ガイアックスグループは、今年1月にNagatacho GRIDに引っ越しました。移転先の永田町では、なんとガイアックスがビル運営をすることに。私にとっても初めてのビル運営。是非、Challengedメンバーと一緒にチャレンジしたい。今日は、そんな思いから生まれた、Challengedメンバーの増員についてご紹介します!

そうなんです。Nagatacho GRIDのほぼ全ての整理整頓や清掃を、Challengedメンバー2名が担当していることをご存知ですか?

移転が決まったとき

移転前、私たちは、Challengedマッサージ師みねさんと、清掃担当の女性のChallengedメンバーと一緒に総務業務を行ってました。オフィス移転とビル運営が決まったとき、そのビル運営をChallengedメンバーでできないか?というアイディアが生まれました。

リーダー”とんちゃん”の選任

ビル運営のリーダーをChallengedメンバーにすることに、とても迷いました。負担が重すぎるのではないか?何名か面接しましたが、その過程でさらに迷ってしまい、完全に行き詰まってしまいました。そこで、LITALICOさんに相談したところ、うってつけの方がいるとのこと!早速お会いしたのが、笑顔の素敵な現在のGRID清掃リーダーのとんちゃんでした。とんちゃんは面倒見がよく、リーダーに向いてるなと直感し、オフィス移転から関わってもらうことにしました。移転の前は本当にバタバタで、ビルの運営方法も決まってない状態の中、いつも笑顔で作業をしてくれるとんちゃんに何度も癒されました。

とんちゃんのペア”しげちゃん”

とんちゃんのペアは、聴覚のChallenged方で、性格はさっぱりしてるしげちゃん。彼は清掃業務の経験者でもあったのですぐにお願いすることに!とにかくてきぱき真面目に働いてくれる人。そして、私が困ってるときなど、何も言わずさらっと手伝ってくれるんです!

とんちゃんとしげちゃん。この2名を新たに迎え、GRID設備管理・清掃業務がゼロからスタートしました。

もちろん、いろいろありました。喧嘩したり、困ったことが発生したり、そのたびに話し合いをなん度も繰り返してきました。苦難をひとつづつ乗り越えるたび、2人の団結力が高まってる気がしています。

GRID operation team
GRID operation team

もっと多くのChallengedメンバーと、働く喜びの輪を広げていきたい!

もっと多くのChallengedメンバーを雇用して、ガイアックス内はもちろん、GRIDのテナントさんにもChallengedの素晴らしさ、一緒に働く喜びを体感してほしいです。Challengedメンバーを、自分の事業部や会社でも受入れてみようかな・・少しでもそんな気持ちになってほしい。そしてガイアックスやGRIDだけでなく、永田町周囲の企業、世の中の企業さんにも、1名でも、1社でも輪が広がっていってほしい。それが私の願いであり、目的であり、目標であり、ブログに書いている理由です。

現在、支援学校やNPO団体とのコラボも決まっています。詳細はまた書きたいと思います!

  • Challengedへの思いChallengedへの思い 私は若いころほんの少しですが母親の介護を経験しました。若かったこともあり頼る人も思いつかず、とても不安だったなと思っています。その経験から介護やchallenged(障がい者)というキーワードをずっと脳のどこかに意識をしていて、私の経験を活かして何ができるか?悩み迷い続けています。人生のターニングポイントや転職を考える時期は業界へ入ろうかとも思いました。 […]
  • NPO法人さんのお菓子販売始めましたNPO法人さんのお菓子販売始めました GRID2FにてNPO法人の方々が作ったお菓子の販売を開始しました。その様子と今後の予定や進捗状況などをお伝えしたいなと思います。お菓子販売の様子をお伝えする前に少し経緯をお話ししたいと思います。今回の販売の取り組みは、渋谷区のNPO法人「ぱれっと」さんが運営している、「お菓子やぱれっと」に私が見学に行かせて頂いたことから始まりました。 […]
  • ガイアックスグループのナイチンゲール?ゴットハンド?ガイアックスグループのナイチンゲール?ゴットハンド? 4年前、私たちが、Challengedメンバーとマッサージルームを作ろうと動き始めた当時、初めてのことばかりで、とても迷っていましたし、正直とても不安でした。しかし、みねさんと出会って、勝手に想像していたことは、良い方向に180度変わりました。 […]
  • 私がchallenged(障がい者)雇用を始めた理由私がchallenged(障がい者)雇用を始めた理由 私は20代の頃、母親の腰の手術がきっかけで、介護で2年間ほど母についていたことがあります。その経験から、高齢者や障害者という言葉にいつも反応していました。でもガイアックスの総務という立場とあまりつながらず、福祉の道に進みたくて転職を考えたことも正直ありました。 […]

梅津 祐里

2008年にGXに入社後、社内で初の育児休業を取得し、働くママのモデルとなる。その後2度の出産、3度の育児休業を経験する。家庭では1女3男の母、会社では総務リーダーとして日々奮闘中。 夢はchallengedがすべての企業・世の中で活躍する場を広げること。