【GaiaKitchen Lightning Talk 05】 シェアワーカーの個人会員制度 シェアリングネイバーズで目指す、優しい社会

協会設立し、今年で3年目になりました。これまで、わたしたちはシェアを次の社会のインフラにすべく、民間団体として、国や自治体との連携を強化してきました。たしたちは次なる挑戦に挑みます。それは個人とともにシェアで「個が主役の社会をつくる」こと。

【開催レポート】SHARING NEIGHBORS Meet Up! #0~シェアする社会のこれから~

2019年7月2日にNagatacho GRiDにてシェアリングエコノミー協会が主催する「SHARING NEIGHBORS Meet UP #0 Birth」のイベントを開催しました!人を頼り、頼りにされる社会が「シェア」でもっと広がればいいなと思います。そんな想いもあって、心を込めて準備していたシェア共感者とのMeetupのイベントをお伝えいたします。
Anju Ishiyama

「シェア」の輪を広げるコミュニティをつくりたい / 石山アンジュ

シェアを通じて新しい生き方やライフスタイルへの一歩を踏み出したいと思っている人にとって、ともに学び、ともに助け合い、協会や企業がサポートできるプラットフォームをつくりたい。そんな思いを形にする年始から本格的に立ち上げた「SHARING NEIGHBORS-シェアリングネイバーズ」。 年明けから協会のチームで大手企業との提携を通じたベネフィットの提供や、meetupイベント、スキルアップ機会などをつくり、コミュニティで提供できることがやっと充実してきました。立ち上げへの思いを綴りました、ぜひ目を通していただけると嬉しいです。

垣根を超えて、チームで動くということ

ガイアックスで、ダブル正社員として働き始め1年弱が経ちました。私は、シェアリングエコノミー協会に席をおき、日本にシェアをもっと広めるために、私たちが何ができるのか?を日々考えています。そんな中で、国視点で大きなことを考え込みすぎて、自身の歩みが重くなっていることに悩む日々もありました。