akimi_hara

People Empowerment Team(人事支援チーム)の原秋実(@harahara_HR)です。

私には人生かけて成し遂げたいことがあります。それは、「こじらせ人を変える」です。
私自身、「元・こじらせ人」であり、周りの方々に助けられながら自分の殻を壊せた過去があります。
この想いを形にし、自分の可能性を最大化させるためにガイアックスにやってきました。
一人でも多く、同じ苦しみや悩みを抱えている人の背中を押せるよう、毎日突き進みます!

オーディエンスからのコメント

  • 原さんは何と呼ばれたいですか?
  • 話し慣れてる感がすごい!
  • 原ちゃん、ガイアックスへようこそ!のびのびと、ぜひご自身のミッションを叶えていってください〜!応援しています。
  • ファンタジーさん、ガイアックスで具体的にすることの例、知りたいです。

※当ブログおよび当スライドに記載の内容、動画に収録の内容は、個人の発表の転載となっております。
私たちは、ガイアックスの従業員およびその他の関係者個人の意見を尊重し、そのままお伝えすることを大切にしています。そのため、ガイアックスの公式見解ではなく、個人の見解であり、個人のポリシーに基づいて記載されております。
個人の立場での感じたままの意見・感想になりますので、公式見解や客観的な視点での意見と異なることもありますが、ご了承ください。

以下、noteからの転載です。

私のミッションは『こじらせ人のハンマーソング』

私のVISION 私のMISSION 語ります

はじめまして。note初投稿です。

ガイアックス人事支援チームの原です。

私、 いわゆる第二新卒です。
18卒で大手老舗メーカーに新卒入社し、
2020年1月からガイアックスに転職しました。
(その経緯はいつかnoteに書こう。)

ガイアックスでは入社前の課題として、
『ライフワークプレゼン』があります。

【ライフワークプレゼン】…
・なぜ仕事をするのか?
・人生の目的は何か?
・どんな価値を発揮する人間になりたいか?
これらを言語化し、
→長期的なキャリアを考えるきっかけにする
→その中でガイアックスで働く意味を考える
を目的としています。

私は転職だったので、入社してから実施。
約2週間、業務よりも最優先で
このライフワークプレゼンに取り組みました。

納得いくまで考える時間を頂けて、
チームメンバーには感謝でいっぱいです。

今日はその『ライフワークプレゼン』を
スライドと合わせてnoteに残します。

1. 自己紹介

なかなか同じ経歴の人に会えないのが、
一つ目の「戦略的に夢である早稲田大学へ」
というエピソード。

指定校で早稲田大学を狙うことを決めてから、
高校はあえて偏差値を下げることで
確実に夢を叶える方法をとりました。

「同じだよ」って方、会いたい!
DM待ってます!

ちなみに、「学習欲」「達成欲」「個別化」のワードは、ストレングスファインダーという『自己診断テスト』の結果。
怖いくらいに当たってる。おすすめです。

次から「夢ができるまで」をお話ししますが、
3つ目の「こじらせ系からの脱却」というエピソードが私の夢の全ての始まりです。

2. 夢ができるまで

2-1. 私の使命を作った原体験

問題は、「女の戦い敗北」から、
どんどん下り坂に行っていること。

・学校生活がうまくいっていないこと、
部活に通えていないことを家族に完璧に
隠し通していた
・当時担任の先生が心配して話しかけて
くれたが、笑顔で「何もないですよ〜」と
いじめっ子をかばい続けた

そんなことをしていたら、
私の中の何かが一気に壊れていきました。

そんな状態で高校入学。

友人「はじめまして。私○○!これからよろしくね〜!」
私「あ、私、友達いらないんで。(イヤホン装着してパズドラ)」

今思えば本当にやばいやつ。

ここまでこじらせていた私が、
大きなハンマーで2回でガッツーンと叩かれて、
こんな過去を力に変えるまでに変化を遂げることになります。

ハンマーの前に暗黒時代についてもう少し。

2-2. 自分で自分を追い込む暗黒時代

最近友人とカラオケ行った時、
『ハンマーソングと痛みの塔/BUMP OF CHICKEN』
を久々に聴いて。
なぜか涙が溢れてきて。

暗黒時代ってまさにこの状態だ…
と気付いたので、思わずスライドに載せました。

きっと私は特別なんだ 誰もが見上げるくらいに

そして 本当に寂しくなった 誰にも見えてないようだ

違う例えをします。

本当は自分の理想の姿、やりたいこと、描きたい未来があったのに、

自分が嫌いで、自信がなくて、
傷つくのが怖くて、
何重にも何重にも心の鍵をかけて
頑丈に守っている。

そんな状態が長く続き、
どれが本当の自分の声なのか、
わからなくなっていきます。

その状態では、どんどん自分を不安にさせるし、
時には人を傷つけてしまう。

それでも、「このままでも生きていける」
と思ってしまいます。
正直なところ、生きていけると思います。
だって、わざわざ嫌な過去と向き合うことはないし、鍵を外して何もなかったら怖いじゃない。

ここまでいくと、
自ら「HELP」は挙げられなくなります。
もはや自分の中の「HELP」が
聞こえなくなっています。。。

私は、そんな『こじらせ人』を
(多少強引にでも、)
「変える」人間になりたいのです。

鍵をかけた私の言葉なんて関係なしに
ハンマーでぶっ叩かれたおかげで、
今こうして心から笑い、自分を愛し、相手を愛す毎日があると自信を持って言えるから。

2-3. 私の心を強引に開けたハンマー

私を変えたハンマーは2つ。

ひとつめ。

高校時代、お昼のチャイムが鳴るといつものように一人でご飯をかきこむ私。
そしたら急に机で包囲網された。
対応方法が私には分からず、
とりあえず嫌がってみるが、
「ここで食べたいだけ〜」
と私の言葉なんか完全無視。
泣いた。
人と関わろうと思えた。

ふたつめ。

大学3年生の時。
仲の良かった友人に、
いつも通りバイト終わりの愚痴。
「環境悪すぎ。ついてない。…どーせ私は。」
慰めの言葉を期待していたが、
「自分嫌いな人はまじで生きる意味ない」
「いつ幸せになんの?」
少々言い過ぎかと思いますが…。
この言葉が私を大きく変えるきっかけになった。

この2つのハンマーをくらい、
私は蓋をしていた過去と向き合い、
少しずつ自分自身の愛せる部分を
見つけていくことができました。

自分自身で今の自分を認め、愛せた。
「たった今から、私は幸せになっていいんだ」
とてつもない自由を感じるようになりました。

そこからは、今日に至るまでハッピー野郎。

3. 実現に向けて

3-1. 私のVISION 私のMISSION

MISSION|『こじらせ人を変える』
・おせっかいでも、本人が声を挙げなくても、変化のきっかけを投下
・「変化」に向けて背中を押す

VISION |『自分を、相手を、社会を幸せに』
・自分自身を愛し、自ら幸せを作れる世界
・目の前の相手、そして社会の幸せを追求し続ける世界

3-2. 変化のステップとアプローチする範囲

今考えているアプローチ方法を少し。

↓『こじらせ人』が“何らか”のハンマーで
幸せに生きるまでのステップ

1.悩む
2.気付く
3.向き合う
4.変わる
5.行動する
6.実現する

この中で、1~4を対象に、
・きっかけの投下
・自己分析のサポート
・未来を描き、背中を押す(ハンマー)
の3つアプローチを考えています。

ここから具体的な策は、まだまだこれから…。

3-3. 実現に向けて、何が必要か?

『こじらせ人』を変えるために必要なこと、
大きく3軸で考えています。

・スキル
・人間性
・つながり

そして、より多くの人の変化を生み出すため、
変化のアプローチを「仕組み化する力」が必要です。

■スキル
「聞き出す力」…
自分自身に新しい発見ができるような問いかけ
「整理する力」…
問いかけから生まれた答えやモヤモヤから
変化の糸口を見つける
「未来を描く力」…
いざ本人が変化をするため、
その人に合った場を提供する

■人間性
「話してみたい人」…
接点を持ちやすい人、興味を持ってもらえる人
「話しやすい人」…
「この人なら心開いて大丈夫」
と思ってもらえる人

■つながり
「ターゲット層とつながる」…
ターゲットかつその周りとつながる
「協力者とつながる」…
ターゲットの変化に必要な人とつながる

■仕組み化する力
同じ能力、意識を持った人を増やすのか、
事業/サービスとして展開するのか、
手段はたくさんあると思うので、
ここは走りながら固めていく!

3-4. なぜガイアックスか?

最後に、こんな夢を抱いている私が、
なぜガイアックスに来たのか?

『自分の可能性を最大化できるから』

さらにその理由は3つ

私のミッション
『こじらせ人を変える』と
ガイアックスのミッション
『人と人をつなげる』の親和性
私の使命のために頑張る先に
『人と人をつなげる』があるし、
ガイアックス人事として頑張る先に
『こじらせ人を変える』がある。
実際に今、双方の視点から
具体的な目標まで落とし込めている!

未知なる自分に出会うため
私自身、『こじらせ人』からの脱却が遅かった。
マイナスからのスタートだからこそ、
たくさんの壁にぶつかっていきたい。
(ただのドM)
この壁を突きつけてくれる人、環境。
そういないと思ってたのに、
流さん、藤堂さんが初回面接から突きつけてくれた。
ついていきます。

”生きるように働く“ が実現できる環境
前職の環境では、それができなくて。
頑張りたくても頑張れなくてつらかった。
私には環境を選ぶ必要が合った。
私がやりたいだけやり切れる環境が
ガイアックスにはある。
というか正直、ありすぎて逆に困惑。

以上です。

『こじらせ人を変える』
苦しい過去を経験し、
乗り越えた私にしかできないことがあります。
この想いが私の使命であり、私を動かす力です。

この可能性を最大化するために、
そして、
ガイアックスのミッション「人と人をつなげる」を
自分のミッションから実現させていくために、
これから頑張ります!

長くなりましたが…
こんな私を、
これからもどうぞよろしくお願いします!

ここまで重たいnoteを読んでいただき、
本当に本当にありがとうございました!涙

私が日々を綴るTwitterがこちら


シリーズ: Gaiakitchen-2020-01