skip to Main Content

コンサル会社と事業会社で迷っていた新卒社員が管理部という道を選んだ理由とは?

  • 最終更新: 2021年5月11日

初めまして。株式会社ガイアックス 管理部 採用担当の流です!

「現在19卒採用責任者なのですが、いま何年目くらいに見えますか?」
「うーん?結構若く見えるので。。。5年目くらいですか?」
私が採用イベントでプレゼンをする際に、必ず学生の方々と行うやり取りです。この質問、正解は4ヶ月目。実は私、17卒新入社員なのです。

さて、私がガイアックスの内定を承諾したのは一年以上前。
絶対に後悔のないよう、徹底的に就活に打ち込んだ私は、承諾までとても迷いました。
未だに、全国の誰にも負けないくらい、上手く就職活動を行った自信があります。  
それから入社までの間、ガイアックスで様々な経験をさせていただきました。

Takumi Nagare

※フレッシュ感の無さについてのツッコミはお控えください

内定者インターン時代

知識0の状態で始まった新規事業でのマーケティングインターン。
そこから徐々に広告媒体の担当者様との信頼関係を築き、様々なタイアップ。集客単価を半分まで抑えての、集客目標人数達成。
そして、3年間住んだ学生寮を離れ、上田社長のご実家をお借りしての関西拠点立ち上げ。
多くの経験と成長を経て、現在は新卒社員として管理部に所属しています。
主な業務は、新卒採用、インターン採用、経営会議事務局などなど。

Takumi Nagare Kansai office
0から始めたTABICA関西オフィス

では、大学3年生の流は「採用担当になりたい」「管理部に入りたい」と思いながら、就活をしていたのでしょうか?

最後の最後までどちらに入るか迷っていたのは、『事業会社のガイアックス』と『某コンサルティング会社』の二社。
事業会社とコンサル会社で散々迷い、事業会社のガイアックスに入る決意をした挙句、所属しているのは事業部ではなく、管理部。 
ん?
それでいいのか流?この結果はお前が望んだものなのか流?
ええ。もちろんです。
私は自ら積極的に、管理部 採用担当という道を選びました。

就活生時代に考えていたこと

私が人生を通して成し遂げたいことは二つ。
1つは、世の中から『他人事』を無くすこと。
もう1つは、自信の無さや成功体験の無さが原因で自分を発信できない方々に、きっかけを与え続け、その力を社会に向けること。
これら二つを、より多く広い範囲に、最大限の効果で、できるだけ長くやり続けることが私の人生のテーマである。
ただし、まだまだ人生経験の浅い私にはこれをどんな手段で行いたいのか、自分にとって最善な選択肢はわからなかった。
某会社でコンサルティングという手段で行うことも可能だ。
その一方で、ガイアックスで事業という形で追求することも可能だ。
そのための、ステージはどちらの会社にも用意されているように感じた。

ガイアックス入社理由

では何故ガイアックスに?しかも管理部に?
最終的にガイアックスを選んだ理由は『環境と人』。
これらが、他のどの会社よりも自分にとって刺激的だった。

そして、事業ではなく管理部に所属した理由。
それは、このガイアックスというコミュニティーの中に、すでに『自分の理想に近い社会』が存在していたからだ。

2017 new grads
17卒の同期達

ガイアックスの文化は「フリー・フラット・オープン」
どこよりも自由で、どこよりも平等。そしてどこよりもオープンである。
あまりにも突き抜けているため、言葉で説明することは非常に難しいが多様性を認め合い、誰もが自分らしく過ごしている。
当事者意識を広く持ち、助け合いながら働いている。
自分のやりたいことに正直に、周囲を巻き込みながらムーブメントを起こしている。
このコミュニティーは、まさに私が成し遂げたい『他人事』を無くす、
自信の無さや成功体験の無さが原因で自分を発信できない方々に、きっかけを与え続け、その力を社会に向ける、
を実現している。
今まで、こんな社会(コミュニティー)が世の中に存在しているなんて思いもしなかった。

そしてこれから

そして私は決意した。
このガイアックスというコミュニティーをより良くし、そして世間に広める。
 「こんな文化が、こんな環境が実際にあるんだよ」と。
なにも、世の中みんながガイアックスに入ればいいと思っているわけでも、大企業にしたいわけでも無い。
少しでもこのような、誰もが素直に、そして前向きに過ごせるコミュニティーを世の中に増やしたい。
そして、いつかは社会全体をこんな風にしたい。
私のワークミッションは『己が会社を作り、会社が社会を創る』である。
卒業し、自分のミッションに向かって突き進む人が多いガイアックスではあるが、まずはそれが当たり前のように行える世の中を創る。
そんな思いを胸に秘めながら、今日も5年目社員と間違えられに学生達の元へ。

Takumi Nagare seminar
Takumi Nagare SLUSH
流 拓巳
2017年新卒入社。就活を経てガイアックスの内定承諾をした後、内定者インターンとして、半年間 新規事業のマーケティングを未経験で担当。さらに半年間、同事業の関西拠点立ち上げのため単身大阪に移り拠点の統括。新卒入社後は、1年目に新卒採用担当、2年目に新卒採用マネージャーに就任、3年目に人事支援チームの立ち上げ及びマネージャー就任。4年目に労務マネージャーを兼任、その他経営会議に参画など。この度2021年1月(4年目)から人事総務部長に就任。
Peopleキャリア新卒
関連記事
  • 最終更新: 2021年5月11日

初めまして。株式会社ガイアックス 管理部 採用担当の流です!

「現在19卒採用責任者なのですが、いま何年目くらいに見えますか?」
「うーん?結構若く見えるので。。。5年目くらいですか?」
私が採用イベントでプレゼンをする際に、必ず学生の方々と行うやり取りです。この質問、正解は4ヶ月目。実は私、17卒新入社員なのです。

さて、私がガイアックスの内定を承諾したのは一年以上前。
絶対に後悔のないよう、徹底的に就活に打ち込んだ私は、承諾までとても迷いました。
未だに、全国の誰にも負けないくらい、上手く就職活動を行った自信があります。  
それから入社までの間、ガイアックスで様々な経験をさせていただきました。

Takumi Nagare

※フレッシュ感の無さについてのツッコミはお控えください

内定者インターン時代

知識0の状態で始まった新規事業でのマーケティングインターン。
そこから徐々に広告媒体の担当者様との信頼関係を築き、様々なタイアップ。集客単価を半分まで抑えての、集客目標人数達成。
そして、3年間住んだ学生寮を離れ、上田社長のご実家をお借りしての関西拠点立ち上げ。
多くの経験と成長を経て、現在は新卒社員として管理部に所属しています。
主な業務は、新卒採用、インターン採用、経営会議事務局などなど。

Takumi Nagare Kansai office
0から始めたTABICA関西オフィス

では、大学3年生の流は「採用担当になりたい」「管理部に入りたい」と思いながら、就活をしていたのでしょうか?

最後の最後までどちらに入るか迷っていたのは、『事業会社のガイアックス』と『某コンサルティング会社』の二社。
事業会社とコンサル会社で散々迷い、事業会社のガイアックスに入る決意をした挙句、所属しているのは事業部ではなく、管理部。 
ん?
それでいいのか流?この結果はお前が望んだものなのか流?
ええ。もちろんです。
私は自ら積極的に、管理部 採用担当という道を選びました。

就活生時代に考えていたこと

私が人生を通して成し遂げたいことは二つ。
1つは、世の中から『他人事』を無くすこと。
もう1つは、自信の無さや成功体験の無さが原因で自分を発信できない方々に、きっかけを与え続け、その力を社会に向けること。
これら二つを、より多く広い範囲に、最大限の効果で、できるだけ長くやり続けることが私の人生のテーマである。
ただし、まだまだ人生経験の浅い私にはこれをどんな手段で行いたいのか、自分にとって最善な選択肢はわからなかった。
某会社でコンサルティングという手段で行うことも可能だ。
その一方で、ガイアックスで事業という形で追求することも可能だ。
そのための、ステージはどちらの会社にも用意されているように感じた。

ガイアックス入社理由

では何故ガイアックスに?しかも管理部に?
最終的にガイアックスを選んだ理由は『環境と人』。
これらが、他のどの会社よりも自分にとって刺激的だった。

そして、事業ではなく管理部に所属した理由。
それは、このガイアックスというコミュニティーの中に、すでに『自分の理想に近い社会』が存在していたからだ。

2017 new grads
17卒の同期達

ガイアックスの文化は「フリー・フラット・オープン」
どこよりも自由で、どこよりも平等。そしてどこよりもオープンである。
あまりにも突き抜けているため、言葉で説明することは非常に難しいが多様性を認め合い、誰もが自分らしく過ごしている。
当事者意識を広く持ち、助け合いながら働いている。
自分のやりたいことに正直に、周囲を巻き込みながらムーブメントを起こしている。
このコミュニティーは、まさに私が成し遂げたい『他人事』を無くす、
自信の無さや成功体験の無さが原因で自分を発信できない方々に、きっかけを与え続け、その力を社会に向ける、
を実現している。
今まで、こんな社会(コミュニティー)が世の中に存在しているなんて思いもしなかった。

そしてこれから

そして私は決意した。
このガイアックスというコミュニティーをより良くし、そして世間に広める。
 「こんな文化が、こんな環境が実際にあるんだよ」と。
なにも、世の中みんながガイアックスに入ればいいと思っているわけでも、大企業にしたいわけでも無い。
少しでもこのような、誰もが素直に、そして前向きに過ごせるコミュニティーを世の中に増やしたい。
そして、いつかは社会全体をこんな風にしたい。
私のワークミッションは『己が会社を作り、会社が社会を創る』である。
卒業し、自分のミッションに向かって突き進む人が多いガイアックスではあるが、まずはそれが当たり前のように行える世の中を創る。
そんな思いを胸に秘めながら、今日も5年目社員と間違えられに学生達の元へ。

Takumi Nagare seminar
Takumi Nagare SLUSH
流 拓巳
2017年新卒入社。就活を経てガイアックスの内定承諾をした後、内定者インターンとして、半年間 新規事業のマーケティングを未経験で担当。さらに半年間、同事業の関西拠点立ち上げのため単身大阪に移り拠点の統括。新卒入社後は、1年目に新卒採用担当、2年目に新卒採用マネージャーに就任、3年目に人事支援チームの立ち上げ及びマネージャー就任。4年目に労務マネージャーを兼任、その他経営会議に参画など。この度2021年1月(4年目)から人事総務部長に就任。
Peopleキャリア新卒
関連記事
Back To Top