skip to Main Content
Share2018

シェアリングサービスは領域を広げながら便利に進化していくはず!2018年注目の注目すべきシェアリングサービス

シェアリングエコノミー協会事務局長の佐別当が2018年に注目すべきシェアリングサービスについてインタビューを受けました。以下、「Share!×Share!×Share!」から記事を転載しております。ここ2年の間、メディアへの露出も増え、徐々に「シェアリングエコノミー」という単語も浸透。政府の成長戦略のひとつとなり、世間的にも注目を集めるようになりました。一方で、今年の民泊新法改正の争点にもなった“安心・安全をどう確保するのか?”であったり、“既存業界とどのように調整していくか?”という新たな課題も浮き彫りになっています。
Skill_share_event

誰でも好きなことで始められるスキルシェア。Share!Share!Share!交流会 <スキルシェアVol.1>イベントレポート

シェアリングエコノミーを使う楽しさを知ってもらい、実際にサービスを通してシェアサービスを体験して欲しい!という想いのもとで、さまざまな分野のホストをインタビュー形式で紹介してきたShare!Share!Share!インタビューを読んで、実際にシェアサービスを使ってみたという意見もいただくようになりました。

TABICAの新しいホスト像 〜地域プロデューサーとしての役割〜

様々な人の暮らしを体験できるTABICA。簡単にいうと体験のECサイトなのですが、一般個人の方でも体験を企画して掲載できるところに特徴があり、体験を提供してくださる方を「ホスト」と呼んでいます。これまでのTABICAのホストは、何かしらのスキルなり、知識なりを持っているいわゆる「職人」的な人だったのですが、そうじゃない人も体験を開催できるのではないか?ということを最近考えています。
つながりシェア保育園

”保育園+シェアハウス+民泊”が集約された「つながりシェア保育園」の基本理念は「いきいき」

ついに今冬オープン予定となった「つながりシェア保育園」。クラウドファンディングの成功からどのような軌跡を辿っているのか?また、イベントの参加者たちと新しい保育のカタチを模索したい!という目的のもと、Nagatacho GRIDでコミュニティイベントが行なわれました。

日本のインバウンド観光が増えている中、地方自治体がするべきこと。

私のミッションは日本の地方自治体が訪日観光を発展させる事かできるよう手助けする事です。自治体や、協会などが訪日外国人の見知らぬ考え方を理解出来るよう、解明してさしあげるようにしています。彼らが国際的な未来への新しい道を見つけるよう、力を加えさせて頂きます。力を加えさせて頂きます。
Tadaku Lesson

英語も料理も全くできない私が、外国人家庭料理教室に参加してみた

外国人家庭料理教室のTadakuに参加して参りました!Tadakuには前々から興味があったのですが、料理経験がほとんどゼロに近い私には、なかなか参加に踏み切る勇気がありませんでした。というわけで、今回はTadakuで働く先輩におすすめを聞いてみることに。すると優しい先輩が一緒に参加してくださることに。こうして私の料理への挑戦は始まりました!
Crowd Realty Project

“21世紀型保育”の新たなケースワークを目指す、「渋谷区上原シェア保育園」プロジェクト

弊社のメンバー佐別当が中心になり進められた「渋谷区上原シェア保育園」プロジェクトが11日間で1億7400万円を調達し、大きな注目が集まりました。 シェアハウスと保育園を組み合わせることで、“開かれた施設運営”が可能になり、 都心部での待機児童問題解決の可能性を示すことができるケースワークとして、このプロジェクトへの期待の高さが感じられます。
Trust.mark.award.

シェアリングエコノミー認証マークがついにスタートした

7月25日、代表理事を務めるシェアリングエコノミー協会による「シェアリングエコノミー認証マーク」の授与式が開催された。 シェアリングエコノミー認証マークとは、昨年11月に内閣官房IT総合戦略室が検討会議にてモデルガイドラインとして策定した「遵守すべき事項」を基に、シェアリングエコノミー協会が設定した自主ルールに適合していることを認められたサービスに付与されるマークである。
Back To Top