skip to Main Content

「自分たちでできること」と「自分たちでできないこと」を整えていく段階である、この事業に携わることは大きな経験になる。〜LCDインターン三浦さんインタビュー

ライブコミュニケーション事業部

今回はガイアックスの中でも、圧倒的にスピード成長をしている、LCD(ライブコミュニケーション事業部)でインターンをしている、三浦日向さんにインタビューをさせていただきました。

コロナ禍でオンライン配信事業の需要が高まる中、多忙を極めるこの事業部で、どんなインターン生活を送っているのか!今日はその実態を明らかにしてきます。

三浦 日向
株式会社ガイアックス ライブ配信事業部 インターン

日本大学商学部商業学科3年生。2020年2月より、ガイアックススタートアップスタジオで新規事業開発に関わったのち、ライブ配信事業部の事業に関わる。

ーまず、三浦さん自身について教えてください!

僕は、現在東京の大学に所属する大学2年生で、今年の春から3年生になります。現在は、ガイアックスのライブコミュニケーション事業部でインターンをしながら、学校の授業も受けています。(現在は春休み)

ー1週間のインターンへのコミット量はどのくらいですか?

授業がある時期でも、週3日でコミットしていました。コロナ禍で授業がオンデマンド化されたこともあり、バランスを取りながら、インターンをしていました。現在は春休みなので、週5日コミットしています。この事業部は基本的に土日にイベントが多いので、そこはしっかりスケジュールを調整しています。

ーLCDインターンでは現在はどのような仕事をされていますか?

これまでは授業や、学校との両立があったので、イベントの運営に携わって、機材を操作することがメインでした。最近は、コミット数も増えているので、クライアントさんからイベントの依頼をいただいてから、そのコンタクトから運営のマネジメントまで、全て一貫して担当しています。

案件内容としては、入社式やシンポジウムなどのオンライン配信があります。また、お客様としては、政府系のお仕事にも関わらさせていただくこともあり、大学生ながら、こういった仕事に携わらせていただくことはとても貴重です。

機材を操作しています

ーLCDインターン生三浦さんのインターン生活の1部を見せてください!

三浦さんの1日のスケジュールをチラ見せ!この日はライブ配信イベントがあった日のようです…。配信テストを念入りにして、本番に挑む様子が伺えます…。ガイアックスのインターン生のスケジュールは多種多様で、インターン生として入社した後はスケジュール管理は自分自身で行っていきます!

基本的に、ガイアックスの作業場である、GRiDに出社しています。事前打ち合わせなどはリモートで行いますが、リハーサル・本番の配信出社する必要があります。そのため、ガイアックスでよく聞く『リモートで自由に働く』とはちょっと違うのが、LCDの事業部の特徴でもあります。イベントのあとは、メンバーみんなでずっと話しているのも恒例ですね。(笑)

ーガイアックスという環境でインターンをしていてよかったことはありますか?

いいところですか…、いろんな人に会えるというところですかね。それは、ガイアックス内である、社員さんやインターン生もありますし、ガイアックス外のお客様たちも含まれます。
人と関わることを増やしたいと思って、インターンやその他の活動を始めたんですよね。大学では、他学科とのつながりが少なく、満足していなかったこともあります。
また、ガイアックスにはやりたいことができる環境があることがいいところでもありますね。そのため、やりたいことがある方にはとてもおすすめです。

ー現在LCDではインターンを募集していますが、どんな方におすすめですか?

これから入っていただくインターン生には、まず大きく2つの仕事をしていただきます。
1つ目は、お客様との打ち合わせ前の事前資料作りです。資料内容としては、イベント概要であったり、スケジュール、BGMなど提案内容をまとめてもらう感じです。オンラインイベントがどうやって作られていくのか知ることができるので、大人数で大きなプロジェクトを成功させることに興味がある方にはとても面白いと思います。
2つ目は、当日の運営のサポートです。機材などを操作したり、臨機応変にイベントを成功させるために動くことが大切になってきます。
それ以外にも、とにかく、成長過程の事業なので、カオスな環境でインターンをしてみたい人にお勧めです。まだまだ整っていないところを、整えていく段階でもありので、本当に大変だけど、やりがいはあります。
LCDのメンバーとしては、事業部長の矢部さん筆頭に個性が強いメンバーです。作業終わりには、みんなで集まってずーっと話してるような感じですね。

側から見ると兄弟みたいな仲の良さ…

ー最後にLCDでのインターンに応募を考えている方に一言どうぞ!

この事業部は、まだまだ新規事業部なので、みんなで作り上げていく感じになっています。発展途上だからこそ、いいところも悪いところもありますが、自分たちでできることと、自分たちでできないことのその区別をし整えていく段階である、この事業に携わることは大きな経験になると思います!また、この完成していない現場でのインターンは、ガイアックスを知るのにとてもいい環境でもあります。ぜひ、応募を迷われている方も、カジュアル面談などもやっていますので、ぜひ一度お話ししてみましょう。

ライター:下岡 優希

ガイアックスでは一緒に働く仲間を募集しています

ハイブリッドのイベントを開催する際に必要な知識【支援可能です】

ガイアックスでは、熱意を持った仲間を募集しています。

ポテンシャル採用、キャリア採用、インターン、フリーランス、アルバイトなど、幅広い人材を募集しています。
大切なのはミッションに対する共感と情熱をもって仕事に取り組む姿勢。
就業時間や就業場所にとらわれない、あなたに合わせた働き方をみつけてください。

「まずは話を聞きたい」という人は、ガイアックスオンライン座談会で、ガイアックスメンバーに直接疑問をぶつけることもできます!

Gaiax Favicon

ライブコミュニケーション事業部

法人向けにオンラインイベントの企画、配信代行サービスを行っているチームです。コロナ禍にて、全国のイベントが中止される中、解決策になるべく立ち上がりました。最近は、行政や上場企業が主催する大規模なイベントに注力。ただイベントを行うだけでなく、ブランディングや販売促進などの目標から逆算してイベントを企画支援していきます。

今回はガイアックスの中でも、圧倒的にスピード成長をしている、LCD(ライブコミュニケーション事業部)でインターンをしている、三浦日向さんにインタビューをさせていただきました。

コロナ禍でオンライン配信事業の需要が高まる中、多忙を極めるこの事業部で、どんなインターン生活を送っているのか!今日はその実態を明らかにしてきます。

三浦 日向
株式会社ガイアックス ライブ配信事業部 インターン

日本大学商学部商業学科3年生。2020年2月より、ガイアックススタートアップスタジオで新規事業開発に関わったのち、ライブ配信事業部の事業に関わる。

ーまず、三浦さん自身について教えてください!

僕は、現在東京の大学に所属する大学2年生で、今年の春から3年生になります。現在は、ガイアックスのライブコミュニケーション事業部でインターンをしながら、学校の授業も受けています。(現在は春休み)

ー1週間のインターンへのコミット量はどのくらいですか?

授業がある時期でも、週3日でコミットしていました。コロナ禍で授業がオンデマンド化されたこともあり、バランスを取りながら、インターンをしていました。現在は春休みなので、週5日コミットしています。この事業部は基本的に土日にイベントが多いので、そこはしっかりスケジュールを調整しています。

ーLCDインターンでは現在はどのような仕事をされていますか?

これまでは授業や、学校との両立があったので、イベントの運営に携わって、機材を操作することがメインでした。最近は、コミット数も増えているので、クライアントさんからイベントの依頼をいただいてから、そのコンタクトから運営のマネジメントまで、全て一貫して担当しています。

案件内容としては、入社式やシンポジウムなどのオンライン配信があります。また、お客様としては、政府系のお仕事にも関わらさせていただくこともあり、大学生ながら、こういった仕事に携わらせていただくことはとても貴重です。

機材を操作しています

ーLCDインターン生三浦さんのインターン生活の1部を見せてください!

三浦さんの1日のスケジュールをチラ見せ!この日はライブ配信イベントがあった日のようです…。配信テストを念入りにして、本番に挑む様子が伺えます…。ガイアックスのインターン生のスケジュールは多種多様で、インターン生として入社した後はスケジュール管理は自分自身で行っていきます!

基本的に、ガイアックスの作業場である、GRiDに出社しています。事前打ち合わせなどはリモートで行いますが、リハーサル・本番の配信出社する必要があります。そのため、ガイアックスでよく聞く『リモートで自由に働く』とはちょっと違うのが、LCDの事業部の特徴でもあります。イベントのあとは、メンバーみんなでずっと話しているのも恒例ですね。(笑)

ーガイアックスという環境でインターンをしていてよかったことはありますか?

いいところですか…、いろんな人に会えるというところですかね。それは、ガイアックス内である、社員さんやインターン生もありますし、ガイアックス外のお客様たちも含まれます。
人と関わることを増やしたいと思って、インターンやその他の活動を始めたんですよね。大学では、他学科とのつながりが少なく、満足していなかったこともあります。
また、ガイアックスにはやりたいことができる環境があることがいいところでもありますね。そのため、やりたいことがある方にはとてもおすすめです。

ー現在LCDではインターンを募集していますが、どんな方におすすめですか?

これから入っていただくインターン生には、まず大きく2つの仕事をしていただきます。
1つ目は、お客様との打ち合わせ前の事前資料作りです。資料内容としては、イベント概要であったり、スケジュール、BGMなど提案内容をまとめてもらう感じです。オンラインイベントがどうやって作られていくのか知ることができるので、大人数で大きなプロジェクトを成功させることに興味がある方にはとても面白いと思います。
2つ目は、当日の運営のサポートです。機材などを操作したり、臨機応変にイベントを成功させるために動くことが大切になってきます。
それ以外にも、とにかく、成長過程の事業なので、カオスな環境でインターンをしてみたい人にお勧めです。まだまだ整っていないところを、整えていく段階でもありので、本当に大変だけど、やりがいはあります。
LCDのメンバーとしては、事業部長の矢部さん筆頭に個性が強いメンバーです。作業終わりには、みんなで集まってずーっと話してるような感じですね。

側から見ると兄弟みたいな仲の良さ…

ー最後にLCDでのインターンに応募を考えている方に一言どうぞ!

この事業部は、まだまだ新規事業部なので、みんなで作り上げていく感じになっています。発展途上だからこそ、いいところも悪いところもありますが、自分たちでできることと、自分たちでできないことのその区別をし整えていく段階である、この事業に携わることは大きな経験になると思います!また、この完成していない現場でのインターンは、ガイアックスを知るのにとてもいい環境でもあります。ぜひ、応募を迷われている方も、カジュアル面談などもやっていますので、ぜひ一度お話ししてみましょう。

ライター:下岡 優希

ガイアックスでは一緒に働く仲間を募集しています

ハイブリッドのイベントを開催する際に必要な知識【支援可能です】

ガイアックスでは、熱意を持った仲間を募集しています。

ポテンシャル採用、キャリア採用、インターン、フリーランス、アルバイトなど、幅広い人材を募集しています。
大切なのはミッションに対する共感と情熱をもって仕事に取り組む姿勢。
就業時間や就業場所にとらわれない、あなたに合わせた働き方をみつけてください。

「まずは話を聞きたい」という人は、ガイアックスオンライン座談会で、ガイアックスメンバーに直接疑問をぶつけることもできます!

Gaiax Favicon

ライブコミュニケーション事業部

法人向けにオンラインイベントの企画、配信代行サービスを行っているチームです。コロナ禍にて、全国のイベントが中止される中、解決策になるべく立ち上がりました。最近は、行政や上場企業が主催する大規模なイベントに注力。ただイベントを行うだけでなく、ブランディングや販売促進などの目標から逆算してイベントを企画支援していきます。

Back To Top