skip to Main Content

GRIDの屋上で映画を観る、CINEMA NITEをはじめました!

  • 最終更新: 2021年8月3日

こんにちは!GRIDのコミュニケータの山口です。
ちまたをざわざわさせているGRIDで突如出現した映画企画『Cinema Nite』at ROOFTOP。屋上映画を無料で観るというこの企画、どこからなぜうまれたのかを今回はご紹介しようと思います♪

どこからうまれた企画なのか

実はGRIDの施工時期ぐらいから映画上映をやりたいよね、という話はあったんです。ただの映画館ではなく、映画を観ながら各々好きなことができる自由度があるようなもの。イメージはポートランドのside yard farmで開催されている野外映画上映。野外農場の中で開催されるこの映画上映は、仕事終わりに集まって季節の変化を体感しつつ、映画を楽しむイベント。参加者は帰宅前にこの農場によって映画を見て、少しビールやご飯も楽しんで帰宅する。

the side yard
the side yard

日常にちょっと新鮮な流れを取り入れて、リフレッシュする空間を作りたいと思っていたので、このイベントはいいなと思いました。また、映画を見た後って高揚感があって、それが自分が変わるきっかけをくれたり、今の気持ちを共有し合える仲間に出会って語り合えるのってすごく気持ちいいとGRIDメンバーで話し合っていたんです。

今年5月にGRIDチームで行ったポートランド視察

なぜいま開催したのか

じゃあなぜ野外映画の最盛期の夏でなく、秋になって開催したかというと、みどり荘の鎌田さんという方との出会いがあったからです。
本当は来年くらいからスタートできればいいな、くらいに思っていたのですが、野外映画開催のプロで、自身も映画プロデューサーの鎌田さんが「GRIDでやらない?」と事業部長の野口さんに声をかけられてトントン拍子で話が進んでいる状況が今です 笑
やろうと決めた時、「毎週月曜日はCINEMA NITEの日」として映画を一緒に楽しめる場所にしようと意気込んでしまい、毎週あくせくしながら自転車操業でこの映画上映会を開催しています 笑
なんだかこのスピート感と思い切り感がGRIDって感じもしていて楽しんでいますが。
※NITEはNight(夜)のスラングです。ちょっと崩した言い方でカジュアルに楽しんでほしいという意味合いも込めてつけたのですが、まだ認知度浅めなので注釈で説明しちゃいます。

cinema nite

これからどうなりたいか

正直、自転車操業なので課題が山積みです。まず、みんなに知られていない。11月は寒いので10月30日の年内最後の上映となり、次回は5月とか7月とか暖かくなってきてからかな、なんて思っているのですが、このままみんなに知られていないままだととってももったいないな〜なんて思っています。
あと、どんな映画がみんな好きかわかっていない。上映し始めてから気がついたのですが、映画のプロジェクトをまわしているメンバーは趣味の嗜好がちょっとよっているようです。なので恋愛といったら「エターナル・サンシャイン」は満場一致して上映しました。笑
年内の映画上映は10月30日が最終日なのですが、ハロウィンにかけてホラーやろう!という話になり、出てきたのが「ジェイソン」や「アダムスファミリー」、「死霊のはらわた」など。結局「ゴーストバスターズ」(オリジナルの方)に落ち着きました!!みなさん、お好きですか??
詳細はfacebookのイベントページをご覧ください!

運営からのメッセージ

映画イベントの開催経緯などお話したところで、、、やっぱりみなさんのお力借りたいな!なんて思っているので、まずは野外で見たい作品など教えてほしいです♪
そして、CINEMA NITEはこんな空気感で開催しているので、ご近所で働いている方やそのご友人、ご家族どなたでも参加可能です。ぜひ一度遊びに来てください!

cinema nite
山口 若葉
2017年1月入社。GRiDの構想を知り、実現化するための力になりたいと思い、入社を決意。現在はGRiDの管理人として、 繋がった方の考え方や働き方を全力応援中。また個人事業主として、専門スキルを活かしたい方を支えるべく、社団法人立ち上げサポートやキュレーションも並行して行っている。
GRIDCinemaNiteNagatachoGRIDイベント
関連記事
【イベントレポート】「リアルからリモートへ」離れていてもメンバー全員が自律的に動ける組織マネジメントの在り方とは? 〜コーチングを取り入れた自主自律組織のはぐくみ方〜
  • 最終更新: 2021年8月3日

こんにちは!GRIDのコミュニケータの山口です。
ちまたをざわざわさせているGRIDで突如出現した映画企画『Cinema Nite』at ROOFTOP。屋上映画を無料で観るというこの企画、どこからなぜうまれたのかを今回はご紹介しようと思います♪

どこからうまれた企画なのか

実はGRIDの施工時期ぐらいから映画上映をやりたいよね、という話はあったんです。ただの映画館ではなく、映画を観ながら各々好きなことができる自由度があるようなもの。イメージはポートランドのside yard farmで開催されている野外映画上映。野外農場の中で開催されるこの映画上映は、仕事終わりに集まって季節の変化を体感しつつ、映画を楽しむイベント。参加者は帰宅前にこの農場によって映画を見て、少しビールやご飯も楽しんで帰宅する。

the side yard
the side yard

日常にちょっと新鮮な流れを取り入れて、リフレッシュする空間を作りたいと思っていたので、このイベントはいいなと思いました。また、映画を見た後って高揚感があって、それが自分が変わるきっかけをくれたり、今の気持ちを共有し合える仲間に出会って語り合えるのってすごく気持ちいいとGRIDメンバーで話し合っていたんです。

今年5月にGRIDチームで行ったポートランド視察

なぜいま開催したのか

じゃあなぜ野外映画の最盛期の夏でなく、秋になって開催したかというと、みどり荘の鎌田さんという方との出会いがあったからです。
本当は来年くらいからスタートできればいいな、くらいに思っていたのですが、野外映画開催のプロで、自身も映画プロデューサーの鎌田さんが「GRIDでやらない?」と事業部長の野口さんに声をかけられてトントン拍子で話が進んでいる状況が今です 笑
やろうと決めた時、「毎週月曜日はCINEMA NITEの日」として映画を一緒に楽しめる場所にしようと意気込んでしまい、毎週あくせくしながら自転車操業でこの映画上映会を開催しています 笑
なんだかこのスピート感と思い切り感がGRIDって感じもしていて楽しんでいますが。
※NITEはNight(夜)のスラングです。ちょっと崩した言い方でカジュアルに楽しんでほしいという意味合いも込めてつけたのですが、まだ認知度浅めなので注釈で説明しちゃいます。

cinema nite

これからどうなりたいか

正直、自転車操業なので課題が山積みです。まず、みんなに知られていない。11月は寒いので10月30日の年内最後の上映となり、次回は5月とか7月とか暖かくなってきてからかな、なんて思っているのですが、このままみんなに知られていないままだととってももったいないな〜なんて思っています。
あと、どんな映画がみんな好きかわかっていない。上映し始めてから気がついたのですが、映画のプロジェクトをまわしているメンバーは趣味の嗜好がちょっとよっているようです。なので恋愛といったら「エターナル・サンシャイン」は満場一致して上映しました。笑
年内の映画上映は10月30日が最終日なのですが、ハロウィンにかけてホラーやろう!という話になり、出てきたのが「ジェイソン」や「アダムスファミリー」、「死霊のはらわた」など。結局「ゴーストバスターズ」(オリジナルの方)に落ち着きました!!みなさん、お好きですか??
詳細はfacebookのイベントページをご覧ください!

運営からのメッセージ

映画イベントの開催経緯などお話したところで、、、やっぱりみなさんのお力借りたいな!なんて思っているので、まずは野外で見たい作品など教えてほしいです♪
そして、CINEMA NITEはこんな空気感で開催しているので、ご近所で働いている方やそのご友人、ご家族どなたでも参加可能です。ぜひ一度遊びに来てください!

cinema nite
山口 若葉
2017年1月入社。GRiDの構想を知り、実現化するための力になりたいと思い、入社を決意。現在はGRiDの管理人として、 繋がった方の考え方や働き方を全力応援中。また個人事業主として、専門スキルを活かしたい方を支えるべく、社団法人立ち上げサポートやキュレーションも並行して行っている。
GRIDCinemaNiteNagatachoGRIDイベント
関連記事
【イベントレポート】「リアルからリモートへ」離れていてもメンバー全員が自律的に動ける組織マネジメントの在り方とは? 〜コーチングを取り入れた自主自律組織のはぐくみ方〜
Back To Top