地域の暮らしを体験できる着地型観光サービス「TABICA(たびか、 http://tabica.jp/ )」※は、『日本人の京都離れを止めるには?』をテーマにしたトークイベント&説明会を開催します。
TABICAでは関西圏において、これまでに1300回を超える体験型の観光サービスを提供してきました。本イベントでは、観光サービスの提供者が、日本人離れが進む京都の観光業を今後どのように作っていくか、パネルディスカッションします。また、TABICAで新しくサービスを提供したいと考えている方たちに向けての説明会&交流会もおこないます。
※:株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)が運営しています。

うなぎのしお冨
店主 潮見洋

NPO法人加茂女(かもめ)

理事長 曽我千代子

開催概要

日時:6月28日(金)19:30~
場所:サクラカフェ(京都府京都市下京区西七条南月読町101サクラゲストハウス)

登壇者: 潮見洋(川魚料理専門店「しお冨」店主) https://tabica.jp/users/176

→ウナギ・鮎釣り&実食の体験を提供。
曽我千代子(竹林クリエイター/NPO法人加茂女 代表) https://tabica.jp/users/273

→竹炭づくりや流しそうめん体験などを提供。今年度前期・予約者数関西No.1!
五幣喜美子(京都コーディネーター)

参加対象:京都の観光で何か新しいことをしたいと考えている方、TABICAの取り組みに興味のある方、
TABICAで観光サービスの提供をしてみたいと考えている方

定員:30名

一般参加申込ページ: https://tabica.jp/travels/8763

タイムテーブル:
19:30-19:40 イベント趣旨説明
19:40-20:00 TABICAサービス概要説明
20:00-20:40 TABICA事業部長×TABICAホスト(3名)による
パネルディスカッション
20:40-21:30 懇親会

TABICA 事業部長 原田 祐二

■TABICA( https://tabica.jp/ )とは

CtoCのローカルガイドマッチングサービス。観光名所めぐりなどの定型的なパッケージになりやすい、従来の旅行会社が企画する「発地型観光」ではなく、地域の人が体験プログラムを企画し、個人に向けて提供しています。地域の文化や自然に根差した体験を楽しむことができるのが特徴です。

”日本人離れ”の京都でTABICAが貢献できると考えていること

京都市内に宿泊した日本人観光客は4年連続でマイナス、日帰りの日本人客も前年割れするなど、日本人の京都離れが進んでいます(京都市観光協会参照)。TABICAでは、和菓子作りや歴史散策、定番観光地巡りなど、定型的な観光とは異なる内容を提供しています。”定番”に飽きた日本人観光客を呼び込むことができるとともに、観光客を分散化させることで、日本人離れの一因とされている混雑の解消にもつながると考えています。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ガイアックス 広報窓口:高野 TEL:03-6869-0018 MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com