skip to Main Content

夢中を仕事にしたさかなクンやムネリンに会いに行く! 「夏休み企画 ワクワクに、会いに行こう!」を開催 〜こどもの ”夢中” をみつける夏の特別企画!〜

夏の特別企画 ワクワクに、会いに行こう!

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、2021年8月16日~8月29日の期間に、小さい頃からの “好きや夢中” を仕事にし、夢を叶えた ”おとなたち” に会いに行く「夏休み企画 ワクワクに、会いに行こう!」を開催します。さかなクンや、野球選手のムネリン (川﨑宗則選手)をはじめ、沖縄美ら海水族館のサメ博士、国立科学博物館の昆虫博士や恐竜博士、国立天文台の天文博士ら計10名がオンラインで登場!おとなが夢中になって好きなことを話す様子は、きっと、こどもたちに大切なメッセージを届けてくれること間違いなし。おとな(登壇者)とこどもが共に学び、好きなことにさらに”夢中”になれる特別な時間をお届けします。

夏休み企画!ワクワクに、会いに行こう!

背景1:東京2020大会から学ぶ「楽しい・好き・夢中」という感覚をこどもの頃から養う重要性

わたしたちに多くの感動と勇気を与えてくれている東京2020大会では、多くの選手が「楽しむことを大事にする」ということをインタビュー等で発言されているのを目にした人も多いのではないでしょうか。多大なプレッシャーの中でも、楽しむことを忘れないスタンスは、わたしたちに大事なことを教えてくれたように思います。そんな「楽しい」「好き」「夢中」という感覚を小さい頃から養うことは非常に重要だと考えます。実際、こどもの頃に熱中した経験や夢中になって遊んだ経験がある人ほど、へこたれない力や自己肯定感が養われ、社会を生き抜く資質や能力をはぐくむことが研究でも明らかになっています。※1
※1:2018年 国立青少年教育振興機構「子供の頃の体験がはぐくむ力とその成果に関する調査研究」

背景2:自由研究の本来の目的

夏の自由研究はまさにこどもたちの好きや夢中をはぐぐむ絶好の機会です。夏は自由研究に関連したこども向けイベントがたくさんありますが、多くは「これに参加すれば自由研究を終わらせることができる」という趣旨のものが少なくないように思います。
しかし自由研究の本来の目的は、こどもの探求心をはぐくみ、好きなことや夢中なことを見つけるきっかけを提供することです。※2 今回開催する「夏休み企画 ワクワクに、会いに行こう!」は、夢中なことで生きているおとなの ”ワクワクした様子” や ”熱量” を実際にこどもたちが一緒になって体験することで、こどもたちが自身の “好きや夢中” を見つけ、さらにそれを深めていけるような貴重な機会を提供します。
※2:2019年 ベネッセ教育情報サイト 「「自由研究」で伸ばす力こそ、将来役に立つ力になる」

背景3:“好きなことを仕事に” は不安?こどもを想う親の心配

「こどもには将来好きなことを仕事にして欲しいけど、経済的に不安定なのも親として不安」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
実際、こどもがいる全国の男女を対象に行った調査では「子どもに将来なってほしい職業ランキング」1位は公務員という結果が出ています。理由としては、「大きな夢を持って頑張るのも素晴らしいことだが、やはり安定しているのが一番いいから」という声がありました。 ※3
本イベントはそんな親御さんにもぜひ一緒に参加してもらいたい内容となっています!
※3:2020年 株式会社Biz Hits 「子どもに将来なってほしい職業に関する意識調査」

「夏休み企画 ワクワクに会いに行こう!」3つのポイント

  1. 登壇者が小さい頃からの “好きや夢中” を仕事にし、夢を実現したおとなたちである
    本イベントに登壇するおとなたちは、小さい頃からの好きや夢中を純粋に追いかけ続け、その結果、社会的にも素晴らしい功績を残された素敵な方々です。「こどもたちに夢中な気持ちを大切にしてほしい」「好きなことがあることはカッコイイことなんだ」という想いをもったおとなたちが集結します。そんなおとなたちがワクワクしながら夢中で語る姿に、きっとこどもたちも大切なメッセージを受け取ること間違いなしです。
  2. 豪華メンバーが集結!あらゆるジャンルのプロが登壇!
    さかなクンや野球選手のムネリン(川﨑宗則選手)をはじめ、サメが大好きでうっかりサメに人生を捧げちゃった沖縄美ら海水族館のサメ博士や、あの「ノムラホイホイ」を発明した国立科学博物館の昆虫博士、小さい頃から恐竜大好き一筋の恐竜博士、カリフォルニア在住の国立天文台の天文博士、いきもの大好き少年から旭山動物園の園長になった坂東園長、夢であるアフリカで野生動物との生活を実現したどうぶつ博士などなどが登場します!ユニークで、いつまでもこどものような純粋な心をもった、好きや夢中を追いかけ続ける豪華な顔ぶれがこのイベントで大集結!
  3. 参加者とつくる双方向性のあるイベント
    講義のような一方通行なコミュニケーションではなく、こどもたちがオンラインでも身を乗り出して参加できるような楽しい工夫を登壇者と一緒に仕掛けていきます。クイズや質問コーナーも盛りだくさんです!

イベント概要

期間:2021年8月16日~8月29日
料金:各体験1000円~
時間:各体験約60分
予約:https://tabica.jp/entry/featuring/summer-kids2021/
開催場所:オンラインZoom上で開催します
※8/12よりサービス名が「TABICA」から「aini」に変わります

登壇団体一覧
さかなクン
沖縄美ら海水族館
国立科学博物館
国立天文台
旭山動物園 (坂東元 園長)
UAPACAA 国際保全パートナーズ
アトリエminamo
野球選手 川﨑宗則

さかなクン
さかなクン

さかなクンは朝から晩まで魚、さかな、サカナの毎日でギョざいます。小さい頃からお魚が大好きで、お魚さんたちを夢中で追いかけ続けていたら、「さかなクン」になっていました!”好きに勝るものはなし”!です。好きだから、もっと知りたくなって、夢も広がります。みなさまも、好きなものを見つけ、夢中になってくださいね。

木村智浩
木村 智浩

オルタナティブ教育研究家
Google、Amazon、Facebook、Microsoft創業者は、モンテッソーリ教育を受けて育ちました。そのモンテッソーリ教育の創始者マリア・モンテッソーリは、このような言葉を残しています。「集中している子どもは、とてつもなく幸せなのです。」
研究では、幸せの要素の一つが、「無我夢中に集中できている時間があること」が分かっています。子どもの願いが叶えられた経験は、その子の自信となり、何事にも前向きに取り組めるようになります。子どもの視点に立って一緒に時間を過ごせる良い時間になると思います。

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ガイアックス 広報窓口:高野 TEL:03-6869-0018 MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

夢中を仕事にしたさかなクンやムネリンに会いに行く! 「夏休み企画 ワクワクに、会いに行こう!」を開催 〜こどもの ”夢中” をみつける夏の特別企画!〜

夏の特別企画 ワクワクに、会いに行こう!

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、2021年8月16日~8月29日の期間に、小さい頃からの “好きや夢中” を仕事にし、夢を叶えた ”おとなたち” に会いに行く「夏休み企画 ワクワクに、会いに行こう!」を開催します。さかなクンや、野球選手のムネリン (川﨑宗則選手)をはじめ、沖縄美ら海水族館のサメ博士、国立科学博物館の昆虫博士や恐竜博士、国立天文台の天文博士ら計10名がオンラインで登場!おとなが夢中になって好きなことを話す様子は、きっと、こどもたちに大切なメッセージを届けてくれること間違いなし。おとな(登壇者)とこどもが共に学び、好きなことにさらに”夢中”になれる特別な時間をお届けします。

夏休み企画!ワクワクに、会いに行こう!

背景1:東京2020大会から学ぶ「楽しい・好き・夢中」という感覚をこどもの頃から養う重要性

わたしたちに多くの感動と勇気を与えてくれている東京2020大会では、多くの選手が「楽しむことを大事にする」ということをインタビュー等で発言されているのを目にした人も多いのではないでしょうか。多大なプレッシャーの中でも、楽しむことを忘れないスタンスは、わたしたちに大事なことを教えてくれたように思います。そんな「楽しい」「好き」「夢中」という感覚を小さい頃から養うことは非常に重要だと考えます。実際、こどもの頃に熱中した経験や夢中になって遊んだ経験がある人ほど、へこたれない力や自己肯定感が養われ、社会を生き抜く資質や能力をはぐくむことが研究でも明らかになっています。※1
※1:2018年 国立青少年教育振興機構「子供の頃の体験がはぐくむ力とその成果に関する調査研究」

背景2:自由研究の本来の目的

夏の自由研究はまさにこどもたちの好きや夢中をはぐぐむ絶好の機会です。夏は自由研究に関連したこども向けイベントがたくさんありますが、多くは「これに参加すれば自由研究を終わらせることができる」という趣旨のものが少なくないように思います。
しかし自由研究の本来の目的は、こどもの探求心をはぐくみ、好きなことや夢中なことを見つけるきっかけを提供することです。※2 今回開催する「夏休み企画 ワクワクに、会いに行こう!」は、夢中なことで生きているおとなの ”ワクワクした様子” や ”熱量” を実際にこどもたちが一緒になって体験することで、こどもたちが自身の “好きや夢中” を見つけ、さらにそれを深めていけるような貴重な機会を提供します。
※2:2019年 ベネッセ教育情報サイト 「「自由研究」で伸ばす力こそ、将来役に立つ力になる」

背景3:“好きなことを仕事に” は不安?こどもを想う親の心配

「こどもには将来好きなことを仕事にして欲しいけど、経済的に不安定なのも親として不安」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
実際、こどもがいる全国の男女を対象に行った調査では「子どもに将来なってほしい職業ランキング」1位は公務員という結果が出ています。理由としては、「大きな夢を持って頑張るのも素晴らしいことだが、やはり安定しているのが一番いいから」という声がありました。 ※3
本イベントはそんな親御さんにもぜひ一緒に参加してもらいたい内容となっています!
※3:2020年 株式会社Biz Hits 「子どもに将来なってほしい職業に関する意識調査」

「夏休み企画 ワクワクに会いに行こう!」3つのポイント

  1. 登壇者が小さい頃からの “好きや夢中” を仕事にし、夢を実現したおとなたちである
    本イベントに登壇するおとなたちは、小さい頃からの好きや夢中を純粋に追いかけ続け、その結果、社会的にも素晴らしい功績を残された素敵な方々です。「こどもたちに夢中な気持ちを大切にしてほしい」「好きなことがあることはカッコイイことなんだ」という想いをもったおとなたちが集結します。そんなおとなたちがワクワクしながら夢中で語る姿に、きっとこどもたちも大切なメッセージを受け取ること間違いなしです。
  2. 豪華メンバーが集結!あらゆるジャンルのプロが登壇!
    さかなクンや野球選手のムネリン(川﨑宗則選手)をはじめ、サメが大好きでうっかりサメに人生を捧げちゃった沖縄美ら海水族館のサメ博士や、あの「ノムラホイホイ」を発明した国立科学博物館の昆虫博士、小さい頃から恐竜大好き一筋の恐竜博士、カリフォルニア在住の国立天文台の天文博士、いきもの大好き少年から旭山動物園の園長になった坂東園長、夢であるアフリカで野生動物との生活を実現したどうぶつ博士などなどが登場します!ユニークで、いつまでもこどものような純粋な心をもった、好きや夢中を追いかけ続ける豪華な顔ぶれがこのイベントで大集結!
  3. 参加者とつくる双方向性のあるイベント
    講義のような一方通行なコミュニケーションではなく、こどもたちがオンラインでも身を乗り出して参加できるような楽しい工夫を登壇者と一緒に仕掛けていきます。クイズや質問コーナーも盛りだくさんです!

イベント概要

期間:2021年8月16日~8月29日
料金:各体験1000円~
時間:各体験約60分
予約:https://tabica.jp/entry/featuring/summer-kids2021/
開催場所:オンラインZoom上で開催します
※8/12よりサービス名が「TABICA」から「aini」に変わります

登壇団体一覧
さかなクン
沖縄美ら海水族館
国立科学博物館
国立天文台
旭山動物園 (坂東元 園長)
UAPACAA 国際保全パートナーズ
アトリエminamo
野球選手 川﨑宗則

さかなクン
さかなクン

さかなクンは朝から晩まで魚、さかな、サカナの毎日でギョざいます。小さい頃からお魚が大好きで、お魚さんたちを夢中で追いかけ続けていたら、「さかなクン」になっていました!”好きに勝るものはなし”!です。好きだから、もっと知りたくなって、夢も広がります。みなさまも、好きなものを見つけ、夢中になってくださいね。

木村智浩
木村 智浩

オルタナティブ教育研究家
Google、Amazon、Facebook、Microsoft創業者は、モンテッソーリ教育を受けて育ちました。そのモンテッソーリ教育の創始者マリア・モンテッソーリは、このような言葉を残しています。「集中している子どもは、とてつもなく幸せなのです。」
研究では、幸せの要素の一つが、「無我夢中に集中できている時間があること」が分かっています。子どもの願いが叶えられた経験は、その子の自信となり、何事にも前向きに取り組めるようになります。子どもの視点に立って一緒に時間を過ごせる良い時間になると思います。

プレスリリースに関する
お問い合わせ

株式会社ガイアックス
広報窓口:高野比呂史
TEL:03-6869-0018
MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

Back To Top