Skip to content

プレスリリース

HOKKAIDO STARTUP STUDIO DEMODAY 2024 in Tokyo~北海道×東京の起業家・投資家との大交流会~ “未来のスタートアップアイランド”北海道で起業・投資をする魅力が分かるピッチ&ミートアップイベントを東京で開催!観覧者募集開始!

demoday

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(本社:北海道札幌市、理事長:藤井 裕、以下ノーステック財団)とコンソーシアムを設立し、北海道庁より受託したスタートアップ創出プロジェクト「北海道スタートアップスタジオ」(以下、HSS)において、事業開発支援プログラム「ADVANCED」の集大成であるデモデイ(本イベント)を3月13日(水)に東京で開催いたします。

本イベントは、北海道スタートアップスタジオが約5か月間にわたり支援してきた起業家候補が、投資家からの支援獲得を目指してピッチを行うとともに、北海道と東京近郊の起業家やスタートアップ、投資家・VC、スタートアップ支援者、自治体等が、投資やコラボレーションなどを目的に交流するピッチ&ミートアップイベントです。
北海道IT起業家によるトークセッションや、グローバルでの活躍が期待されているJ-Startup HOKKAIDO企業等の紹介ピッチ、登壇者含めた交流会も実施。北海道ならではの食べ物も提供予定です。北海道での起業に興味がある方や、北海道のスタートアップ・起業家への投資や事業提携に興味がある方、北海道へのUIターンを検討している方など、誰でも参加可能です。

本イベントのポイント

  • 北海道で起業・投資をする魅力が分かる
  • 北海道のスタートアップ・起業家から成功の秘訣や失敗から得た教訓を学べる
  • 北海道や東京近郊の投資家・VC、スタートアップ支援者、自治体等とも交流できる
  • 北海道の美味しい食べ物を堪能できる

事業開発支援プログラム「ADVANCED」とは

一次審査(書類審査・面談審査)と二次審査(2回の現地メンタリング)を実施して、事業開発を支援する起業家候補を6組選抜。審査に通過した起業家候補は、約5か月間の個別メンタリングを受けながら、実用最小限の試作品(MVP)開発・検証等を経て、事業開発を行います。最終的には、投資家を対象としたデモデイでピッチを行い、投資家からの支援獲得を目指すプログラムです。

プログラム詳細:https://hokkaido-startup-studio.jp/advanced/

「HOKKAIDO STARTUP STUDIO DEMODAY 2024 in Tokyo」概要

イベント概要

日時

2024年3月13日(水)13:30-17:30(受付:13:00~)

会場

Tokyo Innovation Base(東京都千代田区丸の内3-8-3SusHi Tech Square 2階)
Google Map:https://maps.app.goo.gl/7N5Qk2ySQQVCPJef6

定員

100名

参加費

無料(ドリンク、軽食あり)

対象者

北海道のスタートアップ・起業家への投資や事業提携に興味がある方、北海道や東京近郊の投資家・VC、自治体等と交流したい方、北海道での起業に興味がある方、北海道へのUIターンを検討している方 等

タイムテーブル

13:00~ 受付
13:30~ オープニング
13:45~ 審査員(投資家・VC)紹介
14:00~ 北海道スタートアップスタジオ起業家(候補)によるHSSピッチ(6組)
15:20~ 北海道IT起業家によるトークセッション
15:50~ J-Startup HOKKAIDO企業等による紹介ピッチ(3社)
16:30~ HSSピッチ審査結果発表
16:50~ 交流会(ドリンク、軽食あり)
北海道の美味しい食べ物を提供予定
~17:30 閉会

 HSSピッチ審査員(投資家・VC、敬称略)

橋田 一秀

株式会社BOOT 代表取締役 エンジェル投資家

橋田 一秀

荻原 国啓

ゼロトゥワン 代表取締役社長

荻原 国啓

近藤 絵水

Gazelle Capital インベストメントチーム キャピタリスト

近藤 絵水

トークセッション内容

テーマ

北海道IT起業家のキャリアストーリー~成功と失敗から得た教訓~
北海道で起業・投資する魅力とは

登壇者

株式会社ファームノートホールディングス 代表取締役 小林晋也

小林晋也

北海道帯広市出身。機械部品商社に入社後、2004年に有限会社スカイアークシステム(現スカイアーク)を設立。「世界の農業の頭脳を創る」という思いから2013年にファームノート、2016年に持ち株会社であるファームノートホールディングスを創業。2020年には、自社牧場で酪農生産のDXを実現するファームノートデーリィプラットフォームを創業。「日本ベンチャー大賞・農林水産大臣賞」「ものづくり日本大賞・内閣総理大臣賞」などを受賞。日経ビジネス 次代を作る100人に選出。

観覧のお申し込み

公式HP・観覧のお申し込み

https://hokkaido-startup-studio.jp/demoday/

定員

100名

参加費

無料

申込締切

2024年3月13日(水)正午
※応募多数の場合は、応募を締め切ります。

北海道スタートアップスタジオの詳細

https://hokkaido-startup-studio.jp/

主催

STARTUP HOKKAIDO実行委員会(https://startup-city-sapporo.com/ )

運営

株式会社ガイアックス( https://www.gaiax.co.jp/ )
公益財団法人北海道科学技術総合振興センター( https://www.noastec.jp/

協力

札幌・北海道スタートアップ・エコシステム推進協議会、旭川市、函館市、小樽市、釧路市、
北海道未来創造スタートアップ育成相互支援ネットワーク(HSFC)

今後の展望:自治体と協力しスタートアップ挑戦者への支援拡大を目指す

ガイアックスのスタートアップスタジオは引き続き、全国どこにいてもスタートアップにチャレンジできる環境を整備していきます。
今回の北海道との取り組みを1つのモデルケースとして、今後は自治体と連携した起業家の育成・スタートアップ創出・スタートアップエコシステムの構築に注力していきます。

中央省庁・自治体・大学・民間企業との取組事例や、起業家教育・スタートアップ創出支援に関する弊社イベント・プログラムの最新情報はこちら

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeXxjdBDOrOsaCGOyd95Bpnzu6ozcVJWPQb1bD09DRKOPFwJg/viewform

自治体と連携した取り組みについてのご相談はこちらまで

ex-biz-studio-ml@gaiax.com (担当:佐々木・亀岡)

HSSに関するプレスリリース

ガイアックスの自治体向けの起業家輩出支援実績

STARTUP STUDIO 3つの事業

ガイアックスのスタートアップスタジオでは「全国どこにいてもスタートアップスタジオに挑戦できる環境」をつくるために、産学官で連携しながら、①起業家教育事業、②インキュベーション事業、そして③投資事業の3つの事業を提供しています。

産学官連携の実績(一部)

自治体:北海道庁、東京都、長野市、名古屋市、山口県、高知県、福岡市など
高等教育機関:福島工業高等専門学校、筑波大学、Tongali(東海圏の大学コンソーシアム)など
民間企業:ノーステック財団、伊藤忠商事、CISCO、アルファドライブ、Prima Pinguino、YMFG ZONEプラニングなど

ガイアックスのスタートアップスタジオについての詳しい事業内容や事例は、こちらから資料をダウンロードいただけます。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSerYVXdmXRi5wOsJICm1POrYLPMtqqU2cpna-4p8Bzff-68Fg/viewform?usp=sf_link

ガイアックスとは:「人と人をつなげる」をミッションに掲げ、社会課題の解決を目指すスタートアップスタジオ※

ガイアックスは、他人のことを自分ごととして捉えられる社会を目指して「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」を1999年の創業時からミッションとしています。2015年からはソーシャルメディアの発達により新しく生まれたシェアリングエコノミーにも取り組み始めました。個人間の情報のやり取りがより一層容易になり、ビジネスはBtoB(会社対会社)やBtoC(会社対個人)の取引だけではなく、CtoC(個人対個人)の取引がより一般的になると考えてのことです。
さらにweb3/DAO(ブロックチェーン)は、シェアリングエコノミーのさらに先にある、個々人が主役となる脱階層組織・フラットなコミュニティを実現するために極めて重要な技術であると目し開発を続けてきました。これからも、ガイアックスは個人が輝く社会を目指し取り組んでいきます。
※:スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織を指します。出資・事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援を用意し、初めての起業でも成功率を高めることが可能です。

直近のソーシャルメディアに関するプレスリリース

ガイアックスのweb3/DAO取り組み実績

株式会社ガイアックス 概要

設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 MIDORI.so NAGATACHO
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、web3/DAO事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ガイアックス 広報窓口:高野 TEL:03-6869-0018 MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

HOKKAIDO STARTUP STUDIO DEMODAY 2024 in Tokyo~北海道×東京の起業家・投資家との大交流会~ “未来のスタートアップアイランド”北海道で起業・投資をする魅力が分かるピッチ&ミートアップイベントを東京で開催!観覧者募集開始!

demoday

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(本社:北海道札幌市、理事長:藤井 裕、以下ノーステック財団)とコンソーシアムを設立し、北海道庁より受託したスタートアップ創出プロジェクト「北海道スタートアップスタジオ」(以下、HSS)において、事業開発支援プログラム「ADVANCED」の集大成であるデモデイ(本イベント)を3月13日(水)に東京で開催いたします。

本イベントは、北海道スタートアップスタジオが約5か月間にわたり支援してきた起業家候補が、投資家からの支援獲得を目指してピッチを行うとともに、北海道と東京近郊の起業家やスタートアップ、投資家・VC、スタートアップ支援者、自治体等が、投資やコラボレーションなどを目的に交流するピッチ&ミートアップイベントです。
北海道IT起業家によるトークセッションや、グローバルでの活躍が期待されているJ-Startup HOKKAIDO企業等の紹介ピッチ、登壇者含めた交流会も実施。北海道ならではの食べ物も提供予定です。北海道での起業に興味がある方や、北海道のスタートアップ・起業家への投資や事業提携に興味がある方、北海道へのUIターンを検討している方など、誰でも参加可能です。

本イベントのポイント

  • 北海道で起業・投資をする魅力が分かる
  • 北海道のスタートアップ・起業家から成功の秘訣や失敗から得た教訓を学べる
  • 北海道や東京近郊の投資家・VC、スタートアップ支援者、自治体等とも交流できる
  • 北海道の美味しい食べ物を堪能できる

事業開発支援プログラム「ADVANCED」とは

一次審査(書類審査・面談審査)と二次審査(2回の現地メンタリング)を実施して、事業開発を支援する起業家候補を6組選抜。審査に通過した起業家候補は、約5か月間の個別メンタリングを受けながら、実用最小限の試作品(MVP)開発・検証等を経て、事業開発を行います。最終的には、投資家を対象としたデモデイでピッチを行い、投資家からの支援獲得を目指すプログラムです。

プログラム詳細:https://hokkaido-startup-studio.jp/advanced/

「HOKKAIDO STARTUP STUDIO DEMODAY 2024 in Tokyo」概要

イベント概要

日時

2024年3月13日(水)13:30-17:30(受付:13:00~)

会場

Tokyo Innovation Base(東京都千代田区丸の内3-8-3SusHi Tech Square 2階)
Google Map:https://maps.app.goo.gl/7N5Qk2ySQQVCPJef6

定員

100名

参加費

無料(ドリンク、軽食あり)

対象者

北海道のスタートアップ・起業家への投資や事業提携に興味がある方、北海道や東京近郊の投資家・VC、自治体等と交流したい方、北海道での起業に興味がある方、北海道へのUIターンを検討している方 等

タイムテーブル

13:00~ 受付
13:30~ オープニング
13:45~ 審査員(投資家・VC)紹介
14:00~ 北海道スタートアップスタジオ起業家(候補)によるHSSピッチ(6組)
15:20~ 北海道IT起業家によるトークセッション
15:50~ J-Startup HOKKAIDO企業等による紹介ピッチ(3社)
16:30~ HSSピッチ審査結果発表
16:50~ 交流会(ドリンク、軽食あり)
北海道の美味しい食べ物を提供予定
~17:30 閉会

 HSSピッチ審査員(投資家・VC、敬称略)

橋田 一秀

株式会社BOOT 代表取締役 エンジェル投資家

橋田 一秀

荻原 国啓

ゼロトゥワン 代表取締役社長

荻原 国啓

近藤 絵水

Gazelle Capital インベストメントチーム キャピタリスト

近藤 絵水

トークセッション内容

テーマ

北海道IT起業家のキャリアストーリー~成功と失敗から得た教訓~
北海道で起業・投資する魅力とは

登壇者

株式会社ファームノートホールディングス 代表取締役 小林晋也

小林晋也

北海道帯広市出身。機械部品商社に入社後、2004年に有限会社スカイアークシステム(現スカイアーク)を設立。「世界の農業の頭脳を創る」という思いから2013年にファームノート、2016年に持ち株会社であるファームノートホールディングスを創業。2020年には、自社牧場で酪農生産のDXを実現するファームノートデーリィプラットフォームを創業。「日本ベンチャー大賞・農林水産大臣賞」「ものづくり日本大賞・内閣総理大臣賞」などを受賞。日経ビジネス 次代を作る100人に選出。

観覧のお申し込み

公式HP・観覧のお申し込み

https://hokkaido-startup-studio.jp/demoday/

定員

100名

参加費

無料

申込締切

2024年3月13日(水)正午
※応募多数の場合は、応募を締め切ります。

北海道スタートアップスタジオの詳細

https://hokkaido-startup-studio.jp/

主催

STARTUP HOKKAIDO実行委員会(https://startup-city-sapporo.com/ )

運営

株式会社ガイアックス( https://www.gaiax.co.jp/ )
公益財団法人北海道科学技術総合振興センター( https://www.noastec.jp/

協力

札幌・北海道スタートアップ・エコシステム推進協議会、旭川市、函館市、小樽市、釧路市、
北海道未来創造スタートアップ育成相互支援ネットワーク(HSFC)

今後の展望:自治体と協力しスタートアップ挑戦者への支援拡大を目指す

ガイアックスのスタートアップスタジオは引き続き、全国どこにいてもスタートアップにチャレンジできる環境を整備していきます。
今回の北海道との取り組みを1つのモデルケースとして、今後は自治体と連携した起業家の育成・スタートアップ創出・スタートアップエコシステムの構築に注力していきます。

中央省庁・自治体・大学・民間企業との取組事例や、起業家教育・スタートアップ創出支援に関する弊社イベント・プログラムの最新情報はこちら

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeXxjdBDOrOsaCGOyd95Bpnzu6ozcVJWPQb1bD09DRKOPFwJg/viewform

自治体と連携した取り組みについてのご相談はこちらまで

ex-biz-studio-ml@gaiax.com (担当:佐々木・亀岡)

HSSに関するプレスリリース

ガイアックスの自治体向けの起業家輩出支援実績

STARTUP STUDIO 3つの事業

ガイアックスのスタートアップスタジオでは「全国どこにいてもスタートアップスタジオに挑戦できる環境」をつくるために、産学官で連携しながら、①起業家教育事業、②インキュベーション事業、そして③投資事業の3つの事業を提供しています。

産学官連携の実績(一部)

自治体:北海道庁、東京都、長野市、名古屋市、山口県、高知県、福岡市など
高等教育機関:福島工業高等専門学校、筑波大学、Tongali(東海圏の大学コンソーシアム)など
民間企業:ノーステック財団、伊藤忠商事、CISCO、アルファドライブ、Prima Pinguino、YMFG ZONEプラニングなど

ガイアックスのスタートアップスタジオについての詳しい事業内容や事例は、こちらから資料をダウンロードいただけます。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSerYVXdmXRi5wOsJICm1POrYLPMtqqU2cpna-4p8Bzff-68Fg/viewform?usp=sf_link

ガイアックスとは:「人と人をつなげる」をミッションに掲げ、社会課題の解決を目指すスタートアップスタジオ※

ガイアックスは、他人のことを自分ごととして捉えられる社会を目指して「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」を1999年の創業時からミッションとしています。2015年からはソーシャルメディアの発達により新しく生まれたシェアリングエコノミーにも取り組み始めました。個人間の情報のやり取りがより一層容易になり、ビジネスはBtoB(会社対会社)やBtoC(会社対個人)の取引だけではなく、CtoC(個人対個人)の取引がより一般的になると考えてのことです。
さらにweb3/DAO(ブロックチェーン)は、シェアリングエコノミーのさらに先にある、個々人が主役となる脱階層組織・フラットなコミュニティを実現するために極めて重要な技術であると目し開発を続けてきました。これからも、ガイアックスは個人が輝く社会を目指し取り組んでいきます。
※:スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織を指します。出資・事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援を用意し、初めての起業でも成功率を高めることが可能です。

直近のソーシャルメディアに関するプレスリリース

ガイアックスのweb3/DAO取り組み実績

株式会社ガイアックス 概要

設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 MIDORI.so NAGATACHO
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、web3/DAO事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/

プレスリリースに関する
お問い合わせ

株式会社ガイアックス
広報窓口:高野比呂史
TEL:03-6869-0018
MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

Back To Top