安全、安心して利用できる場所になるために行う3つのこと

2020年当初より猛威を奮っているCOVID-19。GRiDも2020年1月頃までほぼ毎日イベントを開催しており、入居者やGaiaxコミュニティメンバー等、多いときには2000人近くの方が1日で出入りするほど賑わっていた頃から一転。3月25日の緊急事態宣言前より、イベント自粛やコミュニティメンバーの利用を中止するなどして廃墟のようにガランとした3月〜5月を過ごしました。

ただ、リアルな場所での集まりはなかったもののオンラインでのイベントは以前同様ほぼ毎日あり、リアルとオンラインでの役割の違いを認識し、新しくたくさんのつながりを築けた期間でもありました。

オンラインファシリテーション

そして現在、緊急事態宣言と東京アラートの解除を受け、徐々に利用者の受け入れを進めております。今まで利用されていた方もオンラインでのつながりのみでまだGRiDを利用したこと無い方も、皆さんが快適に利用できる場所にできるよう「新しい生活様式」の意見を取り入れながら、以下2つの取り組みを実施しますのでご紹介させて下さい。

「新しい生活様式」
・・・新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえ日常生活の中で取り入れていただきたい実践例として出された
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

全館除菌、清掃、換気を強化します

お席や机、エレベーターボタン、各種共有備品等、ひとが触れやすいドアノブ等除菌の頻度を上げます。またエントランス含め、各階換気を十分に行うために窓をあけた運用にします。

座席数を半減、向かい席の無いレイアウトに変更します

イベントスペースや会議室、ラウンジ等共有部分のレイアウトを変更しました!ひととの間隔をできるだけ2m(最低1m)あけること、そして会話をする際、可能な限り正面を避けるために対面席をなくし席数を減らしています。

前の様子と比べてもらうと、座席数が半減したので広々としていますね!もしご利用する際、どうしてもレイアウト変更したい場合はお近くの椅子など移動いただくことも可能です。必ず元の形にお戻し下さい。

利用者の方が除菌しやすいよう、アルコール消毒も完備、アルコールが肌に合わない方はお手洗いには石鹸剤もおいていますのでご利用ください。

Social distancing GRiD
Social distancing GRiD

利用する方へのお願い

利用される皆様と感染予防を協力し合い、安心して使える場所にしていきたいと思います。ぜひ以下ご協力下さい。

  • 発熱(37.5度以上)の方やその他咳・くしゃみなどの症状がある場合はご利用を控えてください。
  • 症状が無い方もマスク着用をお願いします。
  • 手洗い、うがい、消毒、マスクの着用等、予防対策の徹底をお願いします。

またイベント時に参加人数を分散できるようライブ動画配信プランを新たにリリースしました。このほかかケータリングもテイクアウト形式のお弁当等、これからのイベントの形を支援できる取り組みも推進しますので、ご利用を検討される方はぜひinfo@grid.tokyo.jpにご相談下さい。


山口 若葉

山口 若葉

2017年1月入社。GRIDの構想を知り、実現化するための力になりたいと思い、入社を決意。現在はGRIDのコミュニケーターとして、 繋がった方の考え方や働き方を全力応援中。
また個人事業主として、専門スキルを活かしたい方を支えるべく、社団法人立ち上げサポートやキュレーションも並行して行っている。