skip to Main Content

PRESS RELEASE

50社超の中小企業やシェアリングエコノミー協会と協同! 新型コロナワクチンの共同職域接種を決定&追加募集開始 ~職域接種の困難な会社や個人を対象、賛同企業・シェアサービスの参加受付~

新型コロナワクチンの共同職域接種

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、新型コロナウイルスワクチンの接種を加速するため、50社を超える企業とパートナーシップを組み、7月より5,000人規模の共同職域接種を実施します。
本取り組みは、アディッシュ株式会社が発起人となり、ガイアックス、株式会社ショーケース、株式会社グッドパッチ、株式会社エーピーコミュニケーションズ、一般社団法人シェアリングエコノミー協会の6社で「共同職域接種実行委員会」を結成し、実行されます。

《本取り組みのポイント》

  • 50社以上の中小企業等が連携し、職域接種の申請に必要な人数を確保
  • 職域接種の機会が無い非会社員のシェアワーカー・ギグワーカーも参加可能※1
  • 本取り組みに賛同する企業は、引き続き参加申し込み可能(6月17日現在)

※1: 株式会社ガイアックスが運営するCtoC体験予約サービス「TABICA(たびか)」のシェアワーカー(ホスト)および一般社団法人シェアリングエコノミー協会の個人会員(シェアワーカーサポートプラン加入者)であるシェアワーカー・フリーランスが対象。

共同職域接種 概要

  • 日程: 7月中に第1回接種、8月中に第2回接種を予定
  • 接種対象:
    -各社の全ての役員、従業員(契約社員、アルバイトを含む)、業務委託、インターン及びその同居家族(配偶者、同性パートナー、子、親)のうち、接種を希望する方
    -一般社団法人シェアリングエコノミー協会の個人会員(シェアワーカーサポートプラン加入者)であるシェアワーカー・フリーランスのうち、接種を希望する方
    -本取り組みに賛同するシェアサービス※2のシェアワーカー・ギグワーカーのうち、接種を希望する方
  • 接種会場: ガイアックスが運営するNagatacho GRiD(東京都千代田区平河町2-5-3)のイベントスペース
  • 対象人数: 5,000人を想定
  • 使用ワクチン:政府より配布のモデルナ社製ワクチン
  • 実施主体:
    アディッシュ株式会社が発起人となり、会場提供をするガイアックス及び株式会社ショーケース、株式会社グッドパッチ、株式会社エーピーコミュニケーションズ、一般社団法人シェアリングエコノミー協会と協力して共同職域接種実行委員会を組成して実施

※2: 6月17日現在、株式会社ガイアックスが運営するCtoC体験予約サービス「TABICA(たびか)」が該当。TABICAより、個別に該当するシェアワーカー(ホスト)の方々へ職域接種のご案内が届きます。

共同職域接種への参加申し込み

こちらのフォームよりご申請ください。
https://www.notion.so/265b156cffe94ae89fc32054fa9e0ea6

流拓巳

流 拓巳

人事総務部長・人事支援チーム責任者

ガイアックスは、メンバーの多様な働き方を応援しています。個々人のビジョン、人生を尊重すれば、会社とメンバーの双方がWin-Winになると信じてのことです。個人が自身の人生の主役になれば、その人の発揮する価値は何倍にもなります。そんな個人がガイアックスと一緒に働いてくれる未来に向けて、働き方改革の取り組みを続けています。現在も、複業や業務委託化という道を選ぶメンバーがいます。
ガイアックスは、会社組織でありながらもコミュニティとして、この場所で多様な働き方をする人々を日々支えていきたいという思いから、今回の共同職域接種実行委員会に参加しました。これからも多様な働き方をされる方々の受け皿となる会社として、さらにより多くの方々に向けた活動への先鞭をつけていきます。

ガイアックスとは:人と人をつなげ新規事業を作り出す、個人が主役のスタートアップスタジオ※

ガイアックスは、他人のことを自分ごととして捉えられる社会を目指して「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」を1999年の創業時からミッションとしています。2015年からはソーシャルメディアの発達により新しく生まれたシェアリングエコノミーにも取り組み始めました。個人間の情報のやり取りがより一層容易になり、ビジネスはBtoB(会社対会社)やBtoC(会社対個人)の取引だけではなく、CtoC(個人対個人)の取引がより一般的になると考えてのことです。
また、これからは個人が主役になるとの思いから、個人が力をより発揮できる環境を整えてきました。日本版ティール組織とも言われる裁量性の高いフラットな組織。事業部の法人化&ストックオプション付与を認めるカーブアウト・オプション制度。起業の成功率を高めるため、出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援もおこなうGaiax STARTUP STUDIO(ガイアックス スタートアップスタジオ)。
これからも、ガイアックスは個人が輝く社会を目指し取り組んでいきます。
※:スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織を指します。出資・事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援を用意し、初めての起業でも成功率を高めることが可能です。

株式会社ガイアックス 概要

設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ガイアックス 広報窓口:高野 TEL:03-6869-0018 MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

50社超の中小企業やシェアリングエコノミー協会と協同! 新型コロナワクチンの共同職域接種を決定&追加募集開始 ~職域接種の困難な会社や個人を対象、賛同企業・シェアサービスの参加受付~

新型コロナワクチンの共同職域接種

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、新型コロナウイルスワクチンの接種を加速するため、50社を超える企業とパートナーシップを組み、7月より5,000人規模の共同職域接種を実施します。
本取り組みは、アディッシュ株式会社が発起人となり、ガイアックス、株式会社ショーケース、株式会社グッドパッチ、株式会社エーピーコミュニケーションズ、一般社団法人シェアリングエコノミー協会の6社で「共同職域接種実行委員会」を結成し、実行されます。

《本取り組みのポイント》

  • 50社以上の中小企業等が連携し、職域接種の申請に必要な人数を確保
  • 職域接種の機会が無い非会社員のシェアワーカー・ギグワーカーも参加可能※1
  • 本取り組みに賛同する企業は、引き続き参加申し込み可能(6月17日現在)

※1: 株式会社ガイアックスが運営するCtoC体験予約サービス「TABICA(たびか)」のシェアワーカー(ホスト)および一般社団法人シェアリングエコノミー協会の個人会員(シェアワーカーサポートプラン加入者)であるシェアワーカー・フリーランスが対象。

共同職域接種 概要

  • 日程: 7月中に第1回接種、8月中に第2回接種を予定
  • 接種対象:
    -各社の全ての役員、従業員(契約社員、アルバイトを含む)、業務委託、インターン及びその同居家族(配偶者、同性パートナー、子、親)のうち、接種を希望する方
    -一般社団法人シェアリングエコノミー協会の個人会員(シェアワーカーサポートプラン加入者)であるシェアワーカー・フリーランスのうち、接種を希望する方
    -本取り組みに賛同するシェアサービス※2のシェアワーカー・ギグワーカーのうち、接種を希望する方
  • 接種会場: ガイアックスが運営するNagatacho GRiD(東京都千代田区平河町2-5-3)のイベントスペース
  • 対象人数: 5,000人を想定
  • 使用ワクチン:政府より配布のモデルナ社製ワクチン
  • 実施主体:
    アディッシュ株式会社が発起人となり、会場提供をするガイアックス及び株式会社ショーケース、株式会社グッドパッチ、株式会社エーピーコミュニケーションズ、一般社団法人シェアリングエコノミー協会と協力して共同職域接種実行委員会を組成して実施

※2: 6月17日現在、株式会社ガイアックスが運営するCtoC体験予約サービス「TABICA(たびか)」が該当。TABICAより、個別に該当するシェアワーカー(ホスト)の方々へ職域接種のご案内が届きます。

共同職域接種への参加申し込み

こちらのフォームよりご申請ください。
https://www.notion.so/265b156cffe94ae89fc32054fa9e0ea6

流拓巳

流 拓巳

人事総務部長・人事支援チーム責任者

ガイアックスは、メンバーの多様な働き方を応援しています。個々人のビジョン、人生を尊重すれば、会社とメンバーの双方がWin-Winになると信じてのことです。個人が自身の人生の主役になれば、その人の発揮する価値は何倍にもなります。そんな個人がガイアックスと一緒に働いてくれる未来に向けて、働き方改革の取り組みを続けています。現在も、複業や業務委託化という道を選ぶメンバーがいます。
ガイアックスは、会社組織でありながらもコミュニティとして、この場所で多様な働き方をする人々を日々支えていきたいという思いから、今回の共同職域接種実行委員会に参加しました。これからも多様な働き方をされる方々の受け皿となる会社として、さらにより多くの方々に向けた活動への先鞭をつけていきます。

ガイアックスとは:人と人をつなげ新規事業を作り出す、個人が主役のスタートアップスタジオ※

ガイアックスは、他人のことを自分ごととして捉えられる社会を目指して「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」を1999年の創業時からミッションとしています。2015年からはソーシャルメディアの発達により新しく生まれたシェアリングエコノミーにも取り組み始めました。個人間の情報のやり取りがより一層容易になり、ビジネスはBtoB(会社対会社)やBtoC(会社対個人)の取引だけではなく、CtoC(個人対個人)の取引がより一般的になると考えてのことです。
また、これからは個人が主役になるとの思いから、個人が力をより発揮できる環境を整えてきました。日本版ティール組織とも言われる裁量性の高いフラットな組織。事業部の法人化&ストックオプション付与を認めるカーブアウト・オプション制度。起業の成功率を高めるため、出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援もおこなうGaiax STARTUP STUDIO(ガイアックス スタートアップスタジオ)。
これからも、ガイアックスは個人が輝く社会を目指し取り組んでいきます。
※:スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織を指します。出資・事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援を用意し、初めての起業でも成功率を高めることが可能です。

株式会社ガイアックス 概要

設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/

プレスリリースに関する
お問い合わせ

株式会社ガイアックス
広報窓口:高野比呂史
TEL:03-6869-0018
MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

Back To Top