skip to Main Content

レジリエンスとは?ビジネスに応用する方法とメリットを簡単に解説!

 

仕事のストレス耐性を上げて能力を最大限に引き出すには、心の柔軟性があるレジリエンスを高めることが大切です。作業の進め方で課題や困難にぶつかる機会があったとしても、柔軟に対応できて問題を乗り越えられる力が身につきます。

今回はレジリエンスとは何か、ビジネスに応用する方法とメリットを簡単に解説するので、社内全体の教育を進めるときの参考にしてみてください。

そもそもレジリエンスとは?

心理学の言葉で使われるレジリエンスとは、心の回復力や柔軟性がある状態を指します。たとえば、クッションに力をかけても元に戻るように、心の柔軟性があるとストレスを受けた状態でも元に戻りやすい点が特徴です。

思考の柔軟性が失われる考え方が当たり前だとストレスが高まる懸念があるため、回復力を高められる考え方を身につける必要があります。

ガイアックスでもレジリエンスの重要性には力をいれており、メンバー1人1人が個人のレジリエンスを言語化できるようにしています。
レジリエンス〜心が折れないための習慣〜

ビジネスにレジリエンスが求められる理由

企業で働く従業員は、仕事の目標を設定して課題を乗り越えるために心の柔軟性が必要です。

どのように目標の数字を目指すのかなど、従業員が仕事のプレッシャーを乗り越えながら成長できる考え方が事業の継続に求められます。

レジリエンスが高められると企業理念の目標達成に向けてともに困難を乗り越えられる関係性が築きやすくなるところが利点です。

レジリエンスを築く10の方法

レジリエンスを高めるには、基本的に身につけておきたい項目があります。

  1. 身内や友人たちとよい関係性を築く。
  2. ストレスを感じる場面が起きたときに問題を重く受け止めない。
  3. 変わらない状況があっても受け止める。
  4. 目標設定は現実的に立てて行動に移す。
  5. 利益にならない状況のときも行動に移す。
  6. 失敗の経験をしたあとは、気づきの機会にする。
  7. 自信をもつ。
  8. 長期的視点で物事を捉えてストレス環境につながる内容を見つめる。
  9. 未来に希望をもって見通しを立てる。
  10. 心や体のケアと運動に取り組みながら本音や気持ちに向き合う。

10の考え方をひとつずつ取り入れて現状を打開する価値観を身につける機会にしてみてください。

レジリエンスを企業のビジネスに応用するメリット

仕事に柔軟性を持った考え方を身につけられると、事業活動の生産性をあげる機会にできます。レジリエンスを企業のビジネスに応用するメリットを見ていきましょう。

従業員のストレス耐性をあげられる

レジリエンスを高めると物事をコントロールできる感覚を鍛えられます。従業員が自信を持って仕事に取り組めるため、プレッシャーやノルマに耐えるスキルが身につくところが利点です。

取引先や顧客との摩擦を感じるときも柔軟な対応が期待できます。

課題や問題を乗り越えやすくなる

仕事に対する心の柔軟性が高められると、職場の課題や問題にあたったときに対応できるスキルが向上します。

解消に向けた取り組みを検討できるようになり、指示を待つ形でなく主体的に動ける工夫につながるところが利点です。経営陣を含めてレジリエンスが高い職場では、問題や課題を放置せずに解決に導く行動が取りやすくなります。

企業が継続して事業活動に取り組むためにも、従業員を含めた心のケアや考え方を身につける対策に取り組むことが重要です。

離職率を下げやすくなる

仕事の出来事に左右されないメンタルが身につけられると、仕事のストレスに負けない心がつくれて離職率を下げる効果が期待できます。

企業内の環境を整える働きかけと並行しながら、従業員にレジリエンスの考え方を普及させる取り組みも必要です。従業員が職場に感じるストレスを軽減する取り組みの実践にレジリエンスを活用しながら、働きやすい環境を目指しましょう。

リーダーの育成につながる

仕事のプレッシャーに耐えられる人材は、企業の未来を担うリーダーとして活躍が期待できます。

リーダーの育成にはレジリエンスの考え方を応用しながら、場をまとめられる存在としてのメンタル管理の技術を身につけることが大切です。

企業内だけでなく外部の支援やサポートを受けながら、次世代を担う人材育成を進めてみてください。

レジリエンス

レジリエンスを身につけている人の特徴

自分をコントロールできる人は、前向きに捉えて行動できる強さを持っています。仕事においてレジリエンスを身につけている人の特徴を見ていきましょう。

挑戦できる人

職場改善や新しい企画に挑戦できる人は、レジリエンスが高い傾向があります。主体的に動ける能力があり、受け身でなく失敗を受け入れながら挑戦できるからです。

経営を安定させるには、従来の方法に固執することなく新しい挑戦を続ける姿勢が求められます。社内の中心人物になって仕事を引っ張っていける存在には、レジリエンスを身につけている人が必要です。

自尊心・自己効力感が高い人

仕事をコントロールできる感覚が高い人は、ストレスを溜め込まずに処理できます。また、職場の人間関係を良好に進めるには、自分と他人の両方を尊重して行動できる自尊心の高さも大切です。

仕事や人間関係を調整できるスキルが身につくと、仕事にやりがいや楽しさを見出しやすくなるメリットが期待できます。

職場全体によい影響を与えられる存在としてレジリエンスの高い人が必要です。

課題・問題をコントロールできる人

職場の仕事で解決が求められる課題に当たる機会があるときに、レジリエンスが高い人は問題をコントロールして解決に導く行動が取れます。

仕事には問題解決の能力が必要です。顧客の満足度を高めるには、商品やサービスの課題を解消して質をあげる改善や工夫が求められます。

楽観的に物事を捉えられる人

物事を悲観的に考えやすい人は、気づかないうちに心のストレス耐性を失いがちです。長期的な視点で仕事の目標や解決を検討できる人は、楽観的に物事を捉えて対応する能力を養えます。

悩みを長引かせる状態が減るため、目の前の仕事に集中して取り組みながら解決策を模索するためにも大切な考え方です。

人間関係を大事にできる人

職場の人間関係で自分と他人の両方を尊重できる人は、レジリエンスが高い傾向があります。コミュニケーションやつながりを大切にできると、チームワークで連携しやすくなって作業に感じるストレスを減らせるからです。

人間関係がうまくいくと顧客に対しても質の高いサービスを提供できて、企業の評判もあがりやすくなります。レジリエンスの高い人は、企業と職場の両方にとってよい影響が与えられる存在として必要です。

「社内にコーチング文化を取り入れる」社員数3,000名の組織の中で動き出す個人の想い - 東京エレクトロン テクノロジーソリューションズ(株)野崎貴弘さん -

レジリエンスの使い方!ビジネスに応用する方法

仕事でレジリエンスを身につけるときの方法をいくつか取り上げて解説します。新入社員の研修に使いながら、社内全体でレジリエンスの考え方を高められるように工夫してみてください。

コーチングや面談を取り入れる

社内全体でレジリエンスを高めるには、専門家の力を借りて指導を受ける方法がおすすめです。自身のなかで固定されている価値観を知る機会につながり、日ごろの仕事を振り返る機会にできます。

また、社内で面談を実施すると目標共有や達成度合いの確認につながり、今後の課題を見つめ直す意味でも重要です。

自身の気づきや振り返りができるとレジリエンスを高める機会や仕事によい影響を与えるきっかけにできます。

社内のコミュニケーションを高める

レジリエンスを高めるには、社内の人間関係におけるストレスをなくすように行動することが大切です。ひとりでは乗り越えられないと感じる出来事も仲間同士で協力体制が取れると、問題をひとつずつ解決できる能力が高まります。

社内のコミュニケーションを高める方法は、連携を取り合う機会につながりレジリエンスを高めるためにも重要です。

セルフコントロール・思考の偏りをなくす

従業員がひとりで取り組める思考法には、仕事に感じるストレスや課題を見つめ直す方法がおすすめです。どのような課題にストレスを感じているのか、自身に問いかけると悩みをコントロールしやすくなります。

また、仕事の捉え方で価値観の偏りがないのか点検することもネガティブになる機会を減らす意味で必要です。仕事に対するコントロールをするには、まずは自身の心と対話する機会を持ってみてください。

職場内で褒め合う習慣をつくる

仕事の捉え方をポジティブにするには、社内の従業員同士で定期的に褒め合う習慣をつくる方法もおすすめです。仕事の進め方や接し方で褒められるポイントがあるときは、素直に伝えられる雰囲気づくりを意識します。

会議の場を設けて部署の仲間で集まり、意識的に取り入れる方法も活用しましょう。職場内の人間関係が良好になるとレジリエンスを高められるポジティブな捉え方が進めやすくなります。

レジリエンスを高める研修を取り入れる

職場で外部のサポート機関を利用して研修を取り入れる進め方もあります。とくに新入社員にはレジリエンスの考え方を身につけてもらい、業務に柔軟な対応ができるように知ってもらう機会が必要です。

レジリエンスやストレス耐性を高める対策になり、職場の離職を避けられるメリットが期待できます。仕事の進め方や捉え方を振り返る機会にする意味でも、社内全体で研修を取り入れる機会を設けるのもおすすめです。

レジリエンスは仕事の課題を乗り越える力が身につく

レジリエンスとは何か、ビジネスに応用する方法とメリットを簡単に解説してきました。

レジリエンスとは、心理学の言葉で使われる心の回復力や柔軟性がある状態を指します。職場では、仕事の課題を乗り越えるための柔軟性があるとストレスを受けた状態でも回復しやすい点が特徴です。

企業が経営を続けるためには、社内全体でレジリエンスを高める働きかけに取り組みながら、仕事の流れを活性化できる考え方を身につける姿勢が求められます。

顧客に質の高いサービスを提供して満足してもらうためにも、レジリエンスの考え方を高められるように工夫を取り入れてみてください。

ガイアックスでは「これから起業したい方」と「ガイアックスで働きたい方」を募集しています

ガイアックスでは「これから起業したい方」と「ガイアックスで働きたい方」を募集しています

起業家を連続的に輩出するガイアックスでは「これから起業をしたい若手メンバー」と「新規事業をサポートしたいメンバー」、「ガイアックスで働きたい方」を募集しています。 起業のプロへ事業アイデアを無料相談できるイベントや、現役メンバーを交えてガイアックスの理解を深めるオンライン座談会を実施中。 まだ見ぬ若い才能・情熱・志へ投資するガイアックスでの挑戦を考えている方は、ぜひ詳細をご覧ください。

 

レジリエンス働き方改革
関連記事

 

仕事のストレス耐性を上げて能力を最大限に引き出すには、心の柔軟性があるレジリエンスを高めることが大切です。作業の進め方で課題や困難にぶつかる機会があったとしても、柔軟に対応できて問題を乗り越えられる力が身につきます。

今回はレジリエンスとは何か、ビジネスに応用する方法とメリットを簡単に解説するので、社内全体の教育を進めるときの参考にしてみてください。

そもそもレジリエンスとは?

心理学の言葉で使われるレジリエンスとは、心の回復力や柔軟性がある状態を指します。たとえば、クッションに力をかけても元に戻るように、心の柔軟性があるとストレスを受けた状態でも元に戻りやすい点が特徴です。

思考の柔軟性が失われる考え方が当たり前だとストレスが高まる懸念があるため、回復力を高められる考え方を身につける必要があります。

ガイアックスでもレジリエンスの重要性には力をいれており、メンバー1人1人が個人のレジリエンスを言語化できるようにしています。
レジリエンス〜心が折れないための習慣〜

ビジネスにレジリエンスが求められる理由

企業で働く従業員は、仕事の目標を設定して課題を乗り越えるために心の柔軟性が必要です。

どのように目標の数字を目指すのかなど、従業員が仕事のプレッシャーを乗り越えながら成長できる考え方が事業の継続に求められます。

レジリエンスが高められると企業理念の目標達成に向けてともに困難を乗り越えられる関係性が築きやすくなるところが利点です。

レジリエンスを築く10の方法

レジリエンスを高めるには、基本的に身につけておきたい項目があります。

  1. 身内や友人たちとよい関係性を築く。
  2. ストレスを感じる場面が起きたときに問題を重く受け止めない。
  3. 変わらない状況があっても受け止める。
  4. 目標設定は現実的に立てて行動に移す。
  5. 利益にならない状況のときも行動に移す。
  6. 失敗の経験をしたあとは、気づきの機会にする。
  7. 自信をもつ。
  8. 長期的視点で物事を捉えてストレス環境につながる内容を見つめる。
  9. 未来に希望をもって見通しを立てる。
  10. 心や体のケアと運動に取り組みながら本音や気持ちに向き合う。

10の考え方をひとつずつ取り入れて現状を打開する価値観を身につける機会にしてみてください。

レジリエンスを企業のビジネスに応用するメリット

仕事に柔軟性を持った考え方を身につけられると、事業活動の生産性をあげる機会にできます。レジリエンスを企業のビジネスに応用するメリットを見ていきましょう。

従業員のストレス耐性をあげられる

レジリエンスを高めると物事をコントロールできる感覚を鍛えられます。従業員が自信を持って仕事に取り組めるため、プレッシャーやノルマに耐えるスキルが身につくところが利点です。

取引先や顧客との摩擦を感じるときも柔軟な対応が期待できます。

課題や問題を乗り越えやすくなる

仕事に対する心の柔軟性が高められると、職場の課題や問題にあたったときに対応できるスキルが向上します。

解消に向けた取り組みを検討できるようになり、指示を待つ形でなく主体的に動ける工夫につながるところが利点です。経営陣を含めてレジリエンスが高い職場では、問題や課題を放置せずに解決に導く行動が取りやすくなります。

企業が継続して事業活動に取り組むためにも、従業員を含めた心のケアや考え方を身につける対策に取り組むことが重要です。

離職率を下げやすくなる

仕事の出来事に左右されないメンタルが身につけられると、仕事のストレスに負けない心がつくれて離職率を下げる効果が期待できます。

企業内の環境を整える働きかけと並行しながら、従業員にレジリエンスの考え方を普及させる取り組みも必要です。従業員が職場に感じるストレスを軽減する取り組みの実践にレジリエンスを活用しながら、働きやすい環境を目指しましょう。

リーダーの育成につながる

仕事のプレッシャーに耐えられる人材は、企業の未来を担うリーダーとして活躍が期待できます。

リーダーの育成にはレジリエンスの考え方を応用しながら、場をまとめられる存在としてのメンタル管理の技術を身につけることが大切です。

企業内だけでなく外部の支援やサポートを受けながら、次世代を担う人材育成を進めてみてください。

レジリエンス

レジリエンスを身につけている人の特徴

自分をコントロールできる人は、前向きに捉えて行動できる強さを持っています。仕事においてレジリエンスを身につけている人の特徴を見ていきましょう。

挑戦できる人

職場改善や新しい企画に挑戦できる人は、レジリエンスが高い傾向があります。主体的に動ける能力があり、受け身でなく失敗を受け入れながら挑戦できるからです。

経営を安定させるには、従来の方法に固執することなく新しい挑戦を続ける姿勢が求められます。社内の中心人物になって仕事を引っ張っていける存在には、レジリエンスを身につけている人が必要です。

自尊心・自己効力感が高い人

仕事をコントロールできる感覚が高い人は、ストレスを溜め込まずに処理できます。また、職場の人間関係を良好に進めるには、自分と他人の両方を尊重して行動できる自尊心の高さも大切です。

仕事や人間関係を調整できるスキルが身につくと、仕事にやりがいや楽しさを見出しやすくなるメリットが期待できます。

職場全体によい影響を与えられる存在としてレジリエンスの高い人が必要です。

課題・問題をコントロールできる人

職場の仕事で解決が求められる課題に当たる機会があるときに、レジリエンスが高い人は問題をコントロールして解決に導く行動が取れます。

仕事には問題解決の能力が必要です。顧客の満足度を高めるには、商品やサービスの課題を解消して質をあげる改善や工夫が求められます。

楽観的に物事を捉えられる人

物事を悲観的に考えやすい人は、気づかないうちに心のストレス耐性を失いがちです。長期的な視点で仕事の目標や解決を検討できる人は、楽観的に物事を捉えて対応する能力を養えます。

悩みを長引かせる状態が減るため、目の前の仕事に集中して取り組みながら解決策を模索するためにも大切な考え方です。

人間関係を大事にできる人

職場の人間関係で自分と他人の両方を尊重できる人は、レジリエンスが高い傾向があります。コミュニケーションやつながりを大切にできると、チームワークで連携しやすくなって作業に感じるストレスを減らせるからです。

人間関係がうまくいくと顧客に対しても質の高いサービスを提供できて、企業の評判もあがりやすくなります。レジリエンスの高い人は、企業と職場の両方にとってよい影響が与えられる存在として必要です。

「社内にコーチング文化を取り入れる」社員数3,000名の組織の中で動き出す個人の想い - 東京エレクトロン テクノロジーソリューションズ(株)野崎貴弘さん -

レジリエンスの使い方!ビジネスに応用する方法

仕事でレジリエンスを身につけるときの方法をいくつか取り上げて解説します。新入社員の研修に使いながら、社内全体でレジリエンスの考え方を高められるように工夫してみてください。

コーチングや面談を取り入れる

社内全体でレジリエンスを高めるには、専門家の力を借りて指導を受ける方法がおすすめです。自身のなかで固定されている価値観を知る機会につながり、日ごろの仕事を振り返る機会にできます。

また、社内で面談を実施すると目標共有や達成度合いの確認につながり、今後の課題を見つめ直す意味でも重要です。

自身の気づきや振り返りができるとレジリエンスを高める機会や仕事によい影響を与えるきっかけにできます。

社内のコミュニケーションを高める

レジリエンスを高めるには、社内の人間関係におけるストレスをなくすように行動することが大切です。ひとりでは乗り越えられないと感じる出来事も仲間同士で協力体制が取れると、問題をひとつずつ解決できる能力が高まります。

社内のコミュニケーションを高める方法は、連携を取り合う機会につながりレジリエンスを高めるためにも重要です。

セルフコントロール・思考の偏りをなくす

従業員がひとりで取り組める思考法には、仕事に感じるストレスや課題を見つめ直す方法がおすすめです。どのような課題にストレスを感じているのか、自身に問いかけると悩みをコントロールしやすくなります。

また、仕事の捉え方で価値観の偏りがないのか点検することもネガティブになる機会を減らす意味で必要です。仕事に対するコントロールをするには、まずは自身の心と対話する機会を持ってみてください。

職場内で褒め合う習慣をつくる

仕事の捉え方をポジティブにするには、社内の従業員同士で定期的に褒め合う習慣をつくる方法もおすすめです。仕事の進め方や接し方で褒められるポイントがあるときは、素直に伝えられる雰囲気づくりを意識します。

会議の場を設けて部署の仲間で集まり、意識的に取り入れる方法も活用しましょう。職場内の人間関係が良好になるとレジリエンスを高められるポジティブな捉え方が進めやすくなります。

レジリエンスを高める研修を取り入れる

職場で外部のサポート機関を利用して研修を取り入れる進め方もあります。とくに新入社員にはレジリエンスの考え方を身につけてもらい、業務に柔軟な対応ができるように知ってもらう機会が必要です。

レジリエンスやストレス耐性を高める対策になり、職場の離職を避けられるメリットが期待できます。仕事の進め方や捉え方を振り返る機会にする意味でも、社内全体で研修を取り入れる機会を設けるのもおすすめです。

レジリエンスは仕事の課題を乗り越える力が身につく

レジリエンスとは何か、ビジネスに応用する方法とメリットを簡単に解説してきました。

レジリエンスとは、心理学の言葉で使われる心の回復力や柔軟性がある状態を指します。職場では、仕事の課題を乗り越えるための柔軟性があるとストレスを受けた状態でも回復しやすい点が特徴です。

企業が経営を続けるためには、社内全体でレジリエンスを高める働きかけに取り組みながら、仕事の流れを活性化できる考え方を身につける姿勢が求められます。

顧客に質の高いサービスを提供して満足してもらうためにも、レジリエンスの考え方を高められるように工夫を取り入れてみてください。

ガイアックスでは「これから起業したい方」と「ガイアックスで働きたい方」を募集しています

ガイアックスでは「これから起業したい方」と「ガイアックスで働きたい方」を募集しています

起業家を連続的に輩出するガイアックスでは「これから起業をしたい若手メンバー」と「新規事業をサポートしたいメンバー」、「ガイアックスで働きたい方」を募集しています。 起業のプロへ事業アイデアを無料相談できるイベントや、現役メンバーを交えてガイアックスの理解を深めるオンライン座談会を実施中。 まだ見ぬ若い才能・情熱・志へ投資するガイアックスでの挑戦を考えている方は、ぜひ詳細をご覧ください。

 

レジリエンス働き方改革
関連記事
Back To Top