには、会社の環境面をアイデアが出やすい場所に変えていく取り組みも必要です。極端な話、散らかって物があふれているオフィス環境では、ストレスを感じてしまいよいアイデアが浮かびにくい人もいるかもしれません。
例えば、新しい取り組みではレンタルオフィスを活用して外部の企業と交流を図ったり、会議室をオープンな形でデスクの近くに設置したりするなど、新しい取り組みを実行していきます。オフィス環境を変えることは、新しいアイデアやイノベーションを生み出すのに大切です。会社に出社する社員にとって「どのような環境だと働きやすいのか」「現在、問題に感じているオフィス環境は何か」など、アンケートや面談する形で改善策を模索してみましょう。
参考:イノベーションを生み出すオフィスとは
参考:使う人のアイデアが盛り込まれたオフィス! KDDIコマースフォワード株式会社の渋谷ラボに行ってきました【後編】(オフィス訪問[3])

社員が共有できる志や目標を意識する

企業が成長し続けるためには、社員と経営陣が一丸になって同じ目標を目指す必要があります。そのため、経営陣が想像する未来と社員の意識にズレがあると大きな目標を達成していくことが難しくなるかもしれません。
小さなイノベーションから企業の体制や考え方に変化を与えるには、経営者と社員の両方から志や目標を共にして楽しみながら事業を伸ばしていく価値観を大切にしましょう。

プロダクトイノベーションは企業成長に大切な考え方

社会に大きな変革を与える考え方の一つである「プロダクトイノベーション」について解説してきました。
プロダクト(製品)イノベーション(技術革新)を意味する言葉で、企業が製品を生み出すことで社会が大きく変化するという意味が込められています。
企業が長く生き残っていくためには、新しいチャレンジやイノベーションを起こすことが必要不可欠です。変化の流れが激しい時代では、プロダクトイノベーションの製品が生まれることでサービスに対する価値観や需要が大きく変化していきます。
ガイアックス・スタートアップスタジオでは新しい価値の創造を支援しています。「自分のアイデアで社会を変えてみたい」という思いがある方は、是非「STARTUP CAFE」にご相談ください。

起業をサポートする「STARTUP CAFE」

ガイアックスのスタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィス等の支援も行うことにより、起業家は事業創出に注力することができます。
相談者の年齢関係なく、暖かく相談を実施しているので気軽にお問い合わせ下さい。

Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

Back To Top