上田 祐司

上田 祐司
株式会社ガイアックス 代表執行役

ロコタビは、昔から何度も個人として利用してきたサービスです。この度、資本提携を結ぶことができ、本当に嬉しく思っています。

そもそも旅行とは何か。旅先で、現地の人と話すということ自体が、旅行だと思っています。もちろん、言葉も通じづらい、文化も全くわからない、本当の現地の人とも、Airbnbや、体験サービスや、ライドシェアなどを使って、交流をしてきています。
ただ、現地に住んでいる日本人の方々も、日本人がびっくりすること、カルチャーショックを感じることを正しく知りつつ、現地のこともわかっていて、間に立って、つなげてくれる、本当に旅行を満喫させてくれる現地の人なのです。このロコタビというサービスは、そういった人とつなげるサービスで、だからこそ、僕の大好きなサービスでした。

コロナで、一時的には、海外旅行全部が減っています。
ただ、これから、ますます団体旅行はなくなり、個人手配のプライベートな旅行になるでしょう。ロコタビのような旅行こそ必要となってくると思います。
また、ビジネスの現場では、海外出張に行けないからこそ、ロコタビを使っての、現地での通訳を頼む件数は減るかもしれません。ただ、逆に、現地での商談やイベント参加や現地調査などの代行や代理自体を依頼することが増えると思っています。

こういったウィズコロナ時代に沿った新しいサービスも強化していっていただきたいですし、ガイアックスもそういったことをお手伝いしてしていきたいと思っています。

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、以下 ガイアックス)は、株式会社ロコタビ(本社:東京都千代田区、代表取締役:椎谷豊、以下 ロコタビ)と資本提携契約を締結し株式の一部を取得しました。
ガイアックスはロコタビの成長可能性に着目し、またロコタビは海外旅行需要が回復するまでの財務基盤を強化したいとの目的から今回の資本提携に至りました。ガイアックスはロコタビが事業に注力できるよう、システム開発や管理部門まわりのサポートをおこない、ロコタビの上場に向けた取り組みを加速していきます。

Gaiax Logo
ロゴタビ

ロコタビについて

ロコタビは、「もっと世界と気軽につながって、本当に自分の『したい』事が手軽にできるようになることで、今よりも世界が身近に感じられる世の中を作りたい。」をビジョンに掲げ、海外在住日本人に観光案内や現地サポート、ビジネス通訳、食事のアテンドなど、「したいこと」を自由に依頼できる海外マッチングプラットフォーム「ロコタビ」を提供しています。ロコタビは世界171カ国2400都市在住の日本人をネットワークしており、海外在住日本人の登録者は約50000人を超えます。

株式会社ロコタビ 概要
設立:2015年12月1日
代表者:代表取締役 椎谷 豊
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
事業内容:ロコと創るタウンガイド・サービス『ロコタビ』の運営
URL:https://traveloco.co.jp/

ロコタビの事業展望

ロコタビは、ガイアックスによる支援の元、以下2点の企業向けビジネスを進めていきます。新型コロナウイルスにより人々の生活様式が一変する中、これから求められるサービスにより注力していきます。

  • 海外在住日本人による現地調査等の業務代行
  • 海外在住リモートワーク人材の雇用支援

ガイアックスについて:個人が主役の世の中になることを信じ、振り切った施策を実行

ガイアックスは、「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」をミッションに、近年はソーシャルメディアの浸透によって生まれたシェアリングエコノミーに取り組んでいます。インターネットが発達することで、個々人での情報のやり取りがより一層容易になり、BtoB(会社対会社)の取引だけではなく、CtoC(個人対個人)の取引へのニーズが生まれています。
また、今後はCtoCの取引割合が増加していき、将来的にはCtoCの取引が主役になると予測しています。ガイアックスはCtoCの取引が主役になった将来においても、引き続き必要とされる会社組織とはどのようなものかを絶えず模索中です。そのため、個人や個人のミッションに重きをおいた各種施策を実施しています。

  • 個人の大きな裁量、リモートワークの推進
  • 個人ミッションに基づいたガイアックスからの卒業&起業と、それへの出資
  • カーブアウトオプション制度(事業部の子会社化・第三者資本受け入れを含めた自由な資本政策)
  • スタートアップスタジオ(プレシード期での出資、新規事業の立ち上げ、管理機能の提供)

近頃は日本版のティール組織として認知され、2019年9月に開催された『ティール組織』著者のフレデリック・ラルー氏の来日イベントでは、ラルー氏との対談が実現しました。

今回のロコタビとの資本提携は、スタートアップスタジオなどで培ってきた、出資先支援のノウハウを最大限に活かす好例と位置づけています。また、これからも有望な企業に対し出資および支援をおこない、対象企業の企業価値をいち早く向上させることを目指します。

株式会社ガイアックス 会社概要

設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ガイアックス 広報窓口:高野 TEL:03-6869-0018 MAIL: hiroshi.takano@gaiax.com


上田 祐司

上田 祐司

1997年の大学卒業後に起業を志し、ベンチャー支援を事業内容とする会社に入社。一年半後、同社を退社。1999年、24歳で株式会社ガイアックスを設立する。30歳で名証セントレックス市場へ上場。
社団法人シェアリングエコノミー協会の代表理事を務める。同志社大学経済学部卒。