skip to Main Content

TRUSTDOCK、犯罪収益移転防止法の規制強化に対応する、本人確認時の補助書類確認APIを提供開始 〜あわせてグローバルでの本人確認手法にも対応〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)の出資先である株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)は、e-KYC/本人確認APIサービス「TRUSTDOCK 本人確認サービス」にて、公的身分証だけでなく、公共料金支払明細書等、本人確認における二点確認を実現する「補助書類確認API」の提供を開始いたしました。これにより、平成32年4月1日施行予定の犯罪収益移転防止法 施行規則改正に対応できるほか、グローバルでの本人確認手法「公的証明書+住所確認書類」にも対応いたします。

ビックカメラグループのソフマップが提供する、 らくらくかんたん買取アプリ「ラクウル」に、 e-KYC/本人確認APIサービス「TRUSTDOCK」を導入実施

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)の出資先である株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)とビックカメラグループの株式会社ソフマップ(本社:東京都千代田区、代表取締役:渡辺 武志、以下 ソフマップ)は、本人確認業務の代行において業務提携することに合意し、ソフマップが提供する『らくらくかんたん買取アプリ「ラクウル」』における本人確認業務代行の導入実施を完了したことをご報告します。 ソフマップは、TRUSTDOCKが提供する、e-KYC/本人確認APIサービス「TRUSTDOCK」により、「ラクウル」を利用するユーザーの本人確認業務をスムーズに行なうことが可能となります。
Trustdock

TRUSTDOCK、仮想通貨や送金、古物等フィンテック事業者向け、 本人確認のオンライン完結を実現するプロダクト開発に着手 〜本人確認/KYCの専業会社として 500 Startups Japanらから資金調達実施〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)の出資先である株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)は、フィンテック市場における利便性向上を図るため、オンラインで完結する新しい本人確認方法に対応したプロダクトを開発いたします。現在提供中のAPI型本人確認サービス「TRUSTDOCK」と連携させることで、個人融資や海外送金、仮想通貨取引所やICO、買い取り等の古物商も含め、あらゆるフィンテック事業者の口座開設時や取引時のKYC(※1)がオンライン完結で行うことができるようになります。

レシートをスマホ撮影するだけで現金がもらえるアプリ「ONE」に API型本人確認サービス「TRUSTDOCK」を導入実施

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)の出資先である株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)とONE FINANCIAL株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山内 奏人、以下 ONE FINANCIAL)は、本人確認業務の代行において業務提携することに合意し、ONE FINANCIALが開発・展開するレシートが現金になるアプリ「ONE」における本人確認業務代行の導入実施を完了したことをご報告します。  ONE FINANCIALは、TRUSTDOCKが提供するAPI型オンライン本人確認サービス「TRUSTDOCK」により、「ONE」を利用するユーザーの本人確認業務をスムーズに行なうことが可能となります。
Back To Top