sou-mu

【SOU-MUプロジェクト / 税理士・中小企業診断士 】田中慎(noteTwitter

税理士・中小企業診断士としして中小企業支援に従事しながら、京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)のコーディネーターとして、持続可能な社会をつくるビジネスを支援しています。

また、地域で働く総務・バックオフィス人材を軸に新しい起業環境をつくるためのSOU-MUプロジェクトを開始し、SOU-MU NIGHTというイベントを京都・東京で開催しています。

今回、Nagatacho GRiDで開催した『SOU-MU NIGHT TOKYO』の模様をご紹介します!

総務・バックオフィスで働く人のためのSOU-MU NIGHT TOKYO # 2。

今年の6月に京都で初めて開催してから、年内に京都で3回、東京で2回目を迎えるとは思ってもみなかったけれど、京都でも東京でも支えてくれるメンバーのおかげ。thanks!

東京で一緒につくってくれているのは、㈱ガイアックス。総務の梅ちゃんの総務力が素晴らしく、気の利かない私は大変助けられています。

梅津祐里 @Gaiax総務
昨日のは第2回SOU-MU NIGHT!
運営ボランティアメンバーもみんなパワフルかつ仕事できすぎる(T_T)
皆さんの悩みや熱い思いを聞いて、バックオフィスって本当に奥が深いと思った夜でした。
次回もお楽しみに!
#nagatachogrid #gaiax #soumunight
https://twitter.com/moaniyuri/status/1204926023088783360

田中 慎/税理士,SOU-MU
【SOU-MU NIGHT TOKYO!】
「他の会社のバックオフィスの人と話してエネルギーをもらいました」そんな感想をもらえて嬉しい限りでした。
バックオフィスで働く人が、一息ついて、働き方や生き方を見つめ直す時間になっていくといいなぁと思う。
#soumunight
https://twitter.com/shinxtanaka/status/1204901179026591744

なんと今回はバルーン装飾も。しかも「SOU-MU NIGHT TOKYO」のロゴ入りバルーンを用意してくれました!

提供はORYZAE Celebrationsさん。

お花などを手配するのって、総務さんやバックオフィスの人なんですよね。でもお花の代わりにバルーンってポップな感じがしていいなと思います。

素敵なケータリングはtiny peace kitchen

お祝い用バルーンやケータリングなど、バックオフィス業務の引き出しも増やせるSOU-MU NIGHTなのです。

司会は前回に引き続き私と熊倉由実ちゃんでお送りさせていただきました。

彼女は普段バックオフィスの仕事をしているので、あまり司会をする機会がない。ということで前回挑戦してもらったのだけど、既に抜群の安定感。これからのバックオフィスを担うマルチ人材としてきっと活躍するのだろうと思います。

ちなみに、なぜ私が東京でもSOU-MU NIGHTをすることになったかといえば、彼女の会社が運営をしているオンラインサロンがきっかけだったりします。
ピョートル・フェリクス・グジバチ – NEW ELITE FORUM〜未来を創造する〜

そして、今回から悩めるバックオフィスの相談を受け止める「スナックSOU-MU」が登場。終始ここにいた常連さんもいましたね。ここ落ち着くわ。

前回Kazumi Shimoshiraishiさんから「スナックしたい」という提案をいただき、そのまま実現した「スナックSOU-MU」。会社の退勤時に「スナックに出勤してきまーす」と言って出てきたらしい。

昭和感溢れるロゴはSOU-MUのデザイン周りを全てお願いしている柴田明さんでした!Special Thanks!

Mayuka@竹市会計事務所
SOUM NIGHT参加中
女性が多くて華やか
#soumunight
https://twitter.com/Mayuca317/status/1204721101659459584

「集中する技術=愛する技術」。もっと仕事に集中できる環境をつくるためには

「共感と発見」があるイベントにしたくて用意しているSHOWCASE。

今回のSHOWCASEは、京都に引き続き世羅侑未さんがゲスト。「集中する技術」についてお話頂きました。

「集中する技術」と聞けば、働く環境づくりをしている総務・バックオフィスで働く人にとって関心のある領域ではないでしょうか。また、何かと細かなタスクを依頼される総務さん自身も、仕事に集中する環境づくりが大切。

彼女が伝えたいメッセージは「集中する技術=愛する技術」

ITやクラウドを使った効率化を進めることは重要。だけど総務・バックオフィスで働く人にとってはチームメンバーの関係性をよりよくしていくことも大事。そんなことをあらためて考える機会になればと思いました。

世羅さんのお話の詳細は、先日の京都でのレポートで!

なんでSOU-MU NIGHTをやるのか

来ていた総務さんから、
「なんで税理士さんなのにSOU-MU NIGHTやってるんですか?」
という質問を頂きました。

最初の最初は、悩んでいた目の前の1人のバックオフィスの人が元気になってほしいなという感情から始まっていて。

その人だけじゃなくて、他にも同じようなことでバックオフィスの人が悩んでいる。

そうかと思えば、経営者もバックオフィスの人のことで悩んでいる。

私のような士業も力になれる限界がある。

そうしたみんなの悩みを新しい関係性をつくることで解決できないか。

その入り口になったらいいなと思っているのがSOU-MU NIGHT。

今は税理士だからこそ、バックオフィスの人向けのイベントをやっている意味があると思っています。

総務やバックオフィス向けのイベントは、東京でもいくつかあって。それぞれの趣旨で微妙にカラーが異なるので、居心地のよいところを選べばいいし、一緒に盛り上げていきたい。

SOU-MU NIGHTは経営者や士業などの支援者、営業の人なんかも参加してしほしいと思っている。先日のNHKの放送に映った方が、放送を見た会社の方から「総務って色々考えてくれてるんだね」というコメントをもらったと聞いて。だからぜひ、今度は経営者の方と一緒に来てほしいという話もしました。

そんな顔の見える関係性が一つあれば、悩みを抱えたときに元気をもらえるかもしれない。SOU-MU NIGHTは、そんな場であるといいなと思っています。

実は、SOU-MU NIGHTを始めてみて気づいたことが一つあって。
こんな素敵なバックオフィスの人が働く会社って、どんなサービスを提供しているんだろう
そうして事業やサービスに関心をもつようになっている。バックオフィスの人が生き生きと働いている会社は、きっといい会社。その会社の提供しているサービスもきっといいサービスなんだろう。

バックオフィスの人が会社の営業にもなる。しかも、とても信用できる営業になるんだなと思った。

新しい繋がりをつくることで、生み出される気づきはこれからもたくさんあるのかもしれない。

サクライ@三クリHR
総務ナイトめちゃくちゃエネルギーもらった〜 みんな効率化とか凄いし、総務さん同士のつながり、あるある、共感度の高さに感動すら覚えました。
また行きたい!
#soumunight
https://twitter.com/HR41240197/status/1204746190723502081/a>

junko kudo
朝はキャッツを聞いてエンジンかけて、仕事をして、対話を重ね、夜はこれまた熱いイベントへ参加して、帰ってきて掃除機かけて洗濯物畳んでパスタを食す。

みんな想いをもって、生きてる。
フロントだろうがバックだろうが、地面に足ついて働きたい。
必然の出会いに感謝…。
#soumunight
https://twitter.com/KudoJunko/status/1204763015477780481/a>

shimoshi_hagr
今回はスナックSOU-MUのママとして楽しませていただきました。
#soumunight
https://twitter.com/shimoshi_hagr/status/1204757566061862912/a>

SBOともこさん@InsurTech hokan
SOU-MU NIGHT TOKYO
元気が半端ないと言われましたあざます
若い女性の参加が多かったことも嬉しかったし、先輩女性とより仲良くなれたことも嬉しかったし、
私のSBOとしてのキャリアが@shinxtanaka
と高田にあったなと改めて思い返した素敵な今宵でした。

元気があれば何でもできるねんで!
https://twitter.com/shimoshi_hagr/status/1204757566061862912/a>

飲んだり、食べたり、学んだり、笑ったり、共感したり、いろいろと忙しいイベントですが、これからも総務・バックオフィスのみなさんに元気になって帰ってもらえると嬉しい。

手作りのSOU-MU NIGHT TOKYO限定ステッカーをすぐに貼って写真を送ってきてくれて感動。

僕は総務の皆さんをおもてなしするほどの総務力がないので、参加してくれるみなさんと一緒に場をつくっていければ嬉しい。

参加してくれた方がとても丁寧に感想を書いてくれたnoteを見て。
行ってきました 「SOU-MU NIGHT TOKYO」#2

このnoteは本当に嬉しくて感動した!!しかもnoteを見て来てくれたそう。

今回集まってくれた方々の関心は本当にそれぞれで。

働き方に感心があるメンバー。

総務部門で働くザ・総務メンバー。

クラウド会計やHRtechなどのテクノロジーに興味があるメンバー。

スタートアップなどの1人バックオフィスに関心のあるメンバー。

そして、今回SOU-MU NIGHT TOKYOを支えてくれたメンバー!

オンラインでもゆるやかに繋がっていくことに関心がある方は是非、まだまだこれからの「SOU-MU部」へどうぞ!

SOU-MU部
SOU-MU部 – SOU-MUプロジェクトは、バックオフィスの未来に関心をもつ有志で構成されたチームで運営しています。

いつも通り「みんなが来てくれるならまたやるけど、来ないんだったらやりません!」と本当に総務さん頼りのコメントを残して締めくくりました。

来年もまたお会いしましょう!!

今後のイベント開催等の案内は、facebookページPeatixと、個人のfacebook、Twitterなどで案内させて頂いています。

次回SOU-MU NIGHT TOKYO 開催決定!

2月11日(祝) 15:00-17:00 @Nagatacho GRiD
【東京】総務・バックオフィスで働く人のための交流会「sou-mu night Tokyo」#3

【主催】
◆SOU-MUプロジェクト
https://www.soumukyoto.com

【共催】
◆株式会社ガイアックス
Gaiaxは、人と人とのつながりを通して社会を取り巻く問題の解決を目指すスタートアップスタジオです。このミッションを果たすべく、多くの人が集い、語り合い、ともに行動する拠点としてNagatacho GRiDを運営しています。
https://grid.tokyo.jp/
https://www.gaiax.co.jp/

【協力】
◆京都市ソーシャルイノベーション研究所
京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)は、市民、企業、NPO、大学などの多種多様な組織や個人が、京都で社会的課題の解決に挑戦することで、過度の効率性や競争原理とは異なる価値観を日本はもとより、世界にも広めることを目的にした「京都市ソーシャル・イノベーション・クラスター構想」の推進拠点として2015年4月に設置されました。
構想全体のコーディネート機能を果たすとともに、行政・企業・NPO・大学・中間支援団体などを巻き込んだネットワークの形成や、所属するメンバーの他、多くのパートナーと共に、企業と公的機関とのマッチングを行うパブリックコーディネートに取り組んでいます。
https://social-innovation.kyoto.jp/

◆Office TANAKA
代表の田中亨氏は、Microsoftが優れた技術者へ授与するMVP(Most Valuable Professional)では、日本人で初めてExcel部門を受賞。各地でExcelに関するセミナーや講演を実施し、受講者は10000人を超える。「Excel 関数/数式 完全制覇パーフェクト」「Excel VBA 逆引き辞典パーフェクト」など著書多数。
http://officetanaka.net

◆SBO勉強会
SBO(StartupBackOffice)の大切さを経営者、バックオフィスで働く人達に向けて発信し、勉強会などを開催しています。
https://www.facebook.com/groups/274048410150059/about/

◆モティファイ株式会社
モティファイは、「職場を元気にする」というビジョンのもと、設立されました。当社は伝統的な企業階層ではなく逆ピラミッド構造をとっており、リーダーがチーム全体を支えています。相互理解と共通の信念により、互いの違いを受け入れ、多様性を活かし、オンリーワンの強さと柔軟な連携を生み出しています。
新サービスのWelcomeHRは、入社時に必要な契約関連書類と個人情報収集だけ!入社手続きに特化したシンプルなHRサービスです。
http://www.welcomehr.jp

◆RIGHT HERE RIGHT NOW LLC.
RIGHT HERE RIGHT NOWは、世の中の「こうありたい」をカタチにする仕事を通じ、世界に新しい変化をつくりだすことに挑戦します。
https://rhrn.co.jp/

  • 【GaiaKitchen Report】投資に対するリターンを最大化させるために議決権を放棄する #ガイアックス社員総会【GaiaKitchen Report】投資に対するリターンを最大化させるために議決権を放棄する #ガイアックス社員総会 世の中では、ティール組織など、会社のあり方の変化が話題になっていますが、同様にガイアックスも独自の変化が進んでいます。ガイアックスグループって一体何なんだ? それを考えていくのも皆さん含めた僕ら自身ですが、代表の上田さんがお話ししてくれました。 […]
  • 組織の内と外が曖昧になっている話組織の内と外が曖昧になっている話 組織としてどこまでがTABICAの人なのかを考えたときに、組織に内と外という概念を作ることに本当に意味があるのか、という気がしてきます。働き方の自由度が広がってきているこの時代では、ライフスタイルにあったコミット量を選択できる働き方があっていいように思います。当然、その貢献度や成果に応じて相応の対価も受け取れる。そんな働き方を実現したいです。 […]
  • ポテンシャル採用 2019年12月度公開データポテンシャル採用 2019年12月度公開データ ガイアックスでは、一人ひとりがより良い就業環境、より強みを発揮してパフォーマンスの高い働き方ができる就職活動ができるよう、透明性を確保した採用活動の実現のため、採用活動に関するデータを公開しています。 […]
  • 事業立ち上げを成功させる起業家精神 ガイアックス代表 上田祐司事業立ち上げを成功させる起業家精神 ガイアックス代表 上田祐司 “人と人をつなげる”ソーシャルメディアとシェアリングエコノミーに注力するガイアックス。独自の組織体系とユニークな経営で、新卒入社卒業生の6割が起業するスタジオとしても成長中。代表の上田祐司氏が語る、事業立ち上げや起業を成功に導く、アントレプレナーシップとは何か。 […]

梅津 祐里

梅津 祐里

2008年にGXに入社後、社内で初の育児休業を取得し、働くママのモデルとなる。その後2度の出産、3度の育児休業を経験する。家庭では1女3男の母、会社では総務リーダーとして日々奮闘中。 夢はchallengedがすべての企業・世の中で活躍する場を広げること。