skip to Main Content

ホラクラシーとは?導入のメリットとデメリット・方法を解説します

 

組織を運営するには、企業の課題を解消しながら従業員の能力を引き出せる環境づくりが大切です。

従来の運営で当たり前の管理体制をなくす方法にはホラクラシーがあります。ホラクラシーを実際に導入するときは、企業が課題に感じるポイントも多いのが実情です。

今回は、そもそもホラクラシーとは何か、導入のメリットとデメリット・方法を解説します。これから事業創出を考えている起業家の方、そして組織全体を変えたいと思っている経営者の方は、取り入れるときの参考にしてみてください。

ホラクラシーとは?

企業の役職や上下のつながりがない運営方法は、ホラクラシーと呼ばれています。

横のつながりを大事にした組織をつくれる特徴があり、仕事を主体的に進められるところが利点です。従来の組織とは違い、職場の常識やあらゆる取り組み方を見直して社内独自の方針をつくれます。

ヒエラルキーとの違い

企業の役職や上下のつながりを設けて管理体制を整えている職場は、ヒエラルキーと呼ばれています。一般的な企業に多く取り入れている方法です。

ホラクラシーは管理体制を基本的に設けない特徴がある点でヒエラルキーとの違いがあります。どちらの運営方法を選ぶのかは企業が進みたい方向性や社風によって検討することが大切です。

ティール組織について

ホラクラシーと同じく基本的な管理体制を設けない運営方法には、ティール組織と呼ばれます。ホラクラシー組織の一環にティール組織があると考えられていますが、組織全体の目標実現に向けて行動を取りながらも明確なビジネスモデルがないことが特徴です。新しい運営方法として注目されています。
ティール組織とは?意味から事例、注意点まで実際に導入しているGaiaxが解説

ティール組織

ホラクラシーを取り入れるメリットとデメリット

自由な働き方を推奨できるホラクラシーにも、企業と従業員にとってさまざまな課題が残されています。

ホラクラシーを取り入れるメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット1:自由な意見やアイデアを広げられる

ホラクラシーでは基本的な管理体制がないため、上司の意見を取り入れる必要性がなくなります。従業員同士で意見交換が進めやすくなり、自由な意見やアイデアを伝えやすいところが魅力です。

意見を発信しやすい雰囲気が生まれると、会社にとって有益になるアイデアを事業活動に取り入れやすくなります。

メリット2:仕事の裁量権がもてる

ホラクラシーには上司や部下といった管理体制がないため、職場で働く従業員が自由に仕事を進めやすいメリットが期待できます。

マネジメントにかかる時間やストレスを軽減できるため、仕事に感じる負担を減らせて作業を遂行する能力を高められます。

仕事の裁量権が高められる点は、従業員のやりがいや楽しさを引き出す工夫に必要です。

メリット3:改善・意思決定が早くなる

上司の許可を得る必要がないため、業務改善の意見交換から取り入れまでのスピード感が高まります。個々人が責任をもてると主体的に行動しやすくなるメリットもあり、企業として成長して進化できるきっかけづくりに重要です。

仕事全体の流れや情報共有がスムーズに進めやすくなり、社内の透明性を上げて不満を感じる機会をなくす働きかけにできるため、企業と従業員の両方にとって働きやすい職場を目指せます。

デメリット1:費用・時間がかかる

ヒエラルキーからホラクラシーの組織運営に切り替えるときは、社内に浸透するまでに時間がかかります。運用を進めながら課題の解消を日々進める必要があるからです。

また、組織として運営をスムーズに進めるために新しいシステムやツールを導入する必要が出てくる場合もあります。

従業員がホラクラシーの運営方法に慣れるまでに時間がかかる点はデメリットです。年単位で時間をかけて取り組む視点が求められます。

デメリット2:従業員の自主性や行動力に頼らないといけない

ホラクラシーの運営には従業員が自ら考えて行動できる能力が必要不可欠です。従来の仕事方法のように、誰かから指示をもらって動く進め方に慣れていると戸惑いを感じるかもしれません。

従業員の自主性や行動力が身につけられないと、組織全体がうまく機能しない課題も出てきます。指示系統がない状態は、相手がどのような仕事に取り組んでいるのかが見えづらくなる点も特徴です。お互いの信頼関係を構築しながら仕事を進めていく配慮が求められます。

デメリット3:リスクマネジメントの不安がある

管理体制がなくなると個々でリスクマネジメントに取り組む必要があります。基本的に社内の機密情報は全員で共有する必要があるため、個人が責任を持って仕事に取り組む姿勢が重要です。

お互いの信頼関係やリスクマネジメント能力が足りないと、組織として問題を抱える機会につながる懸念があります。

ホラクラシーの導入を検討してほしい企業

ホラクラシーを導入する土台ができている企業は、組織の柔軟性や生産性をさらにあげられる可能性があります。

ホラクラシーの導入を検討に向いている企業の特徴を見ていきましょう。

メンバーの自主性や責任感が強い社風の企業

ホラクラシーには自由に働きやすい利点があるため、個人の能力が高い職場で取り入れるとよい影響が期待できます。

メンバーの自主性や責任感が強い社風の企業では、元からそれぞれが考えて行動できるスキルが身についているため、ホラクラシーの導入後に課題を解消できる土台が整っているからです。

個人の能力を活かして自由に働ける社風とホラクラシーの運営方法は相性がよい内容といえます。

事業活動の目標達成に向けて協力し合える企業

企業の理念に共感できる従業員で構成されている職場は、組織として目標達成に向けた行動を頭に入れて行動できるメリットがあります。

ホラクラシーでは組織として達成したい目標を目指して個人が動く働き方が求められるため、土台が整っている職場は対応が進めやすいところが利点です。

職場の自由度をあげて仕事の生産性を高める方法として、ホラクラシーの運営方法をご検討ください。

柔軟に成長できる人材を育てたい企業

ホラクラシーは自由に働ける社風や人間関係の雰囲気を育てることができるため、企業が柔軟な発想で成長を続けるためにも欠かせない考え方です。

人材育成の方法にもできるため、指示を待つ形で働く方針でなく主体的に行動できる人材を育てたいときにホラクラシーの運営方法が参考になります。

柔軟に対応できる能力は、顧客の悩みを改善するアイデアや商品を思いつくためにも重要です。自由な価値観を取り入れると組織全体の成長を進めるよい機会にできます。

ホラクラシー組織

ホラクラシーを取り入れる方法

組織の成長を見込むためには、従業員が働きやすいと思える運営方法を検討することも大切です。企業がホラクラシーを取り入れる方法を見ていきましょう。

運用ルールを決める

ホラクラシーには基本的な管理者がいないものの、各リーダーのような役割が必要です。職場の方向性や分担を決めるリードリンク、場の仲介役になるファシリテーター、記録を取るセクレタリーなど、それぞれの仕事が進めやすいように配置します。

職場の課題や段階に合わせて役割を追加しながら、仕事内容の情報共有を進める流れです。従業員がそれぞれの役割を担って組織が機能するように努めます。

少しずつ運用を始める

社内全体でホラクラシーの運用を始めてしまうと、課題や問題にぶつかる機会が多くなりがちです。企業の規模が大きいときは、各段階を設けて一部の部署からホラクラシーの運営方法を検証しましょう。

能力の高い従業員を集めて実践するなど、ほかの部署に応用できるように学びを深めていきます。

ホラクラシーの方法が気になるものの、いきなり導入するのが難しいと感じられる企業におすすめです。従業員が混乱する機会を減らす配慮につながります。

個人の管理能力が高い人材を選ぶ

個人のマネジメント能力がホラクラシーには必要です。導入と運営を続けるために従業員を確保するときは、管理能力が高い人材を選びましょう。

全体の流れを見つめられる人や伝える能力が高い人にも向いています。

また、従業員を教育するときも段階を踏んで少しずつ環境に慣れてもらうことが大切です。従業員同士で配慮しながら能力を高める努力が求められます。

情報共有で透明性を高める

ホラクラシーでは基本的に情報をオープンにすることが大切です。そのため、企業内の機密情報を含めて社員に情報共有を進める必要があります。

従来の経営方法では上層部の間でしか知りえなかった情報も、上下間の役職がなくなるホラクラシーでは開示が必要です。自由度が高い分お互いの信頼関係をつくって仕事に取り組む必要が出てくる特徴があります。

社内・組織改善の相談を受ける

ホラクラシーの導入に成功している起業家や専門家からアドバイスをもらう方法がおすすめです。社内の組織改善に関する相談全般が受けられるため、ホラクラシー以外の最適な経営方法を模索できる機会にもつながります。

どのように導入を進めればよいのか、社内の課題や問題と共に相談しながら進められるところが利点です。企業全体の方向性を大きく変更するときは、外部のサポートを利用して効果的に進めてみましょう。

ホラクラシーは自由な経営を目指せる方法

ホラクラシーとは何か、導入のメリットとデメリット・方法を解説してきました。

企業の役職や上下のつながりがない運営方法は、ホラクラシーと呼ばれています。従来の経営方法は上下間の管理体制を設けているところが特徴ですが、ホラクラシーは横のつながりを大事にした社風がつくれるところが特徴です。

ホラクラシーを取り入れるメリットには、意見交換が自由に進められて仕事の意思決定や改善が早くなり、デメリットにはコストの負担や従業員の自主性が求められる点、リスクマネジメントに関する不安があげられます。

ホラクラシーには従業員との信頼関係を大切にしながら、自由に仕事を進められる裁量権が獲得できるため、企業が成長するときの方法として事業活動に活かす参考に検討してみてください。

ガイアックスでは「これから起業したい方」と「ガイアックスで働きたい方」を募集しています

ガイアックスでは「これから起業したい方」と「ガイアックスで働きたい方」を募集しています

起業家を連続的に輩出するガイアックスでは「これから起業をしたい若手メンバー」と「新規事業をサポートしたいメンバー」、「ガイアックスで働きたい方」を募集しています。 起業のプロへ事業アイデアを無料相談できるイベントや、現役メンバーを交えてガイアックスの理解を深めるオンライン座談会を実施中。 まだ見ぬ若い才能・情熱・志へ投資するガイアックスでの挑戦を考えている方は、ぜひ詳細をご覧ください。

ティール組織働き方改革経営ノウハウ
関連記事

 

組織を運営するには、企業の課題を解消しながら従業員の能力を引き出せる環境づくりが大切です。

従来の運営で当たり前の管理体制をなくす方法にはホラクラシーがあります。ホラクラシーを実際に導入するときは、企業が課題に感じるポイントも多いのが実情です。

今回は、そもそもホラクラシーとは何か、導入のメリットとデメリット・方法を解説します。これから事業創出を考えている起業家の方、そして組織全体を変えたいと思っている経営者の方は、取り入れるときの参考にしてみてください。

ホラクラシーとは?

企業の役職や上下のつながりがない運営方法は、ホラクラシーと呼ばれています。

横のつながりを大事にした組織をつくれる特徴があり、仕事を主体的に進められるところが利点です。従来の組織とは違い、職場の常識やあらゆる取り組み方を見直して社内独自の方針をつくれます。

ヒエラルキーとの違い

企業の役職や上下のつながりを設けて管理体制を整えている職場は、ヒエラルキーと呼ばれています。一般的な企業に多く取り入れている方法です。

ホラクラシーは管理体制を基本的に設けない特徴がある点でヒエラルキーとの違いがあります。どちらの運営方法を選ぶのかは企業が進みたい方向性や社風によって検討することが大切です。

ティール組織について

ホラクラシーと同じく基本的な管理体制を設けない運営方法には、ティール組織と呼ばれます。ホラクラシー組織の一環にティール組織があると考えられていますが、組織全体の目標実現に向けて行動を取りながらも明確なビジネスモデルがないことが特徴です。新しい運営方法として注目されています。
ティール組織とは?意味から事例、注意点まで実際に導入しているGaiaxが解説

ティール組織

ホラクラシーを取り入れるメリットとデメリット

自由な働き方を推奨できるホラクラシーにも、企業と従業員にとってさまざまな課題が残されています。

ホラクラシーを取り入れるメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット1:自由な意見やアイデアを広げられる

ホラクラシーでは基本的な管理体制がないため、上司の意見を取り入れる必要性がなくなります。従業員同士で意見交換が進めやすくなり、自由な意見やアイデアを伝えやすいところが魅力です。

意見を発信しやすい雰囲気が生まれると、会社にとって有益になるアイデアを事業活動に取り入れやすくなります。

メリット2:仕事の裁量権がもてる

ホラクラシーには上司や部下といった管理体制がないため、職場で働く従業員が自由に仕事を進めやすいメリットが期待できます。

マネジメントにかかる時間やストレスを軽減できるため、仕事に感じる負担を減らせて作業を遂行する能力を高められます。

仕事の裁量権が高められる点は、従業員のやりがいや楽しさを引き出す工夫に必要です。

メリット3:改善・意思決定が早くなる

上司の許可を得る必要がないため、業務改善の意見交換から取り入れまでのスピード感が高まります。個々人が責任をもてると主体的に行動しやすくなるメリットもあり、企業として成長して進化できるきっかけづくりに重要です。

仕事全体の流れや情報共有がスムーズに進めやすくなり、社内の透明性を上げて不満を感じる機会をなくす働きかけにできるため、企業と従業員の両方にとって働きやすい職場を目指せます。

デメリット1:費用・時間がかかる

ヒエラルキーからホラクラシーの組織運営に切り替えるときは、社内に浸透するまでに時間がかかります。運用を進めながら課題の解消を日々進める必要があるからです。

また、組織として運営をスムーズに進めるために新しいシステムやツールを導入する必要が出てくる場合もあります。

従業員がホラクラシーの運営方法に慣れるまでに時間がかかる点はデメリットです。年単位で時間をかけて取り組む視点が求められます。

デメリット2:従業員の自主性や行動力に頼らないといけない

ホラクラシーの運営には従業員が自ら考えて行動できる能力が必要不可欠です。従来の仕事方法のように、誰かから指示をもらって動く進め方に慣れていると戸惑いを感じるかもしれません。

従業員の自主性や行動力が身につけられないと、組織全体がうまく機能しない課題も出てきます。指示系統がない状態は、相手がどのような仕事に取り組んでいるのかが見えづらくなる点も特徴です。お互いの信頼関係を構築しながら仕事を進めていく配慮が求められます。

デメリット3:リスクマネジメントの不安がある

管理体制がなくなると個々でリスクマネジメントに取り組む必要があります。基本的に社内の機密情報は全員で共有する必要があるため、個人が責任を持って仕事に取り組む姿勢が重要です。

お互いの信頼関係やリスクマネジメント能力が足りないと、組織として問題を抱える機会につながる懸念があります。

ホラクラシーの導入を検討してほしい企業

ホラクラシーを導入する土台ができている企業は、組織の柔軟性や生産性をさらにあげられる可能性があります。

ホラクラシーの導入を検討に向いている企業の特徴を見ていきましょう。

メンバーの自主性や責任感が強い社風の企業

ホラクラシーには自由に働きやすい利点があるため、個人の能力が高い職場で取り入れるとよい影響が期待できます。

メンバーの自主性や責任感が強い社風の企業では、元からそれぞれが考えて行動できるスキルが身についているため、ホラクラシーの導入後に課題を解消できる土台が整っているからです。

個人の能力を活かして自由に働ける社風とホラクラシーの運営方法は相性がよい内容といえます。

事業活動の目標達成に向けて協力し合える企業

企業の理念に共感できる従業員で構成されている職場は、組織として目標達成に向けた行動を頭に入れて行動できるメリットがあります。

ホラクラシーでは組織として達成したい目標を目指して個人が動く働き方が求められるため、土台が整っている職場は対応が進めやすいところが利点です。

職場の自由度をあげて仕事の生産性を高める方法として、ホラクラシーの運営方法をご検討ください。

柔軟に成長できる人材を育てたい企業

ホラクラシーは自由に働ける社風や人間関係の雰囲気を育てることができるため、企業が柔軟な発想で成長を続けるためにも欠かせない考え方です。

人材育成の方法にもできるため、指示を待つ形で働く方針でなく主体的に行動できる人材を育てたいときにホラクラシーの運営方法が参考になります。

柔軟に対応できる能力は、顧客の悩みを改善するアイデアや商品を思いつくためにも重要です。自由な価値観を取り入れると組織全体の成長を進めるよい機会にできます。

ホラクラシー組織

ホラクラシーを取り入れる方法

組織の成長を見込むためには、従業員が働きやすいと思える運営方法を検討することも大切です。企業がホラクラシーを取り入れる方法を見ていきましょう。

運用ルールを決める

ホラクラシーには基本的な管理者がいないものの、各リーダーのような役割が必要です。職場の方向性や分担を決めるリードリンク、場の仲介役になるファシリテーター、記録を取るセクレタリーなど、それぞれの仕事が進めやすいように配置します。

職場の課題や段階に合わせて役割を追加しながら、仕事内容の情報共有を進める流れです。従業員がそれぞれの役割を担って組織が機能するように努めます。

少しずつ運用を始める

社内全体でホラクラシーの運用を始めてしまうと、課題や問題にぶつかる機会が多くなりがちです。企業の規模が大きいときは、各段階を設けて一部の部署からホラクラシーの運営方法を検証しましょう。

能力の高い従業員を集めて実践するなど、ほかの部署に応用できるように学びを深めていきます。

ホラクラシーの方法が気になるものの、いきなり導入するのが難しいと感じられる企業におすすめです。従業員が混乱する機会を減らす配慮につながります。

個人の管理能力が高い人材を選ぶ

個人のマネジメント能力がホラクラシーには必要です。導入と運営を続けるために従業員を確保するときは、管理能力が高い人材を選びましょう。

全体の流れを見つめられる人や伝える能力が高い人にも向いています。

また、従業員を教育するときも段階を踏んで少しずつ環境に慣れてもらうことが大切です。従業員同士で配慮しながら能力を高める努力が求められます。

情報共有で透明性を高める

ホラクラシーでは基本的に情報をオープンにすることが大切です。そのため、企業内の機密情報を含めて社員に情報共有を進める必要があります。

従来の経営方法では上層部の間でしか知りえなかった情報も、上下間の役職がなくなるホラクラシーでは開示が必要です。自由度が高い分お互いの信頼関係をつくって仕事に取り組む必要が出てくる特徴があります。

社内・組織改善の相談を受ける

ホラクラシーの導入に成功している起業家や専門家からアドバイスをもらう方法がおすすめです。社内の組織改善に関する相談全般が受けられるため、ホラクラシー以外の最適な経営方法を模索できる機会にもつながります。

どのように導入を進めればよいのか、社内の課題や問題と共に相談しながら進められるところが利点です。企業全体の方向性を大きく変更するときは、外部のサポートを利用して効果的に進めてみましょう。

ホラクラシーは自由な経営を目指せる方法

ホラクラシーとは何か、導入のメリットとデメリット・方法を解説してきました。

企業の役職や上下のつながりがない運営方法は、ホラクラシーと呼ばれています。従来の経営方法は上下間の管理体制を設けているところが特徴ですが、ホラクラシーは横のつながりを大事にした社風がつくれるところが特徴です。

ホラクラシーを取り入れるメリットには、意見交換が自由に進められて仕事の意思決定や改善が早くなり、デメリットにはコストの負担や従業員の自主性が求められる点、リスクマネジメントに関する不安があげられます。

ホラクラシーには従業員との信頼関係を大切にしながら、自由に仕事を進められる裁量権が獲得できるため、企業が成長するときの方法として事業活動に活かす参考に検討してみてください。

ガイアックスでは「これから起業したい方」と「ガイアックスで働きたい方」を募集しています

ガイアックスでは「これから起業したい方」と「ガイアックスで働きたい方」を募集しています

起業家を連続的に輩出するガイアックスでは「これから起業をしたい若手メンバー」と「新規事業をサポートしたいメンバー」、「ガイアックスで働きたい方」を募集しています。 起業のプロへ事業アイデアを無料相談できるイベントや、現役メンバーを交えてガイアックスの理解を深めるオンライン座談会を実施中。 まだ見ぬ若い才能・情熱・志へ投資するガイアックスでの挑戦を考えている方は、ぜひ詳細をご覧ください。

ティール組織働き方改革経営ノウハウ
関連記事
Back To Top