skip to Main Content
Gaiax Communityシェアスペース

GRiDのコミュニティスペースで障害者さんのアートを展示、キッチンカーも登場してます

「障がい者さんの作った作品のフェスタを開催」するという活動に共感し、もっとこの活動を広めつつ、購入する方が増え、少しでも障碍者施設の雇用につなげ、利用者さんの生活レベルをあげることに紐づけられたらと思い広報活動をお手伝いさせて頂いています。
Yuri Umetsu

Challengedへの思い

私は若いころほんの少しですが母親の介護を経験しました。若かったこともあり頼る人も思いつかず、とても不安だったなと思っています。その経験から介護やchallenged(障がい者)というキーワードをずっと脳のどこかに意識をしていて、私の経験を活かして何ができるか?悩み迷い続けています。人生のターニングポイントや転職を考える時期は業界へ入ろうかとも思いました。
Takumi Nagare

ワーケーション上級者がテレワークを通して気付いた「忘れてはいけない仕事の本質」

こんにちは。管理本部 採用担当の流拓巳です!9月8日の金曜日。日経新聞社様の日経MJ(流通新聞)にて、私の働き方について一面で記事にしていただきました。ワーケーション特集での上級事例としての記事です。というのも、実は私、8月の12日~29日の二週間半、新潟県で仕事をしていました。
Prayer Room

ガイアックスという見晴らしの良い景色

はじめまして、ブランド推進室の清水です。 長年勤めていた会社を思い切って辞めて、ガイアックスの扉を開けたのはつい先月のこと。少し慣れてきたかな?気のせいかな?ぐらいの、ほやほやのニューカマーです。 今回はまだ入社して間もない、しかも ITとは無縁の世界で長年生きてきた私がガイアックスに入って驚いたことや、感じた事をお伝えしたいと思います。
Playing With Kapla Blocks

A family day at Gaiax

先週、ガイアックスでファミリーデーを開催しました。リモートワークを推奨する『テレワークシーズン』の一環として、また、ガイアックスメンバーがNagatacho GRIDをプライベートでも自由に使うことができることを知ってもらいたいという意図で企画されました。
Kidsroom

”テレワークデイ”ならぬ”テレワークシーズン”開始! まずはやってみるというスタイル

こんにちは。ブランド推進室の岡野です。 前回はGaiax本社のあるGRIDについて書きましたが、今回はこの夏実施する「テレワークシーズン」という企画について書きたいと思います。 テレワークシーズンとは? 今年は総務省が7月24日(月)をテレワークデイとして設定し、現在もテレワーク実施企業を募っています。もともとGaiaxは、テレワークを含め自由度の高い働き方をもった会社なのですが、テレワークデイをきっかけに、もっと色々な人にGaiaxの働き方を知ってもらいたいという想いからスタートしたのが「テレワークシーズン」という企画です。
子会社のadish

私がchallenged(障がい者)雇用を始めた理由

私は20代の頃、母親の腰の手術がきっかけで、介護で2年間ほど母についていたことがあります。その経験から、高齢者や障害者という言葉にいつも反応していました。でもガイアックスの総務という立場とあまりつながらず、福祉の道に進みたくて転職を考えたことも正直ありました。
Rainbow Pride Wedding Photo

多様性が企業の成長につながる!ということもあるけれど、とどのつまり「嬉しい」ということなんじゃないかと思いました。

2017年5月6、7日に原宿駅ほど近い代々木公園で東京レインボープライドが開催され、Letibeeもブース出展をしたので、そのときに思ったことを書きたいなと思います。 どこまでも個人的な感想になりますがお付き合いいただければと思います。
Masahiro.kikuchi_baby

働くとーちゃんが、社内初の男性育児休業を取得 その2

Needle-Moversは、ガイアックスグループの女性が『悩みながらも自ら一歩踏み出す』姿をテーマにしたWebサイトです。 "女性が"とありますが、社内で初めての育児休業を取得した自分も男性目線での育児についてのプロジェクトを立ち上げました。2回に渡るブログを通じてその様子をお伝えしていきます。前編では、育児休業とはそもそも何なのか、また、取得するまでの経緯についてまとめてみました。今回はその2回目の記事です。育休中に感じたことや、取得してみた感想などを綴っています。 Needle-Moversのサイトに記事を書きましたので、ぜひご覧ください。
Back To Top