skip to Main Content

ガイアックス起業ゼミ、経産省「キャリア教育アワード」奨励賞を受賞 〜最年少校長と語る「教員のアントレプレナーシップ」イベントを開催〜

起業ゼミで学ぶのは子どもだけじゃない!〜アントレプレナーシップが『教育』にもたらす価値とは?〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、経済産業省「第11回キャリア教育アワード中小企業の部」で奨励賞を受賞しました。本受賞を記念し2022年1月16日に、学校教員を対象に「起業ゼミで学ぶのは子どもだけじゃない!〜アントレプレナーシップが『教育』にもたらす価値とは?〜」トークイベントを開催します。パネラーとして、香里ヌヴェール学院中学校・高等学校長の池田靖章氏や福岡女子商業高校校長の柴山翔太氏、モデレーターにドルトン東京学園生徒部長の木之下瞬氏をお招きします。ガイアックスは今後も様々な教育機関と連携し、社会全体でのアントレプレナーシップの更なる醸成に力を入れていきます。

キャリア教育アワード

キャリア教育アワードは、経済産業省が企業や経済団体による教育支援の取組を公募し、優秀と認められる事例を表彰するものです。産業界による優れた教育支援活動の取組とその効果を広く社会で共有し、普及・促進することを目的として設立されました。

奨励賞の受賞概要

プログラム名

ガイアックス起業ゼミ~出資判断も伴う実践的な終わらない起業家教育~

取り組み概要

出資判断も伴う実践的な起業家教育プログラム「起業ゼミ」は、中学・高校という早い段階から学生がビジネスに触れる機会を増やし、「起業家」を含めた幅広い進路選択を可能にします。ガイアックスは過去2年間で10校以上での起業ゼミを実施してきました。来年度は「教員向けアントレプレナーシップ教育プログラム」や「大学生向け事業メンター育成プログラム」を提供し、社会全体でのアントレプレナーシップの更なる醸成に力を入れます。

評価内容

  • プログラム内容の更新や授業時間などの汎用性が楽しみな事例
  • 自らの立てた仮説を検証するという具体的な授業計画は分かりやすい。
  • 起業に必要なマインドセットに始まり、ビジネスアイディアを練り、出資を目指したピッチに至る活動の過程は、起業のプロセスを実際に体験するものであり、生徒の「本気の学び」を引き出すものと思われる。参加した生徒の、「起業」や「職業」に対する考えの変容や出資に至らなかった生徒にも育まれる資質や能力についての関心や期待がふくらむ。
  • これから大いに企業や新事業創出にチャレンジしなければならない日本の状況下で、安定志向・サラリーマン志向を打破するような本プログラムには期待したい。特に起業ゼミメンターへの育成プログラムへの対応という点は、起業マインドの醸成の広がりが期待できる。
  • コロナ禍にあってもキャリア教育に貢献していることを高く評価する。

トークイベント概要(取材可)

イベント名

起業ゼミで学ぶのは子どもだけじゃない!〜アントレプレナーシップが『教育』にもたらす価値とは?〜

日時場所

2021年1月16日(日)20:00 – 22:00 / オンライン(Zoom)

登壇者

  • 香里ヌヴェール学院中学校・高等学校長 池田靖章(いけだ やすあき)氏
  • 福岡女子商業高校校長 柴山翔太(しばやま しょうた)氏
  • 株式会社ガイアックス執行役 佐々木喜徳(ささき よしのり)氏
  • ドルトン東京学園 生徒部長 木之下瞬(きのした しゅん)氏 ※モデレーター

申込サイト

https://schoolentrepreneurship.peatix.com

内容

ガイアックスでは、出資判断を伴うリアルな起業体験プログラム「起業ゼミ」を学校と共創し、2年間で10校300人以上と実施してきました。その取り組みが評価され、2021年12月には、経済産業省「第11回キャリア教育アワード中小企業の部」で奨励賞を受賞しました。これを記念してトークイベント「起業ゼミで学ぶのは子どもだけじゃない!〜アントレプレナーシップが「教育」にもたらす価値とは?〜」を開催します。第1部では、起業ゼミを受講した中高生を交え、起業ゼミの誕生経緯やプログラムの内容についてお話をします。第2部では、パネラーとして2人の校長をお招きし、「これからの学校教育に求められるアントレプレナーシップ」をテーマに、起業ゼミを通じた教員の自己変容にも触れながら、パネルディスカッションを行います。

ガイアックススタートアップスタジオについて

「人と人をつなげる」をミッションとして掲げているガイアックスでは、AirbnbやUberなどに代表されるようなシェアリングエコノミー(CtoC)事業の新規立ち上げに注力しています。
この分野で新しい未来を創りたい人を支援し、初期の事業検証から出資後のハンズオン支援までおこなう組織が「Gaiax STARTUP STUDIO」です。ガイアックスのスタートアップスタジオは、リーンスタートアップをベースとして以下の特徴を持ちます。

  • 若手に特化
  • 直近半年にスタートしたファウンダーの8割が、現役学生〜新卒3年目
  • 超シード期からの支援
  • 事業プランがまだ定まっていなくとも、有給インターンをしながら、事業アイディア探し〜初期検証が可能
  • ファウンダーは社外と社内のハイブリッド型社外からのファウンダー採用だけでなく、ガイアックスの社員もファウンダー対象。社内人材の場合、何度もトライする中で、成功確度を上げられる

起業ゼミ・パートナーについて

ガイアックスのスタートアップスタジオは、これまで世界全体で100人以上の起業を志す学生や社会人の声を聞いてきました。起業という選択肢を人生の早い段階から提供することの重要性を感じ、全国で起業ゼミを開催してきました。今後も学校法人、学生支援団体からの起業ゼミパートナーシップのお問い合わせをお待ちしております。
農業人材のシェアリングを行う「株式会社シェアグリ」(https://sharagri.com/)や、オンライン飲み会のプラットフォームを提供する事業を行う「株式会社オクリー」など過去11件の創業を支援。これまで約500件のアドバイスをしてきました。

会社概要

株式会社ガイアックス
代表執行役社長:上田 祐司
設立:1999年3月
https://www.gaiax.co.jp/

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ガイアックス 広報窓口:高野 TEL:03-6869-0018 MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

ガイアックス起業ゼミ、経産省「キャリア教育アワード」奨励賞を受賞 〜最年少校長と語る「教員のアントレプレナーシップ」イベントを開催〜

起業ゼミで学ぶのは子どもだけじゃない!〜アントレプレナーシップが『教育』にもたらす価値とは?〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、経済産業省「第11回キャリア教育アワード中小企業の部」で奨励賞を受賞しました。本受賞を記念し2022年1月16日に、学校教員を対象に「起業ゼミで学ぶのは子どもだけじゃない!〜アントレプレナーシップが『教育』にもたらす価値とは?〜」トークイベントを開催します。パネラーとして、香里ヌヴェール学院中学校・高等学校長の池田靖章氏や福岡女子商業高校校長の柴山翔太氏、モデレーターにドルトン東京学園生徒部長の木之下瞬氏をお招きします。ガイアックスは今後も様々な教育機関と連携し、社会全体でのアントレプレナーシップの更なる醸成に力を入れていきます。

キャリア教育アワード

キャリア教育アワードは、経済産業省が企業や経済団体による教育支援の取組を公募し、優秀と認められる事例を表彰するものです。産業界による優れた教育支援活動の取組とその効果を広く社会で共有し、普及・促進することを目的として設立されました。

奨励賞の受賞概要

プログラム名

ガイアックス起業ゼミ~出資判断も伴う実践的な終わらない起業家教育~

取り組み概要

出資判断も伴う実践的な起業家教育プログラム「起業ゼミ」は、中学・高校という早い段階から学生がビジネスに触れる機会を増やし、「起業家」を含めた幅広い進路選択を可能にします。ガイアックスは過去2年間で10校以上での起業ゼミを実施してきました。来年度は「教員向けアントレプレナーシップ教育プログラム」や「大学生向け事業メンター育成プログラム」を提供し、社会全体でのアントレプレナーシップの更なる醸成に力を入れます。

評価内容

  • プログラム内容の更新や授業時間などの汎用性が楽しみな事例
  • 自らの立てた仮説を検証するという具体的な授業計画は分かりやすい。
  • 起業に必要なマインドセットに始まり、ビジネスアイディアを練り、出資を目指したピッチに至る活動の過程は、起業のプロセスを実際に体験するものであり、生徒の「本気の学び」を引き出すものと思われる。参加した生徒の、「起業」や「職業」に対する考えの変容や出資に至らなかった生徒にも育まれる資質や能力についての関心や期待がふくらむ。
  • これから大いに企業や新事業創出にチャレンジしなければならない日本の状況下で、安定志向・サラリーマン志向を打破するような本プログラムには期待したい。特に起業ゼミメンターへの育成プログラムへの対応という点は、起業マインドの醸成の広がりが期待できる。
  • コロナ禍にあってもキャリア教育に貢献していることを高く評価する。

トークイベント概要(取材可)

イベント名

起業ゼミで学ぶのは子どもだけじゃない!〜アントレプレナーシップが『教育』にもたらす価値とは?〜

日時場所

2021年1月16日(日)20:00 – 22:00 / オンライン(Zoom)

登壇者

  • 香里ヌヴェール学院中学校・高等学校長 池田靖章(いけだ やすあき)氏
  • 福岡女子商業高校校長 柴山翔太(しばやま しょうた)氏
  • 株式会社ガイアックス執行役 佐々木喜徳(ささき よしのり)氏
  • ドルトン東京学園 生徒部長 木之下瞬(きのした しゅん)氏 ※モデレーター

申込サイト

https://schoolentrepreneurship.peatix.com

内容

ガイアックスでは、出資判断を伴うリアルな起業体験プログラム「起業ゼミ」を学校と共創し、2年間で10校300人以上と実施してきました。その取り組みが評価され、2021年12月には、経済産業省「第11回キャリア教育アワード中小企業の部」で奨励賞を受賞しました。これを記念してトークイベント「起業ゼミで学ぶのは子どもだけじゃない!〜アントレプレナーシップが「教育」にもたらす価値とは?〜」を開催します。第1部では、起業ゼミを受講した中高生を交え、起業ゼミの誕生経緯やプログラムの内容についてお話をします。第2部では、パネラーとして2人の校長をお招きし、「これからの学校教育に求められるアントレプレナーシップ」をテーマに、起業ゼミを通じた教員の自己変容にも触れながら、パネルディスカッションを行います。

ガイアックススタートアップスタジオについて

「人と人をつなげる」をミッションとして掲げているガイアックスでは、AirbnbやUberなどに代表されるようなシェアリングエコノミー(CtoC)事業の新規立ち上げに注力しています。
この分野で新しい未来を創りたい人を支援し、初期の事業検証から出資後のハンズオン支援までおこなう組織が「Gaiax STARTUP STUDIO」です。ガイアックスのスタートアップスタジオは、リーンスタートアップをベースとして以下の特徴を持ちます。

  • 若手に特化
  • 直近半年にスタートしたファウンダーの8割が、現役学生〜新卒3年目
  • 超シード期からの支援
  • 事業プランがまだ定まっていなくとも、有給インターンをしながら、事業アイディア探し〜初期検証が可能
  • ファウンダーは社外と社内のハイブリッド型社外からのファウンダー採用だけでなく、ガイアックスの社員もファウンダー対象。社内人材の場合、何度もトライする中で、成功確度を上げられる

起業ゼミ・パートナーについて

ガイアックスのスタートアップスタジオは、これまで世界全体で100人以上の起業を志す学生や社会人の声を聞いてきました。起業という選択肢を人生の早い段階から提供することの重要性を感じ、全国で起業ゼミを開催してきました。今後も学校法人、学生支援団体からの起業ゼミパートナーシップのお問い合わせをお待ちしております。
農業人材のシェアリングを行う「株式会社シェアグリ」(https://sharagri.com/)や、オンライン飲み会のプラットフォームを提供する事業を行う「株式会社オクリー」など過去11件の創業を支援。これまで約500件のアドバイスをしてきました。

会社概要

株式会社ガイアックス
代表執行役社長:上田 祐司
設立:1999年3月
https://www.gaiax.co.jp/

プレスリリースに関する
お問い合わせ

株式会社ガイアックス
広報窓口:高野比呂史
TEL:03-6869-0018
MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

Back To Top