農家の人手不足を解決するデイワークアプリ『シェアグリ』が、七十七銀行ら主催の地域共創型ビジネスコンテストX-TechInnovation2019の東北地区最終選考会にて『特別賞』と『協賛企業賞』を受賞しました

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)の出資先であり、農業人材のシェアリングを推進する株式会社シェアグリ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井出飛悠人、以下 シェアグリ)は、株式会社七十七銀行(頭取 小林 英文)、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(取締役会長兼社長 紫戸 隆成)、北海道銀行(頭取 笹原 晶博)、沖縄銀行(頭取 山城 正保)が共同主催するビジネスコンテストX-Tech Innovation 2019 (クロステック イノベーション2019)の東北地区最終選考会で、「農業の人手不足解消という社会課題に対して、地域内外の方が働き手としてマッチングすることで解決できる可能性がある」点などを評価いただき、特別賞と協賛企業賞を受賞しました。 シェアグリは、農家の超短期求人マッチングを実現することで、農業に興味を持つ人に対し、「その日だけの農作業」を可能にしました。農作業希望者であるゲストと、受け入れ農家であるホストをマッチングさせ、農作業を行ってもらいます。このように地域内外の人材をマッチングすることで、地域の経済活性化を目指します。