skip to Main Content

仮説思考は事業成長に必須!具体例を元に今から実践できる方法を紹介

  • 最終更新: 2021年6月4日

事業の成長において仮説検証を行いサービスやプロダクトをブラッシュアップしていくのは必須要項です。そのプロセスを行う際に「仮説思考」を持って物事を考える必要があります。他にも、
・検証→改善を徹底して仕事の成果を上げたい
・失敗を失敗で終わらせず自分の成長に繋げたい
といったような悩みを対策することができます。
これから事業を始めていきたいと思っている方や、今のサービスをスケール化していきたいと思っている方は是非本記事を参考にして自信の生活・ビジネスに取り込んでみてください。

仮説思考とは?

仮説思考とは、あらかじめ仕事の見通しを仮説して結果を予測することで、物事を修正する時間を短縮する狙いがあります。
つまり、業務の効率化を図りたいビジネスパーソンに最適な考え方というわけです。
仕事では問題を解決する能力が必要不可欠です。仮説思考を使うことで解決までのスピードアップにつながるメリットがあります。

今日から使えるフレームワークとして有効活用できる

仕事に限らず人生で成長していくには、試行錯誤を繰り返して実践することからスタートします。仮説⇒実践⇒改善のループを意識することで、次々と新しいチャレンジに向かうことができます。
取り入れるのが簡単なのでスキマ時間や夜寝る前など、思いついたタイミングで実践できる点も便利です。
仮説思考は、新しい思考や価値観を生み出すきっかけにも使える有益な方法として多くのビジネスマンに利用されています。

仮説思考のプロセスと方法を解説

実は仮説思考のフレームワークは、言葉は知らなくても日頃から実践している人も多いです。
仮説思考の具体的なプロセスを言葉で理解して当てはめることで、今まで感覚的に実践してきた内容の理解を深められます。
以下では、仮説思考に用いられるプロセスと方法を一例を交えて解説しました。
順番に紙やノートに書き出して始めてみましょう。

①現在の状況を観察・分析する

まずは現状の問題や課題にあげられる出来事をピックアップしていきましょう。仮説思考の大元になる部分なのでじっくり考えていきます。
例えば、フリーランスの自営業をイメージする場合、以下のような課題が浮かびました。
・仕事が確保できずに収入が安定しづらい
・昼夜逆転の生活で体と心に影響が出ている
・スキルアップができず成長を感じられない
上記は一例になるので、自分自身の問題や課題を振り返って自由に書き出してみましょう。

②仮説を設定する

先ほど考えてみた一例を元に具体的な仮説を考えていきましょう。実践できる内容に設定するのがポイントです。
・仕事が確保できずに収入が安定しづらい⇒仮説:大手企業、横のつながりから人脈を確保すればよいのでは?
・昼夜逆転の生活で体と心に影響が出ている⇒仮説:クライアントの連絡は午前中~夕方までに切り替えればいいのでは?
・スキルアップができず成長を感じられない⇒仮説:自分が経験した範囲の仕事しか引き受けていないのでは?
仮説に制限はないので、仕事の課題や問題で思いつく改善策としてピックアップしましょう。

③仮説を実行・検証していく

仮説の設定で考えた内容を実践していきましょう。実際にスタートすると課題に取り組む過程でさまざまな気づきがあるはずです。
上記の一例をあげる場合、仕事の安定を図りたい人なら「セミナーへ参加、SNSで営業」などの行動を思いつくかもしれません。
また、時間の使い方を工夫できた結果「運動不足と食事を改善」していくことで体と心の健康をキープできます。
仕事では「チャレンジしていないジャンルの勉強を始める」ことで、気づけば大きく成長している自分に気づける可能性もあります。
検証の段階では、本当に仮説が正解だったかを検討していきましょう。どちらも実際に試してみてから考えていくことが大切です。

④仮説を修正していく

上記で考えた一例について、仮説を立てた内容がイマイチ結果につながらない場合は違う方法で改善策を模索していきます。
・大手企業の案件は収入確保にはつながったものの、時間を取られすぎてしまうデメリットがあげられた。⇒中小企業の案件と半々にして調整
・連絡を午前中~夕方に限定すると支障が出た。⇒朝・昼・夕方・夜の4回チェックに切り替える
・スキルアップのために仕事を引き受けすぎて他の仕事に支障が出た。⇒量を減らして少しずつ成長を図る
以上の内容を参考に仮説思考を積み重ねれば、大きく成長できている自分に気が付けるはずです。

仮説思考で得られるメリット

成長できるフレームワークとして仮説思考は、仕事から日常生活まで役立ちます。人生を変える力は、今後の未来を描く上で重要なスキルです。
仕事やプライベートで抱える悩みを仮説思考に当てはめれば、未来が明るくなるための改善策が見えてくるかもしれません。
自分自身を高めるためにも、ぜひ仮説思考のメリットを知って「自分にはどのような利益が感じられるか」実践して体感で確かめてみてください。

「なぜ?」「どうして?」という論理的思考力が身につく

情報は自分の頭で考えて初めて腹落ちするものではないでしょうか?
他の人から伝えられた情報よりも、自分自身で調べた情報は忘れないのと同じだと思います。
仮説思考を取り入れると仕事や日常生活で思考を停止せず、未来を先読みする力が鍛えられますよ。論理的思考力が身につけば問題解決能力が上がるメリットも。
仕事で先読みする力が身につき、上司から「最近仕事のスピードが上がった」と褒め言葉がもらえるかもしれません。
自ら疑問を立てて考える力は、仕事以外の人生でも課題を乗り越える力につながります。

業務の改善につながり働く時間が短くなる

仕事のトラブルやミスを解決するためには、日々試行錯誤して進める必要があります。余計な時間を短縮できれば、業務の改善にもつながりますよね。
半年や一年先の長期的な視点から論理的に考える力も身につきます。
「どうすれば効果的な結果があげられそうか?」という思考力が磨けるため、日々実践していくことで仕事を半分の時間で終わらせることができるかもしれません。
会社員の場合は、残業時間が減るメリットやスキルアップの勉強に取り組む時間に当てられるなど、本業の時短につながる可能性があがります。

思考する習慣が身につき即断即決ができる

人生において即断即決できる能力は重要視されるものです。時代の流れが早い現代では、すぐに決断して実行できる能力があれば人生の時間も短縮できます。
仮説思考を取り入れることでロジックを理解する力が高まるため、物事の判断力がアップできてさまざまなことに挑戦する時間がつくれますね。
仮説思考を繰り返すことで迷わなくなるので、気づけば即断即決するスキルが身についているはずです。

仮説思考はどんな人に向いている?

以下では、仕事において仮説思考を取り入れると業務改善につながる人をピックアップしました。
・営業マン
・個人事業主やフリーランス
・スタートアップの経営者
日々問題に直面する機会が多い方を取り上げています。ぜひ仮説思考を取り入れて業務の効率化を図ってみてください。

営業マン

企業の要になる営業の職種は、取引先と企業を仲介する役目として重要な役割を担います。
さまざまな取引先が存在するため、ときには理不尽な状況に陥る場合もありますよね。
営業マンがトラブルやミスに巻き込まれた場合、今後も同じ失敗を繰り返さないことで売り上げアップが見込めます。

個人事業主やフリーランス

仕事の先輩にあたる人がいない自営業では、仕事の自由度が高い分実験と検証を繰り返していくスキルが重要になります。
仮説思考をスマホやノートにまとめておけば、一年後に振り返ったときに「どのように対応して成功につながったのか?」という道しるべにも使えますね。
客観的な視点で自ら問題解決を探っていきたいときは、ぜひ仮説思考を繰り返して業績や収入アップにつなげてみてください。

スタートアップの経営者

自分で立ち上げた会社の場合、スタートアップの起業家は時代の流れに取り残されないためにも、仮説思考を取り入れて事業の改善を日々模索していく思考力が必要になります。
「業務をスムーズに進めるために、どこを改善すべきなのか?」という問題や課題に立ち向かうことで、顧客や従業員の満足度を高められるからです。

仮説思考が勉強できるおすすめの書籍

新しい情報を効率よく得るには、専門の本を読むのが最適です。知識をまとめて管理できるので、情報を思い出したいときに活用できます。
仮説思考に関してもう少し深堀りして勉強してみたい方は、以下で紹介する本を参考にしてみてください。

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

ビジネスにおいて業務の効率化が図れる仮説思考について体系的に解説した一冊です。
コンサルティングのプロとして活動してきた著者の体験を交えながら解説したビジネス書で、仕事においてスピード感や問題解決能力を高めたい方におすすめできます。
仮説思考の反対にあたる網羅思考、仮説思考のメリットや具体例を解説してくれているため、実践する上でも参考になります。

仮説思考は事業の成長には必須

業務の効率化が図れる仮説思考について、簡単に手順やメリットを解説してきました。
仮説思考のプロセスをもう一度おさらいしておきましょう。
①現在の状況を観察・分析する
②仮説を設定する
③仮説を実行・検証していく
④仮説を修正していく
仕事や日常生活に取り入れるメリットとしては、論理的思考が身につく点、業務の時短につながる点、即断即決が鍛えられる点があげられます。
仮説思考は営業マンや自営業、中小企業の社長など、特に問題を自力で解決する必要がある人たちに役立つ内容です。
今後の人生も時短して新しいチャレンジに取り組むためにも、ぜひ仮説思考を実践してみてください。

起業を目指す人は「STARTUP CAFE」

人と人をつなげる事業で社会に大きなインパクトを与えるスタートアップを共創するガイアックスのスタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談を実施しています。
オンラインで事業相談を実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援も行うことにより、初めての起業でも、数十回の経験を経てきたスタートアップスタジオメンバーのノウハウの元、事業活動に取り組むことができます。
相談者の年齢関係なく、暖かく相談にのってくれるので気軽に問い合わせをしてみてください。

STARTUP CAFE詳細へ
Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

  • 最終更新: 2021年6月4日

事業の成長において仮説検証を行いサービスやプロダクトをブラッシュアップしていくのは必須要項です。そのプロセスを行う際に「仮説思考」を持って物事を考える必要があります。他にも、
・検証→改善を徹底して仕事の成果を上げたい
・失敗を失敗で終わらせず自分の成長に繋げたい
といったような悩みを対策することができます。
これから事業を始めていきたいと思っている方や、今のサービスをスケール化していきたいと思っている方は是非本記事を参考にして自信の生活・ビジネスに取り込んでみてください。

仮説思考とは?

仮説思考とは、あらかじめ仕事の見通しを仮説して結果を予測することで、物事を修正する時間を短縮する狙いがあります。
つまり、業務の効率化を図りたいビジネスパーソンに最適な考え方というわけです。
仕事では問題を解決する能力が必要不可欠です。仮説思考を使うことで解決までのスピードアップにつながるメリットがあります。

今日から使えるフレームワークとして有効活用できる

仕事に限らず人生で成長していくには、試行錯誤を繰り返して実践することからスタートします。仮説⇒実践⇒改善のループを意識することで、次々と新しいチャレンジに向かうことができます。
取り入れるのが簡単なのでスキマ時間や夜寝る前など、思いついたタイミングで実践できる点も便利です。
仮説思考は、新しい思考や価値観を生み出すきっかけにも使える有益な方法として多くのビジネスマンに利用されています。

仮説思考のプロセスと方法を解説

実は仮説思考のフレームワークは、言葉は知らなくても日頃から実践している人も多いです。
仮説思考の具体的なプロセスを言葉で理解して当てはめることで、今まで感覚的に実践してきた内容の理解を深められます。
以下では、仮説思考に用いられるプロセスと方法を一例を交えて解説しました。
順番に紙やノートに書き出して始めてみましょう。

①現在の状況を観察・分析する

まずは現状の問題や課題にあげられる出来事をピックアップしていきましょう。仮説思考の大元になる部分なのでじっくり考えていきます。
例えば、フリーランスの自営業をイメージする場合、以下のような課題が浮かびました。
・仕事が確保できずに収入が安定しづらい
・昼夜逆転の生活で体と心に影響が出ている
・スキルアップができず成長を感じられない
上記は一例になるので、自分自身の問題や課題を振り返って自由に書き出してみましょう。

②仮説を設定する

先ほど考えてみた一例を元に具体的な仮説を考えていきましょう。実践できる内容に設定するのがポイントです。
・仕事が確保できずに収入が安定しづらい⇒仮説:大手企業、横のつながりから人脈を確保すればよいのでは?
・昼夜逆転の生活で体と心に影響が出ている⇒仮説:クライアントの連絡は午前中~夕方までに切り替えればいいのでは?
・スキルアップができず成長を感じられない⇒仮説:自分が経験した範囲の仕事しか引き受けていないのでは?
仮説に制限はないので、仕事の課題や問題で思いつく改善策としてピックアップしましょう。

③仮説を実行・検証していく

仮説の設定で考えた内容を実践していきましょう。実際にスタートすると課題に取り組む過程でさまざまな気づきがあるはずです。
上記の一例をあげる場合、仕事の安定を図りたい人なら「セミナーへ参加、SNSで営業」などの行動を思いつくかもしれません。
また、時間の使い方を工夫できた結果「運動不足と食事を改善」していくことで体と心の健康をキープできます。
仕事では「チャレンジしていないジャンルの勉強を始める」ことで、気づけば大きく成長している自分に気づける可能性もあります。
検証の段階では、本当に仮説が正解だったかを検討していきましょう。どちらも実際に試してみてから考えていくことが大切です。

④仮説を修正していく

上記で考えた一例について、仮説を立てた内容がイマイチ結果につながらない場合は違う方法で改善策を模索していきます。
・大手企業の案件は収入確保にはつながったものの、時間を取られすぎてしまうデメリットがあげられた。⇒中小企業の案件と半々にして調整
・連絡を午前中~夕方に限定すると支障が出た。⇒朝・昼・夕方・夜の4回チェックに切り替える
・スキルアップのために仕事を引き受けすぎて他の仕事に支障が出た。⇒量を減らして少しずつ成長を図る
以上の内容を参考に仮説思考を積み重ねれば、大きく成長できている自分に気が付けるはずです。

仮説思考で得られるメリット

成長できるフレームワークとして仮説思考は、仕事から日常生活まで役立ちます。人生を変える力は、今後の未来を描く上で重要なスキルです。
仕事やプライベートで抱える悩みを仮説思考に当てはめれば、未来が明るくなるための改善策が見えてくるかもしれません。
自分自身を高めるためにも、ぜひ仮説思考のメリットを知って「自分にはどのような利益が感じられるか」実践して体感で確かめてみてください。

「なぜ?」「どうして?」という論理的思考力が身につく

情報は自分の頭で考えて初めて腹落ちするものではないでしょうか?
他の人から伝えられた情報よりも、自分自身で調べた情報は忘れないのと同じだと思います。
仮説思考を取り入れると仕事や日常生活で思考を停止せず、未来を先読みする力が鍛えられますよ。論理的思考力が身につけば問題解決能力が上がるメリットも。
仕事で先読みする力が身につき、上司から「最近仕事のスピードが上がった」と褒め言葉がもらえるかもしれません。
自ら疑問を立てて考える力は、仕事以外の人生でも課題を乗り越える力につながります。

業務の改善につながり働く時間が短くなる

仕事のトラブルやミスを解決するためには、日々試行錯誤して進める必要があります。余計な時間を短縮できれば、業務の改善にもつながりますよね。
半年や一年先の長期的な視点から論理的に考える力も身につきます。
「どうすれば効果的な結果があげられそうか?」という思考力が磨けるため、日々実践していくことで仕事を半分の時間で終わらせることができるかもしれません。
会社員の場合は、残業時間が減るメリットやスキルアップの勉強に取り組む時間に当てられるなど、本業の時短につながる可能性があがります。

思考する習慣が身につき即断即決ができる

人生において即断即決できる能力は重要視されるものです。時代の流れが早い現代では、すぐに決断して実行できる能力があれば人生の時間も短縮できます。
仮説思考を取り入れることでロジックを理解する力が高まるため、物事の判断力がアップできてさまざまなことに挑戦する時間がつくれますね。
仮説思考を繰り返すことで迷わなくなるので、気づけば即断即決するスキルが身についているはずです。

仮説思考はどんな人に向いている?

以下では、仕事において仮説思考を取り入れると業務改善につながる人をピックアップしました。
・営業マン
・個人事業主やフリーランス
・スタートアップの経営者
日々問題に直面する機会が多い方を取り上げています。ぜひ仮説思考を取り入れて業務の効率化を図ってみてください。

営業マン

企業の要になる営業の職種は、取引先と企業を仲介する役目として重要な役割を担います。
さまざまな取引先が存在するため、ときには理不尽な状況に陥る場合もありますよね。
営業マンがトラブルやミスに巻き込まれた場合、今後も同じ失敗を繰り返さないことで売り上げアップが見込めます。

個人事業主やフリーランス

仕事の先輩にあたる人がいない自営業では、仕事の自由度が高い分実験と検証を繰り返していくスキルが重要になります。
仮説思考をスマホやノートにまとめておけば、一年後に振り返ったときに「どのように対応して成功につながったのか?」という道しるべにも使えますね。
客観的な視点で自ら問題解決を探っていきたいときは、ぜひ仮説思考を繰り返して業績や収入アップにつなげてみてください。

スタートアップの経営者

自分で立ち上げた会社の場合、スタートアップの起業家は時代の流れに取り残されないためにも、仮説思考を取り入れて事業の改善を日々模索していく思考力が必要になります。
「業務をスムーズに進めるために、どこを改善すべきなのか?」という問題や課題に立ち向かうことで、顧客や従業員の満足度を高められるからです。

仮説思考が勉強できるおすすめの書籍

新しい情報を効率よく得るには、専門の本を読むのが最適です。知識をまとめて管理できるので、情報を思い出したいときに活用できます。
仮説思考に関してもう少し深堀りして勉強してみたい方は、以下で紹介する本を参考にしてみてください。

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

ビジネスにおいて業務の効率化が図れる仮説思考について体系的に解説した一冊です。
コンサルティングのプロとして活動してきた著者の体験を交えながら解説したビジネス書で、仕事においてスピード感や問題解決能力を高めたい方におすすめできます。
仮説思考の反対にあたる網羅思考、仮説思考のメリットや具体例を解説してくれているため、実践する上でも参考になります。

仮説思考は事業の成長には必須

業務の効率化が図れる仮説思考について、簡単に手順やメリットを解説してきました。
仮説思考のプロセスをもう一度おさらいしておきましょう。
①現在の状況を観察・分析する
②仮説を設定する
③仮説を実行・検証していく
④仮説を修正していく
仕事や日常生活に取り入れるメリットとしては、論理的思考が身につく点、業務の時短につながる点、即断即決が鍛えられる点があげられます。
仮説思考は営業マンや自営業、中小企業の社長など、特に問題を自力で解決する必要がある人たちに役立つ内容です。
今後の人生も時短して新しいチャレンジに取り組むためにも、ぜひ仮説思考を実践してみてください。

起業を目指す人は「STARTUP CAFE」

人と人をつなげる事業で社会に大きなインパクトを与えるスタートアップを共創するガイアックスのスタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談を実施しています。
オンラインで事業相談を実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援も行うことにより、初めての起業でも、数十回の経験を経てきたスタートアップスタジオメンバーのノウハウの元、事業活動に取り組むことができます。
相談者の年齢関係なく、暖かく相談にのってくれるので気軽に問い合わせをしてみてください。

STARTUP CAFE詳細へ
Gaiax Favicon

「人と人をつなげて社会課題を解決するための事業」を作るために起業を考えている人に、投資とサポートを行っています。経理・労務などのバックオフィスからプロダクト開発の支援、事業責任者のメンタリングなど、投資するだけでなく、並走しつつ新しい事業を生み出します。起業する仲間を募集中。

Back To Top