Skip to content

プレスリリース

福岡市「急成長を目指す起業家輩出プログラム」(FUKUOKA STARTUP ELITE)に開始4ヶ月でのべ約400人超が応募!

FUKUOKA-STARTUP-ELITE
前田桜花
前田桜花
株式会社ガイアックス スタートアップスタジオ事業部インキュベーションマネージャー

本プログラムではスタートアップを目指している方々の成功確率を少しでも上げられるよう、プログラム募集サイト( https://fukuoka-startup-assist.jp/ )に記載の支援メニュー以上の支援を行っています。起業家がつまづくポイントは千差万別であり細やかな支援が必要なため、事業検証の進んだ起業家に対しては、週次で進捗確認を実施のうえ専門家につなぐなど、個別性の高い支援を実現しています。弊社では起業家を支援の型にはめすぎず、邪魔をしないことを運営事務局として強く意識して取り組んでおります。本気で急成長スタートアップを目指し努力される起業家にとって非常にメリットの大きい支援プログラムとなっています。

FUKUOKA STARTUP ELITEの特徴

スタートアップ事業立ち上げ前の徹底的な検証に重きを置いたプログラムです。事業立ち上げ期間を5段階に分け、ステージを上がるためには各ステージごとに設けた審査項目をクリアする必要があります。ステージ後半にいくほど支援内容が質・量ともに増加し、成長可能性の高い起業家に運営資源を集中投下する仕組みを取り入れています。

STAGE01アイデア創出ステージは全ての回で締切前に満員御礼

本プログラムでは当社のスタートアップスタジオとしてのこれまでのノウハウを活かして、福岡市内外の起業家・投資家・起業支援者と協力しながら、福岡市で急成長モデルのスタートアップを目指す起業家を輩出し、さらなるスタートアップエコシステム活性化のための新たなモデルケースを構築することを目指します。
プログラムは、「STAGE01アイデア創出ステージ」から、「STAGE05資金調達ステージ」、そして、2024年3月開催予定の「DEMO DAY」で構成されます。7月から4回開催してきました「STAGE01アイデア創出ステージ」は、80名の応募枠に対して100名超の応募があり、全ての回で締切前に満員御礼となりました。
本プログラムには多数の起業準備層や起業関心層が参加され、福岡市が11年前に「スタートアップ都市ふくおか宣言」をし、起業家育成に取り組まれてきたことなど、「スタートアップ都市」の土壌が育まれていることがわかります。

プログラム応募者の属性を一部紹介!

キックオフイベントを除いたSTAGE01以降の応募者の内訳(2023年10月末時点)においては、20代、30代で約6割と、新規開業者に占める29歳以下5.4%(※1)に対して、本プログラムでは20代が圧倒的に多く、結果的に、若手を中心としたプログラムになっていることが分かります。

プログラム応募者の属性内訳(キックオフイベントを除く。2023年10月末時点)

FUKUOKA STARTUP ELITEプログラム応募者の属性

20代,30代の応募が約6割を占めており、若手を中心に事業開発に取り組んでいる。
なお国内の新規開業年代は、40代に続いて、30代が多く(※2)、本プログラムでは若手層からの応募が多いことがわかります。

※1,2(参考)2022年、日本政策金融公庫「2021年度新規開業実態調査年代データ」より、29歳以下5.4% 30歳代 31.3% 40歳代 36.9% 50歳代 19.4%。 https://virtualoffice-resonance.jp/column/entrepreneurial-age/

本プログラムにおける女性メンター比率は38.9%

FUKUOKA STARTUP ELITE女性メンター比率

本プログラムの女性メンター比率は、38.9%と高く、ロールモデルの面や、ダイバーシティ推進の面など、社会における多様な人材の活躍の面において意義があるものと考えています。

プログラム参加者の声

参加者の声
会社経営者・代表者/福岡市在住/20代/男性/STAGE03参加者
スタートアップを目指すに当たりどのようなストーリーを立てて事業立ち上げに向けて動くべきかを知ることが出来るプログラムです。また、実働の中で随時サポートやアドバイスを頂けるのがとても心強いです。
参加者の声
会社役員/福岡市在住/30代/男性/STAGE03参加者
私たちは事前に事業プランを作っており、どのステージから参加すればよいのか運営事務局と相談してステージ1から参加しましたが、実際それが良かったと思っています。運営事務局の調整が細部に行き届いており、ビジネスプランのブラッシュアップ、ウェブ広告等など多岐にわたる専門的なアドバイスを各ステージでサポートいただきながら実践しています。効率的な事業化ノウハウを学ぶ体験として非常に価値があると感じています。
参加者の声
フリーランス/福岡市在住/40代/女性/STAGE03参加者
個人でやっていたビジネスをスケールアップしたくて、このプログラムに参加しました。ビジネスに必要なことはだいたい学んだつもりでいましたが、ランディングページ1つ作るにしても、まだまだ知らないことがあるのだと驚かされました。運営の方、メンターの方、皆さん優秀な方ばかりですし、その方々が惜しみなく支援してくださるので本当に助かってます。以前、60万円以上のコンサルを受けたことがありますが、そのときの内容よりかなり充実していて、本当に無料なの?!と思う内容です。

関係者の声

運営者の声

佐々木 喜徳
株式会社ガイアックス 執行役・スタートアップスタジオ事業責任者
佐々木 喜徳

開始4ヶ月という短期間で約400人の応募をいただきました。弊社は全国で起業支援をしていますが、若年層や女性の応募も多く、プレイヤーの多様性に富んでいることは特徴かつ魅力と考えています。高島市長や市職員の方々の熱量も非常に高く、過去の福岡市の支援者の皆様が土壌を作っていただいたことも相成り、多くの起業家候補の方々にご応募をいただけたものと感謝しています。引き続き福岡市におけるスタートアップエコシステムの活性化に貢献できるよう、尽力して参ります。

講師の声

廣渡 裕介
株式会社ガイアックス web3事業本部・コンサルティング責任者
廣渡 裕介

「STAGE03独自価値検証フェーズ」の講師をさせていただきましたが、参加者のみなさんの熱意と実行力に驚きました。
差別化を図るためのコンセプトの見直しからLPの作成まで、徹底して磨き込みをされていました。今後の出来上がりを楽しみにしております。

メンターの声

杉之原明子
アディッシュ株式会社取締役、特定非営利活動法人みんなのコードCOO
杉之原明子氏

プログラムに挑戦されているみなさんのメンターを担当させていただいています。解決が難しいテーマに、強い思いで向かわれている姿に、エネルギーをいただいています。私も、自分にできることで貢献したいと考えています。これからの道のりが楽しみです。

ガイアックスの自治体向けの起業家輩出支援実績

ガイアックスのスタートアップスタジオでは「全国どこにいてもスタートアップスタジオに挑戦できる環境」をつくるために、産学官で連携しながら、1.起業家教育事業、2.インキュベーション事業、そして3.投資事業の3つの事業を提供しています。

STARTUP STUDIO 3つの事業

産学官連携の実績(一部)

自治体:北海道庁、東京都、長野市、名古屋市、山口県、高知県、福岡市など
高等教育機関:福島工業高等専門学校、筑波大学、Tongali(東海圏の大学コンソーシアム)など
民間企業:ノーステック財団、伊藤忠商事、CISCO、アルファドライブ、Prima Pinguino、YMFG ZONEプラニングなど

ガイアックスのスタートアップスタジオについての詳しい事業内容や事例は、こちらから資料をダウンロードいただけます。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSerYVXdmXRi5wOsJICm1POrYLPMtqqU2cpna-4p8Bzff-68Fg/viewform?usp=sf_link

自治体と連携したお取り組みについてのご相談はこちら

株式会社ガイアックス スタートアップスタジオ事業部 ex-biz-studio-ml@gaiax.com

ガイアックスとは:「人と人をつなげる」をミッションに掲げ、社会課題の解決を目指すスタートアップスタジオ※

ガイアックスは、他人のことを自分ごととして捉えられる社会を目指して「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」を1999年の創業時からミッションとしています。2015年からはソーシャルメディアの発達により新しく生まれたシェアリングエコノミーにも取り組み始めました。個人間の情報のやり取りがより一層容易になり、ビジネスはBtoB(会社対会社)やBtoC(会社対個人)の取引だけではなく、CtoC(個人対個人)の取引がより一般的になると考えてのことです。
さらにweb3/DAO(ブロックチェーン)は、シェアリングエコノミーのさらに先にある、個々人が主役となる脱階層組織・フラットなコミュニティを実現するために極めて重要な技術であると目し開発を続けてきました。これからも、ガイアックスは個人が輝く社会を目指し取り組んでいきます。
※:スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織を指します。出資・事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援を用意し、初めての起業でも成功率を高めることが可能です。

株式会社ガイアックス 概要

設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 MIDORI.so NAGATACHO
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、web3/DAO事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ガイアックス 広報窓口:高野 TEL:03-6869-0018 MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

福岡市「急成長を目指す起業家輩出プログラム」(FUKUOKA STARTUP ELITE)に開始4ヶ月でのべ約400人超が応募!

FUKUOKA-STARTUP-ELITE
前田桜花
前田桜花
株式会社ガイアックス スタートアップスタジオ事業部インキュベーションマネージャー

本プログラムではスタートアップを目指している方々の成功確率を少しでも上げられるよう、プログラム募集サイト( https://fukuoka-startup-assist.jp/ )に記載の支援メニュー以上の支援を行っています。起業家がつまづくポイントは千差万別であり細やかな支援が必要なため、事業検証の進んだ起業家に対しては、週次で進捗確認を実施のうえ専門家につなぐなど、個別性の高い支援を実現しています。弊社では起業家を支援の型にはめすぎず、邪魔をしないことを運営事務局として強く意識して取り組んでおります。本気で急成長スタートアップを目指し努力される起業家にとって非常にメリットの大きい支援プログラムとなっています。

FUKUOKA STARTUP ELITEの特徴

スタートアップ事業立ち上げ前の徹底的な検証に重きを置いたプログラムです。事業立ち上げ期間を5段階に分け、ステージを上がるためには各ステージごとに設けた審査項目をクリアする必要があります。ステージ後半にいくほど支援内容が質・量ともに増加し、成長可能性の高い起業家に運営資源を集中投下する仕組みを取り入れています。

STAGE01アイデア創出ステージは全ての回で締切前に満員御礼

本プログラムでは当社のスタートアップスタジオとしてのこれまでのノウハウを活かして、福岡市内外の起業家・投資家・起業支援者と協力しながら、福岡市で急成長モデルのスタートアップを目指す起業家を輩出し、さらなるスタートアップエコシステム活性化のための新たなモデルケースを構築することを目指します。
プログラムは、「STAGE01アイデア創出ステージ」から、「STAGE05資金調達ステージ」、そして、2024年3月開催予定の「DEMO DAY」で構成されます。7月から4回開催してきました「STAGE01アイデア創出ステージ」は、80名の応募枠に対して100名超の応募があり、全ての回で締切前に満員御礼となりました。
本プログラムには多数の起業準備層や起業関心層が参加され、福岡市が11年前に「スタートアップ都市ふくおか宣言」をし、起業家育成に取り組まれてきたことなど、「スタートアップ都市」の土壌が育まれていることがわかります。

プログラム応募者の属性を一部紹介!

キックオフイベントを除いたSTAGE01以降の応募者の内訳(2023年10月末時点)においては、20代、30代で約6割と、新規開業者に占める29歳以下5.4%(※1)に対して、本プログラムでは20代が圧倒的に多く、結果的に、若手を中心としたプログラムになっていることが分かります。

プログラム応募者の属性内訳(キックオフイベントを除く。2023年10月末時点)

FUKUOKA STARTUP ELITEプログラム応募者の属性

20代,30代の応募が約6割を占めており、若手を中心に事業開発に取り組んでいる。
なお国内の新規開業年代は、40代に続いて、30代が多く(※2)、本プログラムでは若手層からの応募が多いことがわかります。

※1,2(参考)2022年、日本政策金融公庫「2021年度新規開業実態調査年代データ」より、29歳以下5.4% 30歳代 31.3% 40歳代 36.9% 50歳代 19.4%。 https://virtualoffice-resonance.jp/column/entrepreneurial-age/

本プログラムにおける女性メンター比率は38.9%

FUKUOKA STARTUP ELITE女性メンター比率

本プログラムの女性メンター比率は、38.9%と高く、ロールモデルの面や、ダイバーシティ推進の面など、社会における多様な人材の活躍の面において意義があるものと考えています。

プログラム参加者の声

参加者の声
会社経営者・代表者/福岡市在住/20代/男性/STAGE03参加者
スタートアップを目指すに当たりどのようなストーリーを立てて事業立ち上げに向けて動くべきかを知ることが出来るプログラムです。また、実働の中で随時サポートやアドバイスを頂けるのがとても心強いです。
参加者の声
会社役員/福岡市在住/30代/男性/STAGE03参加者
私たちは事前に事業プランを作っており、どのステージから参加すればよいのか運営事務局と相談してステージ1から参加しましたが、実際それが良かったと思っています。運営事務局の調整が細部に行き届いており、ビジネスプランのブラッシュアップ、ウェブ広告等など多岐にわたる専門的なアドバイスを各ステージでサポートいただきながら実践しています。効率的な事業化ノウハウを学ぶ体験として非常に価値があると感じています。
参加者の声
フリーランス/福岡市在住/40代/女性/STAGE03参加者
個人でやっていたビジネスをスケールアップしたくて、このプログラムに参加しました。ビジネスに必要なことはだいたい学んだつもりでいましたが、ランディングページ1つ作るにしても、まだまだ知らないことがあるのだと驚かされました。運営の方、メンターの方、皆さん優秀な方ばかりですし、その方々が惜しみなく支援してくださるので本当に助かってます。以前、60万円以上のコンサルを受けたことがありますが、そのときの内容よりかなり充実していて、本当に無料なの?!と思う内容です。

関係者の声

運営者の声

佐々木 喜徳
株式会社ガイアックス 執行役・スタートアップスタジオ事業責任者
佐々木 喜徳

開始4ヶ月という短期間で約400人の応募をいただきました。弊社は全国で起業支援をしていますが、若年層や女性の応募も多く、プレイヤーの多様性に富んでいることは特徴かつ魅力と考えています。高島市長や市職員の方々の熱量も非常に高く、過去の福岡市の支援者の皆様が土壌を作っていただいたことも相成り、多くの起業家候補の方々にご応募をいただけたものと感謝しています。引き続き福岡市におけるスタートアップエコシステムの活性化に貢献できるよう、尽力して参ります。

講師の声

廣渡 裕介
株式会社ガイアックス web3事業本部・コンサルティング責任者
廣渡 裕介

「STAGE03独自価値検証フェーズ」の講師をさせていただきましたが、参加者のみなさんの熱意と実行力に驚きました。
差別化を図るためのコンセプトの見直しからLPの作成まで、徹底して磨き込みをされていました。今後の出来上がりを楽しみにしております。

メンターの声

杉之原明子
アディッシュ株式会社取締役、特定非営利活動法人みんなのコードCOO
杉之原明子氏

プログラムに挑戦されているみなさんのメンターを担当させていただいています。解決が難しいテーマに、強い思いで向かわれている姿に、エネルギーをいただいています。私も、自分にできることで貢献したいと考えています。これからの道のりが楽しみです。

ガイアックスの自治体向けの起業家輩出支援実績

ガイアックスのスタートアップスタジオでは「全国どこにいてもスタートアップスタジオに挑戦できる環境」をつくるために、産学官で連携しながら、1.起業家教育事業、2.インキュベーション事業、そして3.投資事業の3つの事業を提供しています。

STARTUP STUDIO 3つの事業

産学官連携の実績(一部)

自治体:北海道庁、東京都、長野市、名古屋市、山口県、高知県、福岡市など
高等教育機関:福島工業高等専門学校、筑波大学、Tongali(東海圏の大学コンソーシアム)など
民間企業:ノーステック財団、伊藤忠商事、CISCO、アルファドライブ、Prima Pinguino、YMFG ZONEプラニングなど

ガイアックスのスタートアップスタジオについての詳しい事業内容や事例は、こちらから資料をダウンロードいただけます。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSerYVXdmXRi5wOsJICm1POrYLPMtqqU2cpna-4p8Bzff-68Fg/viewform?usp=sf_link

自治体と連携したお取り組みについてのご相談はこちら

株式会社ガイアックス スタートアップスタジオ事業部 ex-biz-studio-ml@gaiax.com

ガイアックスとは:「人と人をつなげる」をミッションに掲げ、社会課題の解決を目指すスタートアップスタジオ※

ガイアックスは、他人のことを自分ごととして捉えられる社会を目指して「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」を1999年の創業時からミッションとしています。2015年からはソーシャルメディアの発達により新しく生まれたシェアリングエコノミーにも取り組み始めました。個人間の情報のやり取りがより一層容易になり、ビジネスはBtoB(会社対会社)やBtoC(会社対個人)の取引だけではなく、CtoC(個人対個人)の取引がより一般的になると考えてのことです。
さらにweb3/DAO(ブロックチェーン)は、シェアリングエコノミーのさらに先にある、個々人が主役となる脱階層組織・フラットなコミュニティを実現するために極めて重要な技術であると目し開発を続けてきました。これからも、ガイアックスは個人が輝く社会を目指し取り組んでいきます。
※:スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織を指します。出資・事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援を用意し、初めての起業でも成功率を高めることが可能です。

株式会社ガイアックス 概要

設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 MIDORI.so NAGATACHO
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、web3/DAO事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/

プレスリリースに関する
お問い合わせ

株式会社ガイアックス
広報窓口:高野比呂史
TEL:03-6869-0018
MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com

Back To Top