skip to Main Content
Culture Embassy

カルチャーエンバシー発足!…ってそれなぁに?

さて、2018年が始まって約2週間。ガイアックスグループでは一つの大きな取り組みが始まりました!! 「カルチャーエンバシー」発足しましたっ♪───O(≧∇≦)O────♪ カルチャー(Culture)=文化 エンバシー (Embassy) =使節団 直訳するとよく分からないのですが… やろうとしていることを単刀直入に表現すると「部活やります!」
Management Group Photo

ガイアックスグループ経営会議ってどんなかんじの雰囲気なの?

先日、2017年のガイアックスグループ経営会議が終了しました。今回は、経営会議の雰囲気について書きたいと思います。 ガイアックスグループ経営会議は、ガイアックス執行役5名、ガイアックス事業部長3名、子会社役員2名の計10名で構成されています。私は、2015年1月に参画しました。憧れの諸先輩方と一緒の空気を吸えることがとても刺激的でしたが、当たり前ですが、常に自分の実力不足を感じた3年間でもありました。
Gaiax Fiesta 2017

大玉転がしをしながら、リーダーシップについて考えた

先日、家族揃ってガイアックスの夏合宿(最近ではオシャレにサマーキャンプと言うらしい)に参加しました、tiny peace kitchenの荒井です。 私が内定者として初めて夏合宿に参加した2012年からすると、別会社のイベントかと思うほどバージョンアップしていました。 最近は家族参加が歓迎されるようになったのですが、子供がたくさん参加していて、とても和やかな雰囲気。
Online Contract

社員がお客様でいてはダメ!地方拠点立ち上げの意外な落とし穴とクラウド契約書導入のお話

こんにちは。 管理本部 採用担当の流拓巳です! 私は現在、管理本部に所属し、採用担当や経営会議事務局をしております。 そう。前回のブログでも触れさせていただきましたが、私は事業という手段を選びガイアックスへの入社を決意したのに、入社一年目から管理本部にいる変なやつなのです。

ボードゲームが生み出す疑似家族のような空間

2017年のガイアックスの夏は、テレワークデイならぬテレワークシーズン、そして、さらには、親子連れ出社など、新しい永田町のオフィスNagatacho GRIDで、様々なトライを有志社員がやっています。この夏は、妻がGRIDで仕事したり、子どもがGRIDで遊んでいたり、いろんな実験をさせていただきました。
荘野 和也

ガイアックスで10年、エンジニアとして感じたこと

はじめまして。技術開発部の荘野と申します。 2007年に新卒として入社し、現在11年目を迎えています。今回は、初めて記事を書かせていただくということで、これまでの仕事内容を振り返りつつ、その中で感じたことについて触れてみたいと思います。 新卒から10年駆け抜けてきました 入社から10年、現在はWebエンジニアとして働いていますが、もともとはマークアップエンジニアからキャリアをスタートさせました。
Engineer Meeting

誰かではなく、自分たちで作るエンジニアとしての活動の「場」

こんにちは、技術開発部 菊池です。今回は、エンジニアにおける所属事業やプロジェクトでの活動以外のエンジニアの活動を支えるための仕組みを紹介しようと思います。 Gaiaxでは事業部制をとっていて、エンジニアは各事業に所属して活動しています。それ以外のエンジニアは部署を横断する機能として技術開発部に所属し、事業を支える横ぐしの活動を行っています。
Talking With Colleagues At Base

屋上から地下まで!どこでも仕事できるGRIDの魅力

入社4年目にして初めてブログを書きます。 Gaiaxでブランド推進室に所属している岡野です。 そもそもブログ書くこと自体10年ぶりくらいでしょうか・・・文字なのに緊張しますね。 さて、Gaiaxは2017年1月に永田町へと本社を移転しました。 移転先のビルは日本一シェアを体験できるビル「Nagatacho GRID」としてGaiaxが企画したもので、実はわたくし、このプロジェクトにPMとして参加していました。
Office Speaker

実はGRIDの映像音響設備は、エンジニアが構築していた。

ガイアックスグループ事業を技術で支援する技術開発部の佐々木です。 技術開発部は、情シスからインフラ、セキュリティなどの共通機能の提供から、アジャイルコーチや、技術課題の協力など幅広く事業を支援しています。 そして「エンジニアだから機械にも詳しいんでしょ?」と期待され、 Web技術に限らずに様々なことを支援しており、私なんかは「家電技術者」と異名をつけられたこともありました。 新オフィスとなったNagatacho GRIDの構築プロジェクトには、過去に拠点立ち上げや本社移転を経験したこともあり、インフラチームと一緒にネットワーク設備担当として参加しています。
Back To Top