skip to Main Content

社会起業家とは?事業活動に向いている人や取り組み事例を解説

 

社会起業家は、社会問題が解消できるように社会貢献に関わる事業活動に取り組む存在です。日本国内から世界に向けて未解決の問題は多くあるため、社会起業家が介入して解決が求められます。

社会起業家になるには、共通してもっておきたい特徴があるのでこれから目指す方は参考にしてみてください。

社会起業家とはどのような存在か、事業活動に向いている人や取り組み事例を解説します。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイデアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業をつくろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

社会起業家とは?

社会問題の解消ができる事業活動に取り組み、社会に変革をもたらす存在は社会起業家と呼ばれます。

強いビジネスや志をもって貧困や育児、福祉やエネルギーに関わる事業など、幅広い視野から問題に介入していく流れです。

イノベーションを起こす存在

社会起業家は事業活動を通して社会を変えていく存在としての役割が求められます。

個人の解決が難しかった問題も社会起業家のネットワークや行動力を事業活動に活かせれば、地域社会から国内全体に向けた支援活動が実施できるからです。

社会起業家として成功している方は、次世代の担い手を育てるための支援活動に取り組んでいる事例も多くあります。

社会問題の解決ができる存在

人々が暮らす社会には、地域社会から国内全域にわたるさまざま問題が残されています。

たとえば、育児と仕事が両立できるように支援する活動や高齢者が生き生きと暮らせる支援に取り組む活動など、内容はさまざまです。

地域で暮らす人々にとっては死活問題につながる内容もあるため、社会起業家の発想力や人脈をつかって問題に介入します。

暮らしのなかで身近にどのような問題があるのか、まずは目を向けるところから始めてビジネスモデルのアイデアにつなげるきっかけにしてみてください。

自由な発想で事業活動に取り組む存在

社会起業家は固定概念にとらわれずに問題を解消できるアイデアを生み出せる存在です。従来のビジネスモデルの模倣だけではない自由な事業活動が展開できます。

海外や国内の取り組み事例を参考にしながら、未解決の社会問題に介入して解決に向けた取り組みを実践する流れです。

社会起業家のネットワークや行動力を活かした有意義な活動ができるところは、社会起業家が存在する意味につながります。

社会起業家に向いている人

事業活動を成功するまでには、時間や手間をかけながら困難を乗り越える姿勢が重要です。

社会起業家に向いている人には、どのような特徴が当てはまるのか見ていきましょう。

好きなことに情熱がかけられる

社会起業家が活動を継続するには、興味や関心が深い分野に介入して取り組むことが大切です。利益の追求だけではない活動を続けるには、自分なりのビジョンや強い思いが必要になります。

好きなことに対するエネルギーから社会貢献に向けた内容が検討できれば、モチベーションを維持しやすいところも利点です。事業活動の準備に取り組んでいるときも楽しみながら取りかかれる強みにつながります。

社会起業家に向いている人には、好きなことや情熱がかけられることのなかから事業活動を展開する方法を検討してみましょう。

社会貢献の意識が高い

社会起業家は社会問題に介入して事業活動に取り組むため、日常生活の暮らしから社会貢献に対する意識を高めることが求められます。

どのような課題が地域社会に求められるのか、身近で感じる社会問題にはどのような内容があげられるのかなど、社会全体を見渡せる視点が重要です。

社会のためになる行動に取り組む選択肢を日ごろから選ぶ意識の高さがあると、起業するときの事業活動のアイデアを考える上でも役立ちます。身近な人の愚痴や悩みからアイデアにつながるヒントが隠されている場合も多いため、人とのつながりのなかから社会貢献につながるアイデアを探してみましょう。

人間関係のつながりを重要視できる

社会起業家のアイデアを実現させるためには、さまざまな人に協力をあおぎながらサポートしてもらうことが重要です。人とのつながりや交流に重点を置いている経営者のもとで働けると、従業員も安心して事業活動に参加できます。

人間関係で相手から信頼してもらえる人間力を磨いたり、与える精神で相手に接したりできるスキルは事業活動の継続に欠かせません。

事業活動に流れるお金は人との信頼から生まれるものという理解ができることが重要です。

行動力や決断力がある

社会起業家を志すときは、事業活動が安定化するまでに困難な道のりを極める可能性もあります。事業を成功させるという行動力や決断力は、長く経営を続ける上でも重要です。

行動力や決断力があると失敗が多い分、成長するまでのスピードが早められて次の行動に移しやすいメリットがあります。

ビジョンや思いを実現するためのビジネスモデルには苦労が伴う面もあるため、自らの手で切り開くという覚悟が必要です。

諦めずに挑戦できる強さがある

社会起業家としてビジネスモデルを展開するときは、従来の進め方では難しくアイデアを思いついたとしても前例がない可能性もあります。

どのように仕組みづくりを進めればよいか迷うときは、時間や手間がかかって立ち止まってしまう機会もあるかもしれません。

諦めずに行動できるスキルを身につけると、事業活動が軌道に乗ったあとに起きる課題や問題を乗り越える知恵につながります。社会起業家を目指すときは、困難な状況が合っても最後まで諦めずに進む行動力が必要です。

社会起業家になるには?意識したい4つのポイント

事業活動を継続するためには、企業として活動するための基盤づくりが重要です。

社会起業家になりたいときに意識したい4つのポイントを見ていきます。

社会問題解消につながる事業活動に取り組む

国内や世界の社会問題には、貧困や地域格差、育児や福祉に関する内容など、さまざまな内容があげられます。日ごろから地域社会に目を向けながら、どのような問題があるのか知見を広める意識が重要です。

過去の経験や経歴から社会問題解消に向けた取り組みが実践できそうな内容はないか、事業内容を検討します。国や企業の支援を活用しながら、社会問題解消につながる事業活動のビジネスモデルを模索しましょう。

事業活動の資金を集める

社会起業家を目指したいときは、企業の理念に賛同してくれる出資者を集めることが必要です。自ら資金を準備できるときは事前に貯蓄しておくと起業に向けた準備が整います。

自力で資金を集めることが難しいときは、銀行からの融資や国からお金を支援してもらい活動に取り組みましょう。

なかにはクラウドファンディングで資金集めに取り組む方もおられるので、強いビジョンや思いがあるときに利用すると共感が得やすくなります。

安定的に事業活動に取り組むためにも、事業活動にかかる資金を集めることが重要です。

理念に共感できるメンバーを集める

社会起業家の活動はひとりで取り組む場合もありますが、基本的には多くの支援を受けながら準備を進めていきます。

従業員を雇用するときは、理念に共感できるメンバーを集めましょう。お金の関係性以外のつながりができて共に困難を乗り越える仲間ができます。

事業活動のビジネスモデルを考えるとともに、どうして事業に取り組むのかという活動目的につながる理念やビジョンをしっかりもって共有できるようにすることが大切です。

スタートアップの支援を受ける

社会起業家を目指すには、具体的にどのような準備を進めるとよいのかがわからないときは、スタートアップを支援する企業に相談する方法がおすすめです。

起業家たちからの実体験や心強いアドバイスがもらえるなど、起業するときに知っておきたいノウハウや資金援助を受けられるサポートもあります。

起業の進め方がわからないと感じるときは、まずは相談から始めて準備を進める方法を視野にご検討ください。

社会起業家

社会起業家の取り組み事例を解説

社会には社会起業家たちのさまざまな素晴らしい取り組みがあります。これから起業する人々の参考にもできる内容です。

社会起業家の取り組み事例にどのような内容があるのか見ていきます。

sitateruの事例

衣服の生産や販売に関わる課題を解消する「sitateru」は、生産者の作業にかかる無駄や負担を軽減できるサービスを提供しています。

衣服の生産者が自由な発想で衣服づくりに関わるためのデジタルサービスで業務効率化や人々をつなげる仕組みを展開している内容です。

ちょいリクの事例

看護師と患者のコミュニケーションを助ける「ちょいリク」は、医療現場の作業効率化や連携を強化できるサービスを提供しています。

患者に直接接する機会や対応が難しいときも、看護師の代わりに24時間体制で意見を送信できるところが便利です。

医療現場の作業効率化や人手不足の解消にも役立つサービスとして期待されています。

認定NPO法人カタリバの事例

10代の子どもたちに居場所を提供する活動を続ける「カタリバ」は、教育支援などの幅広い活動に取り組んでいます。

子どもたちが挑戦する機会を失わないためのサポートに取り組みながら、子ども食堂や不登校などの活動をサポートしている流れです。

社会起業家とは社会問題の課題解消を目指す役割を担う

社会起業家とはどのような存在か、事業活動に向いている人や取り組み事例を見てきました。

社会起業家とは、地域社会に残されている課題や問題を事業活動を通してサポートできる存在です。事業活動を実現させるには、行動力や決断力がある人や諦めずに物事に取り組める人に向いています。

困っている人々の暮らしを支えるサポートに取り組めるため、企業として事業活動を継続する意義を感じられる活動内容です。

これから起業に向けて準備を進めたいと考えておられる方は、社会起業家の活動を支援する団体の力を借りながら、新しいビジネスモデルを展開するための行動に移してみてください。

「起業のプロ」の視点から事業アイデアを磨くイベント・ツール提供を無料実施中!

ガイアックスでは、起業のプロへ事業アイデアを相談できる無料イベント「STARTUP CAFE」を開催しています。 アイデアの壁打ちはもちろん、優れた事業案には200万円の出資や開発・バックオフィスなどの支援提供も。 また、事業アイデアの構造化に役立つ「リーンキャンバス」のテンプレート&活用マニュアル動画も無料配布中。 スタートアップスタジオを活用して事業をブラッシュアップしたい方は、ぜひ詳細をご覧ください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ社会課題起業家
関連記事

 

社会起業家は、社会問題が解消できるように社会貢献に関わる事業活動に取り組む存在です。日本国内から世界に向けて未解決の問題は多くあるため、社会起業家が介入して解決が求められます。

社会起業家になるには、共通してもっておきたい特徴があるのでこれから目指す方は参考にしてみてください。

社会起業家とはどのような存在か、事業活動に向いている人や取り組み事例を解説します。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイデアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業をつくろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

社会起業家とは?

社会問題の解消ができる事業活動に取り組み、社会に変革をもたらす存在は社会起業家と呼ばれます。

強いビジネスや志をもって貧困や育児、福祉やエネルギーに関わる事業など、幅広い視野から問題に介入していく流れです。

イノベーションを起こす存在

社会起業家は事業活動を通して社会を変えていく存在としての役割が求められます。

個人の解決が難しかった問題も社会起業家のネットワークや行動力を事業活動に活かせれば、地域社会から国内全体に向けた支援活動が実施できるからです。

社会起業家として成功している方は、次世代の担い手を育てるための支援活動に取り組んでいる事例も多くあります。

社会問題の解決ができる存在

人々が暮らす社会には、地域社会から国内全域にわたるさまざま問題が残されています。

たとえば、育児と仕事が両立できるように支援する活動や高齢者が生き生きと暮らせる支援に取り組む活動など、内容はさまざまです。

地域で暮らす人々にとっては死活問題につながる内容もあるため、社会起業家の発想力や人脈をつかって問題に介入します。

暮らしのなかで身近にどのような問題があるのか、まずは目を向けるところから始めてビジネスモデルのアイデアにつなげるきっかけにしてみてください。

自由な発想で事業活動に取り組む存在

社会起業家は固定概念にとらわれずに問題を解消できるアイデアを生み出せる存在です。従来のビジネスモデルの模倣だけではない自由な事業活動が展開できます。

海外や国内の取り組み事例を参考にしながら、未解決の社会問題に介入して解決に向けた取り組みを実践する流れです。

社会起業家のネットワークや行動力を活かした有意義な活動ができるところは、社会起業家が存在する意味につながります。

社会起業家に向いている人

事業活動を成功するまでには、時間や手間をかけながら困難を乗り越える姿勢が重要です。

社会起業家に向いている人には、どのような特徴が当てはまるのか見ていきましょう。

好きなことに情熱がかけられる

社会起業家が活動を継続するには、興味や関心が深い分野に介入して取り組むことが大切です。利益の追求だけではない活動を続けるには、自分なりのビジョンや強い思いが必要になります。

好きなことに対するエネルギーから社会貢献に向けた内容が検討できれば、モチベーションを維持しやすいところも利点です。事業活動の準備に取り組んでいるときも楽しみながら取りかかれる強みにつながります。

社会起業家に向いている人には、好きなことや情熱がかけられることのなかから事業活動を展開する方法を検討してみましょう。

社会貢献の意識が高い

社会起業家は社会問題に介入して事業活動に取り組むため、日常生活の暮らしから社会貢献に対する意識を高めることが求められます。

どのような課題が地域社会に求められるのか、身近で感じる社会問題にはどのような内容があげられるのかなど、社会全体を見渡せる視点が重要です。

社会のためになる行動に取り組む選択肢を日ごろから選ぶ意識の高さがあると、起業するときの事業活動のアイデアを考える上でも役立ちます。身近な人の愚痴や悩みからアイデアにつながるヒントが隠されている場合も多いため、人とのつながりのなかから社会貢献につながるアイデアを探してみましょう。

人間関係のつながりを重要視できる

社会起業家のアイデアを実現させるためには、さまざまな人に協力をあおぎながらサポートしてもらうことが重要です。人とのつながりや交流に重点を置いている経営者のもとで働けると、従業員も安心して事業活動に参加できます。

人間関係で相手から信頼してもらえる人間力を磨いたり、与える精神で相手に接したりできるスキルは事業活動の継続に欠かせません。

事業活動に流れるお金は人との信頼から生まれるものという理解ができることが重要です。

行動力や決断力がある

社会起業家を志すときは、事業活動が安定化するまでに困難な道のりを極める可能性もあります。事業を成功させるという行動力や決断力は、長く経営を続ける上でも重要です。

行動力や決断力があると失敗が多い分、成長するまでのスピードが早められて次の行動に移しやすいメリットがあります。

ビジョンや思いを実現するためのビジネスモデルには苦労が伴う面もあるため、自らの手で切り開くという覚悟が必要です。

諦めずに挑戦できる強さがある

社会起業家としてビジネスモデルを展開するときは、従来の進め方では難しくアイデアを思いついたとしても前例がない可能性もあります。

どのように仕組みづくりを進めればよいか迷うときは、時間や手間がかかって立ち止まってしまう機会もあるかもしれません。

諦めずに行動できるスキルを身につけると、事業活動が軌道に乗ったあとに起きる課題や問題を乗り越える知恵につながります。社会起業家を目指すときは、困難な状況が合っても最後まで諦めずに進む行動力が必要です。

社会起業家になるには?意識したい4つのポイント

事業活動を継続するためには、企業として活動するための基盤づくりが重要です。

社会起業家になりたいときに意識したい4つのポイントを見ていきます。

社会問題解消につながる事業活動に取り組む

国内や世界の社会問題には、貧困や地域格差、育児や福祉に関する内容など、さまざまな内容があげられます。日ごろから地域社会に目を向けながら、どのような問題があるのか知見を広める意識が重要です。

過去の経験や経歴から社会問題解消に向けた取り組みが実践できそうな内容はないか、事業内容を検討します。国や企業の支援を活用しながら、社会問題解消につながる事業活動のビジネスモデルを模索しましょう。

事業活動の資金を集める

社会起業家を目指したいときは、企業の理念に賛同してくれる出資者を集めることが必要です。自ら資金を準備できるときは事前に貯蓄しておくと起業に向けた準備が整います。

自力で資金を集めることが難しいときは、銀行からの融資や国からお金を支援してもらい活動に取り組みましょう。

なかにはクラウドファンディングで資金集めに取り組む方もおられるので、強いビジョンや思いがあるときに利用すると共感が得やすくなります。

安定的に事業活動に取り組むためにも、事業活動にかかる資金を集めることが重要です。

理念に共感できるメンバーを集める

社会起業家の活動はひとりで取り組む場合もありますが、基本的には多くの支援を受けながら準備を進めていきます。

従業員を雇用するときは、理念に共感できるメンバーを集めましょう。お金の関係性以外のつながりができて共に困難を乗り越える仲間ができます。

事業活動のビジネスモデルを考えるとともに、どうして事業に取り組むのかという活動目的につながる理念やビジョンをしっかりもって共有できるようにすることが大切です。

スタートアップの支援を受ける

社会起業家を目指すには、具体的にどのような準備を進めるとよいのかがわからないときは、スタートアップを支援する企業に相談する方法がおすすめです。

起業家たちからの実体験や心強いアドバイスがもらえるなど、起業するときに知っておきたいノウハウや資金援助を受けられるサポートもあります。

起業の進め方がわからないと感じるときは、まずは相談から始めて準備を進める方法を視野にご検討ください。

社会起業家

社会起業家の取り組み事例を解説

社会には社会起業家たちのさまざまな素晴らしい取り組みがあります。これから起業する人々の参考にもできる内容です。

社会起業家の取り組み事例にどのような内容があるのか見ていきます。

sitateruの事例

衣服の生産や販売に関わる課題を解消する「sitateru」は、生産者の作業にかかる無駄や負担を軽減できるサービスを提供しています。

衣服の生産者が自由な発想で衣服づくりに関わるためのデジタルサービスで業務効率化や人々をつなげる仕組みを展開している内容です。

ちょいリクの事例

看護師と患者のコミュニケーションを助ける「ちょいリク」は、医療現場の作業効率化や連携を強化できるサービスを提供しています。

患者に直接接する機会や対応が難しいときも、看護師の代わりに24時間体制で意見を送信できるところが便利です。

医療現場の作業効率化や人手不足の解消にも役立つサービスとして期待されています。

認定NPO法人カタリバの事例

10代の子どもたちに居場所を提供する活動を続ける「カタリバ」は、教育支援などの幅広い活動に取り組んでいます。

子どもたちが挑戦する機会を失わないためのサポートに取り組みながら、子ども食堂や不登校などの活動をサポートしている流れです。

社会起業家とは社会問題の課題解消を目指す役割を担う

社会起業家とはどのような存在か、事業活動に向いている人や取り組み事例を見てきました。

社会起業家とは、地域社会に残されている課題や問題を事業活動を通してサポートできる存在です。事業活動を実現させるには、行動力や決断力がある人や諦めずに物事に取り組める人に向いています。

困っている人々の暮らしを支えるサポートに取り組めるため、企業として事業活動を継続する意義を感じられる活動内容です。

これから起業に向けて準備を進めたいと考えておられる方は、社会起業家の活動を支援する団体の力を借りながら、新しいビジネスモデルを展開するための行動に移してみてください。

「起業のプロ」の視点から事業アイデアを磨くイベント・ツール提供を無料実施中!

ガイアックスでは、起業のプロへ事業アイデアを相談できる無料イベント「STARTUP CAFE」を開催しています。 アイデアの壁打ちはもちろん、優れた事業案には200万円の出資や開発・バックオフィスなどの支援提供も。 また、事業アイデアの構造化に役立つ「リーンキャンバス」のテンプレート&活用マニュアル動画も無料配布中。 スタートアップスタジオを活用して事業をブラッシュアップしたい方は、ぜひ詳細をご覧ください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ社会課題起業家
関連記事
Back To Top