skip to Main Content

【個人起業したい方必見】3つのメリット・デメリットを知って成功しよう

  • 最終更新: 2021年9月2日

副業から始めた仕事の収入が本業を上回るようになったとき、あなたは個人起業するスキルが備わったと感じている頃かと思います。
しかし、個人起業して一本で食べていく道を決める基準やタイミングは正解がないため、個人起業したい方が悩みを抱えるポイントですよね。
この記事では、個人起業を考えて悩まれている方にメリットとデメリット3つを解説しました。
事前に失敗しそうなポイントを把握しておけば、起業後に対策しながら事業を長期的に展開していけます。
個人起業で成功するためにも、個人事業主と法人の違いや知っておきたい基本知識もぜひ参考にしてみてください。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

個人事業主とは?

国の税務署に開業届を提出して、個人で事業を実施していく働き方のことです。
法人化の目安になる収入に到達していない場合、個人事業主になることで税金の支払いを抑えられるメリットもあります。
本業と副業を掛け持ちしていた方がある程度軌道に乗ったタイミングで、個人事業主として独立して始める流れが一般的です。
会社に雇用される形態、もしくは在宅ワークで自分一人だけの空間を確保できる点において、個人起業に魅力を感じる方が多くいます。自分が働きたいタイミングで、好きな分だけ働けるというのも個人事業主の特典です。

個人事業主と法人の違い

開業時に出す書類の手続き内容が違ってくるため、個人事業主のほうが法人よりも簡単に手順を進められます。個人事業主と法人では支払う税金の割合が異なってくるのも特徴です。
また、法人の場合は登記の登録などを含めて、社会的に信用される可能性が高くなります。事業を進める上で必要な融資を銀行から受けやすいメリットもあるため、個人事業主よりも大金を扱う場合は有利になる傾向もあります。
まずはリスクの低い個人事業主からスタートして、その後法人に切り替えるという人が多い点も特徴です。

個人起業に関する基本知識

個人起業を考える方がぜひ知っておきたい基本知識3つを簡単にまとめました。
・資金の調達に関する知識
・税金に関する知識
・会計に関する知識
一人で事業を立ち上げた後は、業務以外のさまざまな事務的な手続きや作業に追われることも。具体的にどんな内容があるのか知っておくことで、ビジネスを成功させる要因にもつながります。

①資金の調達に関する知識

事業を継続させるには、内容によるものの資金の調達が必須課題になってきます。
日本政策金融公庫や信用金庫から融資してもらい事業資金にする方法を始め、国の補助金や助成金を申請して受け取る方法も。
初期費用に関しては、できる限り抑える方向でビジネス展開を進めることで、長期的に事業が長続きしやすくなります。
例えば、インターネットのサービスや在庫を抱えない仕組みづくりを工夫すると、資金を利益で回収しやすくなる流れです。
公的な機関から資金を調達するなど、基本的な知識を事前に取り入れておいてください。

②税金に関する知識

個人事業主は、ビジネスで得た利益をそのまま受け取れるわけでなく、国に一定の税金を支払う義務があります。
例えば、所得税・個人住民税・消費税・個人事業税・源泉所得税などの支払いが必要です。
事前にどのくらいの収入があるか把握しておくことで、後ほど支払いがきたときも慌てずに済みます。
税金に関する知識は、個人起業したい方と縁がある大切なポイントです。しっかりと書籍やインターネットで事前に情報収集して勉強を進めましょう。

③会計に関する知識

事業にかかる経費や税金など、お金に関わる計算スキルや長期的な視点で考えられる経営力は、ビジネスする上で大切なポイントの一つです。
機材や備品の購入にいくらかかっているのか、商品の売り上げはいくらぐらいなのかなど、経営面での費用から諸費用にかかる税金について、細かく記録しておく必要があります。
会計をきっちりとしておけば、確定申告の時期に資料や領収書がなく慌てる心配もありません。来年度にかかる税金を調整することもできるため、ぜひ一つずつ勉強していきましょう。

個人起業のメリットとは?

個人事業主として独立するメリット3つを簡単にまとめました。主にお金の面でリスクが低くなる点や仕事以外の事務的な手続きが比較的やさしい点がポイントです。
・開業までの手続きや準備が比較的に簡単
・開業にかかる資金0円から可能!低リスクでスタートできる
・税金の申告が比較的に簡単
以上の項目から説明するので、個人起業しようか悩んでいる方、法人で独立しようか迷っている方もぜひ参考にしてみてください。

メリット①開業までの手続きや準備が比較的に簡単

法人で起業する場合とは違って、個人事業主が起業するための書類手続きはそれほど難しくありません。
初心者の方でも役所の方に相談するか、インターネットで検索しながら書き進められるレベルです。
一方、法人の場合は、登記や事業計画書の作成などの細かい点まで国に提出する必要が出てくるため難易度が高くなります。
まずはお試しでスタートする上でも、個人起業は最適な道筋になるのではないでしょうか?

メリット②開業にかかる資金0円から可能!低リスクでスタートできる

ビジネスに必要な機器などを含めなければ、個人起業の場合は開業届けの提出で済むため資金は必要ありません。
法人で店舗を構えるビジネスでは、初期投資に時間や費用をかけすぎた結果、資金を利益で回収できずに倒産してしまう企業も珍しくありません。
しかし、個人起業の場合は小さな行動から簡単に始められるため、低リスクで進められます。
現代では、インターネットを使ってパソコン一台でビジネスを展開するサービスが増えているため、うまく活用すれば商品の在庫を抱えずに低リスクでビジネスを拡大することも可能です。

メリット③税金の申告が比較的に簡単

法人で起業する場合とは違って、個人事業主が毎年税金の申告に必要な書類の手続きはそれほど難しくありません。
数字の計算方法も複雑ではないため、個人ですりあわせて提出することが可能です。
一方、法人の場合は計算方法が難しくなるため、初心者の方が苦労する点があげられます。毎年税金の申告が必要になるため、仕事の合間に事務作業を進めるのに時間と手間がかかるデメリットも。
収入が大きく安定するまでは、個人事業主でいるほうが簡単に税金の申告を進められる点はメリットです。

個人起業のデメリット

個人事業主として独立するデメリット3つを簡単にまとめました。簡単に独立しやすい分、社会的な地位や税金の面で優遇されにくい特徴もポイントです。
・社会的な信用度を低く見られる可能性がある
・収入が増えると税金面で優遇されない
・税金対策などの費用や事務作業の時間がかかる
メリットだけでなくデメリットを知っておくことで、起業後に立ち向かうべき問題に対して準備や対策ができるため、ぜひ参考にしてみてください。

デメリット①社会的な信用度を低く見られる可能性がある

仕事の取引相手には、まだまだ個人よりも法人企業のほうがよいイメージや印象があります。なぜなら、社会的に信用度が高い現状や資金面での安定が感じられるため、商品やサービスの品質も適性だというイメージがあるからです。
例えば、動画編集のサービス提供ができる人材を探している場合を考えてみましょう。一人でビジネスを生計する個人事業主よりも、法人企業のほうに頼むほうがサービスの内容が充実していて安心できる印象を抱く人が多いのではないでしょうか?
商品やサービスを購入するとき、できる限りいい品質の物や質のいいサービスを私たちは期待するはずです。
個人起業のデメリットとしては、法人に比べるとどうしても社会的な評価や信用度が低く見積もられてしまう傾向があります。

デメリット②収入が増えると税金面で優遇されない

個人事業主は、所得が増えるほど税金の割合も増えていく仕組みです。法人化した場合、同じ金額を稼いでも個人事業主のほうが大きく負担がかかります。
どのタイミングで個人事業主が法人よりも税金面で損になるかと言えば、700万円以上を超えた辺りからが一般的です。
ただし、経費などの控除にできる金額によるもよるので、あくあでも目安として考えておきましょう。
個人事業主は稼げば稼ぐほど税金を多く支払う義務が出てくるため、支払いの面で損になる結論も考えられます。

デメリット③税金対策などの費用や事務作業の時間がかかる

個人起業した場合、税金に対する申告手続きは自分で行う必要があります。
社会人とは違って所属している会社の担当がやってくれるわけではないので、確定申告の時期になると面倒に感じる個人事業主も少なくありません。
外部の機関からサポートを受けない限りは、仕事に必要な事務作業や手続きを自力で実施していく必要があります。
また、初心者の方は税金に対する知識を一つずつ身に付けていくための勉強も必要になるため、仕事以外でも時間が取られるデメリットも。
税金に対する申告手続きなど、一人で事業を進める上では避けられない内容もあると心得ておくとよいかもしれません。

個人起業は手続きが簡単で始めやすい魅力がある

この記事では、個人起業のメリットとデメリット3つを解説してきました。
個人事業主として起業するメリットは、主に初期費用や書類関連の手続きに時間や手間がかかりにくい点です。
デメリットとしては、収入が増えるほど税金に関する対策が必要になる点、社会的な信用が法人よりも低くなる点があげられます。そのため、長期的な視点で事業を法人化させていく段取りを進めるなど、年単位でビジネスを調整していく能力も必要です。
個人起業する上で、税金や資金調達、会計などのお金に関する知識も大切なので、少しずつ知識を深めておくと自分のためになります。
個人起業は法人に比べると簡単に始めやすいメリットもあるので、低リスクから行動に移していきたい方はぜひチャレンジしてみてください。

事業戦略や起業相談は「STARTUP CAFE」

人と人をつなげる事業で社会に大きなインパクトを与えるスタートアップを共創するガイアックスのスタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談を実施しています。
オンラインで事業相談を実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援も行うことにより、初めての起業でも、数十回の経験を経てきたスタートアップスタジオメンバーのノウハウの元、事業活動に取り組むことができます。
相談者の年齢関係なく、暖かく相談にのってくれるので気軽に問い合わせをしてみてください。

STARTUP CAFE詳細へ
Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

  • 最終更新: 2021年9月2日

副業から始めた仕事の収入が本業を上回るようになったとき、あなたは個人起業するスキルが備わったと感じている頃かと思います。
しかし、個人起業して一本で食べていく道を決める基準やタイミングは正解がないため、個人起業したい方が悩みを抱えるポイントですよね。
この記事では、個人起業を考えて悩まれている方にメリットとデメリット3つを解説しました。
事前に失敗しそうなポイントを把握しておけば、起業後に対策しながら事業を長期的に展開していけます。
個人起業で成功するためにも、個人事業主と法人の違いや知っておきたい基本知識もぜひ参考にしてみてください。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

個人事業主とは?

国の税務署に開業届を提出して、個人で事業を実施していく働き方のことです。
法人化の目安になる収入に到達していない場合、個人事業主になることで税金の支払いを抑えられるメリットもあります。
本業と副業を掛け持ちしていた方がある程度軌道に乗ったタイミングで、個人事業主として独立して始める流れが一般的です。
会社に雇用される形態、もしくは在宅ワークで自分一人だけの空間を確保できる点において、個人起業に魅力を感じる方が多くいます。自分が働きたいタイミングで、好きな分だけ働けるというのも個人事業主の特典です。

個人事業主と法人の違い

開業時に出す書類の手続き内容が違ってくるため、個人事業主のほうが法人よりも簡単に手順を進められます。個人事業主と法人では支払う税金の割合が異なってくるのも特徴です。
また、法人の場合は登記の登録などを含めて、社会的に信用される可能性が高くなります。事業を進める上で必要な融資を銀行から受けやすいメリットもあるため、個人事業主よりも大金を扱う場合は有利になる傾向もあります。
まずはリスクの低い個人事業主からスタートして、その後法人に切り替えるという人が多い点も特徴です。

個人起業に関する基本知識

個人起業を考える方がぜひ知っておきたい基本知識3つを簡単にまとめました。
・資金の調達に関する知識
・税金に関する知識
・会計に関する知識
一人で事業を立ち上げた後は、業務以外のさまざまな事務的な手続きや作業に追われることも。具体的にどんな内容があるのか知っておくことで、ビジネスを成功させる要因にもつながります。

①資金の調達に関する知識

事業を継続させるには、内容によるものの資金の調達が必須課題になってきます。
日本政策金融公庫や信用金庫から融資してもらい事業資金にする方法を始め、国の補助金や助成金を申請して受け取る方法も。
初期費用に関しては、できる限り抑える方向でビジネス展開を進めることで、長期的に事業が長続きしやすくなります。
例えば、インターネットのサービスや在庫を抱えない仕組みづくりを工夫すると、資金を利益で回収しやすくなる流れです。
公的な機関から資金を調達するなど、基本的な知識を事前に取り入れておいてください。

②税金に関する知識

個人事業主は、ビジネスで得た利益をそのまま受け取れるわけでなく、国に一定の税金を支払う義務があります。
例えば、所得税・個人住民税・消費税・個人事業税・源泉所得税などの支払いが必要です。
事前にどのくらいの収入があるか把握しておくことで、後ほど支払いがきたときも慌てずに済みます。
税金に関する知識は、個人起業したい方と縁がある大切なポイントです。しっかりと書籍やインターネットで事前に情報収集して勉強を進めましょう。

③会計に関する知識

事業にかかる経費や税金など、お金に関わる計算スキルや長期的な視点で考えられる経営力は、ビジネスする上で大切なポイントの一つです。
機材や備品の購入にいくらかかっているのか、商品の売り上げはいくらぐらいなのかなど、経営面での費用から諸費用にかかる税金について、細かく記録しておく必要があります。
会計をきっちりとしておけば、確定申告の時期に資料や領収書がなく慌てる心配もありません。来年度にかかる税金を調整することもできるため、ぜひ一つずつ勉強していきましょう。

個人起業のメリットとは?

個人事業主として独立するメリット3つを簡単にまとめました。主にお金の面でリスクが低くなる点や仕事以外の事務的な手続きが比較的やさしい点がポイントです。
・開業までの手続きや準備が比較的に簡単
・開業にかかる資金0円から可能!低リスクでスタートできる
・税金の申告が比較的に簡単
以上の項目から説明するので、個人起業しようか悩んでいる方、法人で独立しようか迷っている方もぜひ参考にしてみてください。

メリット①開業までの手続きや準備が比較的に簡単

法人で起業する場合とは違って、個人事業主が起業するための書類手続きはそれほど難しくありません。
初心者の方でも役所の方に相談するか、インターネットで検索しながら書き進められるレベルです。
一方、法人の場合は、登記や事業計画書の作成などの細かい点まで国に提出する必要が出てくるため難易度が高くなります。
まずはお試しでスタートする上でも、個人起業は最適な道筋になるのではないでしょうか?

メリット②開業にかかる資金0円から可能!低リスクでスタートできる

ビジネスに必要な機器などを含めなければ、個人起業の場合は開業届けの提出で済むため資金は必要ありません。
法人で店舗を構えるビジネスでは、初期投資に時間や費用をかけすぎた結果、資金を利益で回収できずに倒産してしまう企業も珍しくありません。
しかし、個人起業の場合は小さな行動から簡単に始められるため、低リスクで進められます。
現代では、インターネットを使ってパソコン一台でビジネスを展開するサービスが増えているため、うまく活用すれば商品の在庫を抱えずに低リスクでビジネスを拡大することも可能です。

メリット③税金の申告が比較的に簡単

法人で起業する場合とは違って、個人事業主が毎年税金の申告に必要な書類の手続きはそれほど難しくありません。
数字の計算方法も複雑ではないため、個人ですりあわせて提出することが可能です。
一方、法人の場合は計算方法が難しくなるため、初心者の方が苦労する点があげられます。毎年税金の申告が必要になるため、仕事の合間に事務作業を進めるのに時間と手間がかかるデメリットも。
収入が大きく安定するまでは、個人事業主でいるほうが簡単に税金の申告を進められる点はメリットです。

個人起業のデメリット

個人事業主として独立するデメリット3つを簡単にまとめました。簡単に独立しやすい分、社会的な地位や税金の面で優遇されにくい特徴もポイントです。
・社会的な信用度を低く見られる可能性がある
・収入が増えると税金面で優遇されない
・税金対策などの費用や事務作業の時間がかかる
メリットだけでなくデメリットを知っておくことで、起業後に立ち向かうべき問題に対して準備や対策ができるため、ぜひ参考にしてみてください。

デメリット①社会的な信用度を低く見られる可能性がある

仕事の取引相手には、まだまだ個人よりも法人企業のほうがよいイメージや印象があります。なぜなら、社会的に信用度が高い現状や資金面での安定が感じられるため、商品やサービスの品質も適性だというイメージがあるからです。
例えば、動画編集のサービス提供ができる人材を探している場合を考えてみましょう。一人でビジネスを生計する個人事業主よりも、法人企業のほうに頼むほうがサービスの内容が充実していて安心できる印象を抱く人が多いのではないでしょうか?
商品やサービスを購入するとき、できる限りいい品質の物や質のいいサービスを私たちは期待するはずです。
個人起業のデメリットとしては、法人に比べるとどうしても社会的な評価や信用度が低く見積もられてしまう傾向があります。

デメリット②収入が増えると税金面で優遇されない

個人事業主は、所得が増えるほど税金の割合も増えていく仕組みです。法人化した場合、同じ金額を稼いでも個人事業主のほうが大きく負担がかかります。
どのタイミングで個人事業主が法人よりも税金面で損になるかと言えば、700万円以上を超えた辺りからが一般的です。
ただし、経費などの控除にできる金額によるもよるので、あくあでも目安として考えておきましょう。
個人事業主は稼げば稼ぐほど税金を多く支払う義務が出てくるため、支払いの面で損になる結論も考えられます。

デメリット③税金対策などの費用や事務作業の時間がかかる

個人起業した場合、税金に対する申告手続きは自分で行う必要があります。
社会人とは違って所属している会社の担当がやってくれるわけではないので、確定申告の時期になると面倒に感じる個人事業主も少なくありません。
外部の機関からサポートを受けない限りは、仕事に必要な事務作業や手続きを自力で実施していく必要があります。
また、初心者の方は税金に対する知識を一つずつ身に付けていくための勉強も必要になるため、仕事以外でも時間が取られるデメリットも。
税金に対する申告手続きなど、一人で事業を進める上では避けられない内容もあると心得ておくとよいかもしれません。

個人起業は手続きが簡単で始めやすい魅力がある

この記事では、個人起業のメリットとデメリット3つを解説してきました。
個人事業主として起業するメリットは、主に初期費用や書類関連の手続きに時間や手間がかかりにくい点です。
デメリットとしては、収入が増えるほど税金に関する対策が必要になる点、社会的な信用が法人よりも低くなる点があげられます。そのため、長期的な視点で事業を法人化させていく段取りを進めるなど、年単位でビジネスを調整していく能力も必要です。
個人起業する上で、税金や資金調達、会計などのお金に関する知識も大切なので、少しずつ知識を深めておくと自分のためになります。
個人起業は法人に比べると簡単に始めやすいメリットもあるので、低リスクから行動に移していきたい方はぜひチャレンジしてみてください。

事業戦略や起業相談は「STARTUP CAFE」

人と人をつなげる事業で社会に大きなインパクトを与えるスタートアップを共創するガイアックスのスタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談を実施しています。
オンラインで事業相談を実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援も行うことにより、初めての起業でも、数十回の経験を経てきたスタートアップスタジオメンバーのノウハウの元、事業活動に取り組むことができます。
相談者の年齢関係なく、暖かく相談にのってくれるので気軽に問い合わせをしてみてください。

STARTUP CAFE詳細へ
Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

Back To Top