skip to Main Content

インキュベーションの意味とは?スタートアップ起業の支援事例を解説

 

初めて起業する方で不安や疑問を解消しながら効率よく進めたいときは、起業の支援を受ける方法が向いています。

実際にどのような起業の支援方法があるのか詳細を見ていきましょう。インキュベーションの意味とは何か、スタートアップの起業に関わる準備や支援の事例を解説します。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイデアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業をつくろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

インキュベーションの意味とは?

インキュベーションとは、「孵化する」という意味で、ビジネス用語としては「起業をサポートし、起業家を育てる」という意味を指す言葉です。

初めて起業するときは、ノウハウや事前知識が求められます。支援が必要な人にアドバイスや具体的な指導の進め方を指導していく流れです。

実際に起業に成功した起業家が活動に取り組んでいることが多く、実体験に基づく支援活動を受けられるメリットがあります。

支援の内容には事業に関わるノウハウ以外にも、お金の支援や人材の紹介など、ビジネスの成功に必要な幅広いサービスを受けることが可能です。

起業家として横のつながりができるメリットがあるなど、指導側と受ける側の両方にメリットがあります。

インキュベーターについて

起業のサポート活動に取り組む事業者は、インキュベーターと呼ばれます。インキュベーターの人材がいることで、初めて起業する方が安心して事業活動に取り組む準備が可能です。

幅広い意味では、起業を支援する制度や仕組み、施設など全般的な意味を表します。

インキュベーションに関わるスタートアップの起業に必要な準備

自由な発想で新しいビジネスモデルを模索したいときは、インキュベーションの仕組みを利用しながら少しずつ進めていきましょう。

インキュベーションに関わるスタートアップの起業に必要な準備を解説します。

事業内容に関わる人材を集める

新しい事業を始めるには、事業活動が実現できる人材を確保してともに成長できる環境を整える必要があります。

インキュベーションの仕組みを利用しながら、どのように人材を集めるのかアドバイスをもらうために相談したり、実際に人材をあっせんしてもらったりするなど、支援活動を実施する起業家からサポートしてもらいましょう。

ともに企業理念を理解してくれるメンバーを集めながら、事業活動を通して社会の課題を解消できる人材を確保していく流れです。

資金の調達を確保する

事業活動を円滑に進めるためには、経営の土台が進められる資金の調達や準備を進める必要があります。起業にどのくらいの予算が必要か、起業後もどのくらいの費用がかかるのかを検討する流れです。

資金の確保が難しいときや経営に関する今後のアドバイスを求めるときは、インキュベーションの仕組みを利用して相談に乗ってもらいましょう。

起業するまでに時間があるときは、自力で貯金を進めてから事業を立ち上げる方法もあります。

事業計画書の内容を考える

事業を立ち上げる目的や今後の計画などを記載した書類は事業計画書と呼ばれており、法人で起業する方の多くが提出しています。従業員の人数や事業内容など、客観的な証明として事業に関わるさまざま内容を記載する流れです。

事業計画書があると、資金を調達するときに社会的な信頼がアップして融資を受けやすくなります。

起業するときに事業計画書をきっちりと作成するためにも、インキュベーションの仕組みを活用して書き方のアドバイスをもらいましょう。

商品やサービスを開発する

起業して事業内容から利益を得るには、主力になる商品やサービスを考えて提供する必要があります。

具体的な商品やサービス、事業の仕組みづくりで形にしたいイメージがあるときは、起業家の成功者に失敗例を含めて話を聞きながら情報収集しましょう。

市場調査を進めながら、具体的に利益の回収と両立できる事業内容を検討します。

事前に競合他社が存在するときは、顧客のニーズを掘り下げながら商品やサービス開発に取り組む姿勢でアドバイスをもらいましょう。

経営が安定化できる仕組みや人材を確保する

事業を継続するには、根本的に経営が安定化できる仕組みづくりを模索していきます。事業内容から最大限に能力を引き出すためにも人材の確保に力を入れましょう。

起業家の成功者に話を聞きながら、参考にできるビジネスモデルを研究して仕組みづくりを検討します。横のつながりをつくりながら市場調査と行動を繰り返して実現に向けて調整しましょう。

ガイアックス・スタートアップスタジオでもインキュベーション事業を実施しています。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。
≫スタートアップスタジオとは?新しい起業スタイルを可能にするその仕組を解説

インキュベーション

インキュベーションに関わる支援を受ける意味やメリット

起業前に起業家に相談や支援を受けるときは、できる限り情報収集して行動に移すと成功体験につなげやすくなります。

インキュベーションに関わる支援を受ける意味やメリットを見ていきましょう。

起業までの段取りやサポートが受けられる

初めて起業するときは、どのように事業を開始すればよいのか迷われる方も多くいます。特に法人化して起業を進めたいときは、いきなりスタートするにはリスクがつきものです。

できる限りリスクを減らす取り組みを実現するには、起業までの段取りをサポートしてもらえる起業家の支援制度を活用しましょう。

どのような手順で進めるとよいのか、事前の準備で注意しておきたいポイントなど、起業前から起業後までアドバイスしてもらえます。

不安や疑問を解消しながら起業できる

起業するときは周りに頼れる存在がいないと心細くなってしまい、不安やストレスを抱えながら進めなければいけません。

そんな状況を回避するためにも先輩起業家に話を聞いてもらいながら進められると、心配を解消しながら準備が進められるメリットがあります。

起業前に注意しておきたいポイントを始め、起業で失敗したと感じるポイントなど、気になることがあれば気軽に質問してみましょう。

不安や疑問が解消できると、起業の準備でストレスを減らしながら次の行動につなげられます。

横のつながりや人脈ができる

インキュベーションの支援を受けると、今まで関わりのなかった存在や人材に関われるメリットができます。

横のつながりや人脈ができると、今後の事業活動にとって好循環につながる関係性がつくれるところがメリットです。

また、事業活動に関する情報交換が進められて起業後に悩んだときも相談に乗ってもらいやすくなります。つながりができると心理的にも安定しながら起業できる点でも魅力です。

失敗やリスク回避につながるアドバイスが聞ける

事前に起業家たちの輪に入ると成功体験だけでなく、注意しておきたい失敗体験を聞く機会があるかもしれません。

失敗体験は相談者にとっても貴重な情報を得る機会につながります。インキュベーションの仕組みを活用すれば、ほかの起業を目指す方や起業家の方と知り合う機会ができて効率よくアドバイスや情報収集ができる手段につながるところが魅力です。

インキュベーションに関わる支援の内容事例を解説

起業前に準備や情報収集を進めておくことで、起業後の事業活動を円滑に進められます。

インキュベーションに関わる支援の内容事例を見ていきましょう。

経営に関わる支援

インキュベーションに関わる支援には、経営のマーケティングや財務などに関わる内容があります。

どのような戦略を立てれば事業を継続できるのか、節税に対してどのように考えていくのかなど、経営に関する支援方法はさまざまです。

事業を軌道に乗せる対策に取り組むためにも、プロの起業家の力を借りるとできる限り失敗を回避して事業活動に取り組めます。

経営全般に関わるアドバイスや相談に取り組みたいときは、起業家から支援活動を受ける方法をご検討ください。

事業活動の取り組み全般の支援

インキュベーションに取り組む事業者によっては、各養成施設を設けて学びの機会や交流の機会に利用する形もあります。

一対一で相談できるタイプもあれば、複数のメンバーで起業の相談や意見交換を設ける機会につなげる方法などさまざまです。

ワークショップなどに参加すれば、起業家同士のつながりや意見交換から新たな活動に取り組む機会が生まれます。

各支援事業の公式サイトからレポートや活動実績を検討しながら、どのような支援活動に取り組んでいるのか参考にしてください。

従業員の確保やスキルの支援

新しいビジネスモデルで起業を進めるときは、自社の事業を支えるパートナーとして従業員を確保する必要があります。

事業内容が円滑に進められるスキルをもつ従業員をどのように探すのか、また上手に従業員を確保するにはどのような価値観で判断するのかなど、人材確保にあたって知っておきたいポイントを知りましょう。

また、起業家の人脈やつながりを活用してスキルの高い従業員を確保できるチャンスが生まれるなど、インキュベーションに関わる支援は多くのメリットがあります。

起業家同士の交流会をセッティング

インキュベーションの支援活動には、起業したい人同士や起業家との交流の機会があるため、初めて起業したい人にとって有益な情報を獲得できるチャンスが生まれます。

定期的に実施されることが多いため、横のつながりをつくって人脈を広げたいときに有効活用することが可能です。

セミナーやワークショップが開催されるときは、積極的に利用すると交流の機会につながります。

インキュベーションの意味は起業家の育成と支援活動

インキュベーションの意味とは何か、スタートアップの起業に関わる準備や支援の事例を見てきました。

インキュベーションとは、起業家になりたい人を支援する取り組みを指します。

起業を進める準備では、事業計画書の作成や資金の調達、商品やサービスの開発など、起業後の事業をスムーズに進めるために欠かせない項目を再度念入りに確認して実行に移しましょう。

インキュベーションの支援活動を活用すると、横のつながりや経営全般に関する支援など、幅広いサポートが受けられます。

これから起業したい方は、ガイアックスなどが実施しているサポート精度を活用して事業を成功導ける工夫につなげてみてください。

「起業のプロ」の視点から事業アイデアを磨くイベント・ツール提供を無料実施中!

ガイアックスでは、起業のプロへ事業アイデアを相談できる無料イベント「STARTUP CAFE」を開催しています。 アイデアの壁打ちはもちろん、優れた事業案には200万円の出資や開発・バックオフィスなどの支援提供も。 また、事業アイデアの構造化に役立つ「リーンキャンバス」のテンプレート&活用マニュアル動画も無料配布中。 スタートアップスタジオを活用して事業をブラッシュアップしたい方は、ぜひ詳細をご覧ください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ起業家
関連記事

 

初めて起業する方で不安や疑問を解消しながら効率よく進めたいときは、起業の支援を受ける方法が向いています。

実際にどのような起業の支援方法があるのか詳細を見ていきましょう。インキュベーションの意味とは何か、スタートアップの起業に関わる準備や支援の事例を解説します。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイデアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業をつくろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

インキュベーションの意味とは?

インキュベーションとは、「孵化する」という意味で、ビジネス用語としては「起業をサポートし、起業家を育てる」という意味を指す言葉です。

初めて起業するときは、ノウハウや事前知識が求められます。支援が必要な人にアドバイスや具体的な指導の進め方を指導していく流れです。

実際に起業に成功した起業家が活動に取り組んでいることが多く、実体験に基づく支援活動を受けられるメリットがあります。

支援の内容には事業に関わるノウハウ以外にも、お金の支援や人材の紹介など、ビジネスの成功に必要な幅広いサービスを受けることが可能です。

起業家として横のつながりができるメリットがあるなど、指導側と受ける側の両方にメリットがあります。

インキュベーターについて

起業のサポート活動に取り組む事業者は、インキュベーターと呼ばれます。インキュベーターの人材がいることで、初めて起業する方が安心して事業活動に取り組む準備が可能です。

幅広い意味では、起業を支援する制度や仕組み、施設など全般的な意味を表します。

インキュベーションに関わるスタートアップの起業に必要な準備

自由な発想で新しいビジネスモデルを模索したいときは、インキュベーションの仕組みを利用しながら少しずつ進めていきましょう。

インキュベーションに関わるスタートアップの起業に必要な準備を解説します。

事業内容に関わる人材を集める

新しい事業を始めるには、事業活動が実現できる人材を確保してともに成長できる環境を整える必要があります。

インキュベーションの仕組みを利用しながら、どのように人材を集めるのかアドバイスをもらうために相談したり、実際に人材をあっせんしてもらったりするなど、支援活動を実施する起業家からサポートしてもらいましょう。

ともに企業理念を理解してくれるメンバーを集めながら、事業活動を通して社会の課題を解消できる人材を確保していく流れです。

資金の調達を確保する

事業活動を円滑に進めるためには、経営の土台が進められる資金の調達や準備を進める必要があります。起業にどのくらいの予算が必要か、起業後もどのくらいの費用がかかるのかを検討する流れです。

資金の確保が難しいときや経営に関する今後のアドバイスを求めるときは、インキュベーションの仕組みを利用して相談に乗ってもらいましょう。

起業するまでに時間があるときは、自力で貯金を進めてから事業を立ち上げる方法もあります。

事業計画書の内容を考える

事業を立ち上げる目的や今後の計画などを記載した書類は事業計画書と呼ばれており、法人で起業する方の多くが提出しています。従業員の人数や事業内容など、客観的な証明として事業に関わるさまざま内容を記載する流れです。

事業計画書があると、資金を調達するときに社会的な信頼がアップして融資を受けやすくなります。

起業するときに事業計画書をきっちりと作成するためにも、インキュベーションの仕組みを活用して書き方のアドバイスをもらいましょう。

商品やサービスを開発する

起業して事業内容から利益を得るには、主力になる商品やサービスを考えて提供する必要があります。

具体的な商品やサービス、事業の仕組みづくりで形にしたいイメージがあるときは、起業家の成功者に失敗例を含めて話を聞きながら情報収集しましょう。

市場調査を進めながら、具体的に利益の回収と両立できる事業内容を検討します。

事前に競合他社が存在するときは、顧客のニーズを掘り下げながら商品やサービス開発に取り組む姿勢でアドバイスをもらいましょう。

経営が安定化できる仕組みや人材を確保する

事業を継続するには、根本的に経営が安定化できる仕組みづくりを模索していきます。事業内容から最大限に能力を引き出すためにも人材の確保に力を入れましょう。

起業家の成功者に話を聞きながら、参考にできるビジネスモデルを研究して仕組みづくりを検討します。横のつながりをつくりながら市場調査と行動を繰り返して実現に向けて調整しましょう。

ガイアックス・スタートアップスタジオでもインキュベーション事業を実施しています。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。
≫スタートアップスタジオとは?新しい起業スタイルを可能にするその仕組を解説

インキュベーション

インキュベーションに関わる支援を受ける意味やメリット

起業前に起業家に相談や支援を受けるときは、できる限り情報収集して行動に移すと成功体験につなげやすくなります。

インキュベーションに関わる支援を受ける意味やメリットを見ていきましょう。

起業までの段取りやサポートが受けられる

初めて起業するときは、どのように事業を開始すればよいのか迷われる方も多くいます。特に法人化して起業を進めたいときは、いきなりスタートするにはリスクがつきものです。

できる限りリスクを減らす取り組みを実現するには、起業までの段取りをサポートしてもらえる起業家の支援制度を活用しましょう。

どのような手順で進めるとよいのか、事前の準備で注意しておきたいポイントなど、起業前から起業後までアドバイスしてもらえます。

不安や疑問を解消しながら起業できる

起業するときは周りに頼れる存在がいないと心細くなってしまい、不安やストレスを抱えながら進めなければいけません。

そんな状況を回避するためにも先輩起業家に話を聞いてもらいながら進められると、心配を解消しながら準備が進められるメリットがあります。

起業前に注意しておきたいポイントを始め、起業で失敗したと感じるポイントなど、気になることがあれば気軽に質問してみましょう。

不安や疑問が解消できると、起業の準備でストレスを減らしながら次の行動につなげられます。

横のつながりや人脈ができる

インキュベーションの支援を受けると、今まで関わりのなかった存在や人材に関われるメリットができます。

横のつながりや人脈ができると、今後の事業活動にとって好循環につながる関係性がつくれるところがメリットです。

また、事業活動に関する情報交換が進められて起業後に悩んだときも相談に乗ってもらいやすくなります。つながりができると心理的にも安定しながら起業できる点でも魅力です。

失敗やリスク回避につながるアドバイスが聞ける

事前に起業家たちの輪に入ると成功体験だけでなく、注意しておきたい失敗体験を聞く機会があるかもしれません。

失敗体験は相談者にとっても貴重な情報を得る機会につながります。インキュベーションの仕組みを活用すれば、ほかの起業を目指す方や起業家の方と知り合う機会ができて効率よくアドバイスや情報収集ができる手段につながるところが魅力です。

インキュベーションに関わる支援の内容事例を解説

起業前に準備や情報収集を進めておくことで、起業後の事業活動を円滑に進められます。

インキュベーションに関わる支援の内容事例を見ていきましょう。

経営に関わる支援

インキュベーションに関わる支援には、経営のマーケティングや財務などに関わる内容があります。

どのような戦略を立てれば事業を継続できるのか、節税に対してどのように考えていくのかなど、経営に関する支援方法はさまざまです。

事業を軌道に乗せる対策に取り組むためにも、プロの起業家の力を借りるとできる限り失敗を回避して事業活動に取り組めます。

経営全般に関わるアドバイスや相談に取り組みたいときは、起業家から支援活動を受ける方法をご検討ください。

事業活動の取り組み全般の支援

インキュベーションに取り組む事業者によっては、各養成施設を設けて学びの機会や交流の機会に利用する形もあります。

一対一で相談できるタイプもあれば、複数のメンバーで起業の相談や意見交換を設ける機会につなげる方法などさまざまです。

ワークショップなどに参加すれば、起業家同士のつながりや意見交換から新たな活動に取り組む機会が生まれます。

各支援事業の公式サイトからレポートや活動実績を検討しながら、どのような支援活動に取り組んでいるのか参考にしてください。

従業員の確保やスキルの支援

新しいビジネスモデルで起業を進めるときは、自社の事業を支えるパートナーとして従業員を確保する必要があります。

事業内容が円滑に進められるスキルをもつ従業員をどのように探すのか、また上手に従業員を確保するにはどのような価値観で判断するのかなど、人材確保にあたって知っておきたいポイントを知りましょう。

また、起業家の人脈やつながりを活用してスキルの高い従業員を確保できるチャンスが生まれるなど、インキュベーションに関わる支援は多くのメリットがあります。

起業家同士の交流会をセッティング

インキュベーションの支援活動には、起業したい人同士や起業家との交流の機会があるため、初めて起業したい人にとって有益な情報を獲得できるチャンスが生まれます。

定期的に実施されることが多いため、横のつながりをつくって人脈を広げたいときに有効活用することが可能です。

セミナーやワークショップが開催されるときは、積極的に利用すると交流の機会につながります。

インキュベーションの意味は起業家の育成と支援活動

インキュベーションの意味とは何か、スタートアップの起業に関わる準備や支援の事例を見てきました。

インキュベーションとは、起業家になりたい人を支援する取り組みを指します。

起業を進める準備では、事業計画書の作成や資金の調達、商品やサービスの開発など、起業後の事業をスムーズに進めるために欠かせない項目を再度念入りに確認して実行に移しましょう。

インキュベーションの支援活動を活用すると、横のつながりや経営全般に関する支援など、幅広いサポートが受けられます。

これから起業したい方は、ガイアックスなどが実施しているサポート精度を活用して事業を成功導ける工夫につなげてみてください。

「起業のプロ」の視点から事業アイデアを磨くイベント・ツール提供を無料実施中!

ガイアックスでは、起業のプロへ事業アイデアを相談できる無料イベント「STARTUP CAFE」を開催しています。 アイデアの壁打ちはもちろん、優れた事業案には200万円の出資や開発・バックオフィスなどの支援提供も。 また、事業アイデアの構造化に役立つ「リーンキャンバス」のテンプレート&活用マニュアル動画も無料配布中。 スタートアップスタジオを活用して事業をブラッシュアップしたい方は、ぜひ詳細をご覧ください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ起業家
関連記事
Back To Top