skip to Main Content

バーンレートとは?スタートアップの事業コストや削減方法を解説

 

経営の安定に向けて支出と収入を数字で把握することは、経営者の視点に欠かせません。とくにスタートアップ企業は、事業が安定するまでにかかるコストをできる限り抑えることが大切です。

今回はバーンレートとは何か、スタートアップの事業コストや削減方法を解説します。経営を安定させるためにも企業の運営にバーンレートの視点を導入してみてください。

バーンレートの意味とは?

企業の経営資金が毎月どのくらいかかるのか、消費にかかるコストはバーンレートと呼ばれています。運営資金を使い切るまでにどのくらいの期間が残っているのか把握する手段になるところが利点です。

スタートアップの企業や運営に関連する言葉で資金燃焼率とも呼ばれています。

グロスバーンレートについて

グロスバーンレートは、企業の運営で一ヶ月にかかるコストの合計金額を指す言葉です。バーンレートを把握するには、どのくらいグロスバーンレートがあるのか把握しなければいけません。

今後の運営を続けるためにも、コストが多くかかっている項目や節約できるポイントを見直します。

ネットバーンレートについて

ネットバーンレートは、グロスバーンレート(一ヶ月のコスト合計金額)から売上(収入)を引いた金額を指す言葉です。

実質コストと呼ばれており、ネットバーンレートとバーンレートの言葉は同じ意味合いで使われる場合もあります。

バーンレートを調整するメリット

企業の経営を継続させるためには、バーンレートを活用すると視野を広げて経営を進める対策にできます。企業の経営陣がバーンレートを調整するメリットを見ていきましょう。

資金の節約が明確化できる

企業の経営にコストがかかっているとわかれば、節約の改善案を立てられて余計な資金調達をしないで済むメリットがあります。

今後の経営方針を固める機会につながり、事業活動の方法や体制を見直すためにも重要です。資金調達にかかる手間や時間を始め、金融機関から融資を受けると利子がかかるデメリットを回避する手段につながります。

コスト削減の意識が高まる

バーンレートを見直すとコストに対する意識を高める方法につながります。従業員に向けてコスト削減につながるノウハウや情報共有を進める意味でも必要です。

社内のコストで無駄な部分はないか、さらに削減できる部分はないのか検討できます。企業の経営が軌道に乗るまでの対策につながり、長期的な視点で行動できるため、バーンレートの把握は企業運営に重要です。

事業継続の期間がのびる可能性が高まる

企業の資金繰りやお金の状態を把握できていないと、経営を続ける資金が底をついてしまうリスクが高まります。また、気づかないうちに赤字につながっているケースも多く、バーンレートで全体のキャッシュフローを見直す機会が重要です。

事業活動にかかるコストや収益を把握することは、事業継続ができる期間をのばす働きかけにつながります。経営者の方が頭の片隅に入れておきたいポイントです。

アクセラレーターとは

バーンレートの把握で調整したいコストの種類

企業の経営には日々さまざまなコストがかかっています。どのようなコストがかかっているのか再度把握しながら、節約できるポイントがないか検討しましょう。

バーンレートの把握で調整したいコストの種類を解説します。

人件・教育にかかるコスト

人材の雇用と教育にかかるコストは、企業運営で重要なポイントです。経営が軌道に乗っていない段階で新しい人材を雇用すると給料や保険代、福利厚生に費用がかかるリスクを抱えます。

また、人材の雇用で従業員を成長させるための教育にかかるコストにも見直しが必要です。全体でどのくらいの費用がかかっているのか把握して経営を進めましょう。

オフィスの家賃にかかるコスト

固定費につながる企業のオフィスは、毎月の家賃にかかるお金が増えるとコストを圧迫する原因になります。オフィススペースを最小限にしたり坪単価が安いオフィスを選んだりするなど、できる限りコストが抑えられる工夫が必要です。

固定費を抑えられると事業活動にまわせる資金が増えるため、経営を継続させるときに役立ちます。

法人の税金

企業の経営には事業活動や全体の運営に税金がかかります。法人の税金には法人税や法人住民税などがあり、基本的には毎年支払う義務が出てくる内容です。

税理士や会計士の専門家、企業の経理担当者などにコスト削減ができる方法やアドバイスをもらいながら節約の意識を高める工夫が求められます。

うまく工夫できれば税金を大きく節約できるため、バーンレートの見直しと共に調整を取り入れてみてください。

広告にかかるコスト

企業の事業活動を知ってもらうには、オンラインやリアルのイベントを実施して広告をかける必要があります。

社会からの認知度が高まると企業のブランドイメージを確立するきっかけにつながりますが、駆け出しの頃は広告費をかけて広める必要があるかもしれません。

できる限りコストを抑えて宣伝する方法を取り入れながら、費用をかけすぎている場合は見直す必要があります。

通信機器・ツールにかかるコスト

オフィスの作業効率化を図れる複合機やFAXなどの通信機器は、思い切ってなくしたり数を減らしたりするとコスト削減につながります。書類作業が多いとインク代や紙の費用などのコストがかかり、定期的にメンテナンスを取り入れる費用も必要です。

また、企業の仕事を効率化させるために使っているツールにかかる費用は、企業の仕事内容に合わせた内容を取り入れられているのか確認しましょう。別のツールを取り入れることで仕事内容に合ったツールを低予算で導入できる可能性もあります。

毎月の固定費、返済や支出の金額がどのくらいかかるのかを検討し、売上の減少に備えて経営状態を都度調整して見直しましょう。

Trustdock

バーンレートを把握してコスト削減する方法

企業の経営にかかるコストを抑えられると、長期間の事業活動を続けられる手段を検討できます。

バーンレートを把握してコスト削減する方法を見ていきましょう。

シェアオフィスを使う

固定費は毎月の維持が必要なコストになるため、オフィス代の節約にはシェアオフィスの利用がおすすめです。

シェアオフィスは、働くときに必要な複合機やインターネット回線などの環境が整えられている場所が多く、スタートアップ企業やベンチャー企業が多く利用しています。

特定のオフィスを借りるよりも固定費を抑えられるため、企業の経営でコスト削減を図る方法に便利です。スタートアップ向けのオフィス探しについては以下の記事を参考にしてください。
スタートアップのオフィス探しのおすすめや選び方・相場を簡単に解説

業務委託を検討する

企業の経営にかかる人件費や教育費を削減するには、第三者に仕事を任せる業務委託の方法がおすすめです。

従業員の直接雇用は、企業として給料や保険代などを定期的に支払う必要が出てきますが、業務委託の場合はコスト削減につなげられます。さまざまな専門家と連携して仕事を進めやすくなるメリットもあり、仕事の負担を減らすためにも役立つ方法です。

業務委託を進めるときは、仕事仲間のネットワークやSNSを使って受注者を探しましょう。インターネットのアウトソーシングサービスを使えば、効率的に仕事を引き受けてもらえる人を探せるメリットがあります。

オフィス用品をレンタル・譲ってもらう

企業で使うオフィス用品は、中古品の購入やレンタルを活用してコストをかけないように工夫しましょう。ビジネス仲間がいるときは、オフィス用品を譲ってもらうと大幅な節約ができます。

起業初期に必要なコストを抑えることは、企業が経営を続けるときに必要な資金調達に頼らない方法としても必要です。できる限りオフィス用品にお金をかけない工夫を意識して取り入れると資金の節約につながります。

SNSを使って広告する

企業の事業活動を広めるには、インターネット上のホームページやSNSなどを活用する方法が効果的です。企業独自のコミュニティやブログで情報発信を進めるなど、さまざまな方法で集客を見込める工夫を取り入れましょう。

どのような顧客層を狙うのか情報収集の機会につなげられるところも利点です。広告費を抑える工夫につながり、マーケティングなどの手法を利用すれば自動的に集客できる仕組みをつくれます。

ダイレクトメールを活用して顧客のリストを得るなど、今後の商品販売に関わる見込み客を得る機会にすることが可能です。上手に活用して企業のブランドイメージを高める機会につなげてみてください。

起業支援のサービスに相談する

企業のコストを抑える方法を取り入れながら、組織全体の改善が求められる課題が多いと感じるときは外部の起業支援サービスを活用する方法がおすすめです。

とくにスタートアップの企業は、起業支援のサービスが経営を安定させるまでの道筋をサポートしてくれる存在になるため、困りごとや悩みを解消しながら事業活動の方向性を検討できます。

経営者が頭を悩ませているときも、思い切って専門家に頼ることで利益を生み出すサイクルをつくりやすくなる効果が期待できるのでぜひ参考にしてみてください。

バーンレートは経営が継続できる期間の把握に役立つ

バーンレートとは何か、スタートアップの事業コストや削減方法を解説してきました。

運営資金を使い切るまでにどのくらいの期間が残っているのか把握できる言葉は、バーンレートと呼ばれています。

バーンレートは企業の資金が毎月どのくらいかかるのか、把握する手段に活用できるところが利点です。経営の継続には、人件費や教育費、オフィスの家賃や税金、広告にかかる費用を抑える工夫が求められます。バーンレートを使うと企業全体にかかるコストを把握できるため、早い段階から検討しておく姿勢が重要です。

資金調達ができずに経営が続けらない状況を避けるためにも、バーンレートや起業支援のサポートを取り入れて早めの対応を心がけてみてください。

「起業のプロ」の視点から事業アイデアを磨くイベント・ツール提供を無料実施中!

ガイアックスでは、起業のプロへ事業アイデアを相談できる無料イベント「STARTUP CAFE」を開催しています。 アイデアの壁打ちはもちろん、優れた事業案には200万円の出資や開発・バックオフィスなどの支援提供も。 また、事業アイデアの構造化に役立つ「リーンキャンバス」のテンプレート&活用マニュアル動画も無料配布中。 スタートアップスタジオを活用して事業をブラッシュアップしたい方は、ぜひ詳細をご覧ください。

スタートアップスタジオ経営ノウハウ起業
関連記事

 

経営の安定に向けて支出と収入を数字で把握することは、経営者の視点に欠かせません。とくにスタートアップ企業は、事業が安定するまでにかかるコストをできる限り抑えることが大切です。

今回はバーンレートとは何か、スタートアップの事業コストや削減方法を解説します。経営を安定させるためにも企業の運営にバーンレートの視点を導入してみてください。

バーンレートの意味とは?

企業の経営資金が毎月どのくらいかかるのか、消費にかかるコストはバーンレートと呼ばれています。運営資金を使い切るまでにどのくらいの期間が残っているのか把握する手段になるところが利点です。

スタートアップの企業や運営に関連する言葉で資金燃焼率とも呼ばれています。

グロスバーンレートについて

グロスバーンレートは、企業の運営で一ヶ月にかかるコストの合計金額を指す言葉です。バーンレートを把握するには、どのくらいグロスバーンレートがあるのか把握しなければいけません。

今後の運営を続けるためにも、コストが多くかかっている項目や節約できるポイントを見直します。

ネットバーンレートについて

ネットバーンレートは、グロスバーンレート(一ヶ月のコスト合計金額)から売上(収入)を引いた金額を指す言葉です。

実質コストと呼ばれており、ネットバーンレートとバーンレートの言葉は同じ意味合いで使われる場合もあります。

バーンレートを調整するメリット

企業の経営を継続させるためには、バーンレートを活用すると視野を広げて経営を進める対策にできます。企業の経営陣がバーンレートを調整するメリットを見ていきましょう。

資金の節約が明確化できる

企業の経営にコストがかかっているとわかれば、節約の改善案を立てられて余計な資金調達をしないで済むメリットがあります。

今後の経営方針を固める機会につながり、事業活動の方法や体制を見直すためにも重要です。資金調達にかかる手間や時間を始め、金融機関から融資を受けると利子がかかるデメリットを回避する手段につながります。

コスト削減の意識が高まる

バーンレートを見直すとコストに対する意識を高める方法につながります。従業員に向けてコスト削減につながるノウハウや情報共有を進める意味でも必要です。

社内のコストで無駄な部分はないか、さらに削減できる部分はないのか検討できます。企業の経営が軌道に乗るまでの対策につながり、長期的な視点で行動できるため、バーンレートの把握は企業運営に重要です。

事業継続の期間がのびる可能性が高まる

企業の資金繰りやお金の状態を把握できていないと、経営を続ける資金が底をついてしまうリスクが高まります。また、気づかないうちに赤字につながっているケースも多く、バーンレートで全体のキャッシュフローを見直す機会が重要です。

事業活動にかかるコストや収益を把握することは、事業継続ができる期間をのばす働きかけにつながります。経営者の方が頭の片隅に入れておきたいポイントです。

アクセラレーターとは

バーンレートの把握で調整したいコストの種類

企業の経営には日々さまざまなコストがかかっています。どのようなコストがかかっているのか再度把握しながら、節約できるポイントがないか検討しましょう。

バーンレートの把握で調整したいコストの種類を解説します。

人件・教育にかかるコスト

人材の雇用と教育にかかるコストは、企業運営で重要なポイントです。経営が軌道に乗っていない段階で新しい人材を雇用すると給料や保険代、福利厚生に費用がかかるリスクを抱えます。

また、人材の雇用で従業員を成長させるための教育にかかるコストにも見直しが必要です。全体でどのくらいの費用がかかっているのか把握して経営を進めましょう。

オフィスの家賃にかかるコスト

固定費につながる企業のオフィスは、毎月の家賃にかかるお金が増えるとコストを圧迫する原因になります。オフィススペースを最小限にしたり坪単価が安いオフィスを選んだりするなど、できる限りコストが抑えられる工夫が必要です。

固定費を抑えられると事業活動にまわせる資金が増えるため、経営を継続させるときに役立ちます。

法人の税金

企業の経営には事業活動や全体の運営に税金がかかります。法人の税金には法人税や法人住民税などがあり、基本的には毎年支払う義務が出てくる内容です。

税理士や会計士の専門家、企業の経理担当者などにコスト削減ができる方法やアドバイスをもらいながら節約の意識を高める工夫が求められます。

うまく工夫できれば税金を大きく節約できるため、バーンレートの見直しと共に調整を取り入れてみてください。

広告にかかるコスト

企業の事業活動を知ってもらうには、オンラインやリアルのイベントを実施して広告をかける必要があります。

社会からの認知度が高まると企業のブランドイメージを確立するきっかけにつながりますが、駆け出しの頃は広告費をかけて広める必要があるかもしれません。

できる限りコストを抑えて宣伝する方法を取り入れながら、費用をかけすぎている場合は見直す必要があります。

通信機器・ツールにかかるコスト

オフィスの作業効率化を図れる複合機やFAXなどの通信機器は、思い切ってなくしたり数を減らしたりするとコスト削減につながります。書類作業が多いとインク代や紙の費用などのコストがかかり、定期的にメンテナンスを取り入れる費用も必要です。

また、企業の仕事を効率化させるために使っているツールにかかる費用は、企業の仕事内容に合わせた内容を取り入れられているのか確認しましょう。別のツールを取り入れることで仕事内容に合ったツールを低予算で導入できる可能性もあります。

毎月の固定費、返済や支出の金額がどのくらいかかるのかを検討し、売上の減少に備えて経営状態を都度調整して見直しましょう。

Trustdock

バーンレートを把握してコスト削減する方法

企業の経営にかかるコストを抑えられると、長期間の事業活動を続けられる手段を検討できます。

バーンレートを把握してコスト削減する方法を見ていきましょう。

シェアオフィスを使う

固定費は毎月の維持が必要なコストになるため、オフィス代の節約にはシェアオフィスの利用がおすすめです。

シェアオフィスは、働くときに必要な複合機やインターネット回線などの環境が整えられている場所が多く、スタートアップ企業やベンチャー企業が多く利用しています。

特定のオフィスを借りるよりも固定費を抑えられるため、企業の経営でコスト削減を図る方法に便利です。スタートアップ向けのオフィス探しについては以下の記事を参考にしてください。
スタートアップのオフィス探しのおすすめや選び方・相場を簡単に解説

業務委託を検討する

企業の経営にかかる人件費や教育費を削減するには、第三者に仕事を任せる業務委託の方法がおすすめです。

従業員の直接雇用は、企業として給料や保険代などを定期的に支払う必要が出てきますが、業務委託の場合はコスト削減につなげられます。さまざまな専門家と連携して仕事を進めやすくなるメリットもあり、仕事の負担を減らすためにも役立つ方法です。

業務委託を進めるときは、仕事仲間のネットワークやSNSを使って受注者を探しましょう。インターネットのアウトソーシングサービスを使えば、効率的に仕事を引き受けてもらえる人を探せるメリットがあります。

オフィス用品をレンタル・譲ってもらう

企業で使うオフィス用品は、中古品の購入やレンタルを活用してコストをかけないように工夫しましょう。ビジネス仲間がいるときは、オフィス用品を譲ってもらうと大幅な節約ができます。

起業初期に必要なコストを抑えることは、企業が経営を続けるときに必要な資金調達に頼らない方法としても必要です。できる限りオフィス用品にお金をかけない工夫を意識して取り入れると資金の節約につながります。

SNSを使って広告する

企業の事業活動を広めるには、インターネット上のホームページやSNSなどを活用する方法が効果的です。企業独自のコミュニティやブログで情報発信を進めるなど、さまざまな方法で集客を見込める工夫を取り入れましょう。

どのような顧客層を狙うのか情報収集の機会につなげられるところも利点です。広告費を抑える工夫につながり、マーケティングなどの手法を利用すれば自動的に集客できる仕組みをつくれます。

ダイレクトメールを活用して顧客のリストを得るなど、今後の商品販売に関わる見込み客を得る機会にすることが可能です。上手に活用して企業のブランドイメージを高める機会につなげてみてください。

起業支援のサービスに相談する

企業のコストを抑える方法を取り入れながら、組織全体の改善が求められる課題が多いと感じるときは外部の起業支援サービスを活用する方法がおすすめです。

とくにスタートアップの企業は、起業支援のサービスが経営を安定させるまでの道筋をサポートしてくれる存在になるため、困りごとや悩みを解消しながら事業活動の方向性を検討できます。

経営者が頭を悩ませているときも、思い切って専門家に頼ることで利益を生み出すサイクルをつくりやすくなる効果が期待できるのでぜひ参考にしてみてください。

バーンレートは経営が継続できる期間の把握に役立つ

バーンレートとは何か、スタートアップの事業コストや削減方法を解説してきました。

運営資金を使い切るまでにどのくらいの期間が残っているのか把握できる言葉は、バーンレートと呼ばれています。

バーンレートは企業の資金が毎月どのくらいかかるのか、把握する手段に活用できるところが利点です。経営の継続には、人件費や教育費、オフィスの家賃や税金、広告にかかる費用を抑える工夫が求められます。バーンレートを使うと企業全体にかかるコストを把握できるため、早い段階から検討しておく姿勢が重要です。

資金調達ができずに経営が続けらない状況を避けるためにも、バーンレートや起業支援のサポートを取り入れて早めの対応を心がけてみてください。

「起業のプロ」の視点から事業アイデアを磨くイベント・ツール提供を無料実施中!

ガイアックスでは、起業のプロへ事業アイデアを相談できる無料イベント「STARTUP CAFE」を開催しています。 アイデアの壁打ちはもちろん、優れた事業案には200万円の出資や開発・バックオフィスなどの支援提供も。 また、事業アイデアの構造化に役立つ「リーンキャンバス」のテンプレート&活用マニュアル動画も無料配布中。 スタートアップスタジオを活用して事業をブラッシュアップしたい方は、ぜひ詳細をご覧ください。

スタートアップスタジオ経営ノウハウ起業
関連記事
Back To Top