skip to Main Content

起業におすすめな始め方・スタートアップの事業モデルを解説

  • 最終更新: 2021年9月2日

 

起業におすすめの業界、スタートアップの起業におすすめの事業モデルを始め、起業のリスクを減らせる方法を解説します。

  • 初心者が始められる起業方法を知識として知りたい方
  • 自宅で子育てと両立させたい方
  • 学校/会社員と両立して副業を始めたい方

など、リスクを最低限に収め、安全を確保しながら起業したいときに、どんな起業の方法があるのかお伝えします。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

起業したい人におすすめの始め方は3つ!

起業には個人事業主や法人化の方法があげられるため、最初から会社を立ち上げる目的で設立する方もいれば、結果的に起業する方も多くいます。

以下では、起業したい人におすすめの始め方を3つのルートにわけて見ていきましょう。

学校/会社員を続けながら働く

起業を始める多くの方が通る道で、安定的に収入を得ながら準備を進められます。学校や会社の休日や帰宅後のスキマ時間を使って仕事の依頼を引き受ける流れです。

起業に向けて準備を進められるので、できる限りのリスクを減らして挑戦できるメリットがあります。

事業案の内容が自分に合っているかどうかを試すチャンスにもつながるので、まずは気軽な気持ちでスキルアップを図れる仕事を引き受けてみてください。

ガイアックス・スタートアップスタジオでは事業のニーズを検証する「仮説検証期間」を重視しており、投資する前にインターンとして仮説検証費用を負担してニーズ検証のサポートをしています。詳しくはスタートアップCAFEをご覧ください。

在宅ワークでフリーランスとして働く

学生や主婦の方も働きやすい在宅ワークは、子どもを育てながら仕事ができるなど、自宅を職場にして働ける方法で現代社会に合った起業のひとつです。

事業所を借りずにできるため、経営にかかる経費を最小限に抑えながら始められるメリットがあります。また、自宅での仕事に飽きたときはカフェで働くなど、仕事場を選ばずに働けるところも魅力です。

フリーランスの形で働き、軌道に乗ったところで法人化する方法もリスクを減らす手段につながります。

法人化して会社を立ち上げる

株式会社や合同会社など、会社経営の形で起業する王道の方法もあげられます。ただ、いきなり始めるにはリスクがあるので、ビジネス案が社会にニーズがあることを検証して法人化するのがおすすめです。

法人化には節税対策のメリットもあるので、個人事業主から始めて高収入が期待できるようになった段階でひとりで法人化される方も多くいます。

事業内容において社会的信頼を得やすいため、規模の大きい事業を展開していきたい方にもおすすめです。

起業におすすめな始め方・スタートアップの事業モデルを解説

起業のリスクを減らして始められるおすすめの方法は?

失敗を減らすためには、何事も小さな挑戦から始める方法を選ぶ必要があります。起業のリスクを減らして始められるおすすめの方法を見ていきましょう。

在庫や店舗を持たない方法で始める

ITの技術が普及して多様な働き方ができる現代では、インターネットを有効活用して戦略を立てる方法が一般化されています。そのため、起業に関するお金のリスクを最低限にするためには、在庫や店舗を構えない形で始める方法がおすすめです。

テナントや商品をもたない方法で固定費を抑え、赤字リスクを減らせるメリットがあります。

在宅ワークで働ける仕事を選ぶ

自宅で働ける起業の方法は、インターネットを使う形で実施すると経営に感じるリスクを最小限に抑えられます。

たとえば、パソコンを使って事務代行をする仕事もあれば、Web関係の職種に挑戦する方法など内容はさまざまです。初期投資にかかる費用がほとんどなく、パソコンやネット回線があれば無理なく始められる手段につながります。

将来にかけられるリスクと天秤にかけて、できる限り負荷を減らす方法には在宅ワークで働ける内容を選びましょう。

小さく始めて軌道に乗ったら起業する

いきなり個人事業主や法人で起業するにはリスクが大きいので、まずは事業内容をプチ体験する気持ちでスタートラインを切る方法もあります。

小さく始めて軌道に乗った段階で起業したり、少人数体制でビジネスを始めたりすることで、万が一の場合に赤字で経営困難になる状況を防ぐ対策につながります。

この「小さく始める」をリーンスタートアップと言います。ガイアックス・スタートアップスタジオではリスクを最大に減らし、適切な状態で法人化させる実績をもっています。これからスタートアップビジネスを始めようと考えている方はお気軽にご相談ください。

リーンスタートアップが5分でわかる!事例を元に優しく解説

スタートアップの起業におすすめの事業モデル

ここからはスタートアップ向けの内容を紹介しているので、社会貢献につながるような起業を検討中の方は参考にしてください。

事業内容の商品やサービスの展開で、相手とwin-winの関係性をつくるための型がいくつか存在しています。参考にして事業を成功に近づけるためにも、スタートアップの起業におすすめの事業モデルを見ていきましょう。

B2Bのビジネスモデル

顧客のターゲットを企業や事業者中心に取引する仕組みはB2Bと呼びます。企業の悩みを解消できるようなサービスを展開する流れです。

製品やサービス購入までの時間がかかりやすい特徴もありますが、企業向け商品は一件あたりの取引金額が大きいことが多いため、長期的な視点で事業を展開できるメリットもあります。

個人の顧客を相手にするビジネスモデルよりも、企業を中心とした事業内容を展開したい方はB2Bの方向性からご検討ください。

B2Cのビジネスモデル

企業が個人の顧客(一般人の消費者)をターゲットに取引する仕組みはB2Cと呼びます。身近で利用する食料品などのサービス業のように多くの事業が展開されているため、私たちの生活を支える基盤のビジネスモデルです。

商品やサービスの取引金額が小さいことが多いものの、顧客が購入までにかかる時間は短い点も特徴で、顧客の悩みを解消できる事業内容を展開できます。

多くの人たちを反応させられるように広告や情報発信に力を入れながら、市場や世間のニーズを読んで開発するスキルが必要です。

D2Cのビジネスモデル

企業と顧客が直接やりとりできて、仲介の企業を挟まない仕組みはD2Cと呼びます。実店舗を持たない方向性でインターネットを中心に商品販売を展開する流れです。

アパレルや化粧品の販売など、理念を重要視した事業を展開したい方におすすめできるスタートアップの起業方法といえます。

D2Cでは、顧客が利用しやすいサイトをつくるために決済方法やデザインなど、商品購入を妨げない仕組みづくりに力を入れることが大切です。

O2Oのビジネスモデル

インターネットの販促から実店舗の商品購入につなげる仕組みはO2Oと呼びます。SNSやアプリでのクーポン配信などのサービスを利用しながら、顧客の獲得につなげる形です。

ビジネス戦略の行動から結果までの流れが早く、顧客のデータを集計して対策が打ちやすいメリットもあります。

また、O2Oの画期的なサービスには、閉店時も店舗にインターネットから予約ができる内容も含まれており、顧客を効果的に獲得することが可能です。

起業におすすめな始め方・スタートアップの事業モデルを解説

起業におすすめの事業モデルを活用して成功する

起業におすすめの業界、スタートアップの起業におすすめの事業モデルを始め、起業のリスクを減らせる方法を解説しました。

個人からスタートできるITやインターネット業界の起業は、今後も伸びしろが期待できる業界です。

また、スタートアップの起業では、B2B・B2C・D2C・O2Oの内容を取りあげて簡単に解説しました。

それぞれの顧客やターゲットによって商品やサービス展開の戦略は大きく変わるため、企業に向けた製品なのか、それとも一般人の消費者に向けたものなのかなど、明確にしながら事業内容を展開しましょう。

起業に興味がある人は「STARTUP CAFE」・まだ事業計画書のたたき台がない人は「リーンキャンバスの作り方」へ

スタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
また、リーンキャンバスの作り方をダウンロードすることで、事業アイディアを検証するする際に役立つ動画とフォーマットが無料で入手可能です。
起業に興味があり事業検証をしてみたい方、スタートアップスタジを使って起業することを検討している方は、気軽にアクセスしてみてください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ起業
関連記事
  • 最終更新: 2021年9月2日

 

起業におすすめの業界、スタートアップの起業におすすめの事業モデルを始め、起業のリスクを減らせる方法を解説します。

  • 初心者が始められる起業方法を知識として知りたい方
  • 自宅で子育てと両立させたい方
  • 学校/会社員と両立して副業を始めたい方

など、リスクを最低限に収め、安全を確保しながら起業したいときに、どんな起業の方法があるのかお伝えします。

ガイアックススタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。今事業を作ろうと思い、マーケティングやプログラミング、経理などのバックオフィスができるメンバーがほしい方、出資してほしい、事業アイデアを相談したい方を対象に起業支援も行っています。興味のある方は、ぜひオンラインで相談できるスタートアップカフェにお越しください。
» Gaiax スタートアップカフェ

起業したい人におすすめの始め方は3つ!

起業には個人事業主や法人化の方法があげられるため、最初から会社を立ち上げる目的で設立する方もいれば、結果的に起業する方も多くいます。

以下では、起業したい人におすすめの始め方を3つのルートにわけて見ていきましょう。

学校/会社員を続けながら働く

起業を始める多くの方が通る道で、安定的に収入を得ながら準備を進められます。学校や会社の休日や帰宅後のスキマ時間を使って仕事の依頼を引き受ける流れです。

起業に向けて準備を進められるので、できる限りのリスクを減らして挑戦できるメリットがあります。

事業案の内容が自分に合っているかどうかを試すチャンスにもつながるので、まずは気軽な気持ちでスキルアップを図れる仕事を引き受けてみてください。

ガイアックス・スタートアップスタジオでは事業のニーズを検証する「仮説検証期間」を重視しており、投資する前にインターンとして仮説検証費用を負担してニーズ検証のサポートをしています。詳しくはスタートアップCAFEをご覧ください。

在宅ワークでフリーランスとして働く

学生や主婦の方も働きやすい在宅ワークは、子どもを育てながら仕事ができるなど、自宅を職場にして働ける方法で現代社会に合った起業のひとつです。

事業所を借りずにできるため、経営にかかる経費を最小限に抑えながら始められるメリットがあります。また、自宅での仕事に飽きたときはカフェで働くなど、仕事場を選ばずに働けるところも魅力です。

フリーランスの形で働き、軌道に乗ったところで法人化する方法もリスクを減らす手段につながります。

法人化して会社を立ち上げる

株式会社や合同会社など、会社経営の形で起業する王道の方法もあげられます。ただ、いきなり始めるにはリスクがあるので、ビジネス案が社会にニーズがあることを検証して法人化するのがおすすめです。

法人化には節税対策のメリットもあるので、個人事業主から始めて高収入が期待できるようになった段階でひとりで法人化される方も多くいます。

事業内容において社会的信頼を得やすいため、規模の大きい事業を展開していきたい方にもおすすめです。

起業におすすめな始め方・スタートアップの事業モデルを解説

起業のリスクを減らして始められるおすすめの方法は?

失敗を減らすためには、何事も小さな挑戦から始める方法を選ぶ必要があります。起業のリスクを減らして始められるおすすめの方法を見ていきましょう。

在庫や店舗を持たない方法で始める

ITの技術が普及して多様な働き方ができる現代では、インターネットを有効活用して戦略を立てる方法が一般化されています。そのため、起業に関するお金のリスクを最低限にするためには、在庫や店舗を構えない形で始める方法がおすすめです。

テナントや商品をもたない方法で固定費を抑え、赤字リスクを減らせるメリットがあります。

在宅ワークで働ける仕事を選ぶ

自宅で働ける起業の方法は、インターネットを使う形で実施すると経営に感じるリスクを最小限に抑えられます。

たとえば、パソコンを使って事務代行をする仕事もあれば、Web関係の職種に挑戦する方法など内容はさまざまです。初期投資にかかる費用がほとんどなく、パソコンやネット回線があれば無理なく始められる手段につながります。

将来にかけられるリスクと天秤にかけて、できる限り負荷を減らす方法には在宅ワークで働ける内容を選びましょう。

小さく始めて軌道に乗ったら起業する

いきなり個人事業主や法人で起業するにはリスクが大きいので、まずは事業内容をプチ体験する気持ちでスタートラインを切る方法もあります。

小さく始めて軌道に乗った段階で起業したり、少人数体制でビジネスを始めたりすることで、万が一の場合に赤字で経営困難になる状況を防ぐ対策につながります。

この「小さく始める」をリーンスタートアップと言います。ガイアックス・スタートアップスタジオではリスクを最大に減らし、適切な状態で法人化させる実績をもっています。これからスタートアップビジネスを始めようと考えている方はお気軽にご相談ください。

リーンスタートアップが5分でわかる!事例を元に優しく解説

スタートアップの起業におすすめの事業モデル

ここからはスタートアップ向けの内容を紹介しているので、社会貢献につながるような起業を検討中の方は参考にしてください。

事業内容の商品やサービスの展開で、相手とwin-winの関係性をつくるための型がいくつか存在しています。参考にして事業を成功に近づけるためにも、スタートアップの起業におすすめの事業モデルを見ていきましょう。

B2Bのビジネスモデル

顧客のターゲットを企業や事業者中心に取引する仕組みはB2Bと呼びます。企業の悩みを解消できるようなサービスを展開する流れです。

製品やサービス購入までの時間がかかりやすい特徴もありますが、企業向け商品は一件あたりの取引金額が大きいことが多いため、長期的な視点で事業を展開できるメリットもあります。

個人の顧客を相手にするビジネスモデルよりも、企業を中心とした事業内容を展開したい方はB2Bの方向性からご検討ください。

B2Cのビジネスモデル

企業が個人の顧客(一般人の消費者)をターゲットに取引する仕組みはB2Cと呼びます。身近で利用する食料品などのサービス業のように多くの事業が展開されているため、私たちの生活を支える基盤のビジネスモデルです。

商品やサービスの取引金額が小さいことが多いものの、顧客が購入までにかかる時間は短い点も特徴で、顧客の悩みを解消できる事業内容を展開できます。

多くの人たちを反応させられるように広告や情報発信に力を入れながら、市場や世間のニーズを読んで開発するスキルが必要です。

D2Cのビジネスモデル

企業と顧客が直接やりとりできて、仲介の企業を挟まない仕組みはD2Cと呼びます。実店舗を持たない方向性でインターネットを中心に商品販売を展開する流れです。

アパレルや化粧品の販売など、理念を重要視した事業を展開したい方におすすめできるスタートアップの起業方法といえます。

D2Cでは、顧客が利用しやすいサイトをつくるために決済方法やデザインなど、商品購入を妨げない仕組みづくりに力を入れることが大切です。

O2Oのビジネスモデル

インターネットの販促から実店舗の商品購入につなげる仕組みはO2Oと呼びます。SNSやアプリでのクーポン配信などのサービスを利用しながら、顧客の獲得につなげる形です。

ビジネス戦略の行動から結果までの流れが早く、顧客のデータを集計して対策が打ちやすいメリットもあります。

また、O2Oの画期的なサービスには、閉店時も店舗にインターネットから予約ができる内容も含まれており、顧客を効果的に獲得することが可能です。

起業におすすめな始め方・スタートアップの事業モデルを解説

起業におすすめの事業モデルを活用して成功する

起業におすすめの業界、スタートアップの起業におすすめの事業モデルを始め、起業のリスクを減らせる方法を解説しました。

個人からスタートできるITやインターネット業界の起業は、今後も伸びしろが期待できる業界です。

また、スタートアップの起業では、B2B・B2C・D2C・O2Oの内容を取りあげて簡単に解説しました。

それぞれの顧客やターゲットによって商品やサービス展開の戦略は大きく変わるため、企業に向けた製品なのか、それとも一般人の消費者に向けたものなのかなど、明確にしながら事業内容を展開しましょう。

起業に興味がある人は「STARTUP CAFE」・まだ事業計画書のたたき台がない人は「リーンキャンバスの作り方」へ

スタートアップスタジオでは、ビジネスアイディアの相談をオンラインで実施し、優れた事業案には200万円の出資を行っています。
また、リーンキャンバスの作り方をダウンロードすることで、事業アイディアを検証するする際に役立つ動画とフォーマットが無料で入手可能です。
起業に興味があり事業検証をしてみたい方、スタートアップスタジを使って起業することを検討している方は、気軽にアクセスしてみてください。

廣渡 裕介
メディア運営会社のインターンを経て大学在学中に起業。自身の会社を経営しつつ、様々なスタートアップや起業家と一緒に仕事をしたくガイアックス・スタートアップスタジオにも所属。スタートアップスタジオの国内普及を目指して情報を発信中。
スタートアップスタジオ起業
関連記事
Back To Top