私たちGaiaxは、“使命で動く” というPhilosophy (経営哲学/企業理念) を持っています。使命で動くとは、世の中の課題を自分ごととして捉え、ビジョンや問題意識を打ち出し、ムーブメントを生み出すことで社会を巻き込み実現すること。

そんなGaiaxで2020年の夏に行われた、3daysインターン。3daysインターンに参加し、現在はGaiaxで長期インターンを行っているメンバーに話を聞きました。インターンの参加を検討している方はぜひご覧ください!

今回インタビューしたのは、小川赳史(おがわ たけし)さん

3daysインターンに参加して自分の使命について真剣に考えるようになった小川さん。現在は、株式会社TecFoundのCOOとGaiaxのインターン生として活躍中。3daysインターンに参加したことで起こった、気持ちや行動の変化について聞きました。

小川赳史

2020年Gaiaxに入社。スタートアップスタジオ関連の事業に複数携わる。株式会社TecFoundのCOOとしても活躍中。

準備段階からインターンが始まっていた

ー 小川さんが3daysインターンに参加することになった経緯を教えてください。

小川 あるイベントでGaiaxの人事の方と出会って、そこでインターンについて知りました。インターンの内容を聞いた際に、”完遂率0.01%”というフレーズを知り、誰も成し遂げていない難解さに惹かれましたね。そして、イベント終了後にエントリーすることにしました。

ー インターンに参加する前は何か準備等されましたか?

小川 Gaiaxから推薦書籍を提示されたため、自分に必要な情報をインプットした上でアウトプットの場としてインターンに参加できるようにしていました。

書籍に加えて自分で準備しようと思い、オンライン就活のLINEでインターンの内容について質問したんですよ。でも、LINEでは深く教えてもらえませんでした。これは自分で情報を取りに行く必要があると思い、Gaiaxのホームページや事業立案についての情報を調べ、インターンに備えました。準備の段階からGaiaxらしさが出ていたような気がします。

サマーインターン
オンラインイベントで面白い休日を作る方法【TABICAがおすすめ】

ルールもなければゴールもない、今までに経験したことがないインターンだった

ー 他のインターンと比べてGaiaxのインターンはどうでしたか?

小川 私は当時10個以上他のインターンに参加した経験があったのですが、他のインターンとは全然違いましたね。最も違うことは、ルールがなかったことです。抽象的に言うと、自由。今までどれだけ自分が決められたルールの中で縛られて生きてきたのかを思い知らされました。

ルールの中で出す成果と自由の中で出す成果は全く違います。アジェンダもないし時間管理もない、そもそもゴールもない。この世界観に置かれた時、自分は何をすべきなのかを常に考えるようになりました。まさにGaiaxが大事にしている、”使命”の部分ですよね。

色んなところで自分で考えて、自分がその行動に責任を持つという環境をインターンでの3日間で経験させていただきました。環境の部分が他のインターンとは違いますね。

ー インターン中の他の参加者との関わり方はどのような感じでしたか?

小川 最初は1チーム5人と設定されていたのですが、その後は自由でした。1日目であっても事業立案ができた時点で役員の方にプレゼンしてもいいし、チームを解散させてもいい。関わり方から全て自分たちで考えるスタイルでした。

ー インターン終了後も参加者同士で連絡は取り合っていますか?

小川 連絡を取り合っている仲間はいます。SNSでお互いの活躍を見て刺激を受けていますね。ビジネスに関しても聞きたいことを相談できるような、良いコミュニケーションが取れています。

ー 今のご自身からインターン参加時のご自身に向けて、伝えたいことはありますか?

小川 遠慮と配慮は全く違うということを伝えたいです。遠慮をしていたら3日という限られた時間で成果を出すことはできません。時間が短いからこそ遠慮せずに動くことを大事にしてほしいですね。

インターンシップ

インターンを通して、自分の使命と向き合うようになった

ー 小川さんから見て、インターンの参加をオススメしたい人はどんな人ですか?

小川 個人の使命がある人は絶対に参加すべきですね。他にも、今の環境に満足できていない方もオススメです。インターンの3日間で出会った人は本当に貴重な存在で、自分の視座が上がるキッカケにもなりました。一緒にビジネスができるような、お互いに刺激し合える仲間に出会えたと思っています。

ー ご自身の中で、インターン前後で変化した部分はありますか?

小川 一番変わったことは、”自分が何をやりたいのか”ということに、よりフォーカスするようになったことです。今まではビジョンを立てていたものの、どこか納得のいかないものでした。しかし、インターンを通して真剣に自分のビジョンについて日々考えられるように。

自由であることはすごく難しいなと痛感したのですが、ここまで難易度の高いことはないだろうなと思います。ルールがある環境下と自由な環境下は全く違うんですよね。自由な環境下ではゴールすらないので。

ゴール設定を間違えるとやること全てが水の泡になってしまう。この世界観の中だからこそ、「自分のやりたいことはなんだろう」という問いに自然とベクトルが向いていきました。自分と向き合うことで自分の使命が出てくる。それを気付かせていただいた3日間でした。

Gaiaxは人生の解釈の仕方を気付かせてくれる環境

ー 3daysインターンから長期インターンに参加することになった経緯について教えてください。

小川 3daysインターンに参加する前から自分の市場価値を上げたいと思っていて。市場価値を上げるための1つの手段が長期インターンと考えていたところで、Gaiaxのインターンを募集していることを知り、応募しました。

ー 長期インターンを経験して、変化はありましたか?

小川 だいぶ変わりましたね。ルールがある中で生きてもいいし、ルールがないところで自分の道を切り開いてもいいなと思うようになりました。

そもそも、使命はそれぞれの人にとって必須ではないと思っています。それぞれが経験をしている中で、過去の経験を偶然と捉えるのであれば使命はないですよね。一方で、過去の経験を必然であると捉えるなら使命が出てくると思います。「これは自分がやるしかない」「これは自分の使命のためのヒントだ」と思えるようになるはずです。Gaiaxの長期インターンを経験することで、使命という部分が大きく変わりました。

ー Gaiaxの環境はどんな環境だと思いますか?

小川 成長するという意味でも、自分を見つめ直すという意味でもすごく良い環境だと思います。人生の解釈の仕方を教えずに気付かせてくれる環境です。タスクが降りてくるわけでもなければ、何かを強制されるわけでもない。常に自分と向き合いながら働いている感じですね。

たぶん、成長という定義すら変わると思います。誰と比べているのか、他人なのか自分なのか。私は、自分のありたい姿と今の自分とのギャップを埋めることが成長だと思っています。周りが優秀なので当たり前の基準が変わるはずです。

ー これからインターンの参加を検討している方に向けてメッセージをお願いします。

小川 大丈夫ですよ、ということを伝えたいです。人間はどんな世界であっても生きられるので。あなたは何かの奴隷になる必要はないと。物語の主人公はあなたなんだと。自分と向き合って、自分を好きになって肯定してあげて、自分の好きなことをやっていただけたらなと思います。

自分の使命ややりたいことをやって、全力で突き進んでほしいです。素直になれば周りは助けてくれるので。自分を信じて突き進んでくれればと思います。

 

インタビュー・ライティング 小幡渉

編集後記

インタビュー中に小川さんの口から”使命”という言葉が時折出てきたことが印象的でした。Gaiaxが使命を大事にしているからこそ、それぞれ使命を持った人が集まってくるのだと思います。3daysインターンだけでなく、長期インターンも経験されている小川さんのこれからの活躍や使命を果たしていく姿がとても楽しみです。

GAIAX 3 DAY INTERSHIP BEYOND SPRING 2021 を開催します

ベンチャー企業でインターンはどうなのか?【結論:圧倒的に成長できる】

GAIAX 3 DAY INTERSHIP BEYOND SPRING 2021

史上最難関インターンシップが帰ってきた!

「社会課題を解決せよ」
与えられたミッションはこれだけ。

何を課題として設定するか、それをどのように解決するか、Gaiaxをどのように利用するのか、決めるのは全てあなた。Gaiaxは求められたときにだけ、あなたに応えます。

開催日:
3月10日(水)- 3月12日(金)

会場:
オンライン

エントリー締め切り:
2月23日(火)18:00

以下のボタンをクリックして詳細をご覧ください

GAIAX 3 DAY INTERSHIP “Beyond” ページへ

佐々木 喜徳

佐々木 喜徳

組み込みOS開発やテクニカルサポート業務の経験を活かし、個人事業主として独立。 その後、フィールドエンジニアリング会社の役員経て2007年からガイアックスに参画。 技術部門の管理職と新規事業開発の経験を経てスタートアップスタジオ責任者に就任し起業家創出と投資判断を担当。また兼任で技術本部長として、ガイアックスで生まれるスタートアップの技術支援や組織のエンジニアリングの戦略に取り組んでいる。