10月2日の弊社代表に関する一部報道について

当社代表執行役社長である上田祐司が妻の実家に住居侵入した疑いで現行犯逮捕されたとの 報道が日経新聞電子版に掲載され、当社はこの件を弁護士からの連絡で把握いたしました。
本件につきまして、皆様方にご心配、ご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上 げます。

現在、当社は逮捕の事実を把握しているのみであり、それ以外の情報につきましては速やか に事実確認をしてまいりますが、当社としては、一日も早く警察の手によって事実関係が明ら かになることを願っています。

関係各位の皆様には、引き続きご心配とご迷惑をおかけいたしますが、現況について何卒ご 理解賜りますようお願い申し上げます。

(追記)2017年10月3日

当社代表執行役社長の逮捕に関する経過について

・弊社代表上田が逮捕された事実につきまして
2017年10月2日、弊社代表執行役社長である上田祐司が妻の実家に住居侵入した疑いで現行犯逮捕されました。その後、被害届が取り下げられ、翌日10月3日に上田の釈放を確認するにいたっております。

(追記)2017年10月12日

当社代表執行役社長の処分について

・処分に関して
2017年10月12日の取締役会にて、ご心配や多数のお問い合わせをいただく事態を引き起こしたことを踏まえて、以下のとおり処分を行うことを決定いたしました。

厳重注意

なお、取締役会でのヒアリング内容の概要となります。

・上田の妻が子ども二人を連れて、妻の実家に帰ったため、上田も妻の実家に向かう。
・10月2日、電話やドアチャイムの反応もないまま、上田が義実家前で妻との接触機会を待っていたところ、義父が扉を開けて出てきたため、挨拶をし、玄関口に子どもたちがいたため、上田は子どもに会おうとしたが、義父は上田を制止。子どもからの呼びかけもあり、上田は義父の制止を振り切り、子どもへ向かおうと玄関内に入るも、義父はその場で警察に通報。
・通報したことを確認し、義父と上田が玄関前で警察の到着を待つ。事情聴取にて、上田は静止を振り切って侵入したことを認め、そのまま現行犯逮捕となる。

(追記) 2017年11月1日

2017年11月1日に、不起訴処分の通知を受領

(追記) 2019年9月11日

2019年8月16日の取締役会にて、上田から以下の通り報告がありました。
子ども二人の親権について協議を続けた結果、特に財産分与等の金銭的な負担なく、2019年6月に上田が親権を持つ形で、円満に離婚が成立。

(※また、離婚については、上田から、下記の個人ブログの一部にて、報告をしております。
https://yujiueda.com/blog/archives/1227

  • 私が社内靴磨きを始めた理由私が社内靴磨きを始めた理由 新卒入社してちょうど1年が経ちました。入社してから改めて気づいたことですが、ガイアックスには、業務に直接関係ないかもしれないけれどユニークな活動をしているメンバーが本当にたくさんいます。また、ガイアックスという会社は個人のやりたいことを最大限に応援するという文化があり、最近カルチャーエンバシー(文化使節団)という取り組みも先日発足しました。 […]
  • 働き方に悩み、公務員になるつもりだった20代後半(同期対談・後編)働き方に悩み、公務員になるつもりだった20代後半(同期対談・後編) 私には、佐原君という同期がいる。今年4月3日にガイアックスから分社化した、EDGE株式会社の代表取締役だ。「あの佐原さんが?」という声を複数聞いたが、そう、こんなことにも付き合ってくれる心優しい人である。 […]
  • 【寄稿文】キャリア研究の私が出会ったガイアックス〜副業解禁企業の中での違い〜【寄稿文】キャリア研究の私が出会ったガイアックス〜副業解禁企業の中での違い〜 「変わった会社」と言われるガイアックスですが、世の中には自由でユニークな会社が増えています。そういった他の会社さんとガイアックスには何か違いがあるのでしょうか?広島大学大学院でパラレルキャリアの研究をされている謝金菊(シャキンギク)さんにガイアックスでパラレルキャリアを実践するメンバーにインタビュー頂きました。ガイアックスのメンバーと接する中で謝金菊さんの心に残ったこととは? […]
  • 社員総会及び合宿研修「Gaiax Retreat. Rediscover. Refocus.」実施報告!!社員総会及び合宿研修「Gaiax Retreat. Rediscover. Refocus.」実施報告!! ガイアックスグループでは、毎年夏に合宿を行っています。ただ、組織が拡大し、複数の会社で構成されるグループ会社になってくると、誰でも楽しめるアクティビティや運動会などの企画が中心となってきました。しかし、一方で、自分自身や自分の人生に向き合い、内省したり、理解を深めたり、さらにそれを他の人と話せるような機会を作りたいと思っていました。 […]